PAGE TOP

刊行物

刊行物

日本核医学会機関誌 日本核医学 33巻5号

核医学検査における患者からの検者の被ばく線量
柏倉健一*, 金谷信一*, 柏倉明美*, 小林秀樹*, 牧正子*, 日下部きよ子*
*東京女子医科大学放射線科
核医学, 33(5) : 1996, 477-483.
Abstract Summary

炎症部位不明患者における白血球シンチグラフィの有用性について
内田佳孝*, 蓑島聡**, 久山順平**, 松野典代**, 宇野公一**, 北方勇輔***, 北原宏*
*千葉大学医学部放射線部, **放射線科, ***君津中央病院放射線科
核医学, 33(5) : 1996, 485-491.
Abstract Summary

123I – MIBGを用いた糖尿病例の無症候性心筋虚血と心臓交感神経障害の検討
松尾信郎*, 高橋正行*, 吉田慎太郎*, 井上亨*, 中村保幸*, 三ッ浪健一*, 木之下正彦*
*滋賀医科大学第一内科
核医学, 33(5) : 1996, 493-499.
Abstract Summary

原発性肺癌における99mTc – MIBIと201Tl – chlorideの原発腫瘍描出能の比較検討
山本由佳*, 川崎幸子***, 西山佳宏*, 福永浩太郎*, 佐藤功*, 高島均*, 大川元臣*, 熊澤良彦****, 藤田次郎**, 田邉正忠*
*香川医科大学放射線科, **第一内科, ***麻田総合病院放射線科, ****島津製作所医用機器事業部
核医学, 33(5) : 1996, 501-511.
Abstract Summary

2コンパートメントモデル解析に基づく99mTc – MAG3と131I – OIHの薬物動態の比較
秀毛範至*, 高塩哲也*, 佐藤順一**, 石川幸雄**, 斉藤泰博*, 山本和香子*, 油野民雄*, 水永光博***, 金子茂男***, 八竹直***, 小川裕二****, 菊池健次郎****, 笹嶋唯博*****, 久保良彦*****
*旭川医科大学附属病院放射線科, **中央放射線部核医学部門, ***泌尿器科, ****第一内科, *****第一外科
核医学, 33(5) : 1996, 513-520.
Abstract Summary

虚血性脳血管障害における99mTc – HM – PAOの静注後超早期ダイナミックSPECTの臨床的有用性の検討 – 低灌流病変および高灌流病変の検出について –
外山宏*, 竹下元*, 柴田香織*, 野村昌代*, 藤原寿照*, 石川恵美子*, 藤原道明*, 藤井直子*, 江尻和隆*, 前田寿登*, 片田和廣*, 竹内昭*, 古賀佑彦*
*藤田保健衛生大学医学部放射線医学教室
核医学, 33(5) : 1996, 521-529.
Abstract Summary

99mTc – tetrofosminが集積した乳癌の2症例
足立至*, 田渕耕次郎*, 山本和宏*, 中田和伸*, 難波隆一郎*, 西垣洋*, 松井律夫*, 末吉公三*, 楢林勇*, 大久保知之**, 田本重美**, 大竹義章***
*大阪医科大学放射線科, **第一内科, ***第三内科
核医学, 33(5) : 1996, 531-536.
Abstract Summary

左肺動脈欠損症における肺血流の評価 : RIアンギオグラフイの有用性
高山輝彦*, 佐野禎彦**, 滝淳一***, 辻志郎*, 利波紀久***, 多々見良三****, 石瀬昌三****
*金沢大学医学部保健学科, **舞鶴共済病院放射線科, ***金沢大学医学部核医学科, ****舞鶴共済病院内科
核医学, 33(5) : 1996, 537-543.
Abstract Summary

111In – DTPA – D – Phe – octreotide (111In – ペンテトレオチド) で描出された転移性肝ガストリノーマの一例
谷淳至*, 中別府良昭*, 土持進作*, 中條政敬*, 吉永利彦**, 禧久豊嗣**
*鹿児島大学医学部放射線科, **附属病院
核医学, 33(5) : 1996, 545-549.
Abstract Summary

99mTc – HMPAO, 99mTc – ECDとPatlak plot法を用いたAcetazolamide負荷による脳血管拡張能評価の問題点 – 健常者における123I – IMPとの比較 –
牧野憲一*, 増田安彦**, 後藤聰*
*旭川赤十字病院脳神経外科, **放射線部
核医学, 33(5) : 1996, 551-555.
Abstract Summary

1. ロジウム – 105の製造と核医学への利用
安東醇*1, 安東逸子*2
*1金沢大・保健, *2医短
核医学, 33(5) : 1996, 558-558.
Summary

2. Radiosurgery直後の18FDG – PETの変化
丸山市郎*1, 土田龍郎*1, 植松秀昌*1, 友井正弘*1, 塩浦宏樹*1, 吉田正徳*1, 山本和高*1, 石井靖*1, 脇厚生*2, 定藤規弘*2, 米倉義晴*2, 杉本勝也*3, 久保田紀彦*4
*1福井医大・放, *2高エネ, *3放部, *4脳外
核医学, 33(5) : 1996, 558-558.
Summary

3. 15O標識Gasを用いた運動負荷PETにて興味ある脳血流所見を呈した大動脈炎症候群の一例
飯田 昭彦*1, 石川浩太*2, 遠山淳子*2, 伴野辰雄*2, 水谷弘和*2, 大場覚*2, 間瀬光人*3, 松本隆*3, 山田和雄*3
*1名古屋市リハセン・放, *2名古屋市大・放, *3脳外
核医学, 33(5) : 1996, 559-559.
Summary

4. ラット脳虚血モデルにおけるベンゾジアゼピン受容体 (125I – iomazenil) と脳血流の経時的変化の検討 – infarct coreとischemic penumbra, diaschisisの鑑別について –
外山宏*1, 竹内昭*1, 古賀佑彦*1, 村松要*2, 中島弘道*2, 竹田寛*2, 中川毅*2
*1藤田保衛大・放, *2三重大・放
核医学, 33(5) : 1996, 559-559.
Summary

5. 部分てんかん患者における123I – Iomazenilの有用性について (第2報)
隅屋寿*1, 市川聡裕*1, 辻志郎*1, 絹谷啓子*1, 利波紀久*1, 中村光彦*2, 地引逸亀*2, 越野好文*2
*1金沢大・核, *2精神
核医学, 33(5) : 1996, 559-559.
Summary

6. てんかん症例における123I – Iomazenilによるベンゾジアゼピン受容体画像
松村要*1, 中島弘道*1, 竹田寛*1, 中川毅*1, 成田有吾*2, 葛原茂樹*2
*1三重大・放, *2神内
核医学, 33(5) : 1996, 559-559.
Summary

7. 123I – Iomazenil SPECTを施行した脳血管障害の1例
秋吉司*1, 土田龍郎*1, 山本和高*1, 石井靖*1, 定藤規弘*2, 脇厚生*2, 米倉義晴*2
*1福井医大・放, *2高エネ
核医学, 33(5) : 1996, 560-560.
Summary

8. ベンゾジアゼピン受容体 (123I – iomazenil) SPECTによる神経細胞障害の評価 – 急性期脳出血と慢性期交通外傷における検討 –
外山宏*1, 竹下元*1, 柴田香織*1, 藤原寿照*1, 前田寿登*1, 木村彰宏*1, 今枝功*1, 鈴木一男*1, 江尻和隆*1, 仙田宏平*1, 竹内昭*1, 古賀佑彦*1, 横山哲也*2, 亀井義文*2, 神野哲夫*2, 野村昌代*3
*1藤田保衛大・放, *2脳外, *3神内
核医学, 33(5) : 1996, 560-560.
Summary

9. 123I – IMPを用いたCOI補正FU法とMicrosphere法による局所脳血流の相関について
遠山淳子, 小田京太, 祖父江亮嗣, 高瀬薫, 中山淳, 加藤徹, 伴野辰雄, 大場覚
名古屋市大・放
核医学, 33(5) : 1996, 560-560.
Summary

10. 定速静注法を用いた99mTc – ECDによる局所脳血流定量化とその簡便法について
土田龍郎*1, 山本和高*1, 杉本勝也*1, 楊景涛*1, 石井靖*1, 定藤規弘*2, 脇厚生*2, 米倉義晴*2
*1福井医大・放, *2高エネ
核医学, 33(5) : 1996, 560-560.
Summary

11. 定位脳手術における脳血流変化のSPECTによる検討
望月隆男*1, 阿隅政彦*1, 高橋元一郎*1, 金子昌生*1, 杉山憲嗣*2, 今村陽子*2, 龍浩志*2, 植村研一*2, 横山徹夫*3
*1浜松医大・放, *2脳外, *3手術部
核医学, 33(5) : 1996, 561-561.
Summary

12. 慢性硬膜下血腫の検出における99mTc – DTPA脳SPECTの有用性
高山輝彦*1, 絹谷啓子*1, 辻志郎*1, 道岸隆敏*1, 利波紀久*1, 木下昭*2, 木村誠*2
*1金沢大・核, *2小松市民病院・脳外
核医学, 33(5) : 1996, 561-561.
Summary

13. 頭蓋内悪性黒色腫の1例 – 123I – IMP, 201Tl scintigram像を中心に –
大河内幸子*1, 石川浩太*1, 北瀬正則*1, 佐々木繁*1, 遠山淳子*1, 大場覚*1, 福島庸行*2, 高木卓爾*2, 大竹正一郎*3, 今葷倍庸行*3
*1名古屋市大・放, *2名古屋市立東市民病院・脳外, *3放
核医学, 33(5) : 1996, 561-561.
Summary

14. 原発性肺癌の201Tl – SPECT : 気管支動脈造影との比較
大口学, 玉村裕保, 西川高広, 東光太郎, 谷口充, 興村哲郎, 山本達
金沢医大・放
核医学, 33(5) : 1996, 561-561.
Summary

15. 原発性肺癌の18FDG – PET : 201Tl – SPECTとの比較
西川高広*1, 東光太郎*1, 山本達*1, 関宏恭*2
*1金沢医大・放, *2金沢循環器病院・放
核医学, 33(5) : 1996, 562-562.
Summary

16. 原発性肺癌の18FDG – PET : 手術例における検討
東光太郎*1, 西川高広*1, 大口学*1, 玉村裕保*1, 谷口充*1, 興村哲郎*1, 山本達*1, 関宏恭*2
*1金沢医大・放, *2金沢循環器病院・放
核医学, 33(5) : 1996, 562-562.
Summary

17. 99mTc – HSA – DTPAリンパ管シンチグラフィによる乳び胸と胸管損傷部位の局在診断
清水正司, 瀬戸光, 呉翼偉, 蔭山昌成, 富澤岳人, 豊嶋心一郎, 神前裕一, 永吉俊朗, 野村邦紀, 将積浩子, 渡辺直人, 柿下正雄
富山医薬大・放
核医学, 33(5) : 1996, 562-562.
Summary

18. 123I – MIBGによる冠攣縮性狭心症の評価
滝淳一, 中嶋憲一, 黄義孝, 利波紀久
金沢大・核
核医学, 33(5) : 1996, 562-562.
Summary

19. 安静時および運動負荷時の心筋脂肪酸代謝 : 123I – BMIPP経時的心筋SPECTによる検討
野村新之, 竹田寛, 松村要, 北野外紀雄, 中川毅
三重大・放
核医学, 33(5) : 1996, 563-563.
Summary

20. 111In – 白血球シンチにて集積を認めた術後膿瘍の2例
那須玲子*1, 板垣康*1, 井尻理恵子*2, 大出泰久*2, 横山日出太郎*2, 金丸仁*2
*1藤枝市立総合病院・放診治, *2外
核医学, 33(5) : 1996, 563-563.
Summary

21. 組織型別の, 悪性リンパ腫への67Ga – citrate集積に関する検討
大野和子*1, 鈴木賢一郎*1, 梶原顕彦*1, 具志堅益一*1, 堀浩*1, 村田勝人*1, 伊藤要子*1, 綾川良雄*1, 宮田伸樹*1, 川島定夫*2, 東直樹*2, 鎌田貴夫*2, 大圓修身*3
*1愛知医大・放, *2中放, *2二内
核医学, 33(5) : 1996, 563-563.
Summary

22. ヨード大量療法における小核試験を用いたリンパ球の放射線障害に関する検討
渡辺直人*1, 瀬戸光*1, 清水正司*1, 柿下正雄*1, 二谷立介*2, 横山邦彦*3, 絹谷清剛*3, 道岸隆敏*3, 利波紀久*3
*1富山医薬大・放, *2基放, *3金沢大・核
核医学, 33(5) : 1996, 563-563.
Summary

23. 食道シンチグラフィにおける定量解析法
中嶋憲一*1, 絹谷啓子*1, 山本和香子*1, 道岸隆敏*1, 利波紀久*1, 坂井秀彰*2, 竹原和彦*2
*1金沢大・核, *2皮膚
核医学, 33(5) : 1996, 564-564.
Summary

24. 経時的な99mTc – RBC減算シンチグラフィによる, 消化管出血の早期検出 : ファントムおよび動物実験
呉翼偉, 瀬戸光, 清水正司, 蔭山昌成, 永吉俊朗, 神前裕一, 野村邦紀, 将積浩子, 渡辺直人, 柿下正雄
富山医薬大・放
核医学, 33(5) : 1996, 564-564.
Summary

25. Budd – Chiari syndromeに対するPTA前後のアシアロシンチグラフィの変化
山門亨一郎, 松村要, 笹岡政宏, 秦良行, 田中直, 中塚豊真, 井伊憲子, 竹田寛, 中川毅
三重大・放
核医学, 33(5) : 1996, 564-564.
Summary