PAGE TOP

刊行物

刊行物

日本核医学会機関誌 日本核医学 30巻8号

第33回 日本核医学会総会 ご挨拶
渡邊克司
会長
核医学, 30(8) : 1993, 3-3.
Summary

SPECT : Recent Advancements in Instrumentation and Image Reconstruction
Ronald J.JASZCZAK
Department of Radiology, Duke University Medical Center, Department of Biomedical Engineering, and the Institute of Statistics and Decision Sciences, Duke University
The Japanese Journal of nuclear medicine, 30(8) : 1993, 835-835.
Summary

Nuclear Immunology : At the Crossroads of Immunology and Nuclear Medicine
Richard P.BAUM
Department of Nuclear Medicine, Goethe University Medical Center
The Japanese Journal of nuclear medicine, 30(8) : 1993, 836-836.
Summary

Recent Advances in Radiopharmaceutical Development and Applications
Michael J.WELCH
Division of Radiation Sciences, Mallinckrodt Institute of Radiology, Washington University Medical Center
The Japanese Journal of nuclear medicine, 30(8) : 1993, 837-837.
Summary

Evaluation of Myocardial Status by the Integration of Perfusion and Kinetic Measurements
Michael L.GORIS
Division of Nuclear Medicine, Stanford University School of Medicine
The Japanese Journal of nuclear medicine, 30(8) : 1993, 838-838.
Summary

Cardiac PET : Microcirculation and Substrate Transport in Normal and Diseased Human Myocardium
Heinrich R.SCHELBERT
UCLA School of Medicine
The Japanese Journal of nuclear medicine, 30(8) : 1993, 839-840.
Summary

SPECT Brain Imaging : The Role of Challenge Studies in Understanding Brain Function
Michael D.DEVOUS, Sr.
Nuclear Medicine Center, University of Texas Southwestern Medical Center
The Japanese Journal of nuclear medicine, 30(8) : 1993, 841-841.
Summary

Assessing Dopaminergic Neurotransmission in Vivo by Brain Imaging
Albert GJEDDE, G. LEGER, J. REITH, S. DYVE, P. CUMMING, P. BRUST, M. GUTTMAN, H. KUWABARA
McConnell Brain Imaging Center, Montreal Neurological Institute, McGill University
The Japanese Journal of nuclear medicine, 30(8) : 1993, 842-843.
Summary

シンポジウムI. 臨床PETの現状と将来 司会のことば
小西淳二, 佐々木康人
京都大学医学部放射線核医学科, 東京大学医学部放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 844-844.
Summary

1. サイクロトロン – 自動合成システムの簡便化
岩田錬
東北大学サイクロトロンRIセンター
核医学, 30(8) : 1993, 845-845.
Summary

2. PET装置の進歩
野原功全
放射線医学総合研究所物理研究部
核医学, 30(8) : 1993, 846-846.
Summary

3. 脳疾患への応用
一矢有一
九州大学医学部附属病院放射線部
核医学, 30(8) : 1993, 847-847.
Summary

4. 心疾患への応用
大嶽達, 横山郁夫*, 芹沢剛*, 西川潤一, 佐々木康人
東京大学医学部放射線科, *第二内科
核医学, 30(8) : 1993, 848-848.
Summary

5. 腫瘍診断への応用
伊藤健吾
名古屋大学医学部放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 849-849.
Summary

6. 臨床PETの課題と展望 – ポジトロン標識化合物の供給と臨床利用の可能性 –
米倉義晴
京都大学医学部脳病態生理学講座
核医学, 30(8) : 1993, 850-850.
Summary

シンポジウムII. 悪性腫瘍の診断・治療における核医学の役割 司会のことば
安河内浩, 町田喜久雄
帝京大学医学部放射線科, 埼玉医科大学総合医療センター放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 851-851.
Summary

1. 頭頸部腫瘍の治療における核医学の役割
大島統男
帝京大学医学部放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 852-852.
Summary

2. 乳癌の診療における核医学の将来性
宇野公一
千葉大学医学部放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 853-853.
Summary

3. 肺癌診療における核医学の役割
本田憲業
埼玉医科大学総合医療センター放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 854-854.
Summary

4. 消化管の癌の診断における核医学の可能性
住幸治
順天堂大学医学部浦安病院放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 855-855.
Summary

5. 肝細胞癌の発生予知と治療における核医学の役割
今枝孟義
岐阜大学医学部放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 856-856.
Summary

6. 副腎腫瘍の核医学診断と治療
中條政敬
鹿児島大学医学部放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 857-857.
Summary

シンポジウムIII. 心筋viabilityの核医学的評価 司会のことば
西村恒彦, 玉木長良
大阪大学医学部バイオメディカル教育研究センター情報解析, 京都大学医学部放射線核医学科
核医学, 30(8) : 1993, 858-858.
Summary

1. 心筋viabilityの概念
楠岡英雄
大阪大学医学部バイオメディカル教育研究センタートレーサ情報解析
核医学, 30(8) : 1993, 859-859.
Summary

2. 心筋viabilityの評価における心機能計測の意義
石田良雄
国立循環器病センター放射線診療部
核医学, 30(8) : 1993, 860-860.
Summary

3. タリウム再分布 (1) タリウム再投与法から見た心筋viabilityの評価
小西得司
三重大学医学部第一内科
核医学, 30(8) : 1993, 861-861.
Summary

4. タリウム再分布 (2) 24時間再分布の臨床的有用性
土井修
倉敷中央病院循環器内科
核医学, 30(8) : 1993, 862-862.
Summary

5. 心筋代謝 (18F-fluorodeoxyglucose-PET) による心筋viabilityの評価
野原隆司
京都大学医学部第三内科
核医学, 30(8) : 1993, 863-863.
Summary

6. 15O-標識水を使った心筋viabilityの評価
飯田秀博
秋田県立脳血管研究センター放射線医学研究部
核医学, 30(8) : 1993, 864-864.
Summary

1. 甲状腺疾患の核医学診断
笠木寛治
京都大学医学部放射線核医学科
核医学, 30(8) : 1993, 865-865.
Summary

2. ホルモン測定法の進歩
宮地幸隆
東邦大学医学部第一内科
核医学, 30(8) : 1993, 866-866.
Summary

3. 骨密度の測定
福永仁夫
川崎医科大学核医学科
核医学, 30(8) : 1993, 867-867.
Summary

4. 呼吸器核医学
川上憲司
東京慈恵会医科大学放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 868-868.
Summary

5. 核医学における日本アイソトープ協会の役割
永井輝夫
日本アイソトープ協会
核医学, 30(8) : 1993, 869-869.
Summary

6. RI標識モノクローナル抗体による診断と治療
中村佳代子
慶應義塾大学医学部放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 870-870.
Summary

7. 肝臓の生理と機能診断
山本和高
福井医科大学医学部放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 871-871.
Summary

8. 脳の核医学検査 – レセプターイメージング –
小田野行男
新潟大学医学部放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 872-872.
Summary

9. 新しい放射性医薬品による心臓核医学
分校久志
金沢大学医学部附属病院医療情報部
核医学, 30(8) : 1993, 873-873.
Summary

I. 第3回全国核医学診療実態調査結果の報告 1. インビボ検査
久保敦司, 佐々木康人
(社)日本アイソトープ協会 医学・薬学部会, 全国核医学診療実態調査専門委員会
核医学, 30(8) : 1993, 874-874.
Summary

I. 第3回全国核医学診療実態調査結果の報告 2. インビトロ検査
高坂唯子, 佐々木康人
(社)日本アイソトープ協会 医学・薬学部会, 全国核医学診療実態調査専門委員会
核医学, 30(8) : 1993, 874-874.
Summary

II. 放射性医薬品副作用事例調査報告 (平成3年度 第17回調査)
佐々木康人
(社)日本アイソトープ協会 医学・薬学部会, 放射性医薬品安全性専門委員会
核医学, 30(8) : 1993, 875-875.
Summary

1. 運動負荷タリウム心筋SPECTにおける欠損の程度 (%T1-uptake) と冠動脈狭窄度の関係
樅山幸彦, 中川晋, 木村満1), 大場泰幸2)
1)済生会中央病院 循内, 2)済生会中央病院 RI
核医学, 30(8) : 1993, 879-879.
Summary

2. トレッドミル運動負荷心筋シンチSPECTによる6年後の予後の検討
林克己, 大鈴文孝, 赤沼雅彦, 袴田尚弘, 磯田菊生, 亀沢康裕, 北村克弘, 中村治雄1), 小須田茂, 草野正一2)
1)防衛医大第1内科, 2)放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 879-879.
Summary

3. 肥大型心筋症の心筋虚血に対するDiltiazemの効果 – 運勤負荷201T1心筋SPECTによる検討 –
谷口洋子1, 杉原洋樹2, 伊藤一貴1, 寺田幸治1, 大槻克一1, 馬本郁男1, 中川達哉1, 志賀浩治1, 宮尾賢爾3, 前田知穂2, 中川雅夫1
1京府医大 2内, 2放, 3京二日赤 内
核医学, 30(8) : 1993, 879-879.
Summary

4. 肥大型心筋症の運動負荷201T1心筋SPECTにおける逆再分布現象の検討
谷口洋子1, 杉原洋樹2, 伊藤一貴1, 寺田幸治1, 大槻克一1, 馬本郁男1, 中川達哉1, 志賀浩治1, 宮尾賢爾3, 前田知穂2, 中川雅夫1
1京府医大 2内, 2放, 3京二日赤 内
核医学, 30(8) : 1993, 879-879.
Summary

5. 肥大心の心内膜下虚血の検出とその治療効果の判定 – 運動負荷タリウム心筋SPECTによる検討 –
馬本郁男, 杉原洋樹*, 谷口洋子, 寺田幸治, 伊藤一貴, 大槻克一, 志賀浩治, 中川達哉, 前田知穂*, 中川雅夫
京府医大 2内, *放
核医学, 30(8) : 1993, 879-879.
Summary

6. 負荷心筋シンチグラフィーにおいて偽陽性所見の原因となるupward creepの対策 – 呼吸モニターを使用したSPECT撮影開始時間の調節 –
小林秀樹, 百瀬満, 太田淑子, 重田帝子, 日下部きよ子1), 山住令子, 住吉徹哉2)
1)東京女子医大放射線, 2)心研
核医学, 30(8) : 1993, 879-879.
Summary

7. Bull’s eye map上の右冠動脈後下行枝の走行部位表示と右冠動脈, 左回旋枝の領域診断について
山住令子1), 小林秀樹, 百瀬満, 太田淑子, 重田帝子, 日下部きよ子2)
1)国立横浜病院循内, 2)東京女子医大放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 880-880.
Summary

8. 虚血性心疾患における血中ANP濃度の運動負荷による変化 – 運動負荷T1-201心筋シンチ所見との対比
俵原敬, 倉田千弘, 岡山憲一, 若林康, 小林明, 山崎昇1), 金子昌生2)
1)浜松医大三内, 2)放
核医学, 30(8) : 1993, 880-880.
Summary

9. 連動負荷タリウム心筋ECTにおける左室サイズ定量評価の有用性
倉田千弘, 若林康, 岡山憲一, 俵原敬, 小林明
浜松医大 3内
核医学, 30(8) : 1993, 880-880.
Summary

10. Myocardial Bridge (MB) 症例の心筋Viability, 運動耐容能よりみた臨床的意義
花岡淳一, 井上一也, 開発直明1), 宇治茂2), 前田和美3)
1)国立明石循, 2)放, 3)神大医技
核医学, 30(8) : 1993, 880-880.
Summary

11. 心筋viabilityの評価におけるNUの有用性
開発直明, 井上一也, 花岡淳一1), 宇治茂2), 前田和美3)
1)国立明石循, 2)放, 3)神大 医技
核医学, 30(8) : 1993, 880-880.
Summary

12. T1-201運動負荷心筋シンチグラフイ24時間像の定量化による心筋viabilityの評価
滝淳一, 中嶋憲一, 谷口充, 秀毛範至, 村守朗, 松成一朗, 久田欣一1), 川筋道雄2), 分校久志3)
1)金大核, 2)一外, 3)医情報
核医学, 30(8) : 1993, 880-880.
Summary

13. 201T1心筋SPECTと左室造影における対角枝病変による急性心筋梗塞の特徴
田中健, 相澤忠範, 加藤和三, 小笠原憲, 桐谷肇
心臓血管研究所
核医学, 30(8) : 1993, 881-881.
Summary

14. 側副血行路を有する前下行枝完全閉塞によりT1-201心筋SPECT像に生じる虚血域の特徴
田中健, 相澤忠範, 加藤和三, 小笠原憲, 桐谷肇, 佐藤宏
心臓血管研究所
核医学, 30(8) : 1993, 881-881.
Summary

15. 冠動脈側副血行路donor領域の虚血に関する検討 – 運動負荷T1-201心筋SPRCTをもちいて –
細井宏益, 山崎純一, 石黒聰, 五十嵐正樹, 飯田美保子, 森下健1), 中野元, 矢部喜正2)
1)東邦大 1内, 2)循環器診断セ
核医学, 30(8) : 1993, 881-881.
Summary

16. T1-201心筋SPECTBullseye画像による冠動脈2枝病変 (左前下行枝・右冠動脈) のPREDICTIVE VALUE
黒木茂広, 飯野智也, 長谷川秀実, 鈴木茂秀, 関口弘道, 島田和幸1), 三澤一郎, 川村義文, 古瀬信2)
1)自治医大循内, 2)放
核医学, 30(8) : 1993, 881-881.
Summary

17. Syndrome XにおけるT1負荷負荷心筋シンチwashout rateの検討 : Nicorandilはwashoutを改善するか
矢野隆, 山辺裕, 金秀植, 藤田英樹, 柿本哲也, 前田和美, 横山光宏
神戸大学 第一内科
核医学, 30(8) : 1993, 881-881.
Summary

18. SyndromeXの運動負荷201T1心筋シンチグラフィ所見の特徴
金秀植, 山辺裕, 矢野隆, 藤田英樹, 柿本哲也, 前田和美, 横山光宏
神戸大学 第1内科
核医学, 30(8) : 1993, 881-881.
Summary

19. 201T1C1心筋SPECTを用いた残存心筋の予測 – 運動負荷心エコー図との対比検討から –
前野正和, 石田良雄, 下永田剛, 林田孝平, 外山卓二, 広瀬義晃, 濱田星紀1), 西村恒彦2)
1)国循セン 放, 2)阪大トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 882-882.
Summary

20. 陳旧性心筋梗塞における安静時201T1心筋シンチグラフィ
高橋敬子, 成瀬均, 山本寿郎, 森田雅人, 福武尚重, 有井融, 岩井務, 大柳光正, 岩崎忠昭1), 福地稔2)
1)兵庫医大 一内, 2)核
核医学, 30(8) : 1993, 882-882.
Summary

21. 急性心筋梗塞のreperfusion arrhythmiaと安静心筋シンチ
中森久人, 竹花一哉, 安部美輝, 神畠宏, 唐川正洋, 杉浦哲朗, 岩坂壽二, 稲田満夫1), 菅豊2)
1)関西医大 2内, 2)放科
核医学, 30(8) : 1993, 882-882.
Summary

22. 急性心筋梗塞の安静時201T1心筋シンチにおける逆再分布現象の意義
山科章
聖路加国際病院 内
核医学, 30(8) : 1993, 882-882.
Summary

23. 99mTc-PYP / 201T1C1 dual SPECTを用いた非壊死性心筋虚血障害の検討
伊藤一貴1, 杉原洋樹2, 首藤達哉3, 寺田幸治1, 谷口洋子1, 大槻克一1, 馬本郁男1, 志賀浩治1, 中川達哉1, 前田知穂2, 中川雅夫1
1京府医大2内, 2放, 3国立舞鶴病院
核医学, 30(8) : 1993, 882-882.
Summary

24. 急性心筋梗塞における傷害心筋の回復の予測 – 99mTc-HMDP / 201T1C1 Dual SPECTの有用性 –
的場聖明, 宮尾賢爾, 玉垣栄, 松室明義, 片村真紀, 辻光, 北村誠, 谷口洋子*, 杉原洋樹**
京都第二日赤病院 内, *京府医大 二内, **放
核医学, 30(8) : 1993, 882-882.
Summary

25. 心筋イメージング製剤99mTc-PPN1011の使用経験
中別府良昭1), 米倉隆治1), 中條政敬1), 木原浩一2), 生野博久2), 小寺顕一3), 宮之原浩3)
1)鹿大 放, 2)1内, 3)2内
核医学, 30(8) : 1993, 883-883.
Summary

26. 99mTc-Tetrofosmin心筋シンチグラフィーによる肥大型心筋症の心筋灌流および形態評価
大槻克一, 杉原洋樹*, 谷口洋子, 寺田幸治, 伊藤一貴, 馬本郁男, 中川達哉, 前田知穂*, 中川雅夫
京府医大 2内, *放
核医学, 30(8) : 1993, 883-883.
Summary

27. 99mTc PPN-1011による急性心筋梗塞急性期のarea at riskと治療効果の判定.
西田佳雄, 渡辺佐知郎, 松原徹夫, 谷畠進太郎, 加納素夫, 松尾仁司, 松野由紀彦, 小田寛, 琴尾泰典, 大橋宏重1), 今枝孟義2)
1)県立岐阜 循, 2)岐大 放
核医学, 30(8) : 1993, 883-883.
Summary

28. 虚血性心疾患におけるTETROFOSMIN (PPN) を用いた心筋灌流および左室壁運動の同時評価
外山卓二, 石田良雄, 下永田剛, 広瀬義晃, 林田孝平1), 野々木宏2), 植原敏勇, 西村恒彦3)
1)国循セン放, 2)心内, 3)阪大トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 883-883.
Summary

29. Tc-99m-tetrofosminの早期の動態解析およびT1-201との病変検出率の比較
中嶋憲一, 滝淳一, 秀毛範至, 利波紀久, 久田欣一1), 分校久志2), 高田重男3)
1)金沢大学核医学科, 2)医療情報部, 3)第1内科
核医学, 30(8) : 1993, 883-883.
Summary

30. 運動負荷Tetrofosmin心筋SPECTにおける集積低下の重症度についての検討 – 201T1との比較 –
高橋範雄1, 玉木長良2, 河本雅秀2, 米倉義晴2, 奥田和美2, 野原隆司3, 篠山重威3, 小西淳二2, 山本和高1, 石井靖1
1福井医大 放, 2京大 核, 33内
核医学, 30(8) : 1993, 883-883.
Summary

31. 123I-MIBGおよび201T1心筋シンチグラフィーを用いた非壊死性心筋虚血障害の検討
伊藤一貴1, 杉原洋樹2, 寺田幸治1, 谷口洋子1, 大槻克一1, 馬本郁男1, 志賀浩治1, 中川達哉1, 前田知穂2, 中川雅夫1
1京府医大2内, 2放
核医学, 30(8) : 1993, 884-884.
Summary

32. MIBG心筋シンチによる冠攣縮型狭心症 (VSA) の虚血発作判定について
大野朗, 鎌田彰三, 吉見謙一, 遠藤豊, 福崎雅史, 三浦清春, 今和泉寛寿
鹿児島生協病院 循環器内科
核医学, 30(8) : 1993, 884-884.
Summary

33. 123I-MIBGによる不安定狭心症の検討
児玉秋生, 宮沢佑二, 加藤丈二, 春田昭二, 井口信雄, 井上征治, 笠原信弥, 田中徹, 広沢弘七郎
仙循センター内科
核医学, 30(8) : 1993, 884-884.
Summary

34. I-123MIBGを用いた安静時狭心症における心交感神経機能の画像評価
梶谷定志, 矢坂義則, 宝田明, 林孝俊, 銕寛之, 吉田浩*, 和気誠司**
姫路循環器病センター, *循, **放
核医学, 30(8) : 1993, 884-884.
Summary

35. 冠動脈疾患の虚血病変判定におけるT1およびMIBG心筋SPECT像の定量評価の有用性
磯部智, 岡田充弘, 近藤一正, 棚橋淑文1), 加納浩一, 安藤晃禎, 林博史, 斎藤英彦2)
1)名古屋掖済会病院 内科, 2)名古屋大 一内
核医学, 30(8) : 1993, 884-884.
Summary

36. 123I-MIBG, 201T1C1 SPECTによるacute coronary syndromesにおける虚血心筋の評価
吉岡公一郎, 井出満, 田川隆介, 椎名豊, 田辺晃久, 友田春夫1), 鈴木豊2)
1)東海大 1内, 2)放
核医学, 30(8) : 1993, 884-884.
Summary

37. I-123-MIBG心筋シンチグラフィにおける心筋集積低下閾値に関する検討
汲田伸一郎, 水村直, 木島鉄仁, 内山菜智子, 隈崎達夫
日医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 885-885.
Summary

38. 123I-MIBG SPECTによる虚血性心疾患の検討 – 201T1 SPECTおよびシネMRI所見との比較 –
松村要, 竹田寛, 多上智康, 村嶋秀市, 瀬田秀俊, 秦良行, 北野外紀雄, 奥田康之, 中川毅
三重大, 放
核医学, 30(8) : 1993, 885-885.
Summary

39. 虚血性心疾患における123I-MIBGおよび201T1 SPECT所見と左室壁運動との関係
瀬田秀俊, 松村要, 竹田寛, 多上智康, 村嶋秀市, 奥田康之, 北野外紀雄, 中川毅
三重大, 放
核医学, 30(8) : 1993, 885-885.
Summary

40. 特発性及び拡張型心筋症に合併する心室頻拍のフォーカスとI-123MIBG / T1-201解離部の検討
前野正和, 石田良雄, 下永田剛, 林田孝平, 外山卓二, 広瀬義晃, 濱田星紀1), 西村恒彦2)
1)国循セン 放, 2)阪大トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 885-885.
Summary

41. MIBGによる拡張型心筋症 (DCM) 診断におけるWashout Rate (WR) 測定の有用性
弓倉整, 堀内孝一, 斎藤穎, 小沢友紀雄, 上松瀬勝男, 今井嘉門
日大二内, 埼玉県循環暑病センター
核医学, 30(8) : 1993, 885-885.
Summary

42. 123I-MIBG心筋シンチグラフィーによる拡張型心筋症の病態の検討
安藤洋志, 満岡渉, 江頭省吾, 今村義浩, 真崎浩行, 芦原俊昭, 福山尚哉
松山日赤 循環器科
核医学, 30(8) : 1993, 885-885.
Summary

43. 心尖部肥大型心筋症の123I-MIBG心筋SPECT所見 – 運動負荷201T1心筋SPECTとの対比 –
谷口洋子1, 杉原洋樹2, 寺田幸治1, 伊藤一貴1, 志賀浩治1, 大槻克一1, 馬本郁男1, 中川達哉1, 宮尾賢爾3, 前田知穂2, 中川雅夫1
1京府医大 2内, 2放, 3京二日赤 内
核医学, 30(8) : 1993, 886-886.
Summary

44. 肥大型心筋症の123I-MIBG心筋シンチグラムの特徴とその臨床的意義
杉原洋樹, 志賀浩治*, 谷口洋子*, 寺田幸治*, 伊藤一貴*, 大槻克一*, 馬本郁男*, 中川達哉*, 中川雅夫*, 前田知穂
京府医大 放, *2内
核医学, 30(8) : 1993, 886-886.
Summary

45. 肥大型心筋症における局所心筋交感神経活性の異常
若杉茂俊, 野口敦司, 神出計, 清水真澄, 西居忠彦, 里直行, 橋詰輝己, 井深啓次郎, 長谷川義尚, 中野俊一, 柴田宣彦
大阪成セ
核医学, 30(8) : 1993, 886-886.
Summary

46. 自律神経障害を有する糖尿病患者のMIBG心筋像の検討
宮永一, 米山聡嗣, 神谷匡昭, 川崎信吾, 高橋徹, 國重宏, 寺前純吾*, 吉岡敬治, 馬庭淳**, 田中庸千, 高木研二
松下記念病院 3内, *1内, **RI室
核医学, 30(8) : 1993, 886-886.
Summary

47. 123I-MIBGを用いた糖尿病心の検討 – 慢性心筋梗塞例について –
中川晋, 樅山幸彦, 片山久, 木村満1), 大場泰幸2)
1)東京都済生会中央循内, 2)放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 886-886.
Summary

48. 糖尿病患者の心臓交感神経機能障害の重症度評価 – 123I-MIBG心筋シンチによる検討 –
鈴木光昭1), 福本義裕, 黒田裕久, 斎藤三代子, 遅野井健2)
1)水戸協同病院 放射線科, 2)内科
核医学, 30(8) : 1993, 886-886.
Summary

49. 糖尿病における123I-MIBG心筋シンチグラフィー
増井祐子1, 宇都宮啓太2, 辻本一也2, 西垣洋2, 北川嘉宣2, 刈米重夫1, 大西慧3
京阪奈病院 1内科, 2放科, 3外科
核医学, 30(8) : 1993, 887-887.
Summary

50. インスリン依存性糖尿病 (IDDM) 患者における123I-MIBG心筋シンチグラフィ
河中正裕, 杉本佳則, 末廣美津子, 立花敬三, 浜田一男, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 30(8) : 1993, 887-887.
Summary

51. I-123MIBGによるNIDD糖尿病患者における心臓交感神経障害の評価
鈴木輝康, 太田幸男, 古市健治, 佐川嘉子, 山村恭代, 大田豊承, 永田保, 高田政彦, 山本逸雄, 森田陸司, 大西英雄, 高橋雅文, 牛尾哲敏, 浜津尚就, 増田一孝1), 長谷川雅昭, 阿部奈々美, 田中逸, 柏木厚典, 繁田幸男2)
1)滋賀医大 放, 2)滋賀医大 第三内科
核医学, 30(8) : 1993, 887-887.
Summary

52. 糖尿病症例での123I-MIBG SPECT所見の検討
分校久志, 森清男, 利波紀久, 久田欣一
金沢大 医情・核, 辰口芳珠記念 内
核医学, 30(8) : 1993, 887-887.
Summary

53. 糖尿病例における123I-MIBGの心筋への取込みに関する検討
大和田憲司, 上遠野栄一, 武田寛人, 鉄地川原正顕, 藤田悠治, 宗像志朗
太田西ノ内病院 循環, 核
核医学, 30(8) : 1993, 887-887.
Summary

54. 123I-MIBG心筋シンチの糖尿病患者への応用
中田安彦, 新里達志, 知花隆郎, 永吉道子, 芳田久, 長嶺文雄, 比嘉清憲, 村上啓治1), 勝山直文2)
1)琉球大学第二内科, 2)琉球大学 放
核医学, 30(8) : 1993, 887-887.
Summary

55. 糖尿病性神経障害における123I-MIBG心筋シンチグラフィの有用性
上遠野栄一, 大和田憲司, 三浦英介, 武田寛人, 鉄地川原正顕1), 渡辺直彦, 丸山幸夫2)
1)太田西の内 循, 2)福島医大一内
核医学, 30(8) : 1993, 888-888.
Summary

56. 虚血性脳血管障害急性期のSPECT所見 (定性) の検討 – 第3報 –
三森研自, 数又研, 中川端午, 桜木貢, 本宮峯生
北海道脳神経外科記念病院
核医学, 30(8) : 1993, 889-889.
Summary

57. 海馬長軸脳血流SPECTによる心臓・大血管手術後の脳障害の検出
福地一樹, 西村恒彦1), 林田孝平, 廣瀬義晃, 石田良雄2), 栗山良絋3)
1)阪大 トレーサ, 2)循セン 放診, 3)内科
核医学, 30(8) : 1993, 889-889.
Summary

58. 眼症状を初発症状とした内頸動脈閉塞症の病態について – 脳血流量SPBCTを用いた検討 –
森脇博, 橋川一雄, 植原敏勇, 小塚隆弘1), 奥直彦, 岡崎裕, 半田伸夫, 松本昌泰, 鎌田武信2), 藤田昌弘, 楠岡英雄, 西村恒彦3)
1)阪大中放, 2)一内, 3)トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 889-889.
Summary

59. 脳動脈瘤術前後のSPECT所見
竹山英二, 輿水健治, 武山英美
戸田中央総合病院 脳外
核医学, 30(8) : 1993, 889-889.
Summary

60. Acetazolamide負荷123I-IMP-SPECTの脳血管攣縮評価への利用
牧野憲一
旭川赤十字病院 脳外
核医学, 30(8) : 1993, 889-889.
Summary

61. モヤモヤ病手術前後におけるDiamox負荷99mTc-HMPAO-SPECTの有用性
東保肇, 大西英之, 古岡範彦, 高岡諒, 荒木忍, 小松丈記, 唐澤淳
大阪脳外 脳外
核医学, 30(8) : 1993, 889-889.
Summary

62. SPECT Assessment of Brain Perfusion in Moyamoya Patients Before and After EDAS Operation
Myung Chul Lee, Kyung Han Lee, June-Key Chung, Chang-Soon Koh
Nuclear Medicine, Seoul National Univer. Hosp.
The Japanese Journal of nuclear medicine, 30(8) : 1993, 890-890.
Summary

63. 脳血管動脈硬化性狭窄性病変に対する経皮的血管形成術前後におけるDinamox負荷99mTc-HMPAO-SPECT
東保肇, 大西英之, 古岡範彦, 高岡諒, 荒木忍, 小松丈記, 唐澤淳
大阪脳外 脳外
核医学, 30(8) : 1993, 890-890.
Summary

64. 脳動静脈奇形 (AVM) における123I-IMPを用いたDynamic SPECTの検討
狩野利之, 柴田家門, 坂田義人, 周郷延雄, 根本暁央, 清木義勝, 寺尾榮夫1), 小堺加智夫, 高野政明, 高橋秀樹2), 高橋宗尊3), 杉田純一4)
1)東邦大 脳外, 2)RI部門, 3)島津製作所, 4)クボタ
核医学, 30(8) : 1993, 890-890.
Summary

65. Acetazolamide負荷123I-IMP脳SPECTを用いた脳動静脈奇形周囲における盗血現象の描出
神長達郎, 西村恒彦1), 林田孝平, 石田良雄2)
1)阪大トレーサー, 2)国循セ放
核医学, 30(8) : 1993, 890-890.
Summary

66. Crossed Cerebellar Diaschisisにおける小脳血管Acetazolamide反応性
桑原康雄, 一矢有一, 赤司祐子, 吉田毅, 福村利光, 増田康治
九州大 放
核医学, 30(8) : 1993, 890-890.
Summary

67. 一側性脳主幹動脈閉塞性疾患の脳循環予備能評価におけるCrossed Cerebellar Diaschisis (CCD) の意義
菅原敬文, 棚田修二, 井上武, 村瀬研也, 濱本研1), 大田信介, 榊三郎2)
1)愛媛大 放, 2)脳外
核医学, 30(8) : 1993, 890-890.
Summary

68. 近赤外線レーザー光による酸素代謝とPET-15Oによる脳循環代謝諸量についての検討
犬上篤, 小川敏英, 藤田英明, 下瀬川恵久, 畑澤順, 菅野巌, 上村和夫
秋田脳研 放
核医学, 30(8) : 1993, 891-891.
Summary

69. 脳血流SPECTを用いた鞍上部腫瘍患者の術後の視力回復の予後判定
隅屋寿, 辻志郎, 久慈一英, 絹谷啓子, 利波紀久, 久田欣一1), 立花修, 山下純宏2)
1)金沢大 核, 2)脳外
核医学, 30(8) : 1993, 891-891.
Summary

70. 脳腫瘍に対する抗癌剤動注療法による, 正常脳への影響 : 123IMP-SPECTによる定量的評価
戸村則昭, 小林満, 大山洋一1), 佐々木一文2)
1)秋田大 放, 2)中放
核医学, 30(8) : 1993, 891-891.
Summary

71. 201T1-SPECT像による脳疾患診断の精度に関する研究 – 方法論の検討
松本徹, 飯沼武1), 町田喜久雄, 本田憲業, 井上優介2), 村田啓, 丸野広大3), 宇野公一, 今井康則, 小熊栄二4), 久保敦司, 塚谷泰司5), 石井勝巳, 西巻博6), 油井信春, 戸川貴史7), 川上憲司8), 小山田日吉丸9)
1)放医研・臨床, 2)埼玉医大医療セ・放, 3)虎ノ門病院・放, 4)千葉大・放, 5)慶大・放, 6)北里大・放, 7)千葉県がんセ・放, 8)慈恵医大・放, 9)癌研・アイソトープ
核医学, 30(8) : 1993, 891-891.
Summary

72. 肺癌脳転移巣における201T1 SPECT の定量法
戸川貴史, 油井信春, 木下富士美, 柳沢正道1), 秋山芳久2), 難波宏樹3)
1)千葉がん核, 2)物理, 3)脳外
核医学, 30(8) : 1993, 891-891.
Summary

73. 脳腫瘍の放射線治療による三次元SPECTでの変化
周郷延雄, 柴田家門, 坂田義人, 狩野利之, 小名木敦雄, 清木義勝, 寺尾榮夫1), 高野政明, 高橋秀樹, 小堺加智夫2)
1)東邦大脳外, 2)RI部門
核医学, 30(8) : 1993, 891-891.
Summary

74. T1-201脳SPECTによる脳腫瘍の描出 MRIおよびIMPとの比較して
永田保, 山本逸雄, 森田陸司1), 松田昌之2), 米倉義晴3)
1)滋賀医大 放, 2)脳外, 3)京大 脳病態生理
核医学, 30(8) : 1993, 892-892.
Summary

75. 再発が疑われた脳腫瘍患者における201T1脳SPECTによる予後の予測
小須田茂, 草野正一1), 藤井博史, 鈴木謙三2), 中村治, 設楽信行3)
1)防衛医大 放, 2)都立駒込 放, 3)脳外
核医学, 30(8) : 1993, 892-892.
Summary

76. 脳腫瘍診断における201T1 SPECTの意義 – 放射線脳壊死と再発腫瘍の鑑別 –
藤井博史, 鈴木謙三, 秋田佐喜子, 川上亮二, 根岸均1), 小須田茂2)
1)都立 駒込 放, 2)防衛医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 892-892.
Summary

77. 転移性脳腫瘍に対するGamma knife radiosurgery : 201T1C1-SPECTおよび99mTc-DTPA-HSA (Human Serum Albumin)-SPECTによる検討
福岡誠二, 中川原譲二, 中村順一, 末松克美, 高橋正昭*, 山岸仁*, 佐藤勝保*
中村記念病院脳外科, *放射線部
核医学, 30(8) : 1993, 892-892.
Summary

78. 脳腫瘍に対する放射線・化学療法の効果判定としての201T1C1-SPECTの利用
戸村則昭, 小林満, 大山洋一1), 佐々木一文2)
1)秋田大 放, 2)中放
核医学, 30(8) : 1993, 892-892.
Summary

79. 小児神経性食思不振症における脳IMP SPECT像の変化
藤田之彦, 日吉一夫, 江尻和夫, 渕上達夫, 大久保修1), 佐藤幸光, 萩原和夫2)
1)日大医 小児科, 2)日大板橋RI室
核医学, 30(8) : 1993, 892-892.
Summary

80. 頭蓋骨早期癒合症の脳血流SPECT
佐藤始広, 石川演美, 榎本貴夫☆, 武田徹, 呉勁, 畠山六郎, 板井悠二
筑波大学 放, ☆脳外
核医学, 30(8) : 1993, 893-893.
Summary

81. 精神症状を伴うSLEの画像診断 : SPECT, PETによる検討
小松尚也, 児玉和宏, 日野俊明, 山内直人1), 内田佳孝, 吉川京燦, 宇野公一, 有水昇2)
1)千葉大, 精, 2)千葉大, 放
核医学, 30(8) : 1993, 893-893.
Summary

82. FDG投与後トランスミッション法による不随意運動の病態解析
石井賢二, 織田圭一, 千田道雄, 外山比南子, 石井信一, 石渡喜一, 佐々木徹1), 三谷和子2)
1)都老人研PET, 2)都老人医療センター神経内科
核医学, 30(8) : 1993, 893-893.
Summary

83. Dejerine-Roussy症候群の脳循環代謝病態
小川雅也, 長田乾, 佐藤雄一, 湯屋博通, 渡引康公, 平田温1), 畑澤順, 菅野巌2)
1)秋田脳研 神経内科, 2)放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 893-893.
Summary

84. 脊髄小脳変性症の病型と脳血流との関連
柴垣泰郎1), 内山真一郎1), 丸山勝一1), 日下部きよ子2)
1)東京女子医科大学脳神経センター神経内科, 2)放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 893-893.
Summary

85. 閉鎖性頭部外傷のSPECTにおいて集積亢進の認められた例について
桂木誠, 船津和宏1), 鳥越隆一郎2)
1)聖マリア病院画像診断センター, 2)脳神経センター外科
核医学, 30(8) : 1993, 893-893.
Summary

86. [125I]S-(-)-IBZMラット線条体への集積の検討
石川演美, 中村俊彦*, 泉二奈緒美**, 武田徹, 佐藤始広, 浅井俊晴, 呉勁
筑波大学 臨医, *修士, **生体科学研究所
核医学, 30(8) : 1993, 894-894.
Summary

87. 125I-IBZMによる脳ドーパミンD2受容体画像化のための基礎的検討 – 第1報 合成とラット脳内動態 –
松村要1, 外山宏2, 中島弘道1, 倉見美規3, 市瀬正則4, 中川毅1, 竹内昭2, 古賀佑彦2
1三重大放, 2藤田保健衛生大 放, 3日本メジフィジクス, 4Univ. of Toronto, Mt Sinai Hosp
核医学, 30(8) : 1993, 894-894.
Summary

88. 125I-IBZMによる脳ドーパミンD2受容体画像化のための基礎的検討 – 第2報 半定量的評価法の検討 –
外山宏1, 松村要2, 中島弘道2, 倉見美規3, 市瀬正則4, 中川穀2, 竹内昭1, 古賀佑彦1
1藤田保健衛生大 放, 2三重大 放, 3日本メジフィジックス, 4Univ of Toronto, Mt Sinai Hosp
核医学, 30(8) : 1993, 894-894.
Summary

89. インビボにおける抗精神病薬のD2および5-HT2受容体結合特性
森厚文, 柴和弘1), 住吉太幹2), 久田欣一3), 松田博史4)
1)金大・RIセンター, 2)精神科, 3)核医学, 4)国立精神神経センター
核医学, 30(8) : 1993, 894-894.
Summary

90. 痴呆患者におけるドーパミン合成とD2受容体分布の比較検討
伊藤正敏, 目黒謙一, 藤原竹彦, 岩田錬, 四月朔日聖一, 高橋俊彦, 井戸達雄
東北大サイクロ, 東北大医老人科
核医学, 30(8) : 1993, 894-894.
Summary

91. 18F-Dopa/PETによる黒質-前頭葉皮質機能の測定
大塚誠, 一矢有一, 桑原康雄, 赤司祐子, 吉田毅, 福村利光, 増田康治
九大 放
核医学, 30(8) : 1993, 894-894.
Summary

92. 11C-NMSP-PETを用いた下垂体腫瘍部のドーパミンD2受容体測定 – ブロモクリプチン負荷による検討 –
百瀬敏光, 西川潤一, 井上優介, 渡辺俊明, 矢田保, 佐々木康人1), 寺本明2)
1)東大 放, 2)東大 脳外
核医学, 30(8) : 1993, 895-895.
Summary

93. 運動異常を主とする神経疾患におけるドーパミンD2受容体測定 – 11C-NMSP-PETによる検討 –
百瀬敏光, 西川潤一, 井上優介, 奥真也, 熊倉嘉貴, 渡辺俊明, 佐々木康人
東大 放
核医学, 30(8) : 1993, 895-895.
Summary

94. C-11-Dipremorphineのspectral analysisによる定量画像.
田所匡典
MRC Cyclotron Unit, ハマースミス病院, 名大 放, 刈谷総合病院 放
核医学, 30(8) : 1993, 895-895.
Summary

95. 中大脳動脈閉塞脳梗塞モデルラットにおけるムスカリン作働性アセチルコリンレセプター及びそのmRNAの経時的変化についての検討
久慈一英, 辻志郎, 絹谷啓子, 隅屋寿, 利波紀久, 久田欣一1), 松田博史2), 柴和弘, 森厚文3)
1)金沢大 核, 2)国立精神神経センター武蔵病院 放, 3)金沢大RIセンター
核医学, 30(8) : 1993, 895-895.
Summary

96. イオマゼニール (Ro16-0154) とベンゾジアゼピンレセプターとの結合動態についての検討
井上修, 若原俊一, 小林薫, 鈴木和年, 舘野之男
放医研 障害臨床
核医学, 30(8) : 1993, 895-895.
Summary

97. 一過性脳虚血モデルにおけるイオマゼニールを用いた中枢性ベンゾジアゼピンレセプター分布の検討
西澤貞彦, 土田龍郎, 田中富美子, 石津浩一, 岡沢秀彦, 玉木長良, 小西淳二1), 米倉義晴2), 佐治英郎3), 永田保4)
1)京大 核, 2)脳病態生理, 3)放薬, 4)滋賀医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 895-895.
Summary

98. 中大脳動脈閉塞砂ネズミの123I-Iomazenilと14C-DGによるin vivo autoradiographyの検討
小田野行男*, 高橋直也*, 宮下光太郎**, 中島孝***, 藤田基***, 古沢哲哉*, 西原真美子*, 木村元政*, 酒井邦夫*, 生田房弘****
*新潟大医 放, **国循 内, ***犀潟病院 内・精神, ****新潟大脳研 病理
核医学, 30(8) : 1993, 896-896.
Summary

99. 実験的脳虚血モデルラットにおける125I-Iomazenilと99mTc-HMPAOの比較
辻志郎, 久慈一英, 絹谷啓子, 隅屋寿, 利波紀久, 久田欣一1), 松田博史2)
1)金沢大核, 2)国立精神神経センター 放
核医学, 30(8) : 1993, 896-896.
Summary

100. ウサギキンドリングてんかんモデルのIomazenilによるベンゾジアゼピン受容体イメージング
久慈一英, 辻志郎, 絹谷啓子, 隅屋寿, 利波紀久, 久田欣一1), 松田博史2), 柴和弘, 森厚文3)
1)金沢大 核, 2)国立精神神経センター武蔵病院 放, 3)金沢大RIセンター
核医学, 30(8) : 1993, 896-896.
Summary

101. Baum-kuchen Mapの立位負荷Tc-99m HMPAO脳SPECT解析への応用
与小田一郎, 林田孝平, 石田良雄, 下永田剛, 広瀬義晃1), 西村恒彦2), 佐藤友彦3), 小松政彦4)
1)国循セン, 放診部, 2)阪大, トレーサー, 3)島津医用機器, 4)島津SD
核医学, 30(8) : 1993, 896-896.
Summary

102. 99mTc-HMPAOを用いた薬剤負荷による定量的脳血流変化測定
絹谷啓子, 隅屋寿, 辻志郎, 久慈一英, 利波紀久, 久田欣一1), 池田清延, 山下純宏2)
1)金沢大 核, 2)脳外
核医学, 30(8) : 1993, 896-896.
Summary

103. Acetazolamide投与前後脳血液量測定による脳血管拡張予備能マップの作成
井上優介, 町田喜久雄, 本田憲業, 間宮敏雄, 高橋卓, 釜野剛, 鹿島田明夫, 長田久人1), 百瀬敏光2)
1)埼玉医大医療セ 放, 2)東大 放
核医学, 30(8) : 1993, 896-896.
Summary

104. 123I-IMP SPECTと99mTc-HM-PAO SPECTのAcetazolamide (DIAMOX(R)) 負荷時の反応性の相違について
山尾房枝, 矢形智絵, 申昇求, 尾崎彰彦, 山尾哲, 長木昭男*, 小原耕一*, 山本修三*, 河原泰人*
倉敷中央病院 内科, *RIセンター
核医学, 30(8) : 1993, 897-897.
Summary

105. 非侵襲的脳循環予備能定量測定法 – 安静およびDiamox負荷連続2回I-123 IMP SPECT法 –
橋川一雄, 森脇博, 植原敏勇1), 奥直彦, 岡崎裕, 半田伸夫, 松本昌泰, 鎌田武信2), 藤田昌宏, 西村恒彦3)
1)阪大 中放, 2)一内, 3)トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 897-897.
Summary

106. I-123 IMP SPECT超早期像による高次脳神経機能局在診断の可能性
橋川一雄, 森脇博, 植原敏勇1), 奥直彦, 岡崎裕, 半田伸夫, 松本昌泰, 鎌田武信2), 藤田昌宏, 西村恒彦3)
1)阪大 中放, 2)一内, 3)阪大 トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 897-897.
Summary

107. 聴覚oddball課題時の脳血流変化
辻志郎, 絹谷啓子, 久慈一英, 隅屋寿, 利波紀久, 久田欣一1), 東間正人, 川崎康弘, 浦田克巳, 山口成良2)
1)金沢大 核, 2)精神科
核医学, 30(8) : 1993, 897-897.
Summary

108. 小児てんかん例の発作間欠期の脳血流SPECT所見 – MRI所見との対比 –
藤田昌宏, 西村恒彦, 楠岡英雄1), 橋川一雄, 森脇博, 植原敏勇2), 岡崎裕, 奥直彦3), 小高隆平, 今井克美, 永井利三郎4), 山本忍5)
1)阪大トレーサ, 2)中放, 3)一内, 4)小児科, 5)神経科
核医学, 30(8) : 1993, 897-897.
Summary

109. 側頭葉てんかん患者における123I-IMP SPECT, MRI像の比較検討
辰吉光, 西垣洋, 久田洋一, 相模昭彦, 平石久美子, 上杉康夫, 足立至, 末吉公三, 楢林勇
大阪医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 897-897.
Summary

110. 難治性てんかんにおける脳血流SPECTの検討
西原真美子, 小田野行男, 高橋直也, 木村元政, 酒井邦夫
新潟大・放
核医学, 30(8) : 1993, 898-898.
Summary

111. TGA発作中の側頭葉内側部血流異常
橋川一雄, 森脇博, 植原敏勇1), 田辺敬貴, 数井裕光2), 奥直彦, 岡崎裕, 松本昌泰, 鎌田武信3), 藤田昌宏, 西村恒彦4)
1)阪大 中放, 2)神経科, 3)一内, 4)トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 898-898.
Summary

112. 一過性全健忘発作の99mTc-HMPAO SPEGT
滝鈴佳, 鹿熊一人, 角田清志1), 坂下泰雄2)
1)市立砺波総合病院放射線科, 2)内科
核医学, 30(8) : 1993, 898-898.
Summary

113. 99mTc-GSAの線形コンパートメントモデルによる肝機能評価
長谷部伸, 篠原広行, 瀬戸哲郎, 浜名哲郎, 東澄典, 大渕真男, 滝沢謙治, 新尾泰男, 永島淳一, 國安芳夫1), 吉岡克則, 河窪雅弘2), 山下文明3)
1)昭和大学藤が丘病院 放, 2)横河メディカル 核営, 3)アロカ 医技
核医学, 30(8) : 1993, 899-899.
Summary

114. 非線形2-コンパートメント解析を用いた99mTc-アシアロシンチによる肝機能定量測定法について
菅豊, 佐藤寿男, 河相吉, 田中敬正
関西医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 899-899.
Summary

115. 99mTc-GSAの肝機能の定量解析の試み
秋山芳久1), 油井信春, 木下富士美, 戸川貴史2)
1)千葉がん, 物理, 2)千葉がん, 核医
核医学, 30(8) : 1993, 899-899.
Summary

116. 99mTc-GSA肝シンチグラフィ動態解析を用いた慢性肝疾患進展度の評価
福井弘幸, 西村恒彦, 植原敏勇, 小塚隆弘1), 笠原彰紀, 房本英之, 鎌田武信2), 柏木徹3)
1)阪大中放, 2)阪大一内, 3)大阪厚生年金病院内科
核医学, 30(8) : 1993, 899-899.
Summary

117. 99mTc-GSA肝動態曲線解析の肝機能診断における有用性
伊藤彰彦, 柏木徹, 湯浅隆司, 玉置純, 石橋一伸, 東正祥, 岸田隆
大阪厚生年金病院内科
核医学, 30(8) : 1993, 899-899.
Summary

118. Tc-99m GSA dynamic SPECTによる局所肝機能指標算出の試み
秀毛範至, 油野民雄, 中嶋憲一, 横山邦彦, 滝淳一, 絹谷清剛, 孫保福, 宮内勉, 道岸隆敏, 利波紀久, 久田欣一
金沢大 核
核医学, 30(8) : 1993, 899-899.
Summary

119. 99mTc-GSA肝SPECTにおける肝容積の測定
野口敦司, 橋詰輝己, 井深啓次郎, 長谷川義尚, 中野俊一
大阪府立成人病センター, 核医学診療科
核医学, 30(8) : 1993, 900-900.
Summary

120. Hepatic reticuloendothelial failureの5症例についての検討
植田正, 塩見進, 宮澤祐子, 正木恭子, 城村尚登, 池岡直子, 黒木哲夫, 小林絢三1), 岡村光英, 越智宏暢2)
1)大阪市大, 3内, 2)核医学
核医学, 30(8) : 1993, 900-900.
Summary

121. 99mTc-GSA scintigraphyにおける脾集積の評価
長谷川久美子1), 長谷川真2), 武中泰樹, 篠塚明, Xiao Weihong, 菱田豊彦3)
1)牧田総合 放, 2)埼玉医大 放, 3)昭和大医 放
核医学, 30(8) : 1993, 900-900.
Summary

122. 99mTc-GSAの体内動態の食事による影響
加藤千恵次, 鐘ケ江香久子, 永尾一彦, 中駄邦博, 藤森研司, 伊藤和夫, 古舘正従
北大 核
核医学, 30(8) : 1993, 900-900.
Summary

123. 99mTc-GSAのラット門脈注入による肝集積因子の検討
槙俊也, 小泉潔, サイアッド・アルバブ・アリ, 内山暁, 新井誉夫
山梨医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 900-900.
Summary

124. 99Tc-GSAを用いた肝シンチグラフィの有用性 – 特に経直腸門脈シンチグラフィとの対比 –
池岡直子, 塩見進, 宮澤祐子, 正木恭子, 城村尚登, 植田正, 黒木哲夫, 小林絢三1), 下西祥裕, 大村昌弘, 岡村光英, 越智宏暢2)
1)大阪市大, 3内, 2)核医学
核医学, 30(8) : 1993, 900-900.
Summary

125. アシアロシンチの血中消失補正肝摂取率LHL / HHの有用性
河相吉, 山野玲子, 中西佳子, 池田耕士, 菅豊, 田中敬正
関西医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 901-901.
Summary

126. 99mTc-GSAによる肝機能の評価
奥田逸子, 丸野広大, 村田啓
虎の門病院・放
核医学, 30(8) : 1993, 901-901.
Summary

127. 99mTc-GSA使用による肝機能検査の臨床応用
長瀬勝也, 竹内信良, 桑鶴良平, 平野暁, 直居豊1), 別府倫兄, 大橋薫2), 大谷俊樹3)
1)順大 放, 2)順大 二外, 3)順大 児外
核医学, 30(8) : 1993, 901-901.
Summary

128. 小児における99mTc-GSAの肝集積曲線の解析による肝細胞機能の評価
山田修, 石田治雄‡, 石井勝己‡‡, 原裕子, 五条昌行, 神谷克己, 野本一雄, 粟生田邦男, 新海龍二, 塩入弘和, 水上省一, 伴隆一‡‡‡
都立清瀬小児 放, ‡都立清瀬小児 外, ‡‡北里大 放, ‡‡‡島津製作所
核医学, 30(8) : 1993, 901-901.
Summary

129. 慢性肝疾患のイメージ診断に対する99mTc-GSA肝シンチグラフィーの有用性
大江毅, 湯村和博, 原田尚1), 新井和浩, 後藤和則, 後藤政文2)
1)獨協医大2内, 2)放
核医学, 30(8) : 1993, 901-901.
Summary

130. 小児領域における99mTc-GSA肝シンチグラフィーの有用性
黒野賢仁, 小山雅司, 南部一郎, 飯田昭彦, 大場覚
名古屋市大 放
核医学, 30(8) : 1993, 901-901.
Summary

131. 99mTc-GSA肝シンチグラフィによる肝切除術前後の肝予備能の評価
伊藤清信1, 外山宏2, 前田寿登2, 中根香織2, 駒井哲之2, 竹内昭2, 古賀佑彦2, 藤井直子1, 伊藤毅1
1北信総合病院 放, 2藤田保健衛生大 放
核医学, 30(8) : 1993, 902-902.
Summary

132. 99mTc-GSAによる肝癌患者の肝機能評価
末吉公三, 彭信義, 辰吉光, 中田和伸, 難波隆一郎, 平石久美子, 芦名謙介, 足立至, 清水雅史, 楢林勇
大阪医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 902-902.
Summary

133. TAE前後における局所肝機能の99mTc-GSAを用いたDynamic SPECTによる評価
冨口静二, 鍋島光子, 浪本智弘, 中島留美, 古嶋昭博, 辻明徳, 原正史, 高橋睦正
熊本大 放
核医学, 30(8) : 1993, 902-902.
Summary

134. 閉塞性黄疸例における99mTc-GSAによる局所肝機能の評価
山口元司, 小泉潔, 槙俊也, 遠山敬司, 内山暁, 新井誉夫, 大友邦
山梨医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 902-902.
Summary

135. 胆道閉鎖症術後の肝細胞機能の評価における99mTc-GSAの有用性について
石田治雄, 林奐, 鎌形正一郎, 菅藤啓, 広部誠一, 渕本康史1), 山田修, 野本一雄, 五条昌行2), 石井勝己, 堀池重治3), 伴隆一4)
1)都立清瀬小児 外, 2)放, 3)北里大 放, 4)島津製作所
核医学, 30(8) : 1993, 902-902.
Summary

136. viability診断に際しての心筋FDG PETの適切な検査条件の検討
大嶽達, 渡辺俊明, 奥真也, 井上優介, 百瀬敏光, 西川潤一, 佐々木康人1), 横山郁夫, 芹沢剛2)
1)東大 放, 2)東大 二内
核医学, 30(8) : 1993, 903-903.
Summary

137. 梗塞領域心筋のエネルギー代謝の評価 : NH3, FDG, C-11 acetateを用いたPETによる検討
玉木長良, 多田村栄二, 河本雅秀, 鳥塚達郎, 米倉義晴, 間賀田泰寛, 西澤貞彦, 小西淳二1), 奥田和美, 野原隆司, 篠山重威2)
1)京大 核, 2)3内
核医学, 30(8) : 1993, 903-903.
Summary

138. Langendorffの摘出灌流心による虚血再灌流モデルでのFDGのretensionと機能回復との比較検討
多田村栄二1), 藤林靖久1), 玉木長良1), 河本雅秀1), 米倉義晴1), 小西淳二1), 和田耕一2), 竹村泰隆2)
1)京都大学核医学科, 2)薬学部
核医学, 30(8) : 1993, 903-903.
Summary

139. 脳をReferenceとしたDeoxyglucose法によるインスリン感受性組織の糖代謝率の定量的検討
難波宏樹1), 中川敬一, 伊豫雅臣, 福士清, 入江俊章2)
1)千葉県がんセンター脳神経外科, 2)放射線医学総合研究所
核医学, 30(8) : 1993, 903-903.
Summary

140. Reperfused Myocardiumにおける18F-FDG (デオキシグルコース) の持続的心筋集積
橋本克次, 植原敏勇, 楠岡英雄, 西村恒彦1), 下永田剛, 林田孝平, 石田良雄, 野々木宏, 土師一夫2)
1)大阪大学トレーサ, 2)国循センター 放/心内
核医学, 30(8) : 1993, 903-903.
Summary

141. 脳をReferenceとしたDeoxyglucose法による心筋の糖代謝率の定量的検討 : 経口糖負荷による変化
中川敬一1), 難波宏樹, 伊豫雅臣, 福士清, 入江俊章2)
1)千葉大三内, 2)放射線医学総合研究所
核医学, 30(8) : 1993, 903-903.
Summary

142. 心筋組織残存率-慢性梗塞犬を用いた正当性の評価
飯田秀博, 田村芳一, 高橋晶, 小野幸彦
秋田脳研 放, 内
核医学, 30(8) : 1993, 904-904.
Summary

143. 健常者心筋におけるN-13アンモニア分布
氷見寿治, 相生真吾, 脇坂啓介, 山内雅人, 西堀知行, 志鎌信昭, 中川敬一, 庭山博行, 加賀谷秋彦, 吉田勝哉, 増田善昭1), 宍戸文男, 飯沼武, 舘野之男2)
1)千葉大 三内, 2)放医研 臨床
核医学, 30(8) : 1993, 904-904.
Summary

144. 健常例におけるN-13アンモニアの心筋内取り込みの不均一性の検討
河本雅秀, 玉木長良, 米倉義晴, 多田村栄二, 鳥塚達郎, 間賀田泰寛, 小西淳二
京大, 核
核医学, 30(8) : 1993, 904-904.
Summary

145. 心筋におけるN-13アンモニア, C-11酢酸, Cu-62PTSMの取り込みの対比
河本雅秀, 玉木長良, 岡沢秀彦, 米倉義晴, 多田村栄二, 鳥塚達郎, 間賀田泰寛, 小西淳二
京大, 核
核医学, 30(8) : 1993, 904-904.
Summary

146. 13NH3心PETにおける簡便な取り込み率補正の試み
吉田勝哉, 氷見寿治, 加賀谷秋彦, 庭山博行, 中川敬一, 増田善昭, 稲垣義明
千葉大 三内
核医学, 30(8) : 1993, 904-904.
Summary

147. 心筋PET画像の二次元極座標表示の試み
岡尚嗣, 石田良雄, 下永田剛, 佐合正義, 三宅義徳, 麻布三枝子1), 野々木宏2), 植原敏勇3), 西村恒彦4)
1)国循セン 放診部, 2)国循セン 心内, 3)阪大 中放, 4)阪大 トレーサ情報
核医学, 30(8) : 1993, 904-904.
Summary

148. 局所心筋肥大ファントムを利用したPET像のPVE (部分容積効果) 補正の試み
佐合正義, 石田良雄, 岡尚嗣, 林田孝平, 三宅義徳1), 植原敏勇, 西村恒彦2)
1)国循セン 放診部, 2)阪大・トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 905-905.
Summary

149. 11C-m-Hydroxyephedrine
村上松太郎, 高橋和弘, 飯田秀博, 三浦修一, 菅野巖
秋田脳研 放
核医学, 30(8) : 1993, 905-905.
Summary

150. Cu-62PTSMによる心筋血流イメージング
岡沢秀彦, 玉木長良, 藤林靖久, 間賀田泰寛, 西澤貞彦, 河本雅秀, 鳥塚達郎, 多田村栄二, 小西淳二1), 米倉義晴2)
1)京大 核, 2)脳病態生理
核医学, 30(8) : 1993, 905-905.
Summary

151. L-[1-14C] leucineによる心筋蛋白合成率 (MPSR) : 圧負荷肥大心における検討
橋本哲男, Heinrich R.Schelbert
医仁会武田総合病院 循環器科, UCLA
核医学, 30(8) : 1993, 905-905.
Summary

152. C-11酢酸PETによるGraves病のβブロッカー投与前後の心筋酸素代謝評価
鳥塚達郎, 玉木長良, 河本雅秀, 多田村栄二, 間賀田泰寛, 米倉義晴, 御前隆, 笠木寛治, 小西淳二1), 森徹2)
1)京都大 核, 2)臨床検査科
核医学, 30(8) : 1993, 905-905.
Summary

153. 11C酢酸を用いて作成した心筋パラメトリック画像に対するトランスミッションスキャンの影響
外山比南子, 千田道雄, 織田圭一, 石井賢二, 石渡喜一, 佐々木徹
都老人研 PET
核医学, 30(8) : 1993, 905-905.
Summary

154. 肥大型心筋症における心筋酸素代謝 – C-11酢酸PETによる検討 –
丸野広大, 石綿清雄*, 小宮山伸之*, 村田啓1), 千田道雄, 外山比南子, 石井賢二, 石渡喜一2)
1)虎の門病院 放, *循内, 2)東京都老人研PET
核医学, 30(8) : 1993, 906-906.
Summary

155. 肥大型心筋症のエネルギー代謝の定量的検討
多田村栄二1), 玉木長良1), 河本雅秀1), 鳥塚達郎1), 米倉義晴1), 小西淳二1), 松森昭2), 野原隆司2), 篠山重威2)
1)京都大学核医学科, 2)第三内科
核医学, 30(8) : 1993, 906-906.
Summary

156. 肥大型心筋症における心筋糖代謝の検討 – 空腹時・糖負荷時の18F-FDGの%dose uptake解析を用いて –
植原敏勇, 西村恒彦1), 石田良雄, 下永田剛, 三宅義徳, 佐合正義, 岡尚嗣, 高宮誠2), 永田正毅, 宮武邦夫3)
1)阪大, 中放, 2)国循セ, 放, 3)国循セ, 心臓内科
核医学, 30(8) : 1993, 906-906.
Summary

157. 肥大型心筋症の心筋糖代機能障害 : 糖負荷に対する糖代謝応答の低下
石田良雄, 三宅義徳, 佐合正義, 林田孝平1), 植原敏勇, 西村恒彦2)
1)国循セン放診部, 2)阪大 トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 906-906.
Summary

158. 心サルコイドーシスにおけるF-18 FDG PETの診断的意義
石田良雄, 広瀬義晃, 三宅義徳, 佐合正義1), 植原敏勇, 西村恒彦2)
1)国循セン放診部, 2)阪大 トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 906-906.
Summary

159. CABG術前後の123I-MIBG心筋シンチグラムによる評価 – 201T1心筋シンチグラムとの比較
小宮山伸之1, 坂本直哉1, 中西成元1, 関顕1, 小野口昌久2, 丸野広大2, 藤永剛3, 村田啓2
1虎の門病院 循セ内, 2放, 3慈恵医大 4内
核医学, 30(8) : 1993, 906-906.
Summary

160. 123I-MIBG心筋シンチを用いた急性心筋梗塞例における再灌流療法後の評価
窪田靖志, 松原欣也, 渡邊雅彦, 上床博久, 北村和人1), 仁井田秀治, 曽根照喜2), 杉原洋樹3)
1)京都市立病院 内科循環器科, 2)RI, 3)京都府立医大 第二内科
核医学, 30(8) : 1993, 907-907.
Summary

161. MIBGを用いた高度冠動脈狭窄病変におけるPTCA前後の経時的観察
池田史彦, 高橋哲夫, 和井内由充子, 根岸耕二, 安田三弥, 志田潤治, 三本重治
横浜市立市民病院
核医学, 30(8) : 1993, 907-907.
Summary

162. 心筋梗塞症例における遠隔期の改善様式 – 123I-MIBG, 201T1C1 dual isotope心筋SPECTを用いて –
石黒聡, 池田基昭, 方眞美, 細井宏益, 山崎純一, 森下健1), 中野元, 矢部喜正2)
1)東邦大一内, 2)循診
核医学, 30(8) : 1993, 907-907.
Summary

163. PTCA施行後にみられる運動負荷201T1心筋シンチグラフィ (負荷心筋シンチ) の偽陽性の臨床的意義
松田順子, 土居英生, 新名洋美, 長友美達, 小岩屋靖, 江藤胤尚1), 陣之内正史, 星博昭2)
1)宮医大 1内, 2)放科
核医学, 30(8) : 1993, 907-907.
Summary

164. coronary interventionの効果判定における運動負荷心筋ECTの有用性についての検討
辻本豪, 大西一男, 福原正博, 足立和彦
神戸労災病院内科
核医学, 30(8) : 1993, 907-907.
Summary

165. I-131大量投与後の尿の処理装置の性能評価
野村悦司, 小山田日吉丸, 山田康彦, 内田勲1), 安江直人2)
1)癌研病院 RI, 2)安西総業株式会社
核医学, 30(8) : 1993, 908-908.
Summary

166. I-131大量投与時の腫瘍の三次元吸収線量分布の評価
内田勲, 野村悦司, 山田康彦, 小山田日吉丸
癌研病院 RI
核医学, 30(8) : 1993, 908-908.
Summary

167. 甲状腺癌に対する補助療法としてのI-131投与の臨床的意義
筒井一哉, 佐藤幸示
県立がんセンター新潟病院 内科
核医学, 30(8) : 1993, 908-908.
Summary

168. 分化型甲状腺癌転移巣に対するI-131治療と放射線外部照射による集学的治療
有竹澄江, 日下部きよ子, 百瀬満, 小林秀樹, 牧正子, 金谷和子, 金谷信一, 重田帝子1), 小原孝男2), 丹生屋公一郎3)
1)東女医大 放, 2)内分泌外, 3)国立横浜 放
核医学, 30(8) : 1993, 908-908.
Summary

169. 131I治療が無効の再発甲状腺癌に対するエタノール注入療法
中駄邦博, 加藤千恵次, 鐘ケ江香久子, 永尾一彦, 伊藤和夫, 古舘正従
北大 核
核医学, 30(8) : 1993, 908-908.
Summary

170. 99mTc-pertechnetate scanにて陽性像を呈した甲状腺腫瘤の経験
橋本禎介, 近藤隆1), 有輪六郎2), 鳥屋城男3), 久保敦司4)
1)都立大塚 放, 2)病理, 3)外科, 4)慶大 放
核医学, 30(8) : 1993, 908-908.
Summary

171. 99mTc-HMDPが集積した甲状腺髄様癌の1例
吉川啓一, 片桐誠, 清野徳彦, 太田喜久子, 大塚信昭*, 福永仁夫*, 原田種一
川崎医大 内分泌外科, *核医学
核医学, 30(8) : 1993, 909-909.
Summary

172. 慢性甲状腺炎における67Ga citrateを用いたシンチグラムの検討 – 悪性リンパ腫との鑑別について –
片桐誠, 太田喜久子, 清野徳彦, 吉川啓一, 大塚信昭*, 福永仁夫*, 原田種一
川崎医大 内分泌外科, *核医学
核医学, 30(8) : 1993, 909-909.
Summary

173. 甲状腺悪性リンパ腫のMRI
中原浩, 野口志郎, 村上信夫, 原尾基継1), 大西隆, 星博昭, 陣之内正史, 長町茂樹, 二見繁美, 渡辺克司2)
1)野口病院, 2)宮医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 909-909.
Summary

174. I-131シンチグラフィーにて異常集積を示した甲状腺癌と肺癌の二重癌の一例
宮本信一, 御前隆, 竹内亮, 笠木寛治, 小西淳二
京大, 核
核医学, 30(8) : 1993, 909-909.
Summary

175. 甲状腺腫瘍における201T1の集積と腫瘍増殖能の指標との比較検討.
中駄邦博, 加藤千恵次, 鐘ケ江香久子, 永尾一彦, 伊藤和夫, 古舘正従
北大 核
核医学, 30(8) : 1993, 909-909.
Summary

176. 201T1シンチグラフィによる結節性甲状腺腫の診断能の再検討
川崎幸子, 松野慎介, 余田みどり, 田邉正忠1), 宮内昭2)
1)香川医大放, 2)2外
核医学, 30(8) : 1993, 909-909.
Summary

177. 分化型甲状腺癌縦隔再発におけるT1-201シンチグラフィの検討
中原浩, 野口志郎, 村上信夫, 原尾基継1), 大西隆, 星博昭, 陣之内正史, 長町茂樹, 二見繁美, 渡辺克司2)
1)野口病院, 2)宮医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 910-910.
Summary

178. 副甲状腺イメージングにおける二核種時間差投与法によるcrosstalk除去法の開発
船越猛, 三宅秀敏, 脇坂昌紀, 竹岡宏1), 伴隆一, 芳澤弘文2)
1)大分医大 放, 2)島津SD
核医学, 30(8) : 1993, 910-910.
Summary

179. 201T1-99mTcサブトラクションシンチグラフィによる原発性および二次性副甲状腺機能亢進症の診断
鐘ケ江香久子, 伊藤和夫, 加藤千恵次, 永尾一彦, 中駄那博, 藤森研司, 古舘正従1), 石塚玲器2)
1)北大核, 2)国立西札幌外科
核医学, 30(8) : 1993, 910-910.
Summary

180. 阻害型TSH受容体抗体陽性の甲状腺機能低下症患者における甲状腺シンチグラム像の解析
笠木寛治, 宮本信一, 竹内亮, 御前隆, 飯田泰啓, 小西淳二
京都大学 核
核医学, 30(8) : 1993, 910-910.
Summary

181. 放射性ヨード治療後のバセドウ病患者における骨代謝の検討
伴良雄, 森田嘉生, 長倉穂積, 榎本詳, 杉田江里, 谷山松雄, 伊藤国彦*
昭和大 三内, *伊藤病院
核医学, 30(8) : 1993, 910-910.
Summary

182. バセドウ病眼症に対する球後照射 : 24Gy照射と10Gy照射との比較
中原浩, 野口志郎, 村上信夫, 原尾基継1), 大西隆, 星博昭, 陣之内正史, 長町茂樹, 二見繁美, 渡辺克司2)
1)野口病院, 2)宮医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 910-910.
Summary

183. 甲状腺機能亢進症治療後における身体構成成分の変化
凌慶成, 川上憲司
慈恵医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 911-911.
Summary

184. IRMA競合法によるFree T4測定キットの基礎的ならびに臨床的検討
御前隆, 高坂唯子, 宮本信一, 竹内亮, 笠木寛治, 小西淳二
京大 放・核
核医学, 30(8) : 1993, 911-911.
Summary

185. アマレックスMABキットによるフリーT4およびフリーT3濃度の測定
笠木寛治, 高坂唯子, 御前隆, 宮本信一, 竹内亮, 小西淳二
京都大学 核
核医学, 30(8) : 1993, 911-911.
Summary

186. ラジオアッセイによる平衡透析・Free T4測定法に関する基礎的検討 – 主に透析条件を中心に –
木谷仁昭, 末廣美津子, 村上稔, 杉本佳則, 樽岡陽子, 河中正裕, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 30(8) : 1993, 911-911.
Summary

187. FRTL-5細胞への125I摂取に及ぼす阻害型TSH受容体抗体の影響 – NaCl非存在下でのTSH増強作用
竹内亮, 笠木寛治, 日高昭斉, 宮本信一, 御前隆, 飯田泰啓, 小西淳二
京都大学核医学科
核医学, 30(8) : 1993, 911-911.
Summary

188. 炎症部位不明患者における白血球シンチグラフィの有用性について
内田佳孝, 遊佐昌樹, 北方勇輔1), 蓑島聡, 宇野公一, 有水昇2)
1)君津中央病院放射線科, 2)千葉大学放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 912-912.
Summary

189. Tc-99m標識した蛋白 (HSA, HIG) を用いた炎症ラットイメージングの基礎検討
板谷嘉俊, 白神宜史
日本メジフィジックス, 中央研究所
核医学, 30(8) : 1993, 912-912.
Summary

190. ペースメーカー植え込み後の上大静脈症候群 ; In-111血小板シンチグラフィーにて集積を認めた1例
恵谷秀紀, 中真砂士, 木下直和, 額田忠篤1), 松岡利幸2)
1)国立大阪南 循, 2)放
核医学, 30(8) : 1993, 912-912.
Summary

191. 兎VX-2腫瘍と炎症巣におけるタリウム集積動態の比較検討
菅一能, 西垣内一哉, 藤田岳史, 内迫博路, 中西敬1), 山田典将2)
1)山口大・放, 2)山口大・放部
核医学, 30(8) : 1993, 912-912.
Summary

192. 原発性肺癌における骨スキャン製剤異所性集積の検討
吉田祥二, 末松徹*, 柳瀬正和*, 西井博則*, 高木佳木*
高知医大・放, *兵庫県立成人病センター・放
核医学, 30(8) : 1993, 912-912.
Summary

193. 小細胞肺癌の再発および遠隔転移に対する核医学的診断の有用性
小林満, 大山洋一, 戸村則昭1), 佐々木一文, 田村清彦2)
1)秋田大 放, 2)中放
核医学, 30(8) : 1993, 912-912.
Summary

194. 99mTc-O4-の軟部腫瘍への集積の検討
岩宮孝司, 大内泰文, 谷川昇, 仙田哲朗, 周藤裕治, 遠藤健一, 西尾剛, 太田吉雄
鳥取大 放
核医学, 30(8) : 1993, 913-913.
Summary

195. 99mTC (V) DMSAシンチによる軟部組織腫瘍の良悪性診断の検討 – 67Gaシンチとの比較を中心に –
小林久隆, 阪原晴海, 細野真, 白土誠, 小西淳二1), 琴浦良彦, 山室隆夫2)
1)京都大・核, 2)整外
核医学, 30(8) : 1993, 913-913.
Summary

196. FDG-PETによる肝細胞癌治療の効果判定
鳥塚達郎, 玉木長良, 猪熊哲朗, 間賀田泰寛, 米倉義晴, 小西淳二
京都大 核
核医学, 30(8) : 1993, 913-913.
Summary

197. 肺縦隔病変における11C-メチオニンPET
赤司祐子, 一矢有一, 桑原康雄, 吉田毅, 福村利光, 増田康治
九大 放
核医学, 30(8) : 1993, 913-913.
Summary

198. ポジトロン断層による縦隔・胸壁腫瘍の診断
窪田和雄, 山田進, 福田寛1), 山田健嗣2), 伊藤正敏, 藤原竹彦, 井戸達雄3)
1)東北大 加齢研 放, 2)仙台厚生病院, 3)東北大 サイクロRI
核医学, 30(8) : 1993, 913-913.
Summary

199. C15O2吸入定常法によるポジトロンCTを用いた肝腫瘍の局所血流量測定
小山拡史, 谷口弘毅, 小石恭士, 増山守, 田中宏樹, 宮田圭悟, 竹内一実, 小黒厚, 高橋俊雄1), 藤井亮, 脇田員男, 堀井均2)
1)京府医大一外, 2)西陣病院
核医学, 30(8) : 1993, 913-913.
Summary

200. L- [methyl-11C] methionine PETの定量的解析のための実用的な血漿蛋白結合放射能補正法
吉川京燦1), 吉田弘, 今関恵子, 宇野公一, 有水昇2), 岡住慎一, 榎本和夫, 磯野可一3)
1)千葉大放部, 2)千葉大放科, 3)千葉大2外
核医学, 30(8) : 1993, 914-914.
Summary

201. 非放射性アミノ酸負荷時における11C-メチオニンの血液中での動態について
藤原竹彦1, 谷内一彦2, 宮沢英充3, 伊藤正敏1, 福田寛3, 岩田錬1, 高橋俊博1, 井戸達雄1
1東北大・サイクロ, 2医学部・薬理I, 3加齢研・放射線
核医学, 30(8) : 1993, 914-914.
Summary

202. 炎症組織に於ける18F-FDG集積
山田進, 窪田和雄, 窪田朗子1), 井戸達雄2)
1)東北大・加齢研・放, 2)東北大・サイクロ
核医学, 30(8) : 1993, 914-914.
Summary

203. 18FDGのマウス皮下移植腫瘍組織内細胞レベルでの集積動態と, 癌細胞と免疫細胞の鑑別
窪田朗子, 窪田和雄, 山田進1, 井戸達雄2
1東北大・加齢研・放, 2東北大・サイクロ
核医学, 30(8) : 1993, 914-914.
Summary

204. 放射線治療効果を早期にモニターするためのPET agents (FDG, Methionine, およびThymidine) のin vitroにおける比較
東光太郎, 興村哲郎, 山本達1, R.L. Wahl2
1金沢医大 放, 2ミシガン大 核
核医学, 30(8) : 1993, 914-914.
Summary

205. 薬剤負荷によるFDG, BMIPP, メチオニンの体内分布の変化と血糖値の関係
窪田和雄, 窪田朗子, 山田進1, 井戸達雄2
1東北大 加齢研 放, 2東北大 サイクロRI
核医学, 30(8) : 1993, 914-914.
Summary

206. アミノ酸トレーサの脳および癌への集積と酸不溶成分への移行率に対する蛋白質合成阻害剤の効果
石渡喜一, 窪田和雄, 村上松太郎, 窪田朗子, 佐々木徹, 千田道雄
都老人研PET, 東北大加齢研, 秋田脳研
核医学, 30(8) : 1993, 915-915.
Summary

207. デュアルヘッドガンマカメラ sophycamera DST
三浦千春, 飯野公則, 若汐豊
アロカ株式会社
核医学, 30(8) : 1993, 916-916.
Summary

208. 対向型二検出器シンチレーションカメラ MAXXUSの開発
河窪雅宏, 吉岡克則, 小林弘幸, 平林正明
横河メディカルシステム
核医学, 30(8) : 1993, 916-916.
Summary

209. 2検出器型デジタルガンマカメラの操作性向上について
中村信之, 前田清一, 小林弘明, 類家俊充
東芝那須
核医学, 30(8) : 1993, 916-916.
Summary

210. 2検出器型デジタルガンマカメラの開発
小林弘明, 首藤経世, 類家俊充, 岩崎俊朗, 山河勉
東芝那須
核医学, 30(8) : 1993, 916-916.
Summary

211. Right Angle型シンチレーションカメラの特徴と有用性
吉岡克則, 河窪雅宏, 小林弘幸, 平林正明
横河メディカルシステム
核医学, 30(8) : 1993, 916-916.
Summary

212. ユーザープログラミング環境の開発
羽原淳, 増渕美智雄, 小川亜紀子
東芝
核医学, 30(8) : 1993, 916-916.
Summary

213. フルデジタル位置計算の特長
川口常昭, 佐藤浩行, 近藤正司, 田中正敏, 田口正俊
日立メディコ
核医学, 30(8) : 1993, 917-917.
Summary

214. フルデジタル型カメラ GAMMA VIEW-I 新規収集機能の開発
新井二三男, 森田聡, 田中正敏, 田口正俊, 中村隆
日立メディコ
核医学, 30(8) : 1993, 917-917.
Summary

215. 近接連続スポットホールボディの開発
和田誠悦, 新井二三男, 大池正仁, 田口正俊
日立メディコ
核医学, 30(8) : 1993, 917-917.
Summary

216. PET用13N-アンモニア自動合成システム
水野健一郎, 楠元克徳, 山崎茂樹, 石田篤識, 張替一史
日本鋼管 量子機器エンジニアリング部
核医学, 30(8) : 1993, 917-917.
Summary

217. ボールエルザCYFRA21-1キットの基礎的臨床的検討
三浦博, 早川恵美, 高瀬利浩, 青木俊治, 伊吹幸男, 中島孝, 山畑尚美, 風早康弘
シーアイエス ダイアグノスティック
核医学, 30(8) : 1993, 917-917.
Summary

218. IRMA法によるPSA測定法の開発
浅井千紗, 小池道信, 伊藤正雄, 石橋嘉一郎
栄研化学株式会社 研究開発本部
核医学, 30(8) : 1993, 917-917.
Summary

219. アマレックス-MABフリーT3キットの基礎的検討
小川裕子, 佐々木恭次, 滝本徹男*
日本コダックダイアグノスティックス 学術部, *試験研究部
核医学, 30(8) : 1993, 918-918.
Summary

220. アマレックス-MABフリーT4キットの基礎的検討
杉田悟, 滝本徹男, 佐々木恭次*
日本コダックダイアグノスティックス 試験研究部, *学術部
核医学, 30(8) : 1993, 918-918.
Summary

221. 低左心機能患者に於ける急性除水の右心機能に及ぼす効果
千葉博, 篠原昇一, 東幹雄, 山下雅司, 松田圭市, 田端志郎, 水野俊和, 大野穣一1, 西村恒彦2
1耳原総合病院内科, 2大阪大 トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 919-919.
Summary

222. 心室中隔部異常の右室機能へ及ぼす影響について
井上一也, 開発直明, 花岡淳一1, 宇治茂2, 前田和美3
1国立明石 循, 2放, 3神大 医技
核医学, 30(8) : 1993, 919-919.
Summary

223. 非虚血性完全左脚ブロック症例における右室収縮及び拡張機能評価
井上一也, 開発直明, 花岡淳一1, 宇治茂2, 前田和美3
1国立明石 循, 2放, 3神大 医技
核医学, 30(8) : 1993, 919-919.
Summary

224. 塩酸デラプリル単回経口投与が心不全患者の左室機能に及ぼす影響 – 運動心プール法による検討
磯部智, 岡田充弘, 棚橋淑文, 近藤一正1, 安藤晃禎, 林博史, 斎藤英彦2
1名古屋掖済会病院内科, 2名古屋大 一内
核医学, 30(8) : 1993, 919-919.
Summary

225. 虚血性心疾患診断におけるATP負荷心プールシンチグラフィーの有用性
藤永剛1, 村田啓2, 丸野広大2, 小宮山伸之3, 小野口昌久2, 原正忠1, 岡村哲夫1
1慈恵医大・4内, 2虎の門病院・放, 3循セ
核医学, 30(8) : 1993, 919-919.
Summary

226. ATP負荷99mTc心プールシンチグラフィー (RNVG) による虚血性心疾患の評価 – 運動負荷との比較 –
長岡秀樹, 久保田幸夫, 飯塚利夫, 今井進, 村田和彦1, 鈴木忠2
1群馬大学第2内科, 2医療技術短期大学部
核医学, 30(8) : 1993, 919-919.
Summary

227. 心筋梗塞後心ポンプ機能の経時変化に与える冠動脈開存の影響
若山由佳, 岩坂壽二, 中村誠志, 竹花一哉, 杉浦哲朗, 唐川正洋, 小糸仁史, 稲田満夫1, 夏住茂夫, 松本掲典, 白石友邦2
1関西医大 二内, 2関西医大香里 放
核医学, 30(8) : 1993, 920-920.
Summary

228. 心筋梗塞における運動負荷時左室拡張末期容量変化の意義
竹花一哉, 杉浦哲朗, 中村誠志, 若山由佳, 安部美輝, 中森久人, 小糸仁史, 岩坂壽二, 稲田満夫
関西医科大学 第2内科
核医学, 30(8) : 1993, 920-920.
Summary

229. 心筋梗塞再潅流療法後の運動負荷時左室駆出率と左室拡張末期容積の変動
長谷川新治, 本多加津雄, 平山篤志, 南都伸介, 三嶋正芳, 児玉和久1, 佐々木次郎, 長谷川正和2
1大阪警察病院心臓センター, 2放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 920-920.
Summary

230. 血行再建術前後におけるドブタミン負荷心プールシンチグラフィーによる冬眠心筋の回復過程の検討
渡辺重行, 武安法之, 鰺坂隆一, 外山昌弘, 増岡健志, 山内孝義, 斉藤巧, 坂本和彦, 杉下靖郎, 武田徹, 石川演美, 板井悠二
筑波大 内, 放
核医学, 30(8) : 1993, 920-920.
Summary

231. Syndrome Xにおける運動負荷時心機能の検討 : CdTe-VESTを用いて
滝淳一, 中嶋憲一, 村守朗, 谷口充, 松成一朗, 久田欣一1, 由雄裕之, 清水賢巳2, 分校久志3
1金大核, 2二内, 3医情報
核医学, 30(8) : 1993, 920-920.
Summary

232. Spastic angina pectorisにおける安静時左室収縮時間の不均一性
呉勁, 武田徹, 外山比南子*, 鰺坂隆一, 増岡健志, 佐藤始広, 石川演美, 板井悠二
筑波大, *老人研
核医学, 30(8) : 1993, 920-920.
Summary

233. R波予測心電図同期法の開発とその基礎的検討
立木秀一1, 近藤武1, 西村哲浩2, 徳田衛3, 坂倉一義5, 岡村正博6, 古田敏也3, 渡辺佳彦3, 前田壽登1, 竹内昭1, 古賀佑彦4
1藤田保健衛生大学 衛放技, 2病院放, 3医内, 4医放, 5愛知県済生会病院, 6名古屋記念病院
核医学, 30(8) : 1993, 921-921.
Summary

234. R波予測心電図同期心プールシンチグラフィによる心房寄与の検討
西村哲浩1, 沢田武司1, 横山貴美江1, 榊原英二1, 竹内由美1, 江尻和隆2, 立木秀一2, 外山宏3, 中村元俊3, 安野泰史2, 竹内昭2, 古賀佑彦3, 前田壽登2, 近藤武2, 徳田衛4, 渡辺佳彦4
1藤田保健衛生大学 病院放, 2衛放技, 3医放, 4医内
核医学, 30(8) : 1993, 921-921.
Summary

235. 左心室駆出率及び関連パラメータの再現性
小山田日吉丸, 山田康彦, 野村悦司, 中西代志弘, 阿部慎司, 内田勲, 堀越昇
癌研病院 RI, 化療
核医学, 30(8) : 1993, 921-921.
Summary

236. 右斜位一肺動脈注入radionuclide (RN) – ventriculographyを用いた左室駆出率 (LVEF) – 平衡時RN-ventriculography及び左室造影との比較 –
田中春仁, 後藤紘司, 八木安生, 寺島寧, 澤祥幸, 出口富美子, 長島賢司, 縄田万寿美, 安田憲生, 塚本達夫, 大角幸男1, 今枝孟義2
1岐阜大 2内, 2放
核医学, 30(8) : 1993, 921-921.
Summary

237. 両房室弁逆流兼心筋障害の1男児例に関する心動態3次元的検討の有用性
辻敦敏1, 久保敦司, 三宮敏和2
1浦和市立病院 小児科, 2慶応義塾大学 放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 921-921.
Summary

238. 99mTc-HSA-D投与患者周囲の放射線量率測定と被曝レベル評価
江尻和隆, 折戸武郎, 近藤武, 竹内昭1, 古賀佑彦, 中村元俊2, 徳田衛3, 榊原英二, 西村哲浩, 横山貴美江4
1藤田保衛大 衛診 放技, 2医放, 3医内, 4病放部
核医学, 30(8) : 1993, 921-921.
Summary

239. 試作大口径テルル化カドミウム (CdTe) 検出器よる心機能連続モニタリング
井出満, 中山浩二, 弘瀬哲1, 鈴木豊2
1東海大 一内, 2放
核医学, 30(8) : 1993, 922-922.
Summary

240. 高感度多結晶型ガンマカメラによる心機能解析 : ファントム実験および臨床例による検討
瀬戸光, 清水正司, 蔭山昌成, 呉翼偉, 永吉俊朗, 渡辺直人, 亀井哲也, 柿下正雄
富山医薬大 放
核医学, 30(8) : 1993, 922-922.
Summary

241. 心筋梗塞患者のエルゴメータ負荷試験における左室駆出率の変化 – VESTを用いた検討 –
水野春芳, 田谷真, 下山克也, 西村徹, 佐々木明, 田原順雄, 小野彰史, 石川恭三
杏林大学 2内
核医学, 30(8) : 1993, 922-922.
Summary

242. 虚血性心疾患に対するRamp負荷時の左室機能変化 – 無線式携帯型心機能連続監視装置 (Wireless Telemetric Cardiac Monitoring System : WTCMS) による検討
中山浩二, 井出満, 弘瀬哲, 中山美子, 友田春夫1, 鈴木豊2
1東海大学第一内科, 2放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 922-922.
Summary

243. 心機能評価における99mTc MIBIによるFirst Pass法の有用性 – 左前下行枝一枝病変例についての検討 –
小野口昌久, 丸野広大, 村田啓1, 小宮山伸之2, 藤永剛3
1虎の門病院・放, 2循セ, 3慈恵医大・4内
核医学, 30(8) : 1993, 922-922.
Summary

244. 大動脈弁閉鎖不全症における心筋灌流異常とカラー・ドプラ法による逆流方向との対比
松室明義, 宮尾賢爾, 玉垣栄, 的場聖明, 片村真紀, 辻光, 北村誠
京二日赤 内
核医学, 30(8) : 1993, 922-922.
Summary

245. 肥大型心筋症モデルラット (WKY/NCrj rat) における125I-BMIPPおよび201Tlによる2核種オートラジオグラフィ – 病理組織学的所見との対比検討 –
大槻克一, 杉原洋樹*, 馬本郁男, 中川達哉, 谷口洋子, 前田知穂*, 中川雅夫
京府医大 2内, *放
核医学, 30(8) : 1993, 923-923.
Summary

246. 肥大型心筋症の病態評価における123I-MIBG, 123I-BMIPP心筋スキャンの有用性
栗原正, 成田充啓, 村野謙一, 宇佐美暢久1, 本田稔, 金尾啓右2
1住友病院 内, 2RI
核医学, 30(8) : 1993, 923-923.
Summary

247. 肥大型心筋症における123I-BMIPPの集積低下は虚血の反映か? – 運動負荷201Tl心筋SPECTとの対比 –
杉原洋樹, 大槻克一*, 谷口洋子*, 寺田幸治*, 伊藤一貴*, 馬本郁男*, 志賀浩治*, 中川達哉*, 中川雅夫*, 前田知穂
京府医大 放, *2内
核医学, 30(8) : 1993, 923-923.
Summary

248. 非称性中隔肥大型心筋症 (ASH) における心筋肥厚部の脂肪酸/糖代謝の検討
下永田剛, 石田良雄, 林田孝平, 広瀬義晃1, 植原敏勇, 西村恒彦2
1国循セン放診部, 2阪大トレーサー
核医学, 30(8) : 1993, 923-923.
Summary

249. Tl-201, I-123 BMIPPミスマッチ観象による肥大型心筋症 (HCM) の予後判定
下永田剛, 西村恒彦, 植原敏勇1, 石田良雄, 林田孝平, 広瀬義晃2
1阪大トレーサー, 2国循セン放診部
核医学, 30(8) : 1993, 923-923.
Summary

250. 虚血心筋における123I-β-metyl-iodo-phenylpentdecanoic acid (BMIPP) の実験的検討
奥田和美, 野原隆司, 玉木長良*, 小西淳二*, 藤林康久**, 篠山重威
京大病院第3内科, *核医学科, **薬学部
核医学, 30(8) : 1993, 923-923.
Summary

251. Whole body scanによるBMIPPの心筋集積率に関する検討:
土持進作, 玉木長良, 河本雅秀, 米倉義晴, 小西淳二1, 野原隆司, 松森昭, 篠山重威2
1京大 核, 2三内
核医学, 30(8) : 1993, 924-924.
Summary

252. BMIPP心筋シンチにおける肝集積の影響 : 特に心筋欠損部位の過小評価について
堀内孝一, 弓倉整, 斎藤頴, 小沢友紀雄, 上松瀬勝男, 今井嘉門
日大二内, 埼玉県循環器病センター準備室
核医学, 30(8) : 1993, 924-924.
Summary

253. 安定狭心症における123I BMIPPと201Tl心筋シンチグラフィの比較検討
渡辺直彦, 斎藤富善, 矢尾板裕幸, 大谷弘, 丸山幸夫1, 星宏治2
1福島医大第一内科, 2核医学科
核医学, 30(8) : 1993, 924-924.
Summary

254. 虚血性心疾患における運動負荷BMIPPによる評価
松成一朗, 一柳健次
福井県立病院 放
核医学, 30(8) : 1993, 924-924.
Summary

255. 123I-BMIPPによる “心筋虚血” 検出能の評価
新井英和, 齋藤滋, 金國鐘, 青木直人1, 斉藤みどり2
1湘南鎌倉病院 循, 2放
核医学, 30(8) : 1993, 924-924.
Summary

256. 心筋梗塞における123I-BMIPP心筋イメージング (急性期と慢性期の比較)
成瀬均, 山本寿郎, 森田雅人, 福武尚重, 岩井務, 高橋敬子, 有井融, 大柳光正, 岩崎忠昭1, 福地稔2
1兵庫医大 一内, 2核
核医学, 30(8) : 1993, 924-924.
Summary

257. 急性心筋梗塞の冠血行再建効果判定におけるI-123 BMIPP SPECTの有用性
広瀬義晃, 石田良雄, 林田孝平, 下永田剛, 外山卓二, 濱田星紀, 前野正和1, 野々木宏, 土師一夫2, 植原敏勇, 西村恒彦3
1国循セン放診部, 2心内, 3阪大トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 925-925.
Summary

258. 慢性リウマチ患者におけるdipyridamole負荷201Tl心筋シンチグラフィーの有用性
百瀬滋紀, 富田泰, 水谷和正*, 川添修身*, 今西好正*, 藤川光弘*
聖マリアンナ医大東横病院 内科, *放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 925-925.
Summary

259. ジピリダモール負荷心筋PET – 正常被験者における安静時心筋血流量と冠血流予備能の検討 –
高橋晶1), 飯田秀博2), 田村芳一1), 小野幸彦1)
1)秋田脳研内科, 2)放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 925-925.
Summary

260. Dipyridamole負荷 201Tl心筋シンチグラフィにおけるHgb値のwashout rateに及ぼす影響
千田豊1, 伊藤綱朗2, 高木勲2, 松村要3
1社保羽津病院 内, 2放, 3三重大 放
核医学, 30(8) : 1993, 925-925.
Summary

261. syndrome Xにおけるジピリダモール負荷 201Tl心筋シンチグラフィ
岩井務, 成瀬均, 福武尚重, 山本寿郎, 森田雅人, 有井融, 高橋敬子, 大柳光正, 岩崎忠昭1, 福地稔2
1兵庫医大 一内, 2核
核医学, 30(8) : 1993, 925-925.
Summary

262. Dipyridamole負荷Tl-201心筋SPECTにおいて低レベル運動負荷併用法は有用か? Dipyridamole単独負荷法との比較.
成瀬雅彦, 三谷勇雄, 義井譲, 持田泰行, 岩沢祐二1, 朝倉晃一2
1済生会横浜市南部病院循内, 2放
核医学, 30(8) : 1993, 925-925.
Summary

263. ドブタミン負荷検査時の血圧低下機序
今井嘉門, 堀内孝一, 弓倉整, 斎藤頴, 小沢友紀雄, 上松瀬勝男
埼玉県循環器病センター, 日大二内
核医学, 30(8) : 1993, 926-926.
Summary

264. 梗塞部心筋viabilityの評価における運動負荷および安静時Tl-201心筋SPECTとドブタミン負荷心エコー図と比較
外山卓二, 石田良雄, 下永田剛, 広瀬義晃, 林田孝平1, 西村恒彦2
1国循セン 放診部, 2阪大トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 926-926.
Summary

265. 経口糖負荷後の201Tl心筋シンチグラフィーにて心筋虚血を確認し得た食後狭心症の一例
高島重和1, 善積透, 青山毅2, 山崎紘一3, 山根光量, 松沢佑次4
1箕面市立 内, 2中放, 3放, 4大阪大 二内
核医学, 30(8) : 1993, 926-926.
Summary

266. キシリトールはTl心筋再分布に影響するか
中川達哉*, 杉原洋樹, 谷口洋子, 伊藤一貴, 大槻克一, 志賀浩治, 馬本郁男, 原田佳明, 片平敏雄, 中川雅夫
*京都きづ川病院 循内, 京都府立医大 二内
核医学, 30(8) : 1993, 926-926.
Summary

267. 201Tl負荷心筋シンチグラム (Ex-Tl) に於けるRibose投与と24時間後像の対比
池部伸彦, 松本めぐみ, 鎌田達也, 笠井龍太郎, 宮下岳夫, 渡辺健, 小林泰彦, 永井義一, 伊吹山千晴1, 藤田賢二, 白岩啓志2
1東京医科大学2内, 2放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 926-926.
Summary

268. 肺集積が123-I IMPによる局所脳血流量測定時に及ぼす影響の検討
遠藤高, 石井勝己, 吉田暢元, 西山正吾, 池田俊昭, 西巻博, 中沢圭治, 菊地敬, 依田一重, 磯部義憲, 松林隆
北里大 放
核医学, 30(8) : 1993, 927-927.
Summary

269. I123-IMPによる脳血流定量とdelayed imageにおける再分布の検討
堀川歩, 勝山直文, 山口慶一郎, 大田豊, 中野政雄1, 山崎英樹2, 目黒謙一3
1琉球大 放, 2東北大 精神, 3東北大 老人
核医学, 30(8) : 1993, 927-927.
Summary

270. 肥満患者における簡易脳血流定量化の検討
善積透, 青山毅1, 山崎紘一2, 高島重和3, 山根光量, 松沢佑次4
1箕面市立 中放, 2放, 3内, 4大阪大 二内
核医学, 30(8) : 1993, 927-927.
Summary

271. 一回静脈採血法による125I-IMP脳SPECTの定量化
神長達郎, 西村恒彦1, 林田孝平, 石田良雄2
1阪大トレーサー, 2国循セ放
核医学, 30(8) : 1993, 927-927.
Summary

272. Table look up法によるrCBF測定 – rCBF, Vd画像化での検討 –
星宏治, 加藤和夫, 佐藤勝美, 関場盛也, 鈴木晃, 政井章
福島医大 核
核医学, 30(8) : 1993, 927-927.
Summary

273. I-123 IMP-SPECTとTable-Look-up法による定量的脳血流測定 – Xe-133吸入法との比較 –
棚田修二, 菅原敬文, 井上武, 村瀬研也, 津田孝治, 奥村明, 藤井崇, 濱本研1, 大田信介, 榊三郎2
1愛媛大 放, 2脳外
核医学, 30(8) : 1993, 927-927.
Summary

274. I-123 IMP-SPECTによる簡便な局所脳血流量測定法 (Table look-up法) – Microsphere modelによる定量法との比較 –
伊藤浩, 吉岡清郎, 福田寛1, 石井清, 犬飼好政, 阿部茂人, 渥美博人2, 寺岡悟見3
1東北大・加齢研・機能画像, 2仙台市立病院・放, 3横河メディカル
核医学, 30(8) : 1993, 928-928.
Summary

275. 99mTc-HMPAOによる脳血流SPECT像のLassenの補正に関する検討
松田博史1, 辻志郎, 秀毛範至, 久田欣一2
1国立精神・神経センター武蔵病院 放, 2金沢大 核医学
核医学, 30(8) : 1993, 928-928.
Summary

276. 4コンパートメントモデルおよび1回静脈採血法を用いた99mTc-HMPAOによる脳循環動態測定法の開発
井坂吉成1,2, 飯地理2, 岡本昌也2, 芦田敬一2, 今泉昌利2, 大江洋介2, 阿部亨2, 鳴坂源吾1, 田中清次1
1国立大阪病院画像診断部, 2総合内科
核医学, 30(8) : 1993, 928-928.
Summary

277. 脳梗塞, 微少梗塞に対するPatlak Plot法を用いた脳血流測定とMR像の比較検討
池上匡, 斎藤節
横浜南共済病院 放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 928-928.
Summary

278. 99mTc-HMPAO脳SPECTによる定量化の試み – 平衡時血中カウント補正法 –
田中良一, 林田孝平, 廣瀬義晃, 石田良雄1, 西村恒彦2
1国循セン, 放診部, 2阪大トレーサー
核医学, 30(8) : 1993, 928-928.
Summary

279. Xe-133吸入SPECTにおけるボーラス吸入法の基礎的検討と有用性について
駒谷昭夫, 安久津徹, 高橋和栄, 山口昂一
山形大 放
核医学, 30(8) : 1993, 928-928.
Summary

280. 種々の脳血流SPECT製剤の高血流領域における過小評価の補正について
土田龍郎, 米倉義晴, 西澤貞彦, 定藤規弘, 玉木長良, 藤田透, 小西淳二
京大 核
核医学, 30(8) : 1993, 929-929.
Summary

281. 近似的な頭蓋骨の厚さを用いた脳血流SPECTの吸収補正 – 計算機シミュレーション実験による
篠原広行, 瀬戸哲郎, 浜名哲郎, 長谷部伸, 東澄典, 新尾泰男, 永島淳一, 國安芳夫1, 細羽実, 和迩秀信2
1昭和大学藤が丘病院 放, 2島津制作所 医用技術
核医学, 30(8) : 1993, 929-929.
Summary

282. 脳血流SPECTにおける頭蓋骨によるγ線の吸収量の推定
篠原広行, 瀬戸哲郎, 浜名哲郎, 長谷部伸, 東澄典, 新尾泰男, 永島淳一, 國安芳夫1, 細羽実, 和迩秀信2
1昭和大学藤が丘病院 放, 2島津制作所 医用技術
核医学, 30(8) : 1993, 929-929.
Summary

283. Transmission scanとmultiple window法の併用による脳血流SPECTの定量性向上の試み
中村幸夫, 橋川一雄, 森脇博, 植原敏勇, 久住佳三1, 奥直彦, 岡崎裕, 松本昌泰, 鎌田武信2, 藤田昌宏, 西村恒彦3
1阪大 中放, 2一内, 3トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 929-929.
Summary

284. X線CTを用いた脳血液量 (CBV) 測定の試み C15O-PET法による妥当性評価について
木之村重男, 宮沢英充, 福田寛, 山田健嗣, 吉岡清郎, 小野修一, 伊藤浩1, 伊藤正敏, 四月塑日聖一, 瀬尾信也2
1東北大 加齢研放, 2東北大サイクロ核医学
核医学, 30(8) : 1993, 929-929.
Summary

285. 脳SPECT吸収補正における考察
有坂英史, 林征志, 上田幹也, 大川原修二
大川原脳神経外科病院
核医学, 30(8) : 1993, 929-929.
Summary

286. Tc-99m HMPAOとI-123 IMPの2核種同時収集SPECTの基礎的臨床的検討
井上武, 棚田修二, 菅原敬文, 村瀬研也, 中田茂, 三木均, 田中伸司, 木村良子, 濱本研
愛媛大 放
核医学, 30(8) : 1993, 930-930.
Summary

287. 小児脳SPECT検査におけるcircumferential profile法の開発と臨床応用
藤田之彦, 日吉一夫, 江尻和夫, 渕上達夫, 大久保修1, 佐藤幸光, 萩原和男2
1日大医 小児科, 2日大板橋RI室
核医学, 30(8) : 1993, 930-930.
Summary

288. 脳MRI及び脳血流SPECTの三次元 (3D) 合成画像表示と臨床応用
中川原譲二, 中村順一, 末松克美1, 高橋正昭, 佐藤勝保2
1中村記念病院脳神経外科, 2放射線部
核医学, 30(8) : 1993, 930-930.
Summary

289. 3Dイメージによる頭部SPECT軸ズレ補正法に関する検討
尾上公一, 浜田一男, 前田善裕, 成田裕亮, 立花敬三, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 30(8) : 1993, 930-930.
Summary

290. 3D (三次元) 脳血流imageとMR-Angiographyの合成表示の有用性について
杉山仁作, 出村智明, 松井玉樹, 棚田候一1, 滝鈴佳2
1砺波総合病院 放射線技術部, 2放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 930-930.
Summary

291. PET脳画像における解剖学的基準化とその自動化
三浦修一, 藤田英明, 菅野巌, 飯田秀博, 村上松太郎, 上村和夫
秋田脳研 放
核医学, 30(8) : 1993, 930-930.
Summary

292. PET脳賦活検査における解剖学的基準化法の比較 — 同一データを三施設で解析する —
千田道雄1), 菅野巌2), 米倉義晴3), 藤田英明2), 石井賢二1), Hugh Lyshkow3), 三浦修一2), 織田圭一1), 定藤規弘3), 外山比南子1)
1)都老人研, 2)秋田脳研, 3)京大
核医学, 30(8) : 1993, 931-931.
Summary

293. 脳機能賦活測定時の脳局所相関画像の計算
菅野巖, 藤田英明, 三浦修一, 畑澤順, 飯田秀博, 上村和夫
秋田脳研 放
核医学, 30(8) : 1993, 931-931.
Summary

294. PET検査法におけるIntersubject averagingの影響について – Single subject analysisとの比較
石井賢二, 千田道雄, 大山雅史, 織田圭一, 外山比南子, 石井信一
都老人研PET
核医学, 30(8) : 1993, 931-931.
Summary

295. H2 15O-PETを用いたサッケードの神経制御に関する研究
百瀬敏光, 西川潤一, 井上優介, 渡辺俊明, 佐々木康人1, 中嶋義文, 佐野威和雄2
1東大 放, 2精神科
核医学, 30(8) : 1993, 931-931.
Summary

296. H2 15O-PET脳賦活検査で評価した手指振動刺激による局所脳血流反応の加齢変化
千田道雄, 石井賢二, 外山比南子, 織田圭一, 石井信一
都老人研PET
核医学, 30(8) : 1993, 931-931.
Summary

297. 瞑想時の脳血流. PETと脳波マッピングによる比較検討
伊藤正敏, 藤原竹彦, 瀬尾信也, 岩田錬, 高橋俊彦, 福田寛, 井戸達雄
東北大サイクロ, 加齢研
核医学, 30(8) : 1993, 931-931.
Summary

298. 失語症患者におけるPETによる言語負荷中の局所脳血流量の経時的変化
大山雅史, 北村伸, 赫彰郎1, 織田圭一, 佐々木徹, 石井信一, 石井賢二, 外山比南子, 千田道雄2
1日医大二内, 2都老人研PET
核医学, 30(8) : 1993, 932-932.
Summary

299. 大脳動静脈奇形の患者に対するPET脳賦活検査の応用と, PET画像の最適化
岡沢秀彦, 定藤規弘, 西澤貞彦, 間賀田泰寛, 石津浩一, 土田龍郎, 田中富美子, 玉木長良, 小西淳二1, 米倉義晴2
1京大 核, 2脳病態生理
核医学, 30(8) : 1993, 932-932.
Summary

300. レーベル病における視覚刺激下脳血流PET
川崎勉1, 清澤源弘1, 石井賢二2, 千田道雄2
1東医歯大眼科, 2都老人研PET
核医学, 30(8) : 1993, 932-932.
Summary

301. PETとMRI画像の重ね合わせ – 自動化への試み
馬場茂幸*, 外山比南子**, 木村裕一***, 千田道雄**, 石井賢二**, 織田圭一**, 大山雅史**, 内山明彦*
*早大理工, **都老人研PET, ***日大生産工
核医学, 30(8) : 1993, 932-932.
Summary

302. 弾性モデルを用いた脳PET画像のROI設定システム
谷崎直昭, 岡村哲也1, 千田道雄, 外山比南子, 石井賢二2
1住友重機械 システム研究所, 2都老人研PET
核医学, 30(8) : 1993, 932-932.
Summary

303. H2 15O dynamic PETによる局所脳血流量の測定と部分容積効果による過小評価の補正
伊藤浩*, 飯田秀博, 奥寺利男, 犬上篤, 小川敏英, 畑澤順, 藤田英明, 下瀬川恵久, 菅野巌, 上村和夫1, 福田寛2
1秋田脳研, *現東北大・加齢研・機能画像, 2東北大・加齢研・機能画像
核医学, 30(8) : 1993, 932-932.
Summary

304. PETにおけるFDG投与後トランスミッション法の妥当性の検討
織田圭一, 石井賢二, 千田道雄, 外山比南子, 大山雅史1, 天野昌治2
1都老人研PET, 2島津製作所
核医学, 30(8) : 1993, 933-933.
Summary

305. 標準化血漿時間濃度曲線を用いた脳局所ブドウ糖消費率算出の試み
小野修一, 宮沢英充, 木之村重男, 伊藤浩, 福田寛
東北大 加齢研 機能画像医学
核医学, 30(8) : 1993, 933-933.
Summary

306. 3コンパートメントモデル動態計測において最適パラメータを得るための測定条件の検討
木村裕一*, 外山比南子**, 千田道雄**, 山下安雄*
*日本大学生産工学部, **都老人研PET
核医学, 30(8) : 1993, 933-933.
Summary

307. 増殖因子刺激よるC6グリオーマ細胞でのdiacylglycerol metabolism
脇田員男, 今堀良夫1, 藤井亮, 大森義男1, 堀井均, 東伸郎, 上田聖1, 金綱隆弘
西陣病院, 1京都府立医大脳外科
核医学, 30(8) : 1993, 933-933.
Summary

308. グリオーマの腫瘍血流量と悪性度および長期予後
吉田毅, 桑原康雄, 一矢有一, 赤司祐子, 福村利光, 増田康治1, 竹下岩男, 福井仁士2
1九大放, 2脳外
核医学, 30(8) : 1993, 933-933.
Summary

309. 18F-Fluoro-2-deoxy-D-glucose (18F-FDG) を用いた神経膠腫のfollow-up PET study
下瀬川恵久, 畑澤順, 藤田英明, 笹嶋寿郎*, 峯浦一喜*, 村上松太郎, 犬上篤, 小川敏英, 菅野巖, 三浦修一, 奥寺利男, 上村和夫1
1秋田脳研 放, *秋大 脳外科
核医学, 30(8) : 1993, 933-933.
Summary

310. 良性および悪性膠腫における11C-メチオニンの早期分布動態の検討 – 第2報 –
柴崎尚1, 鈴木英樹, 冨吉勝美, 遠藤啓吾2, 石原十三夫3
1群馬大学脳神経外科, 2核医学, 3放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 934-934.
Summary

311. PETとMRIの三次元画像処理による脳皮質機能mappingと腫瘍浸潤部位の同定を用いたglioma摘出術
成相直, 平川公義1, 石井賢二, 石渡喜一, 織田圭一, 外山比南子, 千田道雄2
1医歯大脳外, 2都老人研PET
核医学, 30(8) : 1993, 934-934.
Summary

312. 肺癌診断におけるタリウムシンチとガリウムシンチとの比較検討
仙田宏平, 大島治泰, 佐久間隆廣
国立名古屋 放
核医学, 30(8) : 1993, 935-935.
Summary

313. Tl-201 SPECTによる肺悪性腫瘍の診断
宮内勉, 利波紀久, 横山邦彦, 滝淳一, 秀毛範至, 絹谷清剛, 辻志郎, 久慈一英, 絹谷啓子, 隅屋寿, 中嶋憲一, 道岸隆敏, 油野民雄, 久田欣一
金大 核
核医学, 30(8) : 1993, 935-935.
Summary

314. 201Tl SPECTによる肺癌のリンパ節転移の評価
中駄邦博, 加藤千恵次, 塚本江利子, 鐘ヶ江香久子, 永尾一彦, 伊藤和夫, 古舘正従
北大 核
核医学, 30(8) : 1993, 935-935.
Summary

315. 肺縦隔腫瘍における3検出器型SPECT装置による201Tl-SPECTの臨床的検討
難波隆一郎, 彭信義, 中田和伸, 雑賀良典, 足立至, 末吉公三, 楢林勇
大阪医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 935-935.
Summary

316. 201Tl-SPECTによる肺癌の放射線治療における評価
大口学, 東光太郎, 興村哲郎, 山本達
金沢医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 935-935.
Summary

317. Retention indexのfunctional imagingを用いたTl-201胸部SPECTによる放射線治療後の肺腫瘍再発の検討
吉村尚子, 寺島正子, 濱田典彦, 福本光孝, 吉田大輔, 小川恭弘, 赤木直樹*, 吉田祥二
高知医大・放, *高知医大・放部
核医学, 30(8) : 1993, 935-935.
Summary

318. Tl-201 SPECTによる重症筋無力症の胸腺異常の検出
利波紀久, 横山邦彦, 滝淳一, 秀毛範至, 絹谷清剛, 辻志郎, 宮内勉, 久慈一英, 絹谷啓子, 隅屋寿, 中嶋憲一, 道岸隆敏, 油野民雄, 久田欣一
金大 核
核医学, 30(8) : 1993, 936-936.
Summary

319. 経時的Tl-201 SPECTによる胸腺癌の治療効果の評価 : CTおよび組織所見との比較
蔭山昌成, 清水正司, 瀬戸光, 森尻実, 永吉俊朗, 渡辺直人, 亀井哲也, 柿下正雄
富山医薬大 放
核医学, 30(8) : 1993, 936-936.
Summary

320. Tl-201 SPECTによる家兎VX-2腫瘍の放射線治療後の残存度の評価 : CTおよび組織像との比較
清水正司, 瀬戸光, 蔭山昌成, 呉翼偉, 永吉俊朗, 渡辺直人, 亀井哲也, 柿下正雄
富山医薬大 放
核医学, 30(8) : 1993, 936-936.
Summary

321. Tl-201 SPECTによる骨軟部腫瘍の評価
宮内勉, 利波紀久, 横山邦彦, 滝淳一, 隅屋寿, 滝鈴佳, 秀毛範至, 絹谷清剛, 道岸隆敏, 油野民雄, 久田欣一
金沢大 核
核医学, 30(8) : 1993, 936-936.
Summary

322. 骨転移診断に対するTl-201の有用性
小山雅司, 南部一郎, 飯田昭彦, 黒野賢仁, 大場覚
名古屋市大 放
核医学, 30(8) : 1993, 936-936.
Summary

323. 頭蓋底浸潤腫瘍の99mTc-MDP, 201TlCl 2核腫同時測定法 第一報 基礎的検討
福本光孝, 吉村尚子, 寺島正子, 吉田大輔, 小川恭弘, 吉田祥二, 赤本直樹*, 久保嘉彦1
1高知医大・放, *高知医大・放部
核医学, 30(8) : 1993, 936-936.
Summary

324. GA-67上腹部異常集積の検討
宮崎知保子, 久保公三, 手戸一郎
市立札幌 中放
核医学, 30(8) : 1993, 937-937.
Summary

325. 悪性リンパ腫の骨病変における核医学検査の有用性 – MRIとの比較 –
浅井俊晴, 田中優美子, 石川演美, 佐藤始広, 武田徹, 板井悠二
筑波大, 放
核医学, 30(8) : 1993, 937-937.
Summary

326. ガリウムシンチにおける骨髄集積とG-CSF投与について
近藤博史, 小塚隆弘1, 西村恒彦2
1阪大 放, 2阪大 トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 937-937.
Summary

327. ガリウムシンチで集積を認めた皮膚ノカルジア症の一例
西村章三, 斎藤春夫
石巻赤十字病院放射線部, 放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 937-937.
Summary

328. 123I-MIBGを用いる神経芽細胞腫の診断
小泉満1, 後藤政文, 飯島渉, 蜂須賀豊, 亘理勉2
1癌研 放, 2独協医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 938-938.
Summary

329. 小児 (特に神経芽細胞腫例) におけるI-123MIBGスキャンの有用性について
上野恭一1, 大浜和憲2, 上野康尚, 久保実, 大木徹郎3
1石川県立中央 放, 2小外, 3小内
核医学, 30(8) : 1993, 938-938.
Summary

330. 副腎褐色細胞腫に対する123I-Metaiodobenzylguanidineシンチグラフィの有用性
太田喜久子, 片桐誠, 吉川啓一, 大塚信昭*, 福永仁夫*, 原田種一1
1川崎医大 内分泌外科, *核医学
核医学, 30(8) : 1993, 938-938.
Summary

331. 悪性褐色細胞腫のI-131MIBGの治療効果
日下部きよ子, 有竹澄江, 牧正子, 金谷和子, 金谷信一, 重田帝子1, 出村博2, 小原孝男, 伊藤悠基夫3
1東女医大 放, 2内分泌内, 3内分泌外
核医学, 30(8) : 1993, 938-938.
Summary

332. 123I-MIBGおよび201Tlシンチグラフィによる星状神経節ブロック効果の評価
大日方研, 鈴木健之, 西村克之, 宮前達也1, 木下信一郎2, 菅井実, 松本勲3
1埼玉医大 放, 2二内, 3麻酔
核医学, 30(8) : 1993, 938-938.
Summary

333. 四塩化炭素肝障害ラットにおける13C-エテンザミド呼気テストの有用性
米島正博, 中川禎介, 山本雅人, 鈴木敏夫, 大原裕康, 辻野大二郎, 染谷一彦1, 佐々木康人2, 梶原正宏3
1聖医大3内, 2東京大 放, 3明治薬大薬品化学
核医学, 30(8) : 1993, 939-939.
Summary

334. 2D cine phase contrast法による門脈血流測定
長田久人, 町田喜久雄, 本田憲業, 間宮敏雄, 高橋卓, 釜野剛, 鹿島田明夫, 井上優介
埼玉医大医療セ放
核医学, 30(8) : 1993, 939-939.
Summary

335. 肝硬変患者の門脈側副血行路の描出 : SPECTおよび3D MR Angiogramによる比較検討
東正祥, 柏木徹, 伊藤彰彦, 湯浅隆司, 玉置純, 石橋一伸, 岸田隆1, 村上卓道, 小塚隆弘2
1大阪厚生年金病院 内, 2大阪大学 放
核医学, 30(8) : 1993, 939-939.
Summary

336. 99mTc-MAA血流シンチグラフィによる肝悪性腫瘍動注療法における薬剤の分布の評価
片山通章, 小須田茂, 横山久朗, 草野正一
防衛医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 939-939.
Summary

337. 肝動注療法におけるアンジオテンシンIIのAVシャントへの影響
井上優介, 町田喜久雄, 本田憲業, 間宮敏雄, 高橋卓, 釜野剛, 鹿島田明夫, 長田久人
埼玉医大医療セ 放
核医学, 30(8) : 1993, 939-939.
Summary

338. 111In-トランスフェリンを用いた門脈圧亢進症における消化管への蛋白漏出の検討
中谷尚登, 成木行彦, 平野盛久, 瓜田純久, 大塚幸雄
東邦大 1内
核医学, 30(8) : 1993, 939-939.
Summary

339. 胆道系イメージング剤による肝細胞癌診断法の動物実験モデル (II)
長谷川義尚1, 山本玲子2, 川井龍太郎1, 野口敦司1, 橋詰輝巳1, 井深啓次郎1, 中野俊一1
大阪府立成人病センター, 1核医学診療科, 2研究所第2部
核医学, 30(8) : 1993, 940-940.
Summary

340. 肝切除術前処置としての門脈塞栓術におけるdynamic肝SPECTの有用性
日野一郎, 児島完治, 森泰胤, 中野覚, 田邊正忠1, 瀬尾裕之2
1香川医大 放, 2住友別子病院 放
核医学, 30(8) : 1993, 940-940.
Summary

341. 肝胆道シンチグラフィのdeconvolution解析における診断的意義と問題点
油野民雄, 秀毛範至, 中嶋憲一, 横山邦彦, 絹谷清剛, 高山輝彦, 道岸隆敏, 利波紀久, 久田欣一
金大 核
核医学, 30(8) : 1993, 940-940.
Summary

342. 99mTc-PMTのコンパートメントモデルによる肝機能評価
瀬戸哲郎, 篠原広行, 長谷部伸, 浜名哲郎, 東澄典, 大渕真男, 滝沢謙治, 新尾泰男, 永島淳一, 國安芳夫1, 吉岡克則, 河窪雅弘2, 山下文明3
1昭和大学藤が丘病院 放, 2横河メディカル 核営, 3アロカ 医技
核医学, 30(8) : 1993, 940-940.
Summary

343. Tc-99m PMTによるびまん性肝疾患の肝機能評価 (3コンパートメント解析とdeconvolution解析の比較検討)
津田孝治, 村瀬研也, 棚田修二, 菅原敬文, 藤井崇, 三木均, 木村良子, 濱本研
愛媛大 放
核医学, 30(8) : 1993, 940-940.
Summary

344. 99mTc-PMTを用いた肝胆道シンチグラフィーによるウィルス性慢性肝疾患の病態解析
与那嶺美樹, 島田健太郎, 住野泰清, 杉本元信1, 高野政明, 小堺加智夫2
1東邦大二内, 2核医学検査室
核医学, 30(8) : 1993, 940-940.
Summary

345. 肝の慢性障害により脾の局所血液量は増加するか (C15O一回吸入法を用いたポジトロンCTによる)
田中宏樹, 谷口弘毅, 小石恭士, 増山守, 小山拡史, 宮田圭悟, 竹内一実, 小黒厚, 高橋俊雄1, 藤井亮, 脇田員男, 堀井均2
1京府医大一外, 2西陣病院
核医学, 30(8) : 1993, 941-941.
Summary

346. 肝の局所血液量と慢性肝障害について (C15O一回吸入法を用いたポジトロンCTによる測定)
増山守, 谷口弘毅, 小石恭士, 田中宏樹, 小山拡史, 宮田圭悟, 竹内一実, 高橋俊雄1, 藤井亮, 脇田員男, 堀井均2
1京府医大一外, 2西陣病院
核医学, 30(8) : 1993, 941-941.
Summary

347. 門脈循環時間・門脈全身シャント量を加味したポジトロンCTによる肝血流量測定法
谷口弘毅, 小石恭士, 増山守, 田中宏樹, 小山拡史, 宮田圭悟, 竹内一実, 小黒厚, 高橋俊雄1, 藤井亮, 脇田員男, 堀井均2
1京府医大一外, 2西陣病院
核医学, 30(8) : 1993, 941-941.
Summary

348. 実験肝腫瘍のTAEによるFDG集積の変化
大屋夏生, 永田靖, 村田るみ, 石垣孝, 阿部光幸1, 玉木長良, 間賀田泰寛, 小西淳二2
1京大 放, 2京大 核
核医学, 30(8) : 1993, 941-941.
Summary

349. SPECTによる局所脾血液量及び局所α値の測定
中沢圭治, 石井勝巳, 西巻博, 池田俊昭, 西山正吾, 石井鋭尚, 菊池敬, 依田一重, 松林隆
北里大 放
核医学, 30(8) : 1993, 942-942.
Summary

350. H215O静注ダイナミック法とC15O2吸入定常法との比較による脾における水の組織血液分配係数の決定 (ポジトロンCTによる)
宮田圭悟, 谷口弘毅, 小石恭士, 増山守, 田中宏樹, 小山拡史, 竹内一実, 小黒厚, 高橋俊雄1, 藤井亮, 脇田員男, 堀井均2
1京府医大一外, 2西陣病院
核医学, 30(8) : 1993, 942-942.
Summary

351. 血小板容積の不均一性からみた肝内・脾内放射能の時間的推移パターンの検討
斎藤京子, 村田啓1, 上山淳一, 宮腰重三郎, 塚田理康2
1虎の門病院・放, 2血液
核医学, 30(8) : 1993, 942-942.
Summary

352. RIアンギオグラフィによる左上大静脈遺残症診断におけるstrategy – 両肘静脈個別注入か両肘静脈同時注入か? –
小糸仁史, 大久保直彦, 若山由佳, 中森久人, 鈴木淳一, 竹花一哉, 安部美輝, 岩坂壽二, 稲田満夫1, 菅豊, 白石友邦2
1関西医大二内・心セ, 2放
核医学, 30(8) : 1993, 942-942.
Summary

353. 99mTc-MAA静脈シンチグラフィの有用性の検討 – 仰臥位と立位における比較検討 –
京極伸介, 平野暁, 白形彰宏, 玉本文彦, 住幸治, 片山仁
順天堂浦安病院 放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 942-942.
Summary

354. Tc-99m標識組織プラスミノーゲンアクチベータ (t-PA) の家兎血液内動態
伊藤和夫, 塚本江利子1, 家子正裕, 北山秀2, 平口悦郎3
1北大 核医学, 2北大 第二内科, 3北大 第二外科
核医学, 30(8) : 1993, 942-942.
Summary

355. パーテクネガスの肺内分布とクリアランスに関する検討
高橋珠, 森豊, 田辺裕明, 守谷悦男, 平瀬清, 成田浩人, 金井徳昭, 鴫原定義, 川上憲司1, 島田孝夫2
1慈恵医大 放, 2三内
核医学, 30(8) : 1993, 943-943.
Summary

356. 新しく開発した気道線毛輸送速度の測定法による慢性喘息および汎発性細気管支炎の比較検討
島田孝夫1, 川上憲司, 成田浩人, 金井徳昭, 平瀬清, 守谷悦男2, 小松崎克己3
1慈恵医大 3内, 2放, 34内
核医学, 30(8) : 1993, 943-943.
Summary

357. 気道狭窄に対するステント留置例における粘液線毛輸送機構の検討
今井照彦, 佐々木義明, 前田宗宏, 尾辻秀章, 大石元, 打田日出夫1, 阿児博文, 龍神良忠, 伊藤新作, 成田亘啓2, 飯岡壮吾3
1奈良医大腫放・放, 2二内, 3三外
核医学, 30(8) : 1993, 943-943.
Summary

358. 気管支収縮時のヒト気道粘膜上皮の透過性
神島薫, 古館正従
市立江別総合病院内科, 北大核医学
核医学, 30(8) : 1993, 943-943.
Summary

359. 2核種同時収集換気 / 血流SPECTの混信補正
本田憲業, 町田喜久雄, 間宮敏雄, 高橋卓, 釜野剛, 鹿島田明夫, 井上優介, 長田久人
埼玉医大総合医セ 放
核医学, 30(8) : 1993, 943-943.
Summary

360. 肺疾患における3検出器型SPECT装置によるV/Q比不均等分布の定量的検討 – 前後対向2門同時収集法との比較 –
中田和伸, 難波隆一郎, 田渕耕次郎, 小倉康晴, 土肥美和子, 辰吉光, 足立至, 末吉公三, 楢林勇
大阪医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 943-943.
Summary

361. 肺血流, 肺換気シンチによる肺機能評価 – Subtractionによる検討 –
大曽根文雄, 二見務, 伊場昭三, 小谷庸一, 有賀明子, 宮川恵美子, 平田貴, 川名正直
帝京大学市原病院 放
核医学, 30(8) : 1993, 944-944.
Summary

362. 肺換気, 肺血流SPECTとHR-CTの比較によるじん肺の重症度の評価
張幸1, 杉本勝也1, 木本達哉1, 平野治和2, 日下幸則3, 高橋範雄1, 楊景涛1, 山本和高1, 石井靖1
1福井医大 放, 2光陽生協病院, 3福井医大 環境保健
核医学, 30(8) : 1993, 944-944.
Summary

363. びまん性汎細気管支炎の早期発見と治療効果判定における133Xe換気シンチグラフィの有用性についての検討
小松崎克己, 田辺修, 深草元紀, 内田和宏, 清水歩, 望月太一, 多田浩子, 島田孝夫, 富永滋, 川上憲司, 谷本普一
慈恵医大 4内, 3内, 放
核医学, 30(8) : 1993, 944-944.
Summary

364. 塵肺における123I-IMP肺クリアランスの検討
石野洋一, 中田肇
産業医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 944-944.
Summary

365. Ga-67シンチグラフィの肺集積と胸部単純X線像とに所見の乖離を示した症例の検討
西巻博, 石井勝己, 中沢圭治, 北野雅史, 片桐科子, 遠藤高, 阪井和子, 依田一重, 磯部義憲, 松林隆
北里大 放
核医学, 30(8) : 1993, 944-944.
Summary

366. びまん性肺疾患におけるHRCTと67Ga SPECTの対比検討
横山久朗, 和田陽市, 小須田茂, 片山通章, 草野正一1, 小林英夫, 永田直一2
1防衛医大放, 2第3内科
核医学, 30(8) : 1993, 944-944.
Summary

367. 肺抗酸菌感染症における67Gaシンチの検討
佐々木義明, 今井照彦, 前田宗宏, 尾辻秀章, 大石元, 打田日出夫1, 阿児博文, 友田恒一, 吉川雅則, 米田尚弘, 成田亘啓2
1奈良医大 腫放・放, 2二内
核医学, 30(8) : 1993, 945-945.
Summary

368. 膠原病肺のRIアンギオグラフィによる解析
鈴木謙三, 藤井博史, 秋田佐喜子, 川上亮二, 根岸均1, 小須田茂2
1都立 駒込 放, 2防衛医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 945-945.
Summary

369. 胸腺腫瘍の術後症例に対する201Tl-胸部SPECTの有用性
伊藤敦子, 中西文子, 春日敏夫, 曽根脩輔
信州大 放
核医学, 30(8) : 1993, 946-946.
Summary

370. 肺悪性腫瘍に対する治療効果判定におけるTl SPECTの利用
大山洋一, 小林満, 戸村則昭1, 佐々木一文, 田村清彦2
1秋大放, 2中放
核医学, 30(8) : 1993, 946-946.
Summary

371. 温熱療法の治療効果判定におけるTl-201シンチグラフィの有用性の検討
西山佳宏, 高島均, 川崎幸子, 松野慎介, 細川敦之, 田邉正忠
香川医大放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 946-946.
Summary

372. Tl-201 SPECTによる肺癌の治療効果判定
山路滋, 山崎克人, 加納恭子, 北垣一, 田中豊, 井上善夫, 足立秀治, 河野通雄
神戸大・放
核医学, 30(8) : 1993, 946-946.
Summary

373. 骨肉腫における201Tlシンチグラムと切除標本との比較
阿部裕之, 寺内隆司, 照井頌二
国立がんセンター RI
核医学, 30(8) : 1993, 946-946.
Summary

374. 骨軟部腫瘍症例における骨, 201Tlシンチグラフィーの臨床的有用性
津田隆俊, 久保田昌宏, 柴田雅仁, 森田和夫1, 松山敏勝2
1札幌医大 放, 2整形
核医学, 30(8) : 1993, 946-946.
Summary

375. 125I-標識抗エストリオール3-サルフェート抗体の乳癌集積性に関する基礎的検討
志村紀子, 小島周二, 久保寺昭子
東京理大・薬・生命研
核医学, 30(8) : 1993, 947-947.
Summary

376. Radioimmunotherapyの腫瘍内吸収線量分布 : 腫瘍サイズ因子の理論的検討
藤森研司, 古舘正従
北大 核医学
核医学, 30(8) : 1993, 947-947.
Summary

377. Radioimmunotherapyにおける骨髄抑制軽減の試み
中村誠治, 木村良子, 藤井崇, 村瀬研也, 菅原敬文, 青野祥司, 棚田修二, 濱本研
愛媛大 放
核医学, 30(8) : 1993, 947-947.
Summary

378. 131I標識抗ヒト肺小細胞癌抗体の腫瘍移植ヌードマウスにおける治療効果の基礎検討
前川顕, 黒田千夏, 鷲野弘明1, 広橋説雄, 寺崎武夫2
1日本メジフィジックス株式会社, 2国立がんセンター, 病理部
核医学, 30(8) : 1993, 947-947.
Summary

379. FIRST ITALIAN EXPERIENCE ON R.I.G.S IN ADENOCARCINOMA OF THE LUNG.
M. Grazia1, A. Bini1, F. Stella1, R. Buzzocchi1, R. Pozzato2, C. Bergamini2, M. Levorato3, N. Monetti3, G. Pallotti4, A. Vitale4
1Department of Thoracic Surgery, 2Department of Health Physics, 3Department of Nuclear Medicine, 4Department of Physics & I.N.F.N. University of Bologna
The Japanese Journal of nuclear medicine, 30(8) : 1993, 947-947.
Summary

380. 多検出器型骨塩量測定装置DCS3000の使用経験
八木大, 棚田修二, 村瀬研也, 菅原敬文, 井上武, 青野祥司, 中村誠治, 木村良子, 濱本研
愛媛大 放
核医学, 30(8) : 1993, 948-948.
Summary

381. マルチスペクトによる全身骨シンチグラフィの有用性について
成田浩人, 金井徳昭, 平瀬清, 鴫原定義, 藤岡誠, 守谷悦男, 森豊, 川上憲司
慈恵医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 948-948.
Summary

382. 人工知能 (エキスパートシステム) による骨腫瘍自動診断の試み
河辺譲治, 金子良美, 長谷川健, 小野山靖人1, 岡村光英, 越智宏暢2, 牛嶋陽3
1阪市大・放, 2核, 3京府医・放
核医学, 30(8) : 1993, 948-948.
Summary

383. 骨シンチグラム画像データベースの画像入力装置に関する検討
鈴木孝成, 石井巌, 杉木修治, 垣内秀雄, 阿部公彦, 網野三郎1, 中野正剛, 阿部晋衛, 新井久之, 羽生春夫2
1東京医大 放, 2東京医大 老
核医学, 30(8) : 1993, 948-948.
Summary

384. 卵巣摘出により骨組織中のtransforming growth factor-β mRNA量は減少し, osteocalcin mRNA量は増加する : 卵摘後骨粗鬆症ラットモデルでの検討
池田俊彦, 滋野長平, 笠井隆一, 奥村秀雄, 大田秀一, 河野弘昭, 小西淳二, 山室隆夫
京大整形, 放核, 愛媛大, 整形
核医学, 30(8) : 1993, 948-948.
Summary

385. 子宮頸癌治療後の経過観察における骨シンチグラフィの検討
藤井広一, 熊野町子, 東川元紀, 大西卓也, 浜田辰巳, 石田修1, 竹田照夫, 柴芳浩, 庄村務2
1近畿大・放, 2中放
核医学, 30(8) : 1993, 948-948.
Summary

386. 泌尿器科疾患の骨転移における骨髄シンチグラフィの有用性の検討
吉越富久夫, 町田豊平, 大石幸彦, 田中彰, 増田富士男, 上田正山, 木戸晃, 山崎春城, 今中啓一郎, 長谷川倫男, 牧野秀樹
慈恵医大 泌尿器科
核医学, 30(8) : 1993, 949-949.
Summary

387. 骨シンチグラムの画像解析による前立腺癌骨転移巣の定量化
長谷川倫男, 木戸晃, 上田正山, 大石幸彦, 町田豊平, 田中彰
慈大 泌
核医学, 30(8) : 1993, 949-949.
Summary

388. 頭蓋・顔面骨病変におけるDual-isotope (201Tl, 99mTc-HMDP) SPECTの有用性
津布久雅彦, 木暮喬, 金子稜威雄, 林三進, 嶋田守男, 伊東邦子
東邦大 1放
核医学, 30(8) : 1993, 949-949.
Summary

389. 糖尿病患者における腰椎骨塩量, 大腿骨骨塩量および全身骨塩量の検討
日野恵, 川井順一, 伊藤秀臣, 山口晴司, 才木康彦, 石川昌子, 太田圭子, 富永悦二, 池窪勝治1, 服部尚樹, 石原隆, 森寺邦三郎, 倉八博之2
1神戸市立中央市民病院核医学科, 2内分泌内科
核医学, 30(8) : 1993, 949-949.
Summary

390. 平衡透析RIA法による血中Free T4濃度測定の基礎的, 臨床的検討
高野勝弘, 松村要, 中西篤, 西出喜弥, 中川毅
三重大, 放
核医学, 30(8) : 1993, 950-950.
Summary

391. IRMA法による血中Free T4濃度測定の基礎的, 臨床的検討
西出喜弥, 松村要, 中西篤, 高野勝弘, 中川毅
三重大, 放
核医学, 30(8) : 1993, 950-950.
Summary

392. TSHレセプター抗体測定用キット2社間の比較検討 – バクスター, アマシャム社
森田新二*, 河合啓介*, 深田修司*, 玉井一**, 村上康弘*, 豊田千穂子*, 隈寛二*
*隈病院, **九大心療内科
核医学, 30(8) : 1993, 950-950.
Summary

393. 血中甲状腺ホルモン濃度の季節変動の分析
高松順太, 吉田滋, 深尾篤嗣, 神戸尚史, 上田新, 坂根貞樹, 大澤仲昭
大阪医科大学第一内科
核医学, 30(8) : 1993, 950-950.
Summary

394. 123I甲状腺シンチグラフィーとCTで測定されたヨウ素量とによる甲状腺腫瘤の評価
今西好正, 江原範重*, 下川光博*, 森寿一*, 三橋寛, 岩崎善衛, 小泉美都江, 水谷和正, 川添修身, 作山攜子*, 藤川光弘, 辻野大二郎**, 品川俊人***
聖マリアンナ医科大学東横病院 放射線科, 横浜市西部病院 *画像診断部, **内科, ***病理
核医学, 30(8) : 1993, 950-950.
Summary

395. 染色体ペインティング法による, 放射性ヨード投与治療甲状腺癌患者末梢血リンパ球に出現する染色体異常の解析
後藤英介, 浅川容子1, 関根広2, 川上憲司, 望月幸夫3
1国立予研, 2癌研, 3慈恵医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 950-950.
Summary

396. 唾液腺シンチグラフィによる口腔乾燥症の検討
伊藤秀臣, 山口晴司, 川井順一, 才木康彦, 石川昌子, 太田圭子, 富永悦二, 日野恵, 池窪勝治1, 老木浩之, 大村正樹, 山本悦生2
1神戸市立中央市民病院 核医学科, 2耳鼻科
核医学, 30(8) : 1993, 951-951.
Summary

397. Desipramine (DMI) を用いたMIBGの心集積におけるnon-neuronal uptakeの関与の評価
鷹津久登, 宇野嘉弘, 後藤紘司
岐阜人 2内
核医学, 30(8) : 1993, 952-952.
Summary

398. 125I-MIBG (MIBG) を用いた軽症糖尿病 (DM) ラットの心臓交感神経異常の検討
岡山憲一, 若林康, 俵原敬, 倉田千弘, 小林明
浜医大 三内
核医学, 30(8) : 1993, 952-952.
Summary

399. 心筋症自然発症ハムスターにおけるI-125 MIBGの集積低下とそのwashoutについて
鷹津久登, 宇野嘉弘, 後藤紘司
岐阜大 2内
核医学, 30(8) : 1993, 952-952.
Summary

400. 125I-MIBG (metaiodobenzylguanidine) による加齢に伴う心筋症ハムスター (BIO 14.6) 心臓交感神経異常の検討
若林康, 岡山憲一, 俵原敬, 倉田千弘, 小林明
浜医大 三内
核医学, 30(8) : 1993, 952-952.
Summary

401. 心筋症ハムスターにおけるI-125 MIBGの経時的心筋摂取率およびCoenzyme Q10投与の影響
秦良行, 松村要, 竹田寛, 多上智康, 麻生浩子, 中川毅
三重大, 放
核医学, 30(8) : 1993, 952-952.
Summary

402. 肥大心筋のI-123 MIBGによる交感神経活性の検討
石橋正敏, 森田誠一郎, 梅崎典良, 早淵尚文1, 河村誠治2, 和田豊郁, 古賀義則, 戸嶋裕徳3
1久留米大 放, 2久留米大 画・セ, 3久留米大3内
核医学, 30(8) : 1993, 952-952.
Summary

403. 肥大型心筋症における123I-MIBGシンチグラフィの有用性
森田浩一, 大塚信昭, 小野志磨人, 永井清久, 友光達志, 柳元真一, 三村浩朗, 村中明, 福永仁夫1, 鼠尾祥三, 沢山俊民2
1川崎医大 核, 2循内
核医学, 30(8) : 1993, 953-953.
Summary

404. 拡張型心筋症 (DCM) における201Tlおよび123I-metaiodobentyguanidine (MIBG) 分布と自律神経活動
久保田幸夫, 長岡秀樹, 井上雅浩, 飯塚利夫1, 桜井敏男2, 鈴木忠3, 井上登美夫4
1多野病院 内科, 2放射線科, 3群馬大学医療短期大学部, 4群馬大学核医学
核医学, 30(8) : 1993, 953-953.
Summary

405. 123I-MIBGの心筋クリアランスと心機能の関連 – 低心機能虚血性心疾患およびDCM例の検討 –
小林秀樹, 百瀬満, 太田淑子, 重田帝子, 日下部きよ子1, 山住令子, 住吉徹哉2
1東京女子医大放射線科, 2心研
核医学, 30(8) : 1993, 953-953.
Summary

406. 心 / 縦隔比とwashout ratioを用いた123I-MIBG心集積の評価 – 正常人と心筋症患者の比較検討 –
安田憲生, 八木安生, 鷹津久登, 寺島寧, 長島賢司, 澤祥幸, 縄田万寿美, 田中春仁, 後藤紘司1, 今枝孟義2
1岐阜大 2内, 2岐阜大 放
核医学, 30(8) : 1993, 953-953.
Summary

407. 123I-MIBGを用いた心筋炎, DCMに於ける心交感神経機能の評価
矢坂義則, 梶谷定志, 林孝俊, 宝田明, 銕寛之, 吉田浩, 和気誠司*
姫路循環器病センター 循内, *放科
核医学, 30(8) : 1993, 953-953.
Summary

408. 心筋疾患の123I-MIBG SPECT所見と生命予後
舘野円, 織内昇, 平野恒夫, 井上登美夫, 遠藤啓吾1, 飯塚利夫, 鈴木忠2
1群大核, 2二内
核医学, 30(8) : 1993, 953-953.
Summary

409. 心不全における123I-MIBG (metaiodobenzylguanidine) 心筋イメージングの有用性
成田充啓, 栗原正, 村野謙一, 宇佐美暢久1, 本田稔, 金尾啓介2
1住友病院内, 2住友病院 RI
核医学, 30(8) : 1993, 954-954.
Summary

410. 123I-MIBGシンチグラフィーによる心不全時の心臓交感神経機能の評価
和田豊郁, 古賀義則, 戸嶋裕徳1, 石橋正敏, 森田誠一郎, 早渕尚文2
1久留米大 3内, 2久留米大 放
核医学, 30(8) : 1993, 954-954.
Summary

411. 心不全患者における123I-MIBG心筋集積度と洗い出しの評価
杉原秀樹, 野澤真人, 稲本康彦1, 谷口義光, 仲口孝治, 青木悦雄2, 三ツ浪健一, 木之下正彦3, 玉木長良4
1高島病院 内, 2放, 3滋賀医大 一内, 4京都大学 核医
核医学, 30(8) : 1993, 954-954.
Summary

412. 心不全患者の予後推定に関する123I-MIBG心筋シンチグラフィーの意義
寺田幸治1, 杉原洋樹2, 志賀浩治1, 大槻克一1, 伊藤一貴1, 谷口洋子1, 馬本郁男1, 中川達哉1, 前田知穂2, 中川雅夫1
1京府医大 2内, 2放
核医学, 30(8) : 1993, 954-954.
Summary

413. 救急搬送時心呼吸停止症例 (DOA) 3例におけるMIBG心筋シンチによる心筋交感神経活性評価
大野朗, 鎌田彰三, 吉見謙一, 遠藤豊, 福崎雅史, 三浦清春, 今和泉寛寿
鹿児島生協病院 循環器内科
核医学, 30(8) : 1993, 954-954.
Summary

414. 123I-MIBGシンチグラムによる狭心症連続19例のCulprit Lesionの検出
斉藤克己, 住吉徹哉, 細田瑳一1, 小林秀樹, 百瀬満, 日下部きよ子2
1東京女子医大心研内科, 2放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 954-954.
Summary

415. 虚血性心疾患における2核種 (201TlClと123I-MIBG) 心筋シンチの検討
横山明裕, 筒井牧子1, 間潤一2
1信楽園病院 循内, 2RI
核医学, 30(8) : 1993, 955-955.
Summary

416. 123-MIBGによる心筋SPECT : 不整脈疾患における検討
中西文子, 伊藤敦子, 春日敏夫, 曽根脩輔
信州大 放
核医学, 30(8) : 1993, 955-955.
Summary

417. 各種心疾患における123I-MIBG 心筋摂取率の経時的変化の比較
村嶋秀市, 竹田寛, 山門亨一郎, 松村要, 北野外紀雄, 中川毅, 小西得司, 中野赳
三重大 放・一内
核医学, 30(8) : 1993, 955-955.
Summary

418. 甲状腺機能低下症における123I-MIBGと201Tl心筋SPECT像の比較検討
真家伸一, 秋月哲史, 奥山康夫*, 品川丈太郎, 美田誠二, 松岡康夫, 入交昭一郎
市立川崎病院内科, *放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 955-955.
Summary

419. 冠動脈疾患におけるTc-99m tetrofosmin心筋ゲートSPECTの有用性について
大竹義章, 河村慧四郎1, 足立至, 杉岡靖, 楢林勇2, 田本重美3
1大阪医大 3内, 2放, 31内
核医学, 30(8) : 1993, 955-955.
Summary

420. 冠動脈疾患におけるTc-99m tetrofosmin 心筋シンチグラフィの有用性について
足立至, 杉岡靖, 田渕耕次郎, 中田和伸, 難波隆一郎, 辰吉光, 西垣洋, 末吉公三, 楢林勇1, 田本重美2, 大竹義章3
1大阪医大 放, 21内, 33内
核医学, 30(8) : 1993, 955-955.
Summary

421. 心筋梗塞患者の梗塞部Tl-uptakeと左心機能
丸山義明1, 和田智子1, 松村昭彦1, 橋本裕二2, 沼野藤夫2
1葛西循環器脳外科病院, 2東京医科歯科大学第3内科
核医学, 30(8) : 1993, 956-956.
Summary

422. PTCA後の201TL冠灌流の増加と局所壁運動異常の改善の比較
三浦裕司, 井上亨, 山岡治, 木之下正彦
滋賀医大 一内
核医学, 30(8) : 1993, 956-956.
Summary

423. PTCA後再狭窄例にみられる運動負荷201Tl心筋シンチグラフィ (負荷心筋シンチ) 上の再分布減弱についての検討
松田順子, 前野正和, 新名洋美, 長友美達, 小岩屋靖, 江藤胤尚1, 陣之内正史, 星博昭2
1宮医大 1内, 2放科
核医学, 30(8) : 1993, 956-956.
Summary

424. 運動負荷201Tl心筋SPECTのBull’s eye表示での冠動脈左前下行枝の#6, #7 (AHA分類) の鑑別
長谷川秀実, 鈴木茂秀, 飯野智也, 黒木茂広, 関口弘道, 島田和幸1, 古瀬信, 川村義文, 三澤一郎2
1自治医大 循環器内科, 2放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 956-956.
Summary

425. 虚血性心疾患に対するドブタミン負荷201Tl心筋SPECTの臨床有用性
中山美子, 井出満, 中山浩二, 友田春夫1, 鈴木豊2
1東海大学第一 内科, 2放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 956-956.
Summary

426. PTCA前後のATP負荷Tlシンチとドプラカテーテルによる冠血流の関連
森孝夫, 安積孝悦, 稲留哲也, 福崎恒1, 平田敏幸2
1三木市民病院, 循内, 2放科
核医学, 30(8) : 1993, 956-956.
Summary

427. Dipyridamole負荷タリウム心筋SPECT所見と定量的冠動脈造影所見との対比 – 非心筋梗塞症例における左前下行枝病変の診断能 –
太田洋, 西村重敬, 山上信一郎, 佐野剛一, 玉木利幸, 加藤健一1, 太田淑子2
1横浜労災病院 循環器科, 2放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 957-957.
Summary

428. プロスタグランジンE1は虚血を誘発するか
玉井琢也, 小西得司, 中村真潮, 小藪助成, 大西勝也, 中野赳
三重大学 一内
核医学, 30(8) : 1993, 957-957.
Summary

429. 冠攣縮性狭心症の運動負荷時心筋灌流異常に対するL-arginine静注効果の検討
藤田英樹, 山辺裕, 金秀植, 矢野隆, 柿本哲也, 前田和美, 横山光宏
神戸大学第一内科
核医学, 30(8) : 1993, 957-957.
Summary

430. L-Arginineのcoronary collateral circulationに及ぼす増大作用 – 201TL心筋シンチでの検討 –
矢野隆, 山辺裕, 金秀植, 藤田英樹, 柿本哲也, 前田和美, 横山光宏
神戸大学 第一内科
核医学, 30(8) : 1993, 957-957.
Summary

431. 201Tl運動負荷心筋SPECT再静注 (re-injection) 法による心筋viability定量化の試み – PTCA前後の評価を含め –
小林史, 中田智明, 土橋和文, 長谷守, 善岡信博, 高橋尚子, 長尾和彦, 曳田信一, 田中繁道, 飯村攻
札医大二内
核医学, 30(8) : 1993, 957-957.
Summary

432. Tl-201運動負荷心筋SPECT再静注 (Re-injection) 法による再分布パターンと局所壁運動の解析
長尾和彦, 中田智明, 土橋和文, 小林史, 長谷守, 善岡信博, 高橋尚子, 曳田信一, 田中繁道, 飯村攻
札医大二内
核医学, 30(8) : 1993, 957-957.
Summary

433. 運動負荷201Tl心筋シンチグラフフィーにおける再静注法3時間後再分布像による心筋viabilityの評価
伊藤一貴1, 杉原洋樹2, 寺田幸治1, 谷口洋子1, 大槻克一1, 馬本郁男1, 志賀浩治1, 中川達哉1, 前田知穂2, 中川雅夫1
1京府医大2内, 2放
核医学, 30(8) : 1993, 958-958.
Summary

434. 心筋Viability評価法としての運動負荷 / 再静注 201Tl心筋SPECTとPostextrasystolic Potentiationの対比 – 急性心筋梗塞発症1カ月後における検討 –
的場聖明, 玉垣栄, 片村真紀, 松室明義, 辻光, 北村誠, 宮尾賢爾1, 杉原洋樹2
1京都第2日赤 内, 2京府医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 958-958.
Summary

435. ニトログリセリン舌下thallium-201 (Tl) 再静注法による心筋viabilityの評価
宮川正男, 関谷達人, 渡辺浩毅, 西村一孝1, 宮川直子, 棚田修二, 浜本研2
1国療愛媛病院 放, 内, 2愛媛大 放
核医学, 30(8) : 1993, 958-958.
Summary

436. MRI (壁厚測定) による心筋VIABILITYの診断
今井嘉門, 堀内孝一, 弓倉整, 斎藤頴, 小沢友紀雄, 上松瀬勝男
埼玉県循環器病センター, 日大二内
核医学, 30(8) : 1993, 958-958.
Summary

437. 洞不全症候群における201Tl心筋シンチグラフィの特徴と冠攣縮性狭心症との関連性
松村憲太郎, 中瀬恵美子1, 斎藤孝行, 灰山徹, 橘川信忠2
1京都南 内, 2京都南 放
核医学, 30(8) : 1993, 958-958.
Summary

438. 無症候性心筋虚血 : タリウム運動負荷心筋シンチにおける検討
安部美輝, 岩坂壽二, 竹花一哉, 中森久人, 神畠宏, 唐川正洋, 稲田満夫
関西医科大学 第2内科
核医学, 30(8) : 1993, 958-958.
Summary

439. 完全右脚ブロック (RBBB) における急性後壁梗塞 (PMI) の診断
兼本成斌, 中山美子, 鈴木豊*
東海大 内・*放
核医学, 30(8) : 1993, 959-959.
Summary

440. 左脚ブロック, 心筋虚血, 及び心筋梗塞におけるタリウム還流欠損の差異
満岡渉, 芦原俊昭, 安藤洋志, 江頭省吾, 今村義浩, 真崎浩行, 福山尚哉
松山日赤 循
核医学, 30(8) : 1993, 959-959.
Summary

441. 無症候性心筋虚血 (SMI) の運動負荷心筋SPECT, トレッドミル負荷心電図, Holter心電図による検討
秋元奈保子, 砂人美穂, 安部洋子, 川本洋子, 上嶋権兵衛1, 山崎純一, 森下健2, 矢部喜正3
1東邦大学二内, 2一内, 3循セ
核医学, 30(8) : 1993, 959-959.
Summary

442. 異常Q波を認めない急性心筋梗塞 (non Q MI) 疑い患者における99mTc-ピロリン酸 (Tc) の集積
石黒淳司, 岡部正明1, 石田均2, 木村元政3
1立川病院 循内, 2放科, 3新潟大学 放科
核医学, 30(8) : 1993, 959-959.
Summary

443. In-111 Anti-Intercellular Adhesion Molecule (ICAM)-1 Antibodyによる急性心筋梗塞の非観血的診断法
太田淑子1, 廣江道昭2, 日下部きよ子, 金谷和子, 重田帝子3
1横浜労災病院 放, 2東京医歯大 2内, 3東女医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 959-959.
Summary

444. 心筋SPECT短軸像における不均一集積に対する定量的評価の試み – DCMにおける視覚的評価との対比
宮之原浩, 小寺顕一, 古田利久, 真田純一, 有馬暉勝
鹿児島大 2内科
核医学, 30(8) : 1993, 959-959.
Summary

445. Duchenne型進行性筋ジストロフィーにおける心筋ミオシン軽鎖測定の意義 – 心臓核医学検査による検討 –
佐々木明, 田谷真, 下山克也, 西村徹, 水野春芳, 田原順雄, 小野彰史, 石川恭三1, 加地英生, 石原傳幸2
1杏林大学 2内, 2国立療養所東埼玉病院 内科
核医学, 30(8) : 1993, 960-960.
Summary

446. 99mTc-HMPAOシンチグラフィの心疾患における心筋および肺への集積に関する検討
大和田憲司, 上遠野栄一, 武田寛人, 鉄地川原正顕, 藤田悠治, 宗像志朗
太田西ノ内病院
核医学, 30(8) : 1993, 960-960.
Summary

447. 肥大型心筋症における99mTc-PYP心筋シンチグラムの集積に関する検討
武田徹, 飯田啓治, 河野了, 鯵坂隆一, 呉勁, 佐藤始広, 石川演美, 杉下靖郎, 板井悠二
筑大 臨医
核医学, 30(8) : 1993, 960-960.
Summary

448. DBcAMP負荷201Tl心筋SPECTによる心筋viabilityの評価 – Tl取り込み様式による検討 –
陳若富
国立大阪病院 循
核医学, 30(8) : 1993, 960-960.
Summary

449. 健常者のATP負荷タリウムシンチグラフィに関する検討
大野和子, 大島恵介, 梶原顕彦, 神取祥和, 堀浩, 加藤高美, 綾川良雄, 宮田伸樹1, 東直樹2, 伊藤尚雄, 脇田康志3
1愛知医大 放, 2中放, 33内
核医学, 30(8) : 1993, 960-960.
Summary

450. ATP負荷タリウム心筋シンチグラフィの老年者における有用性と副作用
渡辺圭子, 木下信一郎, 鈴木成雄, 岩瀬留美江, 進藤晃, 村松俊裕, 土肥豊1, 西村克之, 宮前達也2
1埼玉医大 二内, 2放
核医学, 30(8) : 1993, 960-960.
Summary

451. ATP負荷, 運動負荷タリウム心筋シンチグラムの冠動脈病変描出能能の比較
鈴木成雄, 木下信一郎, 渡辺圭子, 村松俊裕, 土肥豊1, 西村克之, 宮前達也2
1埼玉医大 二内, 2放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 961-961.
Summary

452. エルゴノビン負荷による冠動脈び慢性収縮の意義 – 過呼吸負荷心筋シンチグラムによる検討 –
片村真紀, 松室明義, 玉垣栄, 的場聖明, 辻光, 北村誠, 宮尾賢爾
京都第二赤十字病院 内
核医学, 30(8) : 1993, 961-961.
Summary

453. I-123 MIBGの定量解析 : 心筋および肺の取り込みと洗いだし率の検討
中嶋憲一, 滝淳一, 秀毛範至, 利波紀久, 久田欣一1, 分校久志2
1金沢大学核医学科, 2医療情報部
核医学, 30(8) : 1993, 961-961.
Summary

454. 123I-MIBG心筋シンチグラフィー撮影法の検討 – SPECTを使用した遅延像撮影は必要か? –
小林秀樹, 百瀬満, 太田淑子, 重田帝子, 日下部きよ子1, 山住令子, 住吉徹哉2
1東京女子医大放射線科, 2心研
核医学, 30(8) : 1993, 961-961.
Summary

455. 123I-MIBGの定量的評価法 – Phantomを用いた全投与カウントの算出法, 心筋摂取率, 心/縦隔比の検討 –
百瀬満, 小林秀樹, 重田帝子, 日下部きよ子
東京女子医大放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 961-961.
Summary

456. 123I-MIBG 心筋SPECT像で見られる下壁欠損はartifactか? – SPECTとPlanar像の比較 –
百瀬満, 小林秀樹, 有竹澄江, 重田帝子, 日下部きよ子
東京女子医大放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 961-961.
Summary

457. 健常者心筋 I-123 MIBG所見の検討
谷畠進太郎, 渡辺佐知郎, 松尾仁司, 西田佳雄, 後藤明, 牧田一成, 渡辺浩志, 三宅浩1, 宇野嘉弘2, 石黒源之3
1県立岐阜 循, 放, 2岐大 2内, 3平野総合 内
核医学, 30(8) : 1993, 962-962.
Summary

458. 健常心筋におけるMIBGの取り込み, クリアランスについて
志賀浩治, 杉原洋樹*, 井上孝, 藤田信男, 小川史顕, 中川達哉**, 中川雅夫**
京都第一赤十字病院 放射線科, *京都府立医科大学 放射線科, **第二内科
核医学, 30(8) : 1993, 962-962.
Summary

459. I-123 MIBG心筋シンチと自律神経活動度の関係 : 正常例における検討
両角隆一, 谷明博, 橋本克次*, 山上英利**, 植原敏勇*, 楠岡英雄*, 堀正二, 鎌田武信, 小塚隆弘**, 西村恒彦*
大阪大学一内, *トレーサ, **放科
核医学, 30(8) : 1993, 962-962.
Summary

460. 正常例での123I-MIBG心筋SPECTの基礎的検討
細井宏益, 山崎純一, 五十嵐正樹, 蒲野俊雄, 松川星四郎, 森下健1, 高橋秀樹, 高野政明, 小堺加智夫2
1東邦大 1内, 2中放RI
核医学, 30(8) : 1993, 962-962.
Summary

461. 正常例におけるI-123 MIBG心筋シンチグラフィの下後壁欠損の原因について : 撮像条件との関係
麻布三枝子, 片渕哲朗, 岡尚嗣, 佐合正義, 林真, 石田良雄, 下永田剛, 前野正和1, 西村恒彦2
1国循セン 放診部, 2阪大 トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 962-962.
Summary

462. 123I-MIBG心筋像の取り込みは交感神経活性を反映するか : 星状神経節ブロック例による検討
木下信一郎, 岩瀬留美江, 鈴木成雄, 渡辺圭子, 村松俊裕, 土肥豊1, 大日方研, 鈴木健之, 西村克之, 宮前達也2, 菅井実, 松本勲3
1埼玉医大 二内, 2放, 3麻酔
核医学, 30(8) : 1993, 962-962.
Summary

463. 抗癌剤療法例における123I-MIBG 心筋シンチグラフィ
小野恵, 小原東也, 高橋恒男, 柳澤融
岩手医大, 放
核医学, 30(8) : 1993, 963-963.
Summary

464. アドリアマイシン等による小児の心筋障害に対する123I-MIBGの使用経験
清水光春, 守都常晴, 佐藤修平, 木本光則, 河野良寛, 竹田芳弘, 平木祥夫1, 永谷伊佐雄2, 鎌田政博, 佐藤恭子3
1岡山大・放, 2中放, 3小児
核医学, 30(8) : 1993, 963-963.
Summary

465. 123I-MIBG心筋シンチグラフィによるアンスラサイクリン系抗癌剤の心毒性評価
徳田衛1, 西村哲浩2, 立木秀一3, 近藤武3, 黒川洋1, 古田敏也1, 渡辺佳彦1, 菱田仁1, 古賀佑彦4
1藤田保健衛生大学 医内, 2病院放, 3衛放技, 4医放
核医学, 30(8) : 1993, 963-963.
Summary

466. 川崎病に対する123I-MIBG心筋SPECTの検討
石井勝巳, 中沢圭治, 西巻博, 遠藤高, 池田俊昭, 西山正吾, 片桐科子, 依田一重, 石井鋭尚, 松林隆1, 平石聡2
1北里大 放, 2小児
核医学, 30(8) : 1993, 963-963.
Summary

467. 川崎病症例における123I-MIBG心筋イメージングの特徴
白石友邦1, 荻野廣太郎2, 菅豊, 池田耕士, 田中敬正3
1関西医大香里 放, 2関西医大 小児, 3関西医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 963-963.
Summary

468. 川崎病の心筋SPECTの検討
西澤一治, 鎌田斉, 太田文夫1, 米坂勧2, 澤井通彦3
1弘前市立病院 放, 2弘前大 小児科, 3青森県立中央病院 2内
核医学, 30(8) : 1993, 963-963.
Summary

469. 川崎病後冠動脈狭窄性病変のタリウム心筋SPECTにおける定量的診断法に関する検討
唐澤賢祐, 鮎沢衛, 原田研介, 今井嘉門*
日大小児, *埼玉県循環器病センター
核医学, 30(8) : 1993, 964-964.
Summary

470. 123I-MIBG心筋SPECTにおける右室描出 – 201Tl心筋SPECTとの対比 –
谷口洋子1, 杉原洋樹2, 寺田幸治1, 伊藤一貴1, 志賀浩治1, 大槻克一1, 馬本郁男1, 中川達哉1, 宮尾賢爾3, 前田知穂2, 中川雅夫1
1京府医大2内, 2放, 3京二日赤 内
核医学, 30(8) : 1993, 964-964.
Summary

471. 弁膜症における123I-MIBG心筋シンチグラムの特徴および臨床的意義
寺田幸治1, 杉原洋樹2, 志賀浩治1, 大槻克一1, 伊藤一貴1, 谷口洋子1, 馬本郁男1, 中川達哉1, 宮尾賢爾3, 前田知穂2, 中川雅夫1
1京府医大 2内, 2放, 3京二日赤 内
核医学, 30(8) : 1993, 964-964.
Summary

472. 部分的にMIBG取り込みが回復した心臓移植例
田中健, 相澤忠範, 加藤和三
心臓血管研究所
核医学, 30(8) : 1993, 964-964.
Summary

473. 脊髄小脳変性症とパーキンソン病患者の123I-MIBG心筋SPECT
遠山淳子, 大場覚
名古屋第二日赤 放, 名古屋市大 放
核医学, 30(8) : 1993, 964-964.
Summary

474. 心電図に見るストレインパターンは左室心筋障害の現れか? MIBG I-123, Tl-201心筋SPECTによる検討
三谷勇雄, 義井譲, 成瀬雅彦, 持田泰行, 岩沢祐二1, 朝倉晃一2
1済生会横浜市南部病院循内, 2放
核医学, 30(8) : 1993, 964-964.
Summary

475. 不整脈源性右室異形成症における左室心筋のI-123 MIBG欠損像の特徴
高橋延和, 石田良雄, 前野正和, 下永田剛, 広瀬義晃, 外山卓二1, 西村恒彦2
1国循セン, 放診部, 2阪大トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 965-965.
Summary

476. アミノ酸トレーサの脳および癌組織中の蛋白質, 脂質および核酸成分における放射能の割合
石渡喜一, 窪田和雄, 村上松太郎, 窪田朗子, 佐々木徹, 千田道雄
都老人研PET, 東北大加齢研, 秋田脳研
核医学, 30(8) : 1993, 966-966.
Summary

477. F-18 fluorophenylalanine dynamic studyによる脳内遊離中性アミノ酸濃度の測定
畑澤順, 伊藤浩, 下瀬川恵久, 三浦修一, 村上松太郎, 飯田秀博, 菅野巖, 庄司安明, 奥寺利男, 犬上篤, 小川敏英, 藤田英明, 高橋和弘, 佐々木広, 上村和夫
秋田脳研 放
核医学, 30(8) : 1993, 966-966.
Summary

478. 11C標識カルシウムチャンネル拮抗薬, 11C-semotiadil, の合成と生体内分布
石渡喜一, 関博之, 石井賢二, 石井信一, 野崎正, 千田道雄
都老人研PET, 北里大衛生
核医学, 30(8) : 1993, 966-966.
Summary

479. カルシウムイオンチャネルイメージング剤としての123I標識dihydropyridine誘導体の合成
藤原聡之, 原田平輝志, 前田稔1, 三宅義徳2, 西村恒彦3
1九大薬, 2国循セ放診部, 3阪大トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 966-966.
Summary

480. 18F-FDTの脳局所動態について
原田平輝志1, 井上修, 鈴木和年2, 前田稔3
1新技術事業団, 2放医研, 3九大薬
核医学, 30(8) : 1993, 966-966.
Summary

481. [18F] 標識CABA誘導体のラット体内分布
三宅義徳1, 植原敏勇, 西村恒彦2, 小嶋正治3
1国循セン, 放診部, 2阪大トレーサ, 3九大薬
核医学, 30(8) : 1993, 966-966.
Summary

482. 中大脳動脈閉塞モデル (MCAO) におけるtopographical phosphatidylinositol turnoverの評価と組織障害の検討
大森義男1, 今堀良夫1, 藤井亮2, 脇田員男2, 上田聖1, Y.L. Yamamoto3
1京都府立医大 脳外, 2西陣病院, 3モントリオール神経研究所
核医学, 30(8) : 1993, 967-967.
Summary

483. Cu-62 PTSMによる脳血流イメージと血中動態について
岡沢秀彦, 藤林靖久, 西澤貞彦, 間賀田泰寛, 石津浩一, 土田龍郎, 田中富美子, 玉木長良, 小西淳二1, 米倉義晴2
1京大 核, 2脳病態生理
核医学, 30(8) : 1993, 967-967.
Summary

484. 脳内血流分布と各種心理テストの相関
山口慶一郎1, 堀川歩1, 山崎英樹2, 目黒謙一3, 勝山直文4, 中野政雄1
1琉大放, 2東北大精神, 3東北大老人
核医学, 30(8) : 1993, 967-967.
Summary

485. 早期アルツハイマー病患者における123I-IMP脳血流SPECTと31P-脳MRS
間島寧興, 荻原眞理, 野上修二, 丹野宗彦, 千葉一夫1, 吉越富久夫, 大石幸彦2, 成瀬昭二3
1都老医セ 核放, 2慈医大 泌, 3京府医大 脳外
核医学, 30(8) : 1993, 967-967.
Summary

486. アルツハイマー病におけるPET / SPECT検査の診断的意義 – 文献報告による検討 –
羽生春夫, 新井久之, 阿部晋衛, 浅野哲一, 高崎優1, 鈴木孝成, 石井厳, 阿部公彦, 網野三郎2
1東京医大 老, 2放
核医学, 30(8) : 1993, 967-967.
Summary

487. アルツハイマー型痴呆の小脳について – SPECTと剖検所見を対比させた1例 –
新井久之, 中野正剛, 浅野哲一, 阿部晋衛, 羽生春夫, 高崎優, 杉木修治*, 石井巌*, 鈴木孝成*, 阿部公彦*, 網野三郎*, 小島英明, 嶋田裕之
東京医大 老年科, *放射線科, *病理学
核医学, 30(8) : 1993, 967-967.
Summary

488. アルツハイマー病の脳血流SPECT所見 — 経過観察を含めて —
岡崎裕, 奥直彦, 半田伸夫, 松本昌泰, 鎌田武信1, 橋川一雄, 森脇博, 植原敏勇2, 田辺敬貴, 池田学3, 藤田昌宏, 楠岡英雄, 西村恒彦4
1阪大一内, 2中放, 3神経科, 4トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 968-968.
Summary

489. SPECT用AChE活性診断薬の開発 ~ 123I標識ピペリジン誘導体の検討 ~
小山顕, 大桃善朗, 堀博行, 田中千秋1, 平田雅彦, 間賀田泰寛, 横山陽2
1大阪薬大, 2京大, 薬, 医
核医学, 30(8) : 1993, 968-968.
Summary

490. コリン作動性前神経支配描出を目的とした放射性ヨウ素標識AH5183の合成とその有用性
柴和弘, 森厚文1, 久慈一英, 隅谷寿, 辻志郎, 絹谷啓子, 利波紀久, 久田欣一2, 松田博史3
1金沢大・RIセンター, 2核医, 3国立精神神経センター
核医学, 30(8) : 1993, 968-968.
Summary

491. Alzhiemer病モデルにおける脳血流, ベンゾジアゼピン受容体および燐酸モノエステルの変化
福地一樹, 藤田昌宏, 楠岡英雄, 西村恒彦1, 小塚隆弘2, 塩坂貞夫, 遠山正彌3
1阪大トレーサ, 2中放, 32解剖
核医学, 30(8) : 1993, 968-968.
Summary

492. アルツハイマー病モデルにおける細胞内情報伝達系の検討 : PI TURNOVER IN THE CHOLINERGIC DENERVATION MODEL
藤井亮, 今堀良夫1, 脇田員男, 大森義男1, 成相直2, 小堀信秀1, 堀井均, 山岸弘志, 古谷充, 柳生武彦, 東伸郎, 上田聖1, 金綱隆弘
西陣病院, 1京都府立医大脳外科, 2東京医科歯科大 脳外科
核医学, 30(8) : 1993, 968-968.
Summary

493. 亜鉛及びマンガンのパーキンソン病モデルラット脳内分布
武田厚司, 澤下仁子, 久保和彦, 岡田昌二
静岡県立大 薬
核医学, 30(8) : 1993, 968-968.
Summary

494. 加齢による局所脳血流の変化 – 99mTc HMPAOを用いた非侵襲的脳血流測定による検討 –
松田博史1, 辻志郎, 秀毛範至, 久田欣一2
1国立精神・神経センター武蔵病院 放, 2金沢大 核医学
核医学, 30(8) : 1993, 969-969.
Summary

495. 脳血管性痴呆の脳血流分布におけるIMPとHM-PAOの比較
朴明1, 加藤千恵次, 古舘正従2
1山の上病 内, 2北大 核
核医学, 30(8) : 1993, 969-969.
Summary

496. PET脳酸素代謝亢進イメージの一考察 – ビンスワンガー病のspinal tap前後の変化 –
林田孝平, 廣瀬義晃, 石田良雄, 佐合正義, 岡尚嗣, 三宅義徳1, 西村恒彦2
1国循セン, 放診部, 2阪大トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 969-969.
Summary

497. PET H2 15O経時脳血流測定法による薬効判定のシステム開発
林田孝平, 廣瀬義晃, 石田良雄, 佐合正義, 岡尚嗣, 三宅義徳1, 西村恒彦2
1国循セン, 放診部, 2阪大トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 969-969.
Summary

498. パーキンソン病 (痴呆群・非痴呆群) のSPECT所見
野村昌代1, 松本幸浩2, 外山宏1, 竹下元1, 片田和廣1, 竹内昭1, 大澤宏之2, 山本紘子2, 古賀佑彦1
1藤田保健衛生大 放射線科, 2神経内科
核医学, 30(8) : 1993, 969-969.
Summary

499. アルコール性痴呆のSPECT所見とCT, MRIの特徴
仮屋暢聡, 駒村崇1, 岡田洋一2, 山口学3, 横山和仁4
1都立松沢病院 精神, 2都立松沢病院 放, 3慈恵医大 放, 4東大 公衆衛生
核医学, 30(8) : 1993, 969-969.
Summary

500. 123I-BMIPP心筋SPECTの基礎的検討
山科久代, 山崎純一, 森下健1, 高野政明, 高橋秀樹, 小堺加智夫2
1東邦大 1内, 2RI
核医学, 30(8) : 1993, 970-970.
Summary

501. 心筋2核種 (Tl-201, I-123) 同時収集のコリメータの検討
小野寺敦, 有馬昭, 奥山武雄
船橋市立医療センター 放
核医学, 30(8) : 1993, 970-970.
Summary

502. エネルギースペクトルとイメージによる二核種同時収集におけるcross-talk率の測定
古嶋昭博, 鍋島光子, 辻明徳, 中島留美, 冨口静二, 高橋睦正1, 松本政典2
1熊本大 放, 2熊本大 医短
核医学, 30(8) : 1993, 970-970.
Summary

503. Radionuclide Spectroscopyによる局所Energy Spectrum解析 – 脳・心筋多核種同時収集における応用 –
竹田寛, 松村要, 北野外紀雄, 中川毅1, 前田寿登2, 青木茂3, 市原隆, 本村信篤4
1三重大, 放, 2藤田保健衛生大, 衛生, 3松阪中央, 放, 4東芝, 那須
核医学, 30(8) : 1993, 970-970.
Summary

504. 2核種同時心筋SPECTにおけるTEW (Triple Energy Window) 法による散乱補正の検討
杉本勝也, 山本和高, 高橋範雄, 楊景涛, 石井靖1, 本村信篤, 市原隆2
1福井医大 放, 2東芝那須
核医学, 30(8) : 1993, 970-970.
Summary

505. 新しい散乱線除去法の開発と心筋イメージへの臨床応用
橋本順, 塚谷泰司, 久保敦司1, 尾川浩一2, 高橋栄一, 三田村秀雄, 半田俊之介, 小川聡3, 市原隆4
1慶應大・放, 2法政大・工, 3慶應大・内, 4東芝那須
核医学, 30(8) : 1993, 970-970.
Summary

506. Three Energy Window (TEW) 法によるI-123 MIBG心筋像の散乱補正とその臨床的有用性
田中良一, 片淵哲朗, 石田良雄, 下永田剛, 麻布三枝子, 岡尚嗣, 佐合正義, 林真1, 西村恒彦2, 本村信篤3
1国循セン 放診部, 2阪大 トレーサ, 3東芝, 核技術
核医学, 30(8) : 1993, 971-971.
Summary

507. 2核種同時心筋SPECTにおける定量性の向上に関する基礎的検討
中村幸夫, 植原敏勇, 山上英利, 久住佳三, 西村恒彦1, 両角隆一2, 久保田雅博, 本村信篤3
1阪大中放, 2一内, 3東芝メディカル(株)
核医学, 30(8) : 1993, 971-971.
Summary

508. 201Tlと123Iの2核種同時収集SPECTにおける定量性に関する基礎的検討
楊景涛, 山本和高, 高橋範雄, 杉本勝也, 石井靖1, 本村信篤, 市原隆2
1福井医大 放, 2東芝那須
核医学, 30(8) : 1993, 971-971.
Summary

509. 123I及び201Tl dual energy心筋SPECTにおけるクロストークの影響
有井融, 成瀬均, 森田雅人, 山本寿郎, 福武尚重, 岩井務, 高橋敬子, 大柳光正, 岩崎忠昭1, 福地稔2
1兵庫医大 一内, 2核
核医学, 30(8) : 1993, 971-971.
Summary

510. 心筋二核種同時収集SPECTにおけるクロストーク補正の問題
藤田透, 玉木長良, 白川誠士, 矢野慎輔, 米倉義晴, 小西淳二
京都大学医学部付属病院 放射線核医学科
核医学, 30(8) : 1993, 971-971.
Summary

511. Tl-MIBG dual SPECTのcross talk補正に関する試み
北原公一, 北岡正雄, 木村暢孝, 長田和裕, 大滝英二, 鈴木紳
榊原記念病院 循内
核医学, 30(8) : 1993, 971-971.
Summary

512. 123I-BMIPPと201TlClの2核種同時収集におけるクロストーク補正の有用性 – 正常例における検討 –
植原敏勇, 西村恒彦, 山上英利, 両角隆一, 久住佳三, 中村幸夫, 大森英史, 川原正昭, 藤埜浩一
阪大, 中放
核医学, 30(8) : 1993, 972-972.
Summary

513. 三検出型SPECTを用いた心筋180度, 360度再構成画像の読影上の問題点 – 201Tl, 99mTc核種を用いた検討 –
百瀬満, 小林秀樹, 柏倉健一, 重田帝子, 日下部きよ子
東京女子医大放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 972-972.
Summary

514. 虚血性心疾患における3検出器型装置を用いた201Tl心筋SPECTの診断能の検討 – 360度収集と180度収集の比較 –
蒲野俊雄, 武藤浩, 石黒聰, 細井宏益, 山崎純一, 森下健1, 川本洋子, 安部洋子, 砂入美穂2, 中野元, 矢部喜正3
1東邦大 1内, 22内, 3循環器診断セ
核医学, 30(8) : 1993, 972-972.
Summary

515. 心筋SPECT像と断層心エコー像との重ね合わせの試み
山上英利, 両角隆一, 植原敏勇, 小塚隆弘, 楠岡英雄, 西村恒彦
阪大 トレーサ/中放
核医学, 30(8) : 1993, 972-972.
Summary

516. 負荷負荷201Tl心筋シンチグラムの読影支援システムの開発 – 類似症例を利用して –
佐々木次郎, 平山崇光, 長谷川政和1, 本多加津雄, 長谷川新治, 児玉和久2, 松村泰志, 井上通敏3
1大阪警察 放, 2循, 3大阪大学 医療情報
核医学, 30(8) : 1993, 972-972.
Summary

517. ニューラル・ネットワークを用いた心筋再分布画像定量化の試み
片渕哲朗, 石田良雄, 下永田剛1, 藤田広志2, 西村恒彦, 植原敏勇3
1国循セン 放診部, 2岐阜大 工学部, 3阪大 トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 972-972.
Summary

518. 心筋ファントム実験による診断能からみた投与量・撮像時間の最適化 – 医療放射線被曝合理的低減のために –
中村元俊1, 古賀佑彦1, 西村哲浩2, 近藤武3, 安野泰史3, 立木秀一3, 江尻和隆3, 前田壽登3, 外山宏1, 竹内昭3
1藤田保健衛生大学 医放, 2病院放, 3衛放技
核医学, 30(8) : 1993, 973-973.
Summary

519. 99mTc-MAG3を使用した腎動態シンチグラフィの臨床的検討
守谷悦男, 川上憲司1, 大石幸彦2
1慈恵医大 放, 2泌
核医学, 30(8) : 1993, 974-974.
Summary

520. 99mTc-MAG3, 123I-OIH, 99mTc-DTPAの腎における抽出率 (Extraction Fraction) の相違
油野民雄, 秀毛範至, 高山輝彦, 横山邦彦, 絹谷清剛, 道岸隆敏, 利波紀久, 久田欣一
金大 核
核医学, 30(8) : 1993, 974-974.
Summary

521. ERPF算定法 : 99mTc-MAG3と123I-OIHの比較
中西努, 山井厚子, 吉川博子, 長崎直美, 田中武則, 小林みゆき, 林郁子, 石神昌昭, 水入苑生, 長谷川昭1, 高野政明, 小堺加智夫2
1東邦大腎, 2中放RI
核医学, 30(8) : 1993, 974-974.
Summary

522. PETによる腎血流量 (RBF) と, 123I OIHレノグラムによる有効腎血漿流量 (ERPF) との比較
高田仁, 河内明宏, 今田直樹, 渡辺泱1, 堀井均, 藤井亮, 脇田員男, 青木正, 中橋彌光2, 稲葉正3
1京府医大泌尿器科, 2西陣病院, 3稲葉泌尿器科医院
核医学, 30(8) : 1993, 974-974.
Summary

523. 腎血管性高血圧におけるアスピリン負荷レノグラムの有用性
矢野理子, 今西政仁, 松岡博昭1, 廣瀬義晃, 林田孝平, 石田良雄2
1国循セン, 腎高内, 2国循セン, 放診部
核医学, 30(8) : 1993, 974-974.
Summary

524. IRMA法による血中活性型レニン濃度測定法に関する検討
尾森春艶, 杉本佳則, 仲谷聡子, 末廣美津子, 前田真紀子, 河中正裕, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 30(8) : 1993, 974-974.
Summary

525. 血液浄化装置を用いたファントム実験によるRutland処理の検討
角田隆俊, 平賀聖悟, 飛田美穂, 佐藤威, 鈴木豊*
東海大学 移植I, *放
核医学, 30(8) : 1993, 975-975.
Summary

526. 数値積分による指数関数カーブフィッティング – 非線形最小2乗法との比較 –
篠原広行, 瀬戸哲郎, 長谷部伸, 浜名哲郎, 東澄典, 大淵真男, 滝沢謙治, 新尾泰男, 永島淳一, 國安芳夫1, 吉岡克則, 河窪雅弘2, 山下文明3
1昭和大学藤が丘病院 放, 2横河メディカル 核営, 3アロカ 医技
核医学, 30(8) : 1993, 975-975.
Summary

527. ESWL後腎機能障害に対するRI-renogramとDynamic MRIとの比較
東澄典, 藤沢民, 國安芳夫, 滝沢謙治, 永島淳一, 長谷部伸, 瀬戸哲郎, 吉川裕康*, 小野寺恭忠*, 池内隆夫*, 甲斐祥生*
昭和大・藤が丘 放, *泌
核医学, 30(8) : 1993, 975-975.
Summary

528. 99mTc-DMSA腎シンチグラフィにおける再現性の評価 :
松浦浩, 日置琢一, 川村寿一
三重大学泌尿器科
核医学, 30(8) : 1993, 975-975.
Summary

529. Tc-99m-DMSA腎シンチグラフィによる腎実質障害の定性的および定量的評価
伊藤和夫, 加藤千恵次, 中駄邦博, 鐘ガ江香久子, 古舘正従1, 山下哲史, 野々村克也2
1北大 核医学, 2北大 泌尿器科
核医学, 30(8) : 1993, 975-975.
Summary

530. PTRA効果判定におけるDMSA腎シンチグラムの臨床的有用性と問題点
木村元政, 加村毅, 高橋直也, 小田野行男, 酒井邦夫1, 武田正之, 筒井寿基2, 野口栄吉, 大滝広雄3
1新潟大 放, 2泌, 3放部
核医学, 30(8) : 1993, 975-975.
Summary

531. ABO血液型不適合腎移植における腎シンチ・レノグラムの有用性
水入苑生, 新藤雅仁, 種ヶ島正照, 宮城盛淳, 酒井謙, 林郁子, 伏見達夫, 平山順郎, 小原武博, 長谷川昭1, 高野政明, 小堺加智夫2
1東邦大腎, 2中放RI
核医学, 30(8) : 1993, 976-976.
Summary

532. 精索静脈瘤の核医学的検討
守谷悦男, 川上憲司1, 白井尚, 大石幸彦2, 浅原朗3
1慈恵医大 放, 2泌, 3JR東京総合病院 放
核医学, 30(8) : 1993, 976-976.
Summary

533. 陰嚢シンチにおける精索静脈瘤の血液プール量の評価
田中豊1, 山路滋1, 北垣一1, 平田みどり1, 山崎克人1, 井上善夫1, 河野通雄1, 浜田俊彦2, 守殿貞男3
1神戸大放, 2小野市民放, 3神戸大泌
核医学, 30(8) : 1993, 976-976.
Summary

534. ヒト膵型PhospholipaseA2 (PLA2) 測定用RIAキットの基礎的検討と臨床応用
菊池いづみ, 山下あけみ, 板垣勝義1, 水野究紀, 辻野大二郎, 和田祐爾, 加藤義郎, 高橋利明, 染谷一彦2, 佐々木康人3
1聖医大放・核, 2聖医大三内, 3東大放
核医学, 30(8) : 1993, 977-977.
Summary

535. 膵局所血流量の部分較差について (H215O静注ダイナミック法を用いたポジトロンCTによる)
竹内一実, 谷口弘毅, 小石恭士, 増山守, 田中宏樹, 小山拡史, 宮田圭悟, 小黒厚, 高橋俊雄1, 藤井亮, 脇田員男, 堀井均2
1京府医大・外, 2西陣病院
核医学, 30(8) : 1993, 977-977.
Summary

536. 膵の局所血液量測定 (C15O一回吸入法を用いたポジトロンCTによる)
小石恭上, 谷口弘毅, 増山守, 田中宏樹, 小山拡史, 宮田圭悟, 竹内一実, 高橋俊雄1, 藤井亮, 脇田員男, 堀井均2
1京府医大一外, 2西陣病院
核医学, 30(8) : 1993, 977-977.
Summary

537. 膵腫瘤性病変の診断における18F-FDG-PETの有用性 – 201Tl-SPECTとの比較 –
猪熊哲朗, 鳥塚達郎, 間賀田泰寛, 藤田透, 玉木長良, 小西淳二1, 米倉義晴2
1京大, 核, 2京大, 脳病態
核医学, 30(8) : 1993, 977-977.
Summary

538. 膵腫瘍におけるTl-201SPECTの検討
西垣内一哉, 菅一能, 藤田岳史, 菅野文め, 内迫博路, 中西敬1, 山田典将2
1山口大・放, 2山口大・放部
核医学, 30(8) : 1993, 977-977.
Summary

539. 選択的動脈内Ca負荷試験により局在診断された高インスリン血症を認めなかったインスリノーマの一例
石川昌子, 才木康彦, 太田圭子, 富永悦二, 川井順一, 山口晴司, 伊藤秀臣, 日野恵, 池窪勝治1, 久保享, 服部尚樹, 石原隆, 森寺邦三郎, 倉八博之2
1神戸中央市民 核, 2内泌内
核医学, 30(8) : 1993, 977-977.
Summary

540. 前立腺癌患者における骨シンチグラフィーと腫瘍マーカーの関係
相澤卓, 栃本真人, 伊藤貴章, 辻野進, 並木一典, 三木誠
東京医大 泌
核医学, 30(8) : 1993, 978-978.
Summary

541. 前立腺癌骨転移におけるオステオカルシン値の評価
桜井正樹, 日置琢一, 奥野利幸, 松浦浩, 川村寿一
三重大 泌
核医学, 30(8) : 1993, 978-978.
Summary

542. 前立腺癌の骨転移診断におけるEarly Whole Body骨シンチグラフィの有用性
大塚信昭, 福永仁夫, 森田浩一, 小野志磨人, 永井清久, 柳元真一, 三村浩朗, 友光達志
川崎医大 核
核医学, 30(8) : 1993, 978-978.
Summary

543. 脊椎骨. 骨転移病巣におけるBONE SPECTの基礎的検討
下西祥裕, 池田穂積, 大村昌弘1, 越智宏暢, 岡村光英2, 牛嶋陽3
1大阪市大 中放部, 2大阪市大 核医学, 3京府医 放
核医学, 30(8) : 1993, 978-978.
Summary

544. 骨シンチグラフィにおいて骨盤のみに異常集積のみられた癌症例の検討
中野俊一, 長谷川義尚, 井深啓次郎, 橋詰輝巳, 野口敦司
大阪府立成人病センター, アイソトープ診療科
核医学, 30(8) : 1993, 978-978.
Summary

545. 乳癌骨転移例の骨シンチグラフィー所見と予後について
須藤久男, 仲本宗健, 古田雅也
松戸市立 放
核医学, 30(8) : 1993, 978-978.
Summary

546. 99mTc-MDP骨SPECTによる脊椎骨集積分布パターンの解析
小須田茂, 和田陽市, 横山久朗, 片山通章, 草野正一
防衛医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 979-979.
Summary

547. 頸椎病巣検出における骨SPECTの有用性
油井信春, 戸川貴史, 木下富士美, 柳沢正道1, 秋山芳久2
1千葉がん核医, 2物理
核医学, 30(8) : 1993, 979-979.
Summary

548. 肺性肥大性骨関節症の骨シンチグラム所見
小野慈, 奥村貴聰1, 杉山正人2
1神奈川がんセ・核, 2横浜市大・医・放
核医学, 30(8) : 1993, 979-979.
Summary

549. 掌蹠膿疱症における骨シンチグラフィの検討
坂田博道, 岡崎正敏
福岡大 放
核医学, 30(8) : 1993, 979-979.
Summary

550. MRI及びSPECTによる膝滑膜炎の診断
白川正樹, 大森薫雄, 勝又壮一, 奥井光敏, 三井健二, 北村淳, 稲葉裕, 本島哲平, 森雅宏
県立厚木病院 整形
核医学, 30(8) : 1993, 979-979.
Summary

551. 99mTc-MDPの骨への吸着機構について
若尾博美, 岡本弥生, 神部芳則, 鹿島勇
神歯大 放
核医学, 30(8) : 1993, 979-979.
Summary

552. シンチグラフィ患者における放射性医薬品の体内動態に関する検討 (第4報)
佐藤幸光, 奥野光男, 萩原和男1, 佐貫栄一2, 草間朋子, 甲斐倫明3
1日本大RI室, 2日本大 放射線科, 3東大 放健管教室
核医学, 30(8) : 1993, 980-980.
Summary

553. 骨シンチグラフィと骨代謝マーカーとの関連について
木上裕輔, 游逸明, 高田政彦, 大中恭夫, 山本逸雄, 森田陸司
滋賀医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 980-980.
Summary

554. 18F fluorideイオンによるモルモットの骨代謝イメージングの検討
井上登美夫, 冨吉勝美, 平野恒夫, 堀越浩幸, 鈴木英樹, 舘野円, 渡辺直行, 織内昇, 遠藤啓吾1, 柴崎尚2
1群大 核, 2群大 脳外
核医学, 30(8) : 1993, 980-980.
Summary

555. 経年的骨塩定量の臨床的意義 – 年間骨塩減少率について –
勝山直文, 大田豊, 鷺野谷利幸, 堀川歩, 大兼剛, 又吉隆, 山口慶一郎, 中野政雄
琉球大 放
核医学, 30(8) : 1993, 980-980.
Summary

556. DEXA法による慢性関節リウマチ患者の骨密度測定
宮田守雄, 桜井実
東北大学整形外科
核医学, 30(8) : 1993, 980-980.
Summary

557. バセドウ病における骨塩量の変化に関する検討
塚谷泰司, 久保敦司1, 神田尚子, 丸山博2
1慶応大 放, 2内科
核医学, 30(8) : 1993, 980-980.
Summary

558. 肝硬変患者腰椎骨塩量の経年的変化と治療による影響 – Dual photon absorptiometryによる検討 –
正木恭子, 塩見進, 宮澤祐子, 城村尚登, 植田正, 池岡直子, 黒木哲夫, 小林絢三1, 小橋肇子, 岡村光英, 越智宏暢2
1大阪市大, 3内, 2核医学
核医学, 30(8) : 1993, 981-981.
Summary

559. 腎性骨異栄養 (ROD) における副甲状腺摘除術 (PTX) 前後の骨シンチと骨塩量の比較検討
小橋肇子1, 岡村光英, 越智宏暢2, 杉村武嗣3, 小野山靖人4
1淀川キリスト教・放, 2大市大・核, 3泌, 4放
核医学, 30(8) : 1993, 981-981.
Summary

560. 腎透析例における骨シンチグラフィ : 腎性骨・関節疾患に対する診断法としての検討
伊藤和夫, 古舘正従1, 谷口光太郎, 南谷正水, 松野正2
1北大 核医学, 2北海道泌尿器科記念
核医学, 30(8) : 1993, 981-981.
Summary

561. 透析患者の骨シンチの経時的変化の検討
林郁子, 滝沢勝右, 舘野円, 佐々木康人
総合太田病院 腎センター, RI, 群大 核医学, 東大 放
核医学, 30(8) : 1993, 981-981.
Summary

562. 骨シンチによる血液透析患者の骨変化の長期経過観察
岡村光英, 越智宏暢1, 小橋肇子, 金子良美, 河辺譲治, 辻田祐二良, 小野山靖人2
1大阪市大 核, 2放
核医学, 30(8) : 1993, 981-981.
Summary

563. 血中サイトケラチン19フラグメント (CYFR A21-1) 測定の臨床的検討
辻野大二郎, 加藤義郎, 和田祐爾, 高橋利明, 中川貞介, 鈴木敏夫, 米島正博, 山本雅人, 大原裕康, 染谷一彦1, 佐々木康人2
1聖医大三内, 2東大放
核医学, 30(8) : 1993, 982-982.
Summary

564. C-PTHrP (109-141) およびN-PTHrP (1-72) ラジオアッセイによる悪性疾患における血中PTHrP値の検討
末廣美津子, 村上稔, 杉本佳則, 大谷明宏, 木谷仁昭, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 30(8) : 1993, 982-982.
Summary

565. 新しく開発された腫瘍マーカー “ボールエルザCYFRA21-1” キットの検討
木村良子, 阿多まり子, 中村誠治, 赤宗明久, 藤井崇, 河村正, 棚田修二, 濱本研
愛媛大, 放
核医学, 30(8) : 1993, 982-982.
Summary

566. 悪性リンパ腫患者における血清TK活性についての検討
石川幸雄, 佐藤順一1, 斉藤泰博, 高塩哲也, 菊池雄三2
1旭川医大 放部, 2旭川医大 放科
核医学, 30(8) : 1993, 982-982.
Summary

567. 悪性リンパ腫におけるチミジンキナーゼ測定の臨床的意義 – 67Gaシンチグラフィ所見との比較 –
佐藤順一, 石川幸雄1, 斉藤泰博, 高塩哲也, 菊池雄三2
1旭川医大 放部, 2放科
核医学, 30(8) : 1993, 982-982.
Summary

568. 胃集検における血清ペプシノーゲンI, II (PG I, II) の成績
小堺加智夫, 高橋秀樹, 中込俊雄, 高野政明, 三浦慶和, 津布久雅彦, 木暮喬1, 佐々木康人2
1東邦大 中放核, 2東大 放
核医学, 30(8) : 1993, 982-982.
Summary

569. 肝メタロチオネインレベルを指標にした癌と炎症の区別
武田厚司, 玉野春南, 佐藤哲, 岡田昌二
静岡県立大 薬
核医学, 30(8) : 1993, 983-983.
Summary

570. 良性非甲状腺疾患における甲状腺ホルモンと腫瘍マーカーとの臨床的検討
加藤義郎, 辻野大二郎, 和田祐爾, 高橋利明, 染谷一彦1, 山下あけみ, 菊池いづみ, 板垣勝義2, 佐々木康人3
1聖医大三内, 2聖医大放・核, 3東大放
核医学, 30(8) : 1993, 983-983.
Summary

571. 副甲状腺ホルモン関連蛋白 (PTHrP) のN端側 (1-72) に特異的なIRMA法に関する検討
村上稔, 末廣美津子, 尾森春艶, 杉本佳則, 大谷明宏, 仲谷聡子, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 30(8) : 1993, 983-983.
Summary

572. 血中腫瘍マーカー濃度に影響をおよぼす因子の検討
大浪俊平, 黒田環, 栄文也, 中田肇
産業医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 983-983.
Summary

573. 異なる抗CA125モノクローナル抗体を用いて測定された血中CA125濃度の不一致
阪原晴海, 高坂唯子, 冨田恵子, 服部典子, 細野真, 小林久隆, 白土誠, 姚正生, 小西淳二
京大, 核
核医学, 30(8) : 1993, 983-983.
Summary

574. 糖尿病におけるCEA, CA19-9偽陽性例の臨床的検討
和田祐爾, 辻野大二郎, 高橋利明, 加藤義郎, 鈴木敏夫, 染谷一彦1, 佐々木康人2
1聖医大三内, 2東大放
核医学, 30(8) : 1993, 983-983.
Summary

575. 抗体のIndium-111 (In) 標識試薬としてのBenzyl (Bz)-EDTA誘導体の生物学的評価
荒野泰, 上園崇, 向高弘, 元成裕司, 横山陽1, 阪原晴海, 小西淳二2
1京大・薬, 2京大・医
核医学, 30(8) : 1993, 984-984.
Summary

576. 新しい炭化水素型化学スペーサによる111In-標識モノクローナル抗体の腫瘍集積性の検討
孫保福, 横山邦彦, 秀毛範至, 宮内勉, 絹谷清剛, 油野民雄, 利波紀久, 久田欣一
金沢大 核
核医学, 30(8) : 1993, 984-984.
Summary

577. 炭化水素型スペーサ内炭化水素数がIn-111標識モノクローナル抗体の体内動態に及ぼす影響
秀毛範至, 横山邦彦, 孫保福, 絹谷清剛, 宮内勉, 油野民雄, 利波紀久, 久田欣一
金沢大 核
核医学, 30(8) : 1993, 984-984.
Summary

578. シアリルTn抗原を認識するモノクローナル抗体MLS102を用いる免疫シンチグラフィの基礎的検討
白土誠, 阪原晴海, 細野真, 小林久隆, 姚正生, 小西淳二1, 中田博, 山科郁男2
1京大, 核, 2京都産業大学, 工
核医学, 30(8) : 1993, 984-984.
Summary

579. モノクローナル抗体A7 MoAbフラグメントF (ab’) 2によるヒト大腸癌の放射免疫学的診断
小島周二, 志村紀子, 久保寺昭子1, 小山田日吉丸2, 高橋俊雄3
1東京理科大学・生命研・薬, 2癌研病院・アイソトープ部, 3京都府立医大・第一外科
核医学, 30(8) : 1993, 984-984.
Summary

580. 99mTc標識抗NCAキメラ抗体の基礎的検討
織内昇, 渡辺直行, 鈴木英樹, 舘野円, 冨吉勝美, 平野恒夫, 井上登美夫, 遠藤啓吾1, 杉山純夫, 鈴木良彦2
1群大 核, 2国立高崎病院 放
核医学, 30(8) : 1993, 984-984.
Summary

581. 低濃度抗体を用いた時の99mTc直接標識法 (Schwarz法) における至適標識条件の検討
杉山純夫, 鈴木良彦1, 織内昇, 渡辺直行, 鈴木英樹, 館野円, 冨吉勝美, 平野恒夫, 井上登美夫, 遠藤啓吾2
1国立高崎 放, 2群大 核
核医学, 30(8) : 1993, 985-985.
Summary

582. 担前立腺肥大症組織マードマウスにおける125I標識抗ガンマーセミノプロティンモノクローナル抗体の体内動態
藤野淡人, 石橋晃
北里大学 泌尿器
核医学, 30(8) : 1993, 985-985.
Summary

583. 担LNCaP腫瘍ヌードマウスにおける125I標識抗ガンマーセミノプロティンモノクローナル抗体の体内動態
藤野淡人, 石橋晃
北里大学 泌尿器
核医学, 30(8) : 1993, 985-985.
Summary

584. Antigenicity of macrocyclic chelates in rabbits (comparing S, R and acyclic groups)[Machine Translation] (マクロサイクリックキレートのラビットにおける抗原性 (S基R基及びアサイクリック基を比較して))
渡辺直人, 瀬戸光, 清水正司, 蔭山昌成, 亀井哲也, 柿下正雄
富山医薬大 放
The Japanese Journal of nuclear medicine, 30(8) : 1993, 985-985.
Summary

585. イソチオシアン酸ベンジルEDTAキレートによる111In標識モノクローナル抗体の体内動態の検討
横山邦彦, 孫保福, 秀毛範至, 宮内勉, 絹谷清剛, 油野民雄, 利波紀久, 久田欣一
金沢大 核
核医学, 30(8) : 1993, 985-985.
Summary

586. ヒト型モノクローナル抗肺癌抗体 (HB4C5) のDeglycosylationによる腫瘍集積性の増強効果
金谷和子, 日下部きよ子, 金谷信一, 有竹澄江, 柏倉健一, 小林秀樹, 牧正子, 重田帝子1, 秋庭弘道2, 佐藤進, 橋爪秀一3
1東女医大 放, 2千葉大 放, 3森永生科研
核医学, 30(8) : 1993, 985-985.
Summary

587. 「PET装置の性能評価のための測定指針」に基づくHEADTOME IV性能評価の試み
庄司安明, 相沢康夫, 蜂谷武憲, 三浦修一, 飯田秀博, 菅野巖
秋田脳研 放
核医学, 30(8) : 1993, 986-986.
Summary

588. PET装置用2次元位置検出器の開発
山本誠一, 田中和巳, 天野昌治, 松山恒和1, 飯田秀博, 三浦修一, 菅野巌2
1島津製作所 医用技術部, 2秋田脳血管研究センター 放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 986-986.
Summary

589. PET装置の高計数率特性化
山本誠一, 田中和巳, 天野昌治, 松山恒和1, 飯田秀博, 三浦修一, 菅野巌2
1島津製作所 医用技術部, 2秋田脳血管研究センター 放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 986-986.
Summary

590. PET用自動RI濃度計測システムの試作 – 同時計数式計測法の応用 –
加藤統之, 伴野辰雄, 高草保夫*, 井上慎一*
名古屋市総合リハビリテーションセンター, *日立メディコ
核医学, 30(8) : 1993, 986-986.
Summary

591. PET用自動RI濃度計測システムのデータ処理ソフトウェア
高草保夫, 井上愼一1, 加藤統之, 伴野辰雄2
1(株)日立メディコ, 2名古屋市総合リハビリテーションセンター
核医学, 30(8) : 1993, 986-986.
Summary

592. 動物用PETを用いたラット脳及び心筋における糖代謝率の測定
間賀田泰寛, 高垣武司, 崔錫禮, 佐治英郎, 横山陽, 米倉義晴, 小西淳二
京大医, 薬
核医学, 30(8) : 1993, 986-986.
Summary

593. 11C標識パルミチン酸合成装置を用いた11C標識酢酸の合成
山下万寿美, 関宏恭, 湯浅光秋*, 菅原迪*
金沢循環器病院 放射線科, *日本製鋼所 加速器グループ
核医学, 30(8) : 1993, 987-987.
Summary

594. 当院における [11C] ヨウ化メチルを介した [11C] 標識薬剤の合成
福村利光, 一矢有一, 桑原康雄, 赤司裕子, 吉田毅, 増田康治
九州大, 放
核医学, 30(8) : 1993, 987-987.
Summary

595. アニオン法FDG自動合成装置の開発
佐々木基仁, 山田慎一, 田中明, 鈴木啓文, 加藤宏夫1, 鈴木和年2
1住友重機械工業, 2放射線医学総合研究所
核医学, 30(8) : 1993, 987-987.
Summary

596. 11C標識イオマゼニール (Ro16-O154) の自動合成
鈴木和年, 井上修, 田口昇二, 根本和義
放医研 サイクロトロン
核医学, 30(8) : 1993, 987-987.
Summary

597. N-メチルグルカミン型有機系吸着剤を用いる新規68Ge-68Gaジェネレーターの開発
中山守雄, 小磯孝幸, 石橋敦, 原田久美子, 杉井篤1, 原正史, 中島留美, 古嶋昭博, 冨口静二, 高橋睦正2
1熊本大薬, 2熊本大放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 987-987.
Summary

598. 13N-NH3の比放射能に及ぼす製造法の影響
西山新吾, 鈴木和年
浜松ホトニクス, 放医研
核医学, 30(8) : 1993, 987-987.
Summary

599. 臨床用18F-DOP A自動合成システムの試作及び検討
石井信一*1,*2, 石渡喜一*1, 千田道雄*1, 佐々木徹*1, 外山比南子*1, 石井賢二*1, 織田圭一*1
*1都老人研PET, *2住重加速器サービス
核医学, 30(8) : 1993, 988-988.
Summary

600. 生体内ラジカルを標的とする新規放射性薬品の開発に関する基礎的検討
藤林靖久, 田嶋尚之, 和田耕一, 横山陽
京大・薬
核医学, 30(8) : 1993, 988-988.
Summary

601. 光磁気ディスク (IS&C) を用いた核医画像ファイリングシステムの開発
安藤裕, 塚本信宏, 国枝悦夫, 久保敦司
慶大 放
核医学, 30(8) : 1993, 989-989.
Summary

602. オーダリングシステムにリンクしたインビボ核医学検査レポーティングシステム
大竹英則, 松原国夫, 今井俊幸, 羽鳥昇, 冨岡邦昭, 鈴木英樹, 舘野円, 平野恒夫, 織内昇, 冨吉勝美, 井上登美夫, 遠藤啓吾1, 竹田功2
1群大 中放, 核, 2NEC
核医学, 30(8) : 1993, 989-989.
Summary

603. LANを用いた核医学画像伝送と汎用データベースによるファイリング
西村克之, 鈴木健之, 宮前達也
埼玉医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 989-989.
Summary

604. ODYSSEYのマクロ : PIXIEと, そのアプリケーションプログラム
高橋宗尊, 貴志治夫, 松山恒和
島津製作所医用技術部
核医学, 30(8) : 1993, 989-989.
Summary

605. SPECT画像再構成におけるEMアルゴリズムの高速化法の評価
村瀬研也, 棚田修二, 菅原敬文, 井上武, 津田孝治, W.N. Tauxe, 濱本研
愛媛大 放
核医学, 30(8) : 1993, 989-989.
Summary

606. 各種SPECT画像の3次元立体表示についての検討
上杉康夫, 杉岡靖, 辰吉光, 中田和伸, 難波隆一郎, 西垣洋, 足立至, 末吉公三, 河合武司, 楢林勇
大阪医大 放
核医学, 30(8) : 1993, 989-989.
Summary

607. 201Tl心筋SPECTにおける3次元表示の検討
山崎純一, 五十嵐正樹, 細井宏益, 蒲野俊雄, 森下健1, 高橋秀樹, 高野政明, 小堺加智夫2, 高橋宗尊3, 杉田純一4
1東邦大 1内, 2RI, 3島津製作所, 4クボタ
核医学, 30(8) : 1993, 990-990.
Summary

608. マッキントッシュコンピュータ上で動作する3次元核医学画像処理ソフトウェアの開発
渡辺俊明, 奥真也, 百瀬敏光, 井上優介, 熊倉嘉貴, 大嶽達, 西川潤一, 佐々木康人
東大, 放
核医学, 30(8) : 1993, 990-990.
Summary

609. ポジトロン・ボリュームイメージング用像再構成のためのOtlovの式に関する考察
村山秀雄, 野原功全, 山本幹男
放医研 物理
核医学, 30(8) : 1993, 990-990.
Summary

610. ガンマカメライメージングにおける部分容積効果の基礎的検討
三枝健二, 福士政広, 大谷浩樹, 入船寅二, 齋藤秀敏
都立医療技術短大
核医学, 30(8) : 1993, 990-990.
Summary

611. 新しい3検出器型SPECT装置MULTISPECT 3の脳SPECTへの応用
松田博史, 柳下章
国立精神・神経センター武蔵病院 放, 都立神経病院 放
核医学, 30(8) : 1993, 991-991.
Summary

612. 三検出器型SPECT装置プリズムの脳血流定量の基礎的検討
田中富美子, 西澤貞彦, 土田龍郎, 藤田透, 石津浩一, 岡沢秀彦, 玉木長良, 土持進作, 小西淳二1, 米倉義晴2
1京大 核, 2脳病態生理
核医学, 30(8) : 1993, 991-991.
Summary

613. 小動物用超高解像度Pinhole SPECTの基礎的検討
石津浩一, 向井孝夫, 藤田透, 米倉義晴, 西澤貞彦, 玉木長良, 小西淳二
京大 核
核医学, 30(8) : 1993, 991-991.
Summary

614. GCA-9300AにおけるファンビームHRコリメーターの使用経験
高橋正昭, 佐藤勝保1, 中川原譲二, 末松克美, 中村順一2, 市原隆3
1中村記念病院 放射線, 2脳神経外科, 3東芝 那須工場 核医学技術部
核医学, 30(8) : 1993, 991-991.
Summary

615. ベータプローブを用いた脳内局所放射活性のin vivoにおける計測
成相直, 平川公義1, 石渡喜一, 外山比南子, 織田圭一, 石井賢二, 千田道雄2
1医歯大脳外, 2都老人研PET
核医学, 30(8) : 1993, 991-991.
Summary

616. ファンビームコリメータを使用したダイナミックプラナーデータ収集について
西垣洋, 小森剛, 足立至, 久田洋一, 雑賀良典, 辰吉光, 中田和伸, 難波隆一郎, 宇都宮啓太, 末吉公三, 楢林勇1, 二沢佳史2
1大阪医大 放, 2東芝メディカル
核医学, 30(8) : 1993, 991-991.
Summary

617. 99mTc-HMPAO脳血流定量画像作成法の改良
濱田健司, 武中泰樹, 篠塚明, 久保田勇人, 蕭為紅, 菱田豊彦
昭和大 放
核医学, 30(8) : 1993, 992-992.
Summary

618. SPECTによるactivation studyの基礎的検討
熊倉嘉貴, 百瀬敏光, 西川潤一, 折舘隆, 奥真也, 渡辺俊明, 井上優介, 佐々木康人
東大・放
核医学, 30(8) : 1993, 992-992.
Summary

619. グラフプロット法による動態モデル解析 : 理論の一般化とシミュレーションによる考察
横井孝司1, 飯田秀博, 菅野巌2
1島津製作所 医用技術部, 2秋田脳血管研究センター 放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 992-992.
Summary

620. 線形グラフプロット法によるrCBF定量解析法の開発 : 123I-IMPダイナミックSPECTへ応用
横井孝司1, 飯田秀博, 伊藤浩, 菅野巌2
1島津製作所 医用技術部, 2秋田脳血管研究センター 放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 992-992.
Summary

621. 部分容積効果の三次元的補正法の検討
高山豊
国立精神・神経センター武蔵病院
核医学, 30(8) : 1993, 992-992.
Summary

622. L-(2-18F)-fluorophenylalanine (18F-Phe) およびPETを用いた脳アミノ酸輸送の加齢変化の評価
伊藤浩*, 畑澤順, 村上松太郎, 飯田秀博, 三浦修一, 奥寺利男, 犬上篤, 小川敏英, 藤田英明, 下瀬川恵久, 菅野巌, 上村和夫1, 福田寛2
1秋田脳研, *現東北大加齢研・機能画像, 2東北大加齢研・機能画像
核医学, 30(8) : 1993, 992-992.
Summary

623. 18F-m-Tyrosineの合成及びサルを使ったPositron Emission Tomography (PET) 像の有用性
富吉勝美1, 平野恒夫1, 井上登美夫1, 遠藤啓吾1, 早瀬宣昭2, 渡辺克成2, 柴崎尚2, 大江千広2
1群馬大学医学部核医学科, 2脳神経外科
核医学, 30(8) : 1993, 993-993.
Summary

624. ジフェニルヒダントイン服用中に小脳低血流を認めたてんかんの二症例
奥直彦, 岡崎裕, 半田伸夫, 松本昌泰, 鎌田武信1, 橋川一雄, 森脇博, 植原敏勇, 小塚隆弘2, 藤田昌弘, 楠岡英雄, 西村恒彦3
1阪大一内, 2中放, 3トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 993-993.
Summary

625. 小脳梗塞による対側大脳基底核, 皮質の血流低下
広瀬義晃, 林田孝平, 石田良雄1, 西村恒彦2
1国循セン放診部, 2阪大トレーサ
核医学, 30(8) : 1993, 993-993.
Summary

626. 2D cine phase contrast法による脳血流測定
鹿島田明夫, 町田喜久雄, 本田憲業, 間宮敏雄, 高橋卓, 釜野剛, 井上優介, 長田久人
埼玉医大医療セ放
核医学, 30(8) : 1993, 993-993.
Summary

627. 脳血管攣縮に対するPTAの効果判定 – 脳血流シンチグラフィによる評価 –
松野慎介, 川崎幸子, 三谷昌弘, 木内孝明, 藤原尚美, 佐藤功, 大川元臣, 田邉正忠
香川医大放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 993-993.
Summary

628. 複数エネルギー放出核種 (201Tl, 111In, 67Ga) におけるtriple-energy window収集を用いたSPECTの吸収補正法の検討
畠山六郎, 武田徹, 佐藤始広, 石川演美, 大家康秀*
筑波大 放, *日立メディコ
核医学, 30(8) : 1993, 994-994.
Summary

629. 二核種同時収集SPECT画像のSubtraction法の検討
村瀬研也, 望月輝一*, 武智知子*, 棚田修二, 菅原敬文, 井上武, 津田孝治, W.N. Tauxe, 濱本研
愛媛大 放, *愛媛県立今治病院 放
核医学, 30(8) : 1993, 994-994.
Summary

630. 2核種同時SPECTにおけるエネルギー重み付け散乱線補正法の開発と評価
熊沢良彦, 南畑毅, 田中和巳, 松山恒和1, 仁井田秀治, 三好隆益, 曽根照喜, 早川克己2
1島津製作所, 2京都市立病院 放
核医学, 30(8) : 1993, 994-994.
Summary

631. 2核種同時SPECTにおけるエネルギー重み付け散乱線補正法の臨床的有用性
曽根照喜, 仁井田秀治, 三好隆益, 早川克己1, 窪田靖志, 上床博久, 北村和人2, 熊沢良彦, 松山恒和3
1京都市立病院 放, 2循内, 3島津製作所
核医学, 30(8) : 1993, 994-994.
Summary

632. Tc-99m, I-123およびTl-201心筋SPECTにおける壁厚評価の検討
東野博1, 棚田修二, 中田茂, 村瀬研也, 菅原敬文, 井上武, 津田孝治, 藤井崇, 濱本研2
1宇和島社会保険 放, 2愛媛大 放
核医学, 30(8) : 1993, 994-994.
Summary

633. 蛍光性光ファイバーを用いた光伝送型術中シンチレーション小型プローブの開発
浦山勝巳*, 渥美至弘1, 松田桂一2, 中村佳代子, 中里一久, 三宮敏和, 久保敦司3
1三菱原子力(株), *大宮研究所, 2三菱重工(株), 3慶大・医・放
核医学, 30(8) : 1993, 995-995.
Summary

634. 2検出器型シンチカメラRC-2600Iの性能評価
田中正敏, 川口常昭, 尾形光明, 長岡政巳, 大池正仁, 田口正俊
日立メディコ
核医学, 30(8) : 1993, 995-995.
Summary

635. 57Co密封面線源を使用した不均一補正に関する検討
三宮敏和, 清水正三, 久保敦司1, 西川新2
1慶大・医・放, 2アマシャム薬品K.K
核医学, 30(8) : 1993, 995-995.
Summary

636. 全身用ポジトロンCT装置PCT3600WAの数え落とし補正
井上愼一, 高草保夫, 大串明1, 宍戸文男, 松本徹, 野原功全, 舘野之男2
1(株)日立メディコ, 2放医研
核医学, 30(8) : 1993, 995-995.
Summary

637. Photopeak領域中への重複ウィンドを利用した撮像法の検討
福士政広, 三枝健二, 齋藤秀敏, 大谷浩樹, 入船寅二
都立医療技術短大
核医学, 30(8) : 1993, 995-995.
Summary

638. コリメータにおける光子の減弱・散乱に関する考察
尾川浩一
法政大 工
核医学, 30(8) : 1993, 995-995.
Summary

639. シングルヘッド型ガンマカメラによるポジトロン計測 – ピンホールコリメータ画像の改善 –
織田圭一, 外山比南子, 千田道雄, 石渡喜一, 佐々木徹, 石井賢二1, 野崎正2
1都老人研PET, 2北里大衛生
核医学, 30(8) : 1993, 996-996.
Summary

640. 肥大型心筋症の局所拡張機能 – 収縮能, 心筋壁厚, 灌流との関連 –
橋本克次, 植原敏勇, 楠岡英雄, 西村恒彦1, 両角隆一, 堀正二, 鎌田武信2, 山上英利, 小塚隆弘3, 石田良雄4
1阪大トレーサ, 2一内, 3放科, 4国循セ
核医学, 30(8) : 1993, 997-997.
Summary

641. 拡張型心筋症の予後判定における左室拡張能の意義
今村仁治, 小林秀樹, 百瀬満, 日下部きよ子
東京女子医大 放射線科
核医学, 30(8) : 1993, 997-997.
Summary

642. 心電図同期心プールSPECTによる左室壁運動のBull’s eye表示法
岩瀬幹生, 森章司1, 池田浩志郎2, 飯田昭彦3, 寺岡悟見4
1豊川市民病院 放, 2豊川市民病院 内, 3名古屋市大 放, 4横河メディカルシステム
核医学, 30(8) : 1993, 997-997.
Summary

643. 心電図同期心プールシンチ断層法による左室壁運動のBull’s eye表示法の考案と心筋梗塞患者の左室壁運動異常部位の検出
池田浩志郎1, 岩瀬幹生, 森章司2, 飯田昭彦3, 寺岡悟見4
1豊川市民病院 内, 2放, 3名古屋市大 放, 4横河メディカルシステム
核医学, 30(8) : 1993, 997-997.
Summary

644. 小型CsI検出器による心電図同期の左室駆出率測定
金谷信一, 日下部きよ子, 丹下正一, 金谷和子, 有竹澄江, 柏倉健一, 小林秀樹, 百瀬満, 牧正子, 重田帝子1, 牧野元治2
1東女医大 放, 2慈大 放
核医学, 30(8) : 1993, 997-997.
Summary

645. 99mTc-PMTを用いた肝血流シンチグラフィと心機能分類の関係について
奥山康男1, 秋月哲史2, 真家伸一2, 美田誠二2, 松岡康夫2, 入交昭一郎2, 長谷川武1, 栗林徹1
1川崎市立川崎病院 放射線科, 2内科
核医学, 30(8) : 1993, 997-997.
Summary

646. 99mTc-Dialdehyde starchエアロゾル吸入法を用いた肺酸素傷害の早期検出
田坂定智, 脇泰裕, 浦野哲哉, 佐山宏一, 坂巻文雄, 仲村秀俊, 青木琢也, 金沢実, 川城丈夫1, 石坂彰敏2, 久保敦司3
1慶大・内, 2川崎市立井田・内, 3慶大・放
核医学, 30(8) : 1993, 998-998.
Summary

647. Ga-68標識MAAによる肺スキャン剤の検討
國安芳夫, 今関恵子*, 東静香, 篠原広行, 永島淳一, 新尾泰男, 浜名哲郎, 瀬戸哲郎, 大渕真男, 長谷部伸, 吉川京燦*, 有水昇*
昭和大・藤が丘 放, *千葉大 放
核医学, 30(8) : 1993, 998-998.
Summary

648. Tc-99m-MAA, Kr-81m同時収集SPECTによる換気 / 血流像の検討
山洞善恒, 飯塚利夫1, 生方幹夫, 茂木充2, 井上登美夫3
1多野総合病院, 2群馬大学第2内科, 3群馬大学核医学
核医学, 30(8) : 1993, 998-998.
Summary

649. 先天性心疾患に対する肺換気血流シンチグラフィの有用性
田辺裕明, 佐久間亨, 守谷悦男, 森豊, 川上憲司1, 島田孝夫2
1慈恵医大 放, 23内
核医学, 30(8) : 1993, 998-998.
Summary

650. 肺血流SPECTによる心疾患の評価
津内保彦, 小林琢哉, 川瀬良郎, 佐藤功, 川崎幸子, 田邉正忠1, 前田肇2
1香川医大 放, 21外
核医学, 30(8) : 1993, 998-998.
Summary

651. 高安動脈炎における肺動脈病変の経時的変化 – 肺血流シンチグラフィによる検討 –
小川洋二, 木下博史, 林邦昭
長崎大 放
核医学, 30(8) : 1993, 998-998.
Summary