2007

第11回放射線事故医療研究会・緊急被ばく医療全国拡大フォーラム(2007)

・日 時:平成19年8月25日(土) 
・場 所:コラッセふくしま 4階 多目的ホール
     (〒960-8053 福島県福島市三河南町1番20号 TEL:024-525-4089)

「第11回放射線事故医療研究会」

 時 間:9:15~12:30
 テーマ:「緊急被ばく医療における安全文化」
 会 長:宍戸 文男(福島県立医科大学)
 参加費(当日受付):≪参加費≫2,000円、≪懇親会費≫3,000円
 申込み:所定の申込書(※)にて申込み。
   ※会員:開催案内と共に送付致します、
 非会員:下記にお問い合わせ下さい。もしくは、ホームページ
 (http://www.nsra.or.jp/JAMMRA/)にてご確認下さい。
 内 容:
 9:15~ 9:20  開会挨拶  会 長:宍戸 文男(福島県立医科大学)
 9:20~10:20  教育講演 「原子力災害、核テロ等に関するIAEAガイドラインについて」
 座 長:青木 芳朗(財団法人原子力安全研究協会)
 講 師:鈴木  元(国立保健医療科学院)
 10:20~10:30  休 憩
 10:30~12:20  パネル討論 「緊急被ばく医療における安全文化の醸成」
 座 長:前川 和彦(公立学校共済組合関東中央病院)
 「発表者・パネリスト」
 ① 宍戸 文男(福島県立医科大学)
 ② 五十嵐勝朗(独立行政法人国立病院機構弘前病院)
 ③ 古賀 佑彦(財団法人原子力安全研究協会)
 ④ 井川陽次郎(読売新聞)
 ⑤ 電気事業連合会(予定)
 12:20~12:25  総 会
 12:25~12:30   閉会挨拶  会 長:宍戸 文男(福島県立医科大学)

 ※懇親会(17:30~19:30)

平成19年度

緊急被ばく医療全国拡大フォーラム(第11回緊急被ばく医療フォーラム)

時 間:14:00~17:00
 テーマ:「安定ヨウ素剤の取扱いについての現状と課題」
 参加費:無料
 申込み/内容:「緊急被ばく医療情報ネットワーク(REMnet)ホームページ(http://www.remnet.jp)」にてご確認下さい。

 定 員:両会合とも約250名

 申込み締切:平成19年8月15日(水)*但し、定員になり次第締め切らせて頂きます。

 問い合わせ先:財団法人原子力安全研究協会 放射線災害医療研究所内
 放射線事故医療研究会 事務局(太田、谷田部)
   〒105-0004 東京都港区新橋5-18-7
   TEL:03-5470-1982、FAX:03-5470-1990、E-mail :jammra@nsra.or.jp
   ホームページ:http://www.nsra.or.jp/JAMMRA/

第11回放射線事故医療研究会・緊急被ばく医療全国拡大フォーラム開催

役立つ情報

 

核医学治療

 

医療機関向通知・通達

 

ガイドライン

 

診療報酬等