PAGE TOP

刊行物

刊行物

日本核医学会機関誌 日本核医学 34巻3号

心筋18F-FDG-SPECT画像の心筋viability評価における有用性
佐藤秀樹*, 外山卓二*, 金古善明*, 永井良三*, 冨吉勝美**, 井上登美夫**, 遠藤啓吾**, 太田直樹***, 金沢紀雄***, 鈴木忠****
*群馬大学医学部第二内科, **群馬大学医学部核医学科, ***国立高崎病院内科, ****群馬大学医療技術短期大学部
核医学, 34(3) : 1997, 137-143.
Abstract Summary

慢性閉塞性肺疾患における肺血流分布半定量と肺機能
内田耕*, 中山浩之*, 山上育恵*, 高橋秀樹**, 高野政明**
*東邦大学医学部第二内科, **東邦大学大森病院中央放射線RI診断部
核医学, 34(3) : 1997, 145-149.
Abstract Summary

血流におけるRIプレチスモグラフィの測定意義
川上憲司*, 凌慶成*, 森豊*, 田中格*, 島田孝夫**
*東京慈恵会医科大学放射線医学講座, **東京慈恵会医科大学第三内科講座
核医学, 34(3) : 1997, 151-157.
Abstract Summary

腎の深さ算出のための新しい回帰式の提案 – とくにカメラ法による99mTc-MAG3腎動態シンチグラフィ定量測定の精度向上に向けて –
内山勝弘*, 國安芳夫*, 新尾泰男*, 長谷部伸*, 山田盛久*, 篠原広行*, 松岡伸*, 島英樹*, 大渕真男*, 滝沢謙治*, 本田実*, 川辺竜司*, 桑山潤*, 岩崎滋樹**, 出浦照國**
*昭和大学藤が丘病院放射線科, **昭和大学藤が丘病院腎臓内科
核医学, 34(3) : 1997, 159-166.
Abstract Summary

トランスミッション・エミッションデータ同時収集法による吸収補正の有用性と問題点 – 健常成人例およびファントムを用いた検討 –
木島鉄仁*, 汲田伸一郎*, 水村直*, 趙圭一*, 石原眞木子*, 鳥羽正浩*, 隈崎達夫*, 高橋宗尊**
*日本医科大学放射線科, **島津製作所
核医学, 34(3) : 1997, 167-176.
Abstract Summary

心筋梗塞における123I-BMIPP心筋イメージング : その臨床的有用性
成田充啓*, 栗原正*, 新藤高士*, 本田稔**
*住友病院循環器科, **住友病院アイソトープ検査部
核医学, 34(3) : 1997, 177-187.
Abstract Summary

123I-IMP, 99mTc-HMPAOおよび99mTc-ECDによる脳血流SPECT画像の比較検討
小田野行男*, 大久保真樹**, 高橋誠*, 野口栄吉*, 大滝広雄*, 笠原敏文*, 柴木充朗*, 羽田野政義*
*新潟大学医学部放射線科, **新潟大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科
核医学, 34(3) : 1997, 189-194.
Abstract Summary

1. 3検出器型SPECT装置における心臓用ファンビームコリメータの使用経験について
桂木誠, 筒井竹人, 荒木昭輝, 船津和宏, 木村史郎, 村上正彰, 高良真一, 倉田精二, 西原春實
聖マリア病院・画診部
核医学, 34(3) : 1997, 196-196.
Summary

2. ATP負荷心筋SPECTの有用性
山本富淑弥*, 石野洋一*, 中田肇*, 花田秀幸**, 中島康秀**
*産業医大・放, **産業医大・二内
核医学, 34(3) : 1997, 196-196.
Summary

3. Asymmetric fan-beam collimatorを用いた99mTc製剤による心筋シンチにおける減弱補正法の基礎的検討
大山洋一, 冨口静二, 古嶋昭博, 吉良光子, 横山利美, 松本政典, 高橋睦正
熊本大・放
核医学, 34(3) : 1997, 196-196.
Summary

4. 123I-BMIPPのwashout
小川洋二*, Rashid Hashmi*, 林邦昭*, 松下哲朗**
*長崎大・放, **長崎大・二内
核医学, 34(3) : 1997, 197-197.
Summary

5. 術前肺血流シンチ・肺換気シンチによる術後肺機能予測の有用性
松木裕一*, 石野洋一*, 中田肇*, 城戸優光**, 安元公正***
*産業医大・放, **産業医大・呼, ***産業医大・二外
核医学, 34(3) : 1997, 197-197.
Summary

6. 甲状腺癌胸壁転移への131I集積判定に99mTcO4-との2核種同時収集が有用であった1例
日野祐一, 土持進作, 加藤健志, 中別府良昭, 中條政敬
鹿児島大・放
核医学, 34(3) : 1997, 197-197.
Summary

7. 放射性ヨード治療が有効であった再発性無痛性甲状腺炎の1例
吉田毅*, 一矢有一*, 桑原康雄*, 佐々木雅之*, 増田康治*, 藤平隆司**
*九州大・放, **産業医大・一内
核医学, 34(3) : 1997, 197-197.
Summary

8. 副甲状腺機能亢進症患者における99mTc-MIBIシンチグラフィの臨床経験
加藤健志, 土持進作, 日野祐一, 中別府良昭, 中條政敬
鹿児島大・放
核医学, 34(3) : 1997, 198-198.
Summary

9. 脳血流シンチにて経過観察した急性散在性脊髄脳炎 (ADEM) の2例
中田博*, 長町茂樹*, 陣之内正史*, Leo G.Flores II*, 小玉隆男*, 渡邊克司*, 糸数直哉**
*宮崎医大・放, **宮崎医大・小児
核医学, 34(3) : 1997, 198-198.
Summary

10. 血小板凝集能抑制剤により著明な脳血流の改善がみられた抗リン脂質抗体症候群の1例
徳丸直郎*, 吉開友則*, 内野晃*, 工藤祥*, 馬場信夫**, 松井真**
*佐賀医大・放, **佐賀医大・神内
核医学, 34(3) : 1997, 198-198.
Summary

11. 神経膠腫の悪性度評価における201Tl-SPECT, Methionine-PET, FDG-PETの比較検討
佐々木雅之, 一矢有一, 桑原康雄, 吉田毅, 福村利光, 増田康治
九州大・放
核医学, 34(3) : 1997, 198-198.
Summary

12. 膀胱尿管逆流シンチ直接法の検討
佐々木道郎, 大城潔, 末吉健志, 堀晃
沖縄県立中部病院・放
核医学, 34(3) : 1997, 199-199.
Summary

13. 蛋白漏出性胃腸症に対する99mTc-HSA-D腹部イメージングの検討
岡原美香, 三宅秀敏, 清末一路, 竹岡宏, 堀雄三, 詫摩真久, 才道昭, 森宣
大分医大・放
核医学, 34(3) : 1997, 199-199.
Summary

14. 糖尿病患者における123I-MIBGの肺集積の検討
長町茂樹*, 陣之内正史*, Leo Flores II*, 大西隆*, 二見繁美*, 中原浩*, 渡邊克司*, 黒瀬健**, 松倉茂**
*宮崎医大・放, **宮崎医大・三内
核医学, 34(3) : 1997, 199-199.
Summary

15. 骨シンチグラフィにて心筋転移に異常集積を認めた骨肉腫の1例
松本展武, 冨口静二, 大山洋一, 横山利美, 吉良光子, 高橋睦正
熊本大・放
核医学, 34(3) : 1997, 199-200.
Summary

16. 99mTcガラクトシルヒト血清アルブミン (GSA) が高度に集積した高分化肝細胞癌の1例
白石慎哉*, 坂口達哉*, 吉松俊治*, 冨口静二**, 高橋睦正**
*熊本地域医療セ・放, **熊本大・放
核医学, 34(3) : 1997, 200-200.
Summary

17. 当施設におけるRI機器処理装置のデータフォーマット統一の試み – その臨床・運用的側面における有用性 –
中別府良昭*, 土持進作*, 小林正和*, 日野祐一*, 中條政敬*, 福島昇**, 禧久豊嗣**, 高橋宗尊***
*鹿児島大・放, **鹿児島大・放部, ***島津製作所
核医学, 34(3) : 1997, 200-200.
Summary

123I-IMPを用いた局所脳血流量計算モデル
飯田秀博, 角弘諭, 上村和夫
秋田県立脳血管研究センター放射線医学研究部, 秋田県立脳血管研究センター放射線医学研究部, 秋田県立脳血管研究センター所長
核医学, 34(3) : 1997, 201-203.
Abstract Summary

「123I-IMPを用いた局所脳血流量計算モデル」に対する回答
大久保真樹*, 小田野行男**, 高橋誠***, 野口栄吉**, 大滝広雄**, 笠原敏文**, 羽田野政義**
*新潟大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科, **新潟大学医学部放射線科, ***新潟大学医学部精神科
核医学, 34(3) : 1997, 204-206.
Abstract Summary