PAGE TOP

刊行物

刊行物

日本核医学会機関誌 日本核医学 31巻7号

第34回 日本核医学会総会 ご挨拶
古舘正從
会長
核医学, 31(7) : 1994, 3-3.
Summary

来るべき医学革新と物理学 – 生体振動研究者の – 視点 –
廣重力
北海道大学
核医学, 31(7) : 1994, 655-655.
Summary

Clinical Assessment of Bone Remodeling by Radiophosphate Imaging and Bone Densitometry
Leonard Rosenthall, M.D.
Professor of Radiology McGill University
The Japanese Journal of nuclear medicine, 31(7) : 1994, 656-656.
Summary

Imaging of Tumors Using PET
Richard L. Wahl, M.D.
Professor of Internal Medicine and Radiology Director : General Nuclear Imaging, University of Michigan Medical Center
The Japanese Journal of nuclear medicine, 31(7) : 1994, 657-658.
Summary

Brain Function Measured by SPECT : Cerebral Blood Flow and Neuroreceptor Quantitation
Niels A. Lassen
Professor of Neuroscience Department of Clinical Physiology / Nuclear Medicine, Bispebjerg Hospital
The Japanese Journal of nuclear medicine, 31(7) : 1994, 659-660.
Summary

新しい心筋製剤の臨床的役割 司会のことば
玉木長良, 大嶽達
京都大学医学部核医学科, 東京大学医学部放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 661-661.
Summary

1. 99mTc血流製剤による血流・機能診断
橋本順, 久保敦司, 高橋栄一*
慶應義塾大学医学部放射線科, *呼吸循環器内科
核医学, 31(7) : 1994, 662-662.
Summary

2. 99mTc心筋血流製剤による急性期・慢性期 intervention治療の評価
松尾仁司, 西田佳雄, 渡辺佐知郎
県立岐阜病院循環器科
核医学, 31(7) : 1994, 663-663.
Summary

3. 虚血性心疾患における123I-BMIPP心筋シンチグラフィの有用性 – とくに心筋salvage効果とT1/BMIPP集積解離について –
中田智明, 飯村攻
札幌医科大学医学部第二内科
核医学, 31(7) : 1994, 664-664.
Summary

4. 123I-BMIPPによる心筋症の評価
中嶋憲一, 滝淳一
金沢大学医学部核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 665-665.
Summary

5. 123I-MIBGによる虚血の評価
西村重敬, 加藤健一, 村田啓*
横浜労災病院循環器内科, *虎の門病院放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 666-666.
Summary

6. 123I-MIBGによる心不全の評価
寺田幸治, 杉原洋樹, 中川雅夫
京都府立医科大学第二内科
核医学, 31(7) : 1994, 667-667.
Summary

7. 新しい心筋イメージング製剤の臨床応用 – 局所異常の客観的判定および定量評価 –
石田良雄1), 広瀬義晃1), 西村恒彦2)
1)国立循環器病センター放射線診療部, 2)大阪大学医学部バイオメディカル教育センター
核医学, 31(7) : 1994, 668-668.
Summary

第34回 日本核医学会総会 司会のことば
利波紀久, 久保敦司
金沢大学医学部核医学科, 慶應義塾大学医学部放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 669-669.
Summary

1. 201T1を用いた診断
中駄邦博
北海道大学医学部核医学講座
核医学, 31(7) : 1994, 670-670.
Summary

2. 201T1による治療効果判定
瀬戸光
富山医科薬科大学医学部放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 671-671.
Summary

3. 標識モノクローナル抗体による診断
阪原晴海
京都大学医学部核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 672-672.
Summary

4. 標識モノクローナル抗体による治療
中村佳代子
慶應義塾大学医学部放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 673-673.
Summary

5. ポジトロン医薬品による診断
伊藤健吾
名古屋大学医学部放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 674-674.
Summary

6. 新しい放射性医薬品による診断
横山邦彦
金沢大学医学部核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 675-675.
Summary

1. 腎血管性高血圧と腎シンチグラフィ
伊藤和夫
北海道大学医学部核医学講座
核医学, 31(7) : 1994, 676-676.
Summary

2. 肝・胆道核医学診断
油野民雄
旭川医科大学放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 677-677.
Summary

3. がんの核医学
遠藤啓吾
群馬大学医学部核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 678-678.
Summary

4. 白血球シンチグラフイの臨床応用 : 炎症性疾患と骨髄疾患
宮崎知保子
市立札幌病院中央放射線部
核医学, 31(7) : 1994, 679-679.
Summary

5. 脳機能と核医学
米倉義晴
京都大学医学部脳病態生理学講座
核医学, 31(7) : 1994, 680-680.
Summary

6. 核医学検査による心筋の機能評価 – 心筋疾患を中心に –
廣江道昭
東京医科歯科大学医学部第二内科
核医学, 31(7) : 1994, 681-681.
Summary

7. 呼吸器核医学
井沢豊春
東北大学加齢医学研究所内科
核医学, 31(7) : 1994, 682-682.
Summary

8. 骨核医学の基礎と臨床
山本逸雄
滋賀医科大学放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 683-683.
Summary

9. 脳循環障害のPETとSPECT
上村和夫
秋田県立脳血管研究センター
核医学, 31(7) : 1994, 684-684.
Summary

1. 急性心筋梗塞患者のRisk areaとしての123I-BMIPPシンチグラフィの意義
中沢芳夫, 須山浩美, 垣尾匡史, 大上泰生, 後藤泰利, 井上勝美, 山本悦正, 中村展招, 永松力, 益井謙*, 磯田康範*
松江赤十字病院循環器科, *放射線科部
核医学, 31(7) : 1994, 687-687.
Summary

2. 再灌流療法を施行した急性心筋梗塞における201T1C1心筋シンチと123I-BHIPP心筋シンチの対比
山科章, 笠井督雄
聖路加国際病院内科
核医学, 31(7) : 1994, 687-687.
Summary

3. 123I-BHIPP/201T1 dual SPECTによる急性心筋梗塞再灌流療法の評価
北原公一, 長田和裕, 北岡正雄, 斉藤克己, 大滝英二, 鈴木紳
榊原記念病院循環器内科
核医学, 31(7) : 1994, 687-687.
Summary

4. 心筋梗塞急性期における心筋viabilityの評価 – 123I-BMIPP, 201T1を用いた検討 –
伊東達夫, 田内潤, 田中健二郎, 青山司, 宮脇三和, 加藤順司, 森岡敏一, 西野雅巳, 棚橋秀生, 山田義夫
大阪労災病院循環器内科
核医学, 31(7) : 1994, 687-687.
Summary

5. 急性心筋梗塞再疎通療法施行例におけるI-123 BMIPPの局所心筋washout亢進所見
高橋延和1), 石田良雄1), 前野正和1), 広瀬義晃1), 林田孝平1), 浜田星紀1), 野々木宏1), 西村恒彦2)
1)国循セン, 2)阪大トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 687-687.
Summary

6. PTCAを施行した急性心筋梗塞患者の運動T1-201およびBMIPP心筋SPECT像の比較
磯部智, 岡田充弘, 高田康信, 棚橋淑文
名古屋掖済会病院内科
核医学, 31(7) : 1994, 687-687.
Summary

7. 心電図変化が僅かな急性心筋梗塞における123I-BMIPPの有用性について
渡辺潔, 伊藤敬
東京逓信病院循環器科
核医学, 31(7) : 1994, 688-688.
Summary

8. 心筋梗塞患者における123I-BMIPP心筋イメージング – Circumferential Profile (CP) Analysisによる201T1C1との比較
大角幸男, 長野俊彦, 渡辺正, 藤澤攻
羽島市民病院内科
核医学, 31(7) : 1994, 688-688.
Summary

9. AMI発症1ヵ月以内のBMIPP心筋シンチの経時的変化について – 定性的並びに定量的評価について –
吉田裕, 坂田和之, 望月守, 神山司, 吉村正己, 星野恒雄, 鏑木恒男
静岡県立総合病院循環器科核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 688-688.
Summary

10. 急性心筋梗塞における123I-BMIPP (BM), 201T1 (T1) 心筋SPECTの検討 – 心エコー図と合わせて –
小野邦春1), 川本洋子1), 石川連三1), 井上健彦1), 秋元奈保子1), 塚原玲子1), 上嶋権兵衛1), 山崎純一2), 森下健2)
1)東邦大学第2内科, 2)第1内科
核医学, 31(7) : 1994, 688-688.
Summary

11. BMIPP, T1心筋シンチの有用性~心筋梗塞の急性期および慢性期における検討
徳田衛1, 皿井正義1, 木下雅盟1, 石川恵美子4, 西村哲浩2, 立木秀一3, 近藤武3, 黒川洋1, 古田敏也1, 渡辺佳彦1, 菱田仁1, 古賀佑彦4
1藤田保健衛生大学 医内, 2病院放, 3衛放技, 4医放
核医学, 31(7) : 1994, 688-688.
Summary

12. 急性心筋梗塞における安静時BMIPP心筋シンチの有用性
笠井龍太郎1), 永井義一1), 小林裕1), 田村憲1), 加藤富嗣1), 大久保涼子1), 豊田徹1), 吉崎彰1), 内山隆1), 山崎章2)
1)八王子医療センター循環器, 2)核医学
核医学, 31(7) : 1994, 688-688.
Summary

13. 冠攣縮性狭心症に伴なう心筋障害のI-123BMIPPによる検出
中嶋憲一1), 滝淳一1), 利波紀久1), 久田欣一1), 清水邦芳2), 秀毛範至3)
1)金沢大核医学, 2)加賀中央病院内科, 3)旭川医大放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 689-689.
Summary

14. 冠攣縮性狭心症における心筋脂肪酸代苗障害の検討 – 123I-BHIPP心筋シンチグラフィーを用いて –
伊藤一貴1, 杉原洋樹2, 寺田幸治1, 谷口洋子1, 大槻克一1, 馬本郁男1, 松本雄賀1, 中川達哉1, 前田知穂2, 中川雅夫1
1京府医大2内, 2放
核医学, 31(7) : 1994, 689-689.
Summary

15. 側副血行路を有する労作狭心症における運動負荷BMIPP心筋シンチとT1-SPECTの対比検討
梅澤滋男1), 岡本美弘1), 秋山淳一1), 青沼和隆1), 稲田美保恵1), 是永正義1), 廣江道昭2), 丸茂文昭2)
1)横須賀共済病院内科, 2)東京医科歯科大学第二内科
核医学, 31(7) : 1994, 689-689.
Summary

16. 安静BMIPP心筋シンチグラフィーによる不安定狭心症に対する虚血部位の同定
岡俊明1), 浅野竜太1), 住吉徹哉1), 小林秀樹2), 松本延介2), 日下部きよ子2)
1)東京女子医大心研, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 689-689.
Summary

17. 不安定狭心症こおける123I-BMIPP心筋イメージング (201T1心筋シンチ, 局所壁運動との対比)
結城昌慶, 堤欽也
富永記念病院
核医学, 31(7) : 1994, 689-689.
Summary

18. 側副血行路を有する前壁中隔梗塞症例におけるI-123BMIPP, 201TL-心筋シンチによる検討
開発直明1), 井上一也1), 花岡淳一1), 北崎和久1), 宇治茂2), 前田和美3)
1)国立明石 循, 2)放, 3)神戸大学
核医学, 31(7) : 1994, 689-689.
Summary

19. 急性心筋梗塞後stunningとI-123 BMIPP, T1-201心筋シンチの推移との関係
近藤真言1), 中野顕1), 徳永智1), 霜野幸雄1), 秋山清純2), 森佳久2), 野末恭弘2)
1)市立島田市民病院循環器科, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 690-690.
Summary

20. Hibernating myocardiumの心機能改善と心筋脂肪酸代謝の関連性
外山卓二, 星崎洋, 岡本栄一, 神山宏, 内藤滋人, 野上昭彦, 大島茂, 谷口興一
群馬県立循環器病センター
核医学, 31(7) : 1994, 690-690.
Summary

21. Hibernating myocardiumの回復過程における脂肪酸代謝の変化 : 壁運動との対比検討
小野晋司, 本原征一郎, 上畠拓, 玉井秀男, 上田欽造, 許永勝, 田中省三, 岡田正治, 芹生陽一
滋賀県立成人病センター循環器科
核医学, 31(7) : 1994, 690-690.
Summary

22. Hibernating myocardium (HM) における心筋脂肪酸代謝の検討
下永田剛1), 南都伸介1), 大原知樹1), 井上佳代子1), 鷹野譲1), 西村佳子1), 久堀周治郎1), 西村恒彦2)

1)関西労災病院内科, 2)大阪大学医学部トレーサー情報解析
核医学, 31(7) : 1994, 690-690.
Summary

23. Hybernating myocardiumでの心機能とI-123BMIPP, T1-201心筋シンチの推移との関係
近藤真言1), 中野顕1), 徳永智1), 霜野幸雄1), 秋山清純2), 森佳久2), 野末恭弘2)
1)市立島田市民病院循環器科, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 690-690.
Summary

24. 運動負荷後局所壁運動異常の改善様式の検討 – 脂肪酸代謝の見地から –
石黒聡, 山崎純一, 細井宏益, 飯田美保子, 方眞美, 武藤浩, 蒲野俊雄, 森下健
東邦大一内
核医学, 31(7) : 1994, 690-690.
Summary

25. T1-201シンチグラフィーによる骨軟部悪性腫瘍の評価 : MRIとの比較
多上智康, 山門亨一郎, 松村要, 竹田寛, 中川毅
三重大放
核医学, 31(7) : 1994, 691-691.
Summary

26. 悪性骨・軟部腫瘍のT1-201シンチグラフィによる術前化学療法の治療効果判定および早期予測
宮内勉, 利波紀久, 横山邦彦, 滝淳一, 隅屋寿, 絹谷清剛, 小西章太, 道岸隆敏, 久田欣一
金沢大 核
核医学, 31(7) : 1994, 691-691.
Summary

27. Tc-99m (V) DMSAとGa-67を用いたシンチグラフィとMRIを用いた四肢の神経鞘腫の画像診断
小林久隆1), 阪原晴海1), 細野真1), 細野真理子1), 姚正生1), 小西淳二1), 琴浦良彦2), 山室隆夫2), 遠藤啓吾3)
1)京大核医学科, 2)整形外科, 3)群馬大核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 691-691.
Summary

28. Tc-99m (V) DMSAとGa-67を用いたシンチグラフィとMRIを用いたExtraabdominaldesmoidの画像診断
小林久隆1), 阪原晴海1), 細野真1), 細野真理子1), 姚正生1), 小西淳二1), 琴浦良彦2), 山室隆夫2), 遠藤啓吾3)
1)京大核医学科, 2)整形外科, 3)群馬大核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 691-691.
Summary

29. Tc-99m (V) DMSAとGa-67を用いたシンチグラフィとMRIを用いた軟部組織炎症性腫瘤の画像診断
小林久隆1), 阪原晴海1), 細野真1), 細野真理子1), 姚正生1), 小西淳二1), 琴浦良彦2), 山室隆夫2), 遠藤啓吾3)
1)京大核医学科, 2)整形外科, 3)群馬大核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 691-691.
Summary

30. 筋肉内粘液腫の血液プール像
松本誠一1), 川口智義1), 小山田日吉丸2), 野村悦司2), 山田康彦2)
1)癌研病院整形外科, 2)癌研病院アイソトープ
核医学, 31(7) : 1994, 691-691.
Summary

31. Tc-99m MIBIによる胸部良性疾患よび悪性腫瘍に伴う2次性変化の集積動態の検討
西垣内一哉1), 菅一能1), 久米典彦1), 内迫博路1), 松本常男1), 宇津見博基2), 山田典将2)
1)山口大放, 2)山口大放部
核医学, 31(7) : 1994, 692-692.
Summary

32. 肺癌におけるT1-201SPECTの臨床的検討
今井照彦, 佐々木義明, 吉村均, 大石元, 尾辻秀章), 前田宗宏, 打田日出夫1), 三笠桂一, 長澄人, 濱田薫, 成田亘啓2), 根津邦基, 東条尚3)
1)奈良医大腫放・放, 2)二内, 3)三外
核医学, 31(7) : 1994, 692-692.
Summary

33. 肺縦隔腫瘍における3検出器型SPECT装置による 99mTc-MIBI SPECTの臨床的検討
小森剛, 松井律夫, 難波隆一郎, 中田和伸, 辰吉光, 田渕耕次郎, 足立至, 清水雅史, 末吉公三, 楢林勇
大阪医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 692-692.
Summary

34. 99mTc-MIBIの肺腫瘍の描出能 – 201T1との比較検討
川崎幸子1), 松野慎介1), 福永浩太郎1), 西山佳宏1), 佐藤功1), 田邉正忠1), 前田昌純2)
1)香川医大放, 2)2外科
核医学, 31(7) : 1994, 692-692.
Summary

35. 肺癌の99mTc-MIBI SPECTによる評価
大口学1), 東光太郎1), 西川高広1), 玉村裕保1), 興村哲郎1), 山本達1), 松成一朗2), 一柳健次2)
1)金沢医大 放, 2)福井県立病院 放
核医学, 31(7) : 1994, 692-692.
Summary

36. 99mTc-MIBIの肺腫瘍への集積の検討
岩宮孝司, 谷川昇, 周藤裕治, 遠藤健一, 西尾剛, 太田吉雄
鳥取大 放
核医学, 31(7) : 1994, 692-692.
Summary

37. T1-201 SPECTによる放射線治療肺癌の残存度評価 ; X線CTおよび生存期間との比較
清水正司, 瀬戸光, 蔭山昌成, 呉翼偉, 永吉俊朗, 森尻実, 渡辺直人, 柿下正雄
富山医薬大 放
核医学, 31(7) : 1994, 693-693.
Summary

38. 123I-MIBG SPECT像からみた持続性心室頻拍発症における交感神経活動の関与 – 心室遅延電位 (LP) の空間分布との関連 –
宮川朋久1), 中居賢司1), 荻生直徳1), 盛合直樹1), 千葉直樹1), 上嶋健治1), 平盛勝彦1), 高橋恒男2), 柳沢融2)
1)岩手医科大学第二内科, 2)岩手医科大学放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 694-694.
Summary

39. 先天性QT延長症候群のl-123MIBG心筋シンチグラフィ所見
石田良雄1), 前野正和1), 高橋延和1), 片渕哲朗1), 濱田星紀1), 多田浩2), 大江透2)
1)国循セン・放射線診療部, 2)心内
核医学, 31(7) : 1994, 694-694.
Summary

40. 虚血性心疾患における心筋血流・交感神経障害ミスマッチよりみた心室性不整脈の検討
井上一也1), 開発直明1), 北崎和久1), 宇治茂2), 前田和美3)
1)国立明石 循, 2)放, 3)神大 医技
核医学, 31(7) : 1994, 694-694.
Summary

41. 123I-MIBG心筋シンチグラフィによる心室性不整脈患者の心臓交感神経異常の評価 : Late potential (LP) の有無による検討
陳若富
国立大阪病院循環器科
核医学, 31(7) : 1994, 694-694.
Summary

42. 陳旧性心筋梗塞症のI-123MIBG心筋像の検討
米山聡嗣1), 宮永一1), 神谷匡昭1), 川崎信吾1), 高橋徹1), 國重宏1), 高木研二2), 森下博之2), 中野秦彦2)
1)松下記念 三内, 2)放射線
核医学, 31(7) : 1994, 694-694.
Summary

43. 慢性腎不全患者のI-123 MIBG心筋像の検討
宮永一, 米山聴嗣, 神谷匡昭, 川崎信吾, 高橋徹, 國重宏1), 高木研二, 森下博之, 中野泰彦2)
1)松下記念 三内, 2)放射線
核医学, 31(7) : 1994, 694-694.
Summary

44. 健常男性におけるI-123MIBG心筋シンチの検討 – 姿勢管理により心筋集積, 洗い出し率は変化するか –
矢野隆, 山辺裕, 岩橋正典, 金秀植, 藤田英樹, 前田和美, 横山光宏
神戸大学第一内科
核医学, 31(7) : 1994, 695-695.
Summary

45. 運動負荷123I-MIBG心筋シンチグラフィの意義 – 健常者における検討 –
長根忠人1), 井門明1), 柏木雄介1), 早川拓治1), 中村泰浩1), 山下裕久1), 菊池健次郎1), 佐藤順一2), 石川幸雄2), 高塩哲也3), 斉藤泰博3), 秀毛範至3), 油野民雄3)
1)旭川医大・一内, 2)病院放部, 3)放
核医学, 31(7) : 1994, 695-695.
Summary

46. 運動負荷による交感神経活性の賦活は123I-MIBGのclearanceに影響するか ?
杉原洋樹, 志賀浩治*, 寺田幸治*, 伊藤一貴*, 谷口洋子*, 松本雄賀*, 大槻克一*, 中川達哉*, 中川雅夫*, 前田知穂
京府医大 放, *二内
核医学, 31(7) : 1994, 695-695.
Summary

47. MIBG後期心筋像の成立因子に関する検討 – 前・後期洗い出し比との関連 –
木下信一郎1), 鈴木成雄1), 進藤晃1), 西村克之2), 大日方研2), 宮前達也2)
1)埼玉医大・二内, 2)放
核医学, 31(7) : 1994, 695-695.
Summary

48. 2次元座標を用いた123I-MIBG初期心筋摂取率, 心筋クリアランス表示による心疾患の診断, 病態の解析
小林秀樹*, 百瀬満*, 松本延介*, 仁木清美**, 斉藤克己**, 日下部きよ子*, 細田瑳一**
*東女医大放, **循内
核医学, 31(7) : 1994, 695-695.
Summary

49. 各種心疾患における123I-MIBG投与早期30分のdynamic studyの有用性
小泉潔1), アリ・S・アルバプ1), 平池佐知子1), 内山暁1), 新井誉夫1), 高野一2)
1)山梨医大 放, 2)2内
核医学, 31(7) : 1994, 695-695.
Summary

50. 123I-MIBG心筋シンチグラフィによる糖尿病性心障害の評価
清水光春1), 木本光則1), 佐藤修平1), 赤木史郎1), 新屋晴孝1), 竹田芳弘1), 平木祥夫1), 永谷伊佐雄2), 岡田奏二3)
1)岡山大・放, 2)中放, 3)三内
核医学, 31(7) : 1994, 696-696.
Summary

51. 糖尿病性自律神経障害におけるMIBG心筋シンチグラフィ指標と心拍変動指標との関連
谷明博, 石蔵文信, 藤田俊樹, 畑中行雄, 朴永大, 星充
大阪厚生年金病院内科
核医学, 31(7) : 1994, 696-696.
Summary

52. 糖尿病患者における1213I-MIBGの評価
竹岡宏1), 三宅秀敏1), 小松栄二1), 畑博之1), 森宣1), 伊東康子2)
1)大分医大放科, 2)大分医大I内
核医学, 31(7) : 1994, 696-696.
Summary

53. 糖尿病症例における123I-MIBGシンチの検討
国又肇1, 丸野広大1, 島崎美絵子2, 小宮山伸之2, 滝沢義和1, 小野口昌久1, 村田啓1
1虎の門病院放, 2循内
核医学, 31(7) : 1994, 696-696.
Summary

54. 糖尿病性神経障害の診断における123I-MIBG心筋シンチの有用性
斎藤三代子1), 遅野井健1), 黒田裕久1), 福本義裕1), 鈴木光昭2)
1)水戸協同病院 内科, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 696-696.
Summary

55. I-123MIBG心筋シンチグラフィーによるNIDDMの心臓交感神経機能障害の検討
坂本賢哉1), 内海恭子1), 下永田剛1), 南都伸介1), 竈門敬二1), 久堀周治郎1), 福地稔2), 西村恒彦3)
1)関西労災病院内科, 2)兵庫医科大学核医学, 3)大阪大学医学部トレーサー情報解析
核医学, 31(7) : 1994, 696-696.
Summary

56. 慢性心不全に対するβ1受容体刺激剤慢性投与の影響 ; I-123MIBG, T1-201 dual SPECTによる検討
熊野正士1), 宮川正男1), 関谷達人1), 渡辺浩毅1), 西村一孝1), 棚田修二2), 浜本研2)
1)国療愛媛, 放内, 2)愛媛大, 放
核医学, 31(7) : 1994, 697-697.
Summary

57. 心不全患者の予後推定におけるMIBG心筋シンチグラフィの臨床的意義
志賀浩治1), 寺嶋知史1), 栗山卓弥1), 岡田隆1), 井上直人1), 河野義雄1), 遠藤直人1), 井上孝2), 杉原洋樹3)
1)京都第一赤十字病院 循環器科, 2)放射線科, 3)京都府立医科大学 放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 697-697.
Summary

58. MIBGおよびRI心プールイメージングの併用によるアドリアマイシン心筋障害の検討
菊池隆徳, 玉木長良, 土持進作, 多田村栄二, 藤田透, 白川誠士, 米倉義晴, 小西淳二
京大 核
核医学, 31(7) : 1994, 697-697.
Summary

59. 123I-MIBG心筋シンチグラフィーと心筋病理組織学的所見の比較検討
鈴木ひとみ, 水尾秀代
勤医協札幌西区病院 内科, 勤医協中央病院 放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 697-697.
Summary

60. 123I-MIBG心筋シンチによる糖尿病性末期腎不全, 非糖尿病性末期腎不全における心臓交感神経機能の検討
大熊俊男, 石黒源之, 後藤尚己, 橋本和明, 井上清明, 皆川太郎, 高田信幸, 平野高弘, 森甫, 松尾仁司*, 大橋宏重*, 渡辺佐知郎*
平野総合病院内科, *県立岐阜病院循環器科・腎臓科
核医学, 31(7) : 1994, 697-697.
Summary

61. 糖尿病に於ける腎機能とMIBG心筋シンチグラム (MIBG) の関係における考察
田中千博1), 飯泉智弘1), 渡辺史夫1), 関秀之1), 岩田照夫1), 広江道昭2)
1)取手協同病院, 2)東京医科歯科大学第二内科
核医学, 31(7) : 1994, 697-697.
Summary

62. 2コンパートモデル解析を用いた99mTc-GSA肝機能評価法の開発 (II) – 測定法および他法との比較検討 –
加納恭子1), 山崎克人1), 松井美詠子1), 山路滋1), 井上善夫1), 河野通雄1), 野口敦司2), 長谷川義尚2), 来田謙治3)
1)神戸大学, 2)大阪成人病センター, 3)日本メジフィジックス
核医学, 31(7) : 1994, 698-698.
Summary

63. 2コンパートメントモデル解析を用いた99mTc-GSA肝機能評価法の開発 (III) – 肝疾患例における検討 –
長谷川義尚1), 野口敦司1), 山崎克人2), 加納恭子2), 山路滋2), 松井美詠子2), 河野通雄2), 来田謙治3)
1)大阪成人病センター RI, 2)神戸大学 放, 3)日本メジフィジックス
核医学, 31(7) : 1994, 698-698.
Summary

64. 99mTc-GSAの線形および非線形コンパートメントモデル解析
篠原広行1), 長谷部伸1), 新尾泰男1), 松岡伸1), 滝沢謙治1), 永島淳一1), 國安芳夫1), 山下文明2)
1)昭和大学藤が丘病院 放, 2)アロカ ME
核医学, 31(7) : 1994, 698-698.
Summary

65. 全身スキャンによる肝細胞結合99mTc-GSA指標とLHL15の関係
篠原広行, 長谷部伸, 新尾泰男, 松岡伸, 滝沢謙治, 國安芳夫
昭和大学藤が丘病院 放
核医学, 31(7) : 1994, 698-698.
Summary

66. 2コンパートモデル解析を用いた99mTc-GSA肝機能評価法の開発 (I) – 理論と測定法 –
山崎克人1), 加納恭子1), 松井美詠子1), 山路滋1), 井上善夫1), 河野通雄1), 野口敦司2), 長谷川義尚2), 来田謙治3)
1)神戸大学, 2)大阪成人病センター, 3)日本メジフィジックス
核医学, 31(7) : 1994, 698-698.
Summary

67. 99mTc-GSA初期肝クリアランスとコンパートメントモデルパラメータとの対応 (simulationによる検討)
秀毛範至1), 高塩哲也1), 斉藤泰博1), 吉田弘1), 山田有則1), 吉川大平1), 早坂和正1), 竹井秀敏1), 油野民雄1), 佐藤順一2), 石川幸雄2)
1)旭川医大 放, 2)放部
核医学, 31(7) : 1994, 698-698.
Summary

68. 99mTc-GSAおよび99mTc-Sn colloidのPatlak plotを用いた定靖解析の対比検討
松岡伸1), 長谷部伸1), 篠原広行1), 浜名哲郎1), 新尾泰男1), 國安芳夫1), 金潤吉2), 永島淳一3)
1)昭和大藤が丘 放, 2)外科, 3)多摩老人医療センター 核放
核医学, 31(7) : 1994, 699-699.
Summary

69. 99mTc-GSA肝シンチグラフィーにおける関心領域設定法の検討
熊倉嘉貴, 井上優介, 渡辺俊明, 西川潤一, 佐々木康人
東大 放
核医学, 31(7) : 1994, 699-699.
Summary

70. Dynamic SPECTを用いたTc-99m GSAによる局所肝機能の評価
山本和高, 高橋範雄, 土田龍郎, 坂井豊彦, 木本達哉, 杉本勝也, 林信成, 石井靖
福井医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 699-699.
Summary

71. 99mTc-GSASPECTの局所肝機能評価に関する臨床的検討
松永敬二1), 西巻博1), 磯部義憲1), 石井勝己1), 遠藤高1), 松林隆1), 原信康2), 神宮司公二3), 菊地敬3), 依田一重3)
1)北里大・放, 2)北里大東病院・放, 3)北里大病院 放
核医学, 31(7) : 1994, 699-699.
Summary

72. 99mTc-GSAの機能容積を用いた肝機能の評価
呉勁, 田中優美子, 石川演美, 武田徹, 佐藤始広, 板井悠二, 轟健, 畠山六郎
筑波大学
核医学, 31(7) : 1994, 699-699.
Summary

73. 99mTc-GSAによる胆道癌例の肝機能評価
石川演美, 呉勁, 武田徹, 佐藤始広, 轟健, 畠山六郎*
筑波大学臨床医学系, *放射線部
核医学, 31(7) : 1994, 699-699.
Summary

74. 201T1心筋SPECT再静注法による心筋梗塞領域の心筋viabilityの診断能の検討 – 360度収集と180度収集の比較 –
蒲野俊雄1), 山崎純一1), 宗像健彦1), 武藤浩1), 石黒聡1), 細井宏益1), 飯田美保子1), 森下健1), 中野元2), 矢部喜正2)
1)東邦大 1内, 2)循環器診断センター
核医学, 31(7) : 1994, 700-700.
Summary

75. MRIによる肝臓と心臓の位置関係. 180度と360度収集SPECT像のattenuationの差異との関連について
山住令子1), 小林秀樹2), 松本延介2), 日下部きよ子2), 細田瑳一2)
1)国立横浜病院循内, 2)東京女子医科大学
核医学, 31(7) : 1994, 700-700.
Summary

76. 三検出器型カメラによる240度収集法の検討
永井辰江, 片渕哲朗, 石田良雄, 岡尚嗣, 佐合正義, 中鶴茂浩, 林真
国立循環器病センター放診部
核医学, 31(7) : 1994, 700-700.
Summary

77. 新しい心筋製剤のためのSPECT像の部分容積効果補正に関する検討
西村圭弘, 佐合正義, 片渕哲朗, 岡尚嗣, 林真, 石田良雄
国循セン・放射線診療部
核医学, 31(7) : 1994, 700-700.
Summary

78. MIBI心筋シンチの人為的欠損の原因に関して
今井嘉門1), 堀内孝一2), 弓倉整2), 荒木康史2), 斎藤頴2), 小沢友紀雄2), 上松瀬勝男2)
1)埼玉県立小原循環器病センター, 2)日大二内
核医学, 31(7) : 1994, 700-700.
Summary

79. 運動負荷直後心筋SPECTにおけるUpward creep現象に対するMOTION CORRECTIONに関する検討
浜田一男, 立花敬三, 尾上公一, 前田善裕, 成田裕亮, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 31(7) : 1994, 700-700.
Summary

80. 2核種同時収集SPECTにおけるTEW法の有用性の評価 -201T1と123I-BMIPPについての検討 –
土田龍郎1), 高橋範雄1), 杉本勝也1), 楊景濤1), 山本和高1), 石井靖1), 坪川明義2), 清水寛正2), 李鍾大2), 本村信篤3), 市原隆3)
1)福井医大 放, 2)1内, 3)東芝那須
核医学, 31(7) : 1994, 701-701.
Summary

81. 二核種同時収集SPECT法の検討
野上修二1), 荻原眞理1), 間島寧興1), 丹野宗彦1), 千葉一夫1), 大石幸彦2)
1)都老医セ 核放, 2)慈医大泌
核医学, 31(7) : 1994, 701-701.
Summary

82. 虚血性心疾患症例における散乱線補正・クロストーク補正結合法の有用性
高橋総1, 坂本芳行1, 芦矢浩章2, 笠井龍太郎3, 江川公伸1, 熊沢良彦4, 伴隆一4, 松山恒和4
1戸田中央総合病院放射線科, 2環器内科, 3東京医大八王子, 4島津製作所
核医学, 31(7) : 1994, 701-701.
Summary

83. SPECTの散乱線補正法と吸収補正法の検討
春日敏夫1), 曽根脩輔1), 小口和浩1), 伊藤敦子1), 横田憲一2), 矢野今朝人2), 熊澤良彦3), 伴隆一3), 田島廣己4)
1)信大放, 2)信大中放, 3)島津医技, 4)島津SD
核医学, 31(7) : 1994, 701-701.
Summary

84. 2核種心筋SPECTにおける散乱線補正・クロストーク補正結合法の検討とその臨床的有用性
仁井田秀治1), 石山忍1), 藤本良太1), 早川克己1), 窪田靖志2), 上床博久2), 北村和人2), 熊沢良彦3), 高橋宗尊3), 松山恒和3)
1)京都市立病院 放, 2)循内, 3)島津製作所 技術部
核医学, 31(7) : 1994, 701-701.
Summary

85. 人体内における光子の減弱・散乱のシミュレーション
尾川浩一1), 前田繁1), 本村信篤2)
1)法政大 工, 2)東芝那須
核医学, 31(7) : 1994, 701-701.
Summary

86. 単検出器型装置での収集マトリックスサイズの違いによる201T1心筋SPECTの画像評価 – 128 2収集と64 2収集の比較 –
出村智朗1), 松井玉樹1), 杉山仁作1), 棚田侯一1), 滝鈴佳2)
1)市立砺波総合病院放射線技術部, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 702-702.
Summary

87. AVSブログラムを用いた心筋三次元表示の臨床への応用
山崎純一1), 飯田美保子1), 細井宏益1), 山科久代1), 森下健1), 高野政明2), 高橋秀樹2), 小堺加智夫2), 高橋宗尊3), 杉田純一4)
1)東邦大1内, 2)RI, 3)島津製作所, 4)クボタ
核医学, 31(7) : 1994, 702-702.
Summary

88. Application visualization Systemを用いた心筋三次元表示の検討
山科久代1), 山崎純一1), 細井宏益1), 森下健1), 高野政明2), 小堺加智夫2), 杉田純一3), 高橋宗尊4)
1)東邦大一内, 2)RI, 3)クボタ, 4)島津
核医学, 31(7) : 1994, 702-702.
Summary

89. Two-Part Three-Dimensional Hybrid Sampling法によるPolar Map表示に関する検討
浜田一男, 立花敬三, 尾上公一, 前田善裕, 成田裕亮, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 31(7) : 1994, 702-702.
Summary

90. フラクタル次元による心筋機能画像のテキスチャー解析
馬場茂幸, 外山比南子, 木村裕一*, 上村幸司, 千田道雄
都老人研PET, *日大生産工
核医学, 31(7) : 1994, 702-702.
Summary

91. 20segment法によるT1-201心筋SPECTの視覚的半定量的判定法に関する基礎的検討
安部美輝1), 岩坂壽二1), 神畠宏1), 中森久人1), 竹花一哉1), 唐川正洋1), 杉浦哲朗1), 稲田満夫1), 杉林慶一2), 菅豊2)
1)関西医科大学 心臓血管病センター内科, 2)放科
核医学, 31(7) : 1994, 702-702.
Summary

92. cu-62PTSM PETによる心筋血流評価
多田村栄二1), 玉木長良1), 岡沢秀彦1), 藤林靖久1), 菊地隆徳1), 鳥塚達郎1), 工藤崇1), 服部直也1), 米倉義晴1), 小西淳二1), 野原隆司2), 篠山重威2)
1)京大核医学, 2)京大第三内科
核医学, 31(7) : 1994, 703-703.
Summary

93. 虚血性心疾患における心筋N-13アンモニア集積と血行再建術後の壁運動改善の関係
氷見寿治1), 伏島堅二1), 相生真吾1), 山内雅人1), 庭山博行1), 増田善昭1), 吉田勝哉2), 舘野之男2)
1)千葉大三内, 2)放医研
核医学, 31(7) : 1994, 703-703.
Summary

94. ジピリダモール負荷N-13NH3 PETによるviable心筋の検出 – F-18FDGとの比較
大嶽達1), 熊倉嘉貴1), 井上優介1), 渡辺俊明1), 西川潤一1), 佐々木康人1), 横山郁夫2), 芹沢剛2)
1)東大放, 2)東大二内
核医学, 31(7) : 1994, 703-703.
Summary

95. 長期抗癌剤併用例におけるFDG-PET心筋糖代謝の検討
高橋邦尚, 宮田恵, 内山尚, 高橋恒男, 柳澤融, 世良耕一郎, 籏野健太郎, 佐々木敏秋
岩手医大, 放・サイクロ
核医学, 31(7) : 1994, 703-703.
Summary

96. 再灌流療法後における急性梗塞部心筋の糖代謝・脂肪酸代謝・血流の経時的変化について
石田良雄1), 広瀬義晃1), 前野正和1), 高橋延和1), 林田孝平1), 三宅義徳1), 野々木宏1), 植原敏勇2), 西村恒彦2)
1)国循セン, 2)阪大
核医学, 31(7) : 1994, 703-703.
Summary

97. 高血糖下の心筋FDG集積の研究 : 骨格筋と共通するメタボリック・ブレイクポイント
窪田和雄, 窪田朗子, 山田進, 多田雅夫, 井戸達雄*
東北大加齢研, *東北大サイクロ
核医学, 31(7) : 1994, 703-703.
Summary

98. 甲状腺腫瘍のT1-201集積とPCNAによる腫瘍増殖能の検討
久米典彦1), 河村光俊1), 菅一能1), 西垣内一哉1), 内迫博路1), 塚本勝彦1), 中西敬2)
1)山口大放, 2)下関済生会病院
核医学, 31(7) : 1994, 704-704.
Summary

99. 結節性甲状腺腫における201TIシンチグラフィの検討
三木徹生, 中別府良昭, 米倉隆治, 中條政敬
鹿大・放
核医学, 31(7) : 1994, 704-704.
Summary

100. 2核種同時収集による甲状腺SPECT
謝花正信1), 堀郁子1), 太田吉雄2)
1)松江市立病院 放, 2)鳥取大 放
核医学, 31(7) : 1994, 704-704.
Summary

101. 99mTc-MIBIによる甲状腺シンチグラフィの有用性
小須田茂, 新井眞二, 横山久朗, 和田陽市, 片山通章, 草野正一
防衛医大放
核医学, 31(7) : 1994, 704-704.
Summary

102. 99mTc-MIBIを用いた甲状腺癌, 甲状腺癌転移の評価
中原浩1), 野口志郎1), 村上信夫1), 原尾基継1), 大西隆2), 星博昭2), 長町茂樹2), 陣之内正史2), 二見繁美2), 渡辺克司2)
1)野口病院, 2)宮医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 704-704.
Summary

103. 99mTc-MIBIによる甲状腺癌転移巣の検出
宮本信一, 御前隆, 笠木寛治, 小西淳二
京都大学核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 704-704.
Summary

104. サイトカインによる甲状腺癌細胞の放射性ヨード摂取の増強
御前隆, 飯田泰啓, 宮本信一, 竹内亮, 笠木寛治, 小西淳二
京大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 705-705.
Summary

105. 甲状腺ホルモンの免疫組織化学染色による甲状腺分化癌の放射性ヨード摂取能の予測.
中駄邦博, 加藤千恵次, 鐘ヶ江香久子, 伊藤和夫, 古舘正從
北大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 705-705.
Summary

106. 分化型甲状腺癌全摘術後131I内用療法直前・直後の血清Tg値 (IRMA法) の変動に関する検討
余田みどり1), 川崎幸子1), 松野慎介1), 西山佳宏1), 高橋一枝1), 田邉正忠1), 宮内昭2)
1)香医大・放, 2)第2外科
核医学, 31(7) : 1994, 705-705.
Summary

107. 甲状腺腫瘍に対するエタノール注入療法
中駄邦博, 加藤千恵次, 鐘ヶ江香久子, 伊藤和夫, 古館舘正從
北大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 705-705.
Summary

108. 甲状腺癌に対する術中照射
中原浩1), 野口志郎1), 村上信夫1), 原尾基継1), 大西隆2), 星博昭2), 長町茂樹2), 陣之内正史2), 二見繁美2), 渡辺克司2), 平田秀紀3)
1)野口病院, 2)宮医大 放, 3)国立別府病院
核医学, 31(7) : 1994, 705-705.
Summary

109. I-131甲状腺癌治療時の職業被曝の計測
松下智人, 中川俊男, 野本由人, 中西篤, 北野外紀雄, 中川毅
三重大学放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 705-705.
Summary

110. 単検出器型装置での128 2収集による99mTc-HMPAO SPECTの画質改善の試み
杉山仁作1), 松井玉樹1), 出村智朗1), 棚田侯一1), 滝鈴佳2)
1)市立砺波総合病院放射線技術部, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 706-706.
Summary

111. Triple Energy Window収集による散乱線補正法の局所脳血流定量値におよぼす影響
辻志郎1), 絹谷啓子1), 久慈一英1), 市川聡裕1), 隅屋寿1), 利波紀久1), 久田欣一1), 山田正人2)
1)金沢大核, 2)金沢大RI
核医学, 31(7) : 1994, 706-706.
Summary

112. トランスミッションCT法を利用した脳血流SPECTの吸収補正
三宮敏和1), 塚谷泰司2), 橋本順2), 久保敦司2), 尾川浩一3), 本村信篤4), 市原隆4)
1)慶大中放技, 2)慶大 放, 3)法政工, 4)東芝那須
核医学, 31(7) : 1994, 706-706.
Summary

113. 局所脳血流定量化における吸収補正の検討
絹谷啓子1), 辻志郎1), 久慈一英1), 市川聡裕1), 隅屋寿1), 利波紀久1), 久田欣一1), 山田正人2)
1)金沢大核, 2)金沢大RI
核医学, 31(7) : 1994, 706-706.
Summary

114. くも膜下出血術後のvasospasmにおける3次元表示及びVOXEL解析
福井康二1), 柴田家門1), 御任明利1), 周郷延雄1), 狩野利之1), 根本暁央1), 根本匡章1), 清木義勝1), 寺尾榮夫1), 小堺加智夫2), 高野政明2), 高橋秀樹2), 高橋宗尊3), 杉田純一4)
1)東邦大脳外, 2)RI部門, 3)島津製作所, 4)クボタコンピュータ
核医学, 31(7) : 1994, 706-706.
Summary

115. 局所脳血流SPECT画像の解剖学的標準化の意義
川島隆太, 佐藤和則, 吉岡清郎, 小野修一, 伊藤浩, 後藤了以, 赤井沢隆, 福田寛
東北大加齢研機能画像
核医学, 31(7) : 1994, 706-706.
Summary

116. 123I-IMPによる脳血流量の定量 (TLU : Table Look Up法) の検討
高橋正昭1), 関戸雄一1), 坂上欣彦1), 佐藤勝保1), 中川原譲二2), 末松克美2), 中村順一2)
1)中村記念病院放射線, 2)脳神経外科
核医学, 31(7) : 1994, 707-707.
Summary

117. I-123-IMPを用いたテーブルルックアップ法によるVd画像
大西英雄1), 永田保1), 游逸明1), 木上裕輔1), 大田豊承1), 増田一孝1), 鈴木輝康1), 山本逸雄1), 森田陸司1), 李英彦2), 松田昌之2)
1)滋賀医大放射線科, 2)滋賀医大脳神経外科
核医学, 31(7) : 1994, 707-707.
Summary

118. ダイナミックSPECT収集と標準入力関数を用いた123I-IMP脳血流定量法の検討
水村直, 汲田伸一郎, 若林洋行, 隈崎達夫
日医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 707-707.
Summary

119. 123I-IMPと2回SPECTスキャンによるrCBF定量解析法の開発 : 3種類のアルゴリズムの比較検討
横井孝司, 飯田秀博*, 伊藤浩**, 畑澤順*, 菅野巌*
島津製作所医用技術, *秋田脳研放射線科, **東北大加齢研
核医学, 31(7) : 1994, 707-707.
Summary

120. 123I-IMP SPECTとTable look-up法による局所脳血流量測定法 – スキャン時間の検討, ARG法との比較 –
斉藤京子, 丸野広大, 奥田逸子, 村田啓
虎の門病院放
核医学, 31(7) : 1994, 707-707.
Summary

121. IMP-ARG法による脳血流量の定量的測定 : PET測定値との比較
畑澤順, 飯田秀博, 菅野巌, 蜂谷武憲, 相沢康夫, 庄司安明, 奥寺利男, 犬上篤, 小川敏英, 藤田英明, 下瀬川恵久, 野口京, 上村和夫
秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 707-707.
Summary

122. IMP-1回採血と1回SPECTスキャン (ARG法) における最適スキャン時刻の検討
中澤真弓, 飯田秀博*, 畑澤順*, 大西良浩, 上村和夫*
日本メジフィジックス・学術, *秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 708-708.
Summary

123. 123I-IMP SPECTとARG法による局所脳血流量測定法 – スキャン時間, スキャン時刻の検討, 動脈血と静脈血の比較 –
斉藤京子, 丸野広大, 奥田逸子, 村田啓
虎の門病院放
核医学, 31(7) : 1994, 708-708.
Summary

124. IMP-ARG法におけるVd値固定の評価
星宏治, 加藤和夫, 佐藤勝美, 関場盛也, 鈴木晃, 宍戸文男
福島医大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 708-708.
Summary

125. 123I-IMPおよび1回SPECT SCAN, 1回採血による局所脳血流量測定法 (Autoradiography) – Table look-up法およびMicrosphere model法との比較 –
伊藤浩1), 福田寛1), 石井清2), 木下俊文2), 犬飼好政2), 阿部茂人2), 渥美博人2), 佐藤正美2), 寺岡悟見3)
1)東北大加齢研・機能画像, 2)仙台市立病院・放, 3)横河メディカル
核医学, 31(7) : 1994, 708-708.
Summary

126. IMP-SPECTを用いた局所脳血流Eの定量 – 国内10施設共同研究による正当性の検討
飯田秀博*, 上村和夫
*IMPテーブルルックアップ法評価研究会代表, 秋田県立脳血管研究センター
核医学, 31(7) : 1994, 708-708.
Summary

127. 頭部専用リング型SPECT装置による簡易な局所脳血流量定量法の臨床応用
越泰彦, 小宮山佐, 津金沢俊和, 三品雅洋, 駒場祐一, 増谷祐之, 北村伸, 赫彰郎
日本医大第二内科
核医学, 31(7) : 1994, 708-708.
Summary

128. 123I-IMPによる局所脳血流量定法 (ARG法) の検討
関戸雄一1), 高橋正昭1), 坂上欣彦1), 佐藤勝保1), 中川原譲二2), 末松克美2), 中村順一2)
1)中村記念病院 放射線, 2)脳神経外科
核医学, 31(7) : 1994, 709-709.
Summary

129. Table look-up法およびAutoradiography法における1回動脈採血の静脈採血代替について
伊藤浩1), 赤井沢隆1), 後藤了以1), 川島隆太1), 小野修一1), 吉岡清郎1), 福田寛1), 石井清2), 木下俊文2), 犬飼好政2), 阿部茂人2), 渥美博人2), 佐藤正美2)
1)東北大加齢研・機能画像, 2)仙台市立病院・放
核医学, 31(7) : 1994, 709-709.
Summary

130. 123I-IMPと3検出器回転型カメラを用いた超早期像による脳血流測定 – IMP-ARG法との比較 –
柳沢正道1, 難波宏樹2, 木下富士美1, 秋山芳久3, 戸川貴史1, 油井信春1
1千葉がんセ・核, 2脳外, 3物理
核医学, 31(7) : 1994, 709-709.
Summary

131. 123I-IMP SPECTを用いたmicrosphere modelによるrCBF測定法 – 早期像の補正による影響 –
大久保真樹1), 小田野行男2), 高橋直也2), 酒井邦夫2)
1)新潟大・医短, 2)放
核医学, 31(7) : 1994, 709-709.
Summary

132. 123I-IMPによる局所脳血流量の定量化
松井美詠子1), 山崎克人1), 山路滋1), 加納恭子1), 井上善夫1), 河野通雄1), 野口敦司2), 長谷川義尚2), 来田謙治3)
1)神戸大学, 2)大阪成人病センター, 3)日本メジフィジックス
核医学, 31(7) : 1994, 709-709.
Summary

133. NewFU法による脳血流定量 (第1報) – 基礎的検討について –
青山毅1), 善積透1), 土肥美和子1), 山崎紘一1), 前田哲生2), 高島重和2), 豊島博行2), 山根光量3), 新井武志3), 松沢佑次3), 二沢佳史4)
1)箕面市立放科, 2)内科, 3)阪大二内科, 4)東芝メディカル関西サービス
核医学, 31(7) : 1994, 709-709.
Summary

134. New FU法による脳血流定量 (第2報) – 臨床的有用性について –
善積透1), 青山毅1), 土肥美和子1), 山崎紘一1), 前田哲生2), 高島重和2), 豊島博行2), 山根光量3), 新井武志3), 松沢佑次3), 二沢佳史4)
1)箕面市立放科, 2)内科, 3)阪大二内科, 4)東芝メディカル関西サービス
核医学, 31(7) : 1994, 710-710.
Summary

135. 123I-IMP SPECTを用いたAcetazolamide負荷による定量的脳循環予備能の評価
石野洋一, 中田肇
産業医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 710-710.
Summary

136. SPLIT DOSE I-123 IMP SPECTよる非侵襲的脳循環予備能定量測定法 – 第2報 –
橋川一雄1), 森脇博1), 奥直彦1), 植原敏勇1), 清家裕次郎2), 石田麻里子2), 松本昌泰2), 鎌田武信2), 藤田昌弘3), 渡辺嘉之3), 西村恒彦3)
1)放射線部, 2)阪大一内, 3)トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 710-710.
Summary

137. 123I-IMP分割投与法を用いたacetozolamideこよる脳血管反応性の評価
服部直也1), 西澤貞彦1), 田中富美子1), 藤田透1), 石津浩一1), 岡沢秀彦1), 玉木長良1), 小西淳二1), 米倉義晴2)

1)京大 核, 2)脳病態生理
核医学, 31(7) : 1994, 710-710.
Summary

138. Acetazolamide負荷123I-IMP-SPECTの脳血管撃縮評価への利用 (特に脳血流定量評価の意義について)
牧野憲一
旭川赤十字病院 脳外
核医学, 31(7) : 1994, 710-710.
Summary

139. Patlak Plot法を用いた小脳血流の測定
雑賀一美1), 川本雅美2), 松原升2), 池上匡3)
1)小田原市立病院・放, 2)横浜市大・放, 3)横浜南共済病院・放
核医学, 31(7) : 1994, 710-710.
Summary

140. 99mTc-HMPAOとPatlaak plot法を応用した脳血流測定 – 入力関数の妥当性についての検討 –
菅原敬文, 棚田修二, 中田茂, 村瀬研也, 安原美文, 濱本研
愛媛大 放
核医学, 31(7) : 1994, 711-711.
Summary

141. 対向型二検出シンチレーションカメラを用いた99mTc-HMPAOによる脳血流量の測定
影山貴一1), 黒澤良知1), 古谷和久1), 斎藤隆次2), 鈴木明美2), 背戸好廣2)
1)聖隷浜松病院・放, 2)画診センター
核医学, 31(7) : 1994, 711-711.
Summary

142. MRIによる脳血流量測定と99mTc-HMPAOを用いたPatlak Plot法による脳血流測定の比較検討
鹿島田明夫, 町田喜久雄, 本田憲業, 間宮敏雄, 高橋卓, 釜野剛, 清水裕次, 長田久人
埼玉医大医療セ放
核医学, 31(7) : 1994, 711-711.
Summary

143. AVM症例における99mTc-HMPAOを用いたDynamic SPECT……123I-IMP DynamicSPECTとの比較
狩野利之, 柴田家門, 御任明利, 周郷延雄, 根本暁央, 根本匡章, 福井康二, 清木義勝, 寺尾榮夫1), 小堺加智夫, 高野政明, 高橋秀樹2), 高橋宗尊3), 杉田純一4)
1)東邦大脳外, 2)RI部門, 3)島津製作所, 4)クボタコンピュータ
核医学, 31(7) : 1994, 711-711.
Summary

144. 99Tc-HMPAO 2回静注法の基礎的検討と負荷試験への応用
樋口健史, 高橋直也, 小田野行男, 酒井邦夫
新潟大放射線
核医学, 31(7) : 1994, 711-711.
Summary

145. 18F-FDG脳動態解析によるパラメトリック画像の作成とその相関関係
外山比南子, 木村裕一*, 石井賢二, 千田道雄, 織田圭一, 石渡喜一, 佐々木徹
都老人研PET, *日大生産工
核医学, 31(7) : 1994, 711-711.
Summary

146. 重み付き積分法によるFDG parametric imageの生成
木村裕一*, 外山比南子**, 千田道雄**, 山下安雄*
*日本大学生産工学部, **都老人研PET
核医学, 31(7) : 1994, 712-712.
Summary

147. 脳図譜システムを用いた3次元的標準化による画像情報の統合 – 新しい総合画像診断システムの開発 –
佐藤和則, 川島隆太, 小野修一, 伊藤浩, 後藤了以, 赤井沢隆, 吉岡清郎, 福田寛
東北大加齢研機能画像
核医学, 31(7) : 1994, 712-712.
Summary

148. CBF測定の各トレーサ動態モデルにおける部分容積効果の評価
成田雄一郎, Babak A. Ardekani, 飯田秀博, 菅野巌
秋田脳研, 放
核医学, 31(7) : 1994, 712-712.
Summary

149. A Database and Report Writing System for Brain PET Analysi
M. Jamzad, K. Ishii, H. Toyama, M. Senda
Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology : 都老人研PET
The Japanese Journal of nuclear medicine, 31(7) : 1994, 712-712.
Summary

150. O-15標識水とPETによる測定諸量の犬を用いた検証実験 : 1. マイクロスフェア法による脳血流量の評価
菅野巖, 三浦修一, 成田雄一郎, 畑澤順, 飯田秀博, 村上松太郎, 犬上篤
秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 712-712.
Summary

151. O-15標識水とPETによる測定諸量の犬を用いた検証実験 : 2. 乾燥重量と脳組織構成比率によるVd値の評価
菅野巖, 成田雄一郎, 三浦修一, 畑澤順, 飯田秀博, 村上松太郎, 犬上篤
秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 712-712.
Summary

152. PET脳血流の非侵襲的定量法. 1 – 定量モデルからのアプローチ –
渡部浩司, 伊藤正敏, Mejia, Marco A 藤原竹彦, 岩田錬, 井戸達雄
東北大サイクロトロン
核医学, 31(7) : 1994, 713-713.
Summary

153. PET脳血流の非侵襲的定量法. 2 – 動脈血モニターの開発 –
伊藤正敏, 渡部浩司, Mejia Mrco A. 藤原竹彦, 岩田錬, 井戸達雄, 福田寛1
東北大サイクロトロン, 1加齢研機能画像
核医学, 31(7) : 1994, 713-713.
Summary

154. PETによる脳機能地図作成 – 前部帯状回の機能解剖 –
川島隆太, 福田寛
東北大加齢研機能画像
核医学, 31(7) : 1994, 713-713.
Summary

155. 動物用PETを用いた麻酔ネコにおける局所脳血流量の定量計測
嵜山陽二郎1,2), 佐藤昭夫1), 石井信一2), 織田圭一2), 外山比南子2), 千田道雄2)
1)都老人研自律神経, 2)PET
核医学, 31(7) : 1994, 713-713.
Summary

156. Alzheimer型痴呆脳の循環酸素代謝 – PETガススタディによる検討 –
坂本攝1), 石井一成1), 北垣一1), 佐々木將博1), 紀田利1), 山路滋2), 河野通雄2)
1)兵庫脳研・画像, 放, 2)神大・放
核医学, 31(7) : 1994, 713-713.
Summary

157. アルツハイマー病脳における局所エネルギー代謝の変化について – ポジトロンCTによる検討
石井賢二, 千田道雄, 石渡喜一, 織田圭一, 外山比南子, 佐々木徹, 石井信一
都老人研PET
核医学, 31(7) : 1994, 713-713.
Summary

158. 局所脳萎縮を示す変性疾患における脳ブドウ糖代謝 – FDG動態解析による検討 –
石井賢二1), 外山比南子1), 千田道雄1), 織田圭一1), 石渡喜一1), 佐々木徹1), 石井信一1), 木村裕一2)
1)都老人研PET, 2)日大生産工学
核医学, 31(7) : 1994, 714-714.
Summary

159. アルツハイマー型痴呆における脳代謝・血流量の連合野 / 非連合野比について
一宮厚1), 一矢有一2), 桑原康雄2), 佐々木雅之2), 吉田毅2)
1)九州大精神科, 2)九州大放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 714-714.
Summary

160. アルツハイマー型痴呆の血液から脳への中性アミノ酸輸送能と脳内中性アミノ酸濃度の測定
畑澤順, 佐藤隆郎, 下瀬川恵久, 三浦修一, 村上松太郎, 飯田秀博, 奥寺利男, 犬上篤, 小川敏英, 藤田英明, 野口京, 菅野巖, 上村和夫
秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 714-714.
Summary

161. 微小梗塞, 白質病変のない高齢健常者の脳循環動態
佐藤隆郎, 畑澤順, 犬上篤, 小川敏英, 藤田英明, 下瀬川恵久, 野口京, 菅野巌, 上村和夫
秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 714-714.
Summary

162. PETによるPeriventricular Hyperintensity領域における脳血流および代謝の計測
神長達郎1), 西村恒彦1), 林田孝平2), 石田良雄2)
1)阪大医トレーサー, 2)国循セン放
核医学, 31(7) : 1994, 714-714.
Summary

163. てんかん焦点描出におけるFDG-PETの有用性 – SPECT, MRIと比較して –
永田保1), 山本逸雄1), 森田陸司1), 田中冨美子2), 岡沢秀彦2), 石津浩一2), 間賀田泰寛2), 西澤貞彦2), 小西淳二2), 米倉義晴3)
1)滋賀医大 放, 2)京大 核, 3)京大脳病態
核医学, 31(7) : 1994, 714-714.
Summary

164. FDG-PETを用いた髄膜腫の検討
露口尚弘1), 砂田一郎2), 岡村光英3), 河辺譲治3), 越智宏暢3)
1)大阪市大脳外科, 2)馬場記念病院脳外科, 3)大阪市大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 715-715.
Summary

165. 血流補正を加えた11C-methionine画像によるglioma浸潤部の判定
成相直, 石渡喜一, 平川公義, 石井賢二, 織田圭一, 若林伸一, 外山比南子, 千田道雄
医歯大脳外, 都老人研
核医学, 31(7) : 1994, 715-715.
Summary

166. FDG-PET画像と治療線量分布図のマッチング画像による脳腫瘍の放射線治療効果判定
奥真也, 渡辺俊明, 井上優介, 百瀬敏光, 大嶽達, 西川潤一, 佐々木康人
東大・放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 715-715.
Summary

167. 脳血流と酸素代謝ピクセル値に対する主成分分析を用いた脳虚血疾患の病態生理と血行再建術の評価
成相直, 千田道雄, 石井賢二, 若林仲一, 石渡喜一, 織田圭一, 外山比南子, 平川公義
医歯大脳外, 都老人研
核医学, 31(7) : 1994, 715-715.
Summary

168. [123I] 標識5’+Iodonitrendipineの合成とラット体内分布
藤原聡之1), 福地一樹1), 西村恒彦1), 三宅義徳2)
1)阪大医トレーサ, 2)国循セ放診部
核医学, 31(7) : 1994, 715-715.
Summary

169. 脳虚血ラットモデルにおける [123I] 標識5′-Iodonitrendipineの脳内分布
三宅義徳1), 藤原聡之2), 福地一樹2), 渡辺嘉之2), 西村恒彦2)
1)国循セ放診部, 2)阪大医トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 715-715.
Summary

170. 11C-ジアシルグリセロール (DAG) における取り込み機構及び代謝メカニズムの検討
脇田員男, 今堀良夫1, 藤井亮, 大森義男1, 堀井均, 湯浅千賀子, 原田忍, 東伸郎, 上田聖1, 金綱隆弘
西陣病院, 1京都府立医大 脳外科
核医学, 31(7) : 1994, 716-716.
Summary

171. マイネルト核破壊モデルにおける皮質でのシグナル伝達と神経受容体結合以後の情報伝達効率の画像化
大森義男, 今堀良夫, 藤井亮, 脇田員男, 上田聖
京都府立医大脳外, 西陣病院
核医学, 31(7) : 1994, 716-716.
Summary

172. NMDAレセプターイメージング剤の開発 – [18F] FEtTCPのサルPETによる評価 –
原田平輝志1), 井上修2), 小林薫2), 若原俊一2), 鈴木和年2), 前田稔3)
1)新技術事業団, 2)放医研, 3)九大薬
核医学, 31(7) : 1994, 716-716.
Summary

173. 光学活性体 (-) ヨードベサミコール類の標識合成とこれらの特異的受容体親和性と脳内挙動について
柴和弘1), 森厚文1), 隅谷寿2), 辻志郎2), 久慈一英2), 絹谷啓子2), 利波紀久2), 久田欣一2), 松田博史3)
1)金沢大・RIセンター, 2)核医, 3)国立精神神経センター
核医学, 31(7) : 1994, 716-716.
Summary

174. [123/125I] RTI-55を用いたドーパミン・トランスポーターのイメージング – ラットを用いた検討 –
藤田昌宏, 西村恒彦
阪大医トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 716-716.
Summary

175. パーキンソン病モデルラットの線条体に移植された胎仔ドーパミン細胞のドーパミン・トランスポーターの発現と機能回復
藤田昌宏1), 西村恒彦1), 熊崎路子2), 西野仁雄2), 島田昌一3), 遠山正彌3)
1)阪大医トレーサ, 2)名市大医2生理, 3)阪大医2解剖
核医学, 31(7) : 1994, 716-716.
Summary

176. 線条体梗塞におけるドーパミン・トランスポーターの変化
藤田昌宏1), 楠岡英雄1), 西村恒彦1), 島田昌一2), 遠山正彌2)
1)阪大医トレーサ, 2)阪大医2解剖
核医学, 31(7) : 1994, 717-717.
Summary

177. 高血圧自然発症ラット (SHR) における脳内ドーパミントランスポーター (DAT) およびD1レセプター (D1) の検討
渡邊嘉之, 藤田昌宏, 楠岡英雄, 西村恒彦
阪大医トレーサー
核医学, 31(7) : 1994, 717-717.
Summary

178. 脳ドーパミンD2受容体画像化, 定量化のための125I-IBZMによる基礎的検討 – Bolus plus reinjection by constant infusion法の開発 –
外山宏1, 松村要2, 中島弘道2, 前田寿登1, 市瀬正則3, 中川毅2, 竹内昭1, 古賀佑彦1
1藤田保健衛生大・放, 2三重大・放, 3トロント大・放
核医学, 31(7) : 1994, 717-717.
Summary

179. 脳ドーパミンD2受容体定量化における局所脳血流測定の意義 – 125I-IBZMのラットによる検討 –
中島弘道1, 松村要1, 外山宏2, 前田寿登2, 市瀬正則3, 竹内昭2, 古賀佑彦2, 中川毅1
1三重大 放, 2藤田保健衛生大 放, 3トロント大 放
核医学, 31(7) : 1994, 717-717.
Summary

180. 運動負荷肺シンチグラフィによる換気血流比の定量的検討
中田和伸, 田渕耕次郎, 小森剛, 難波隆一郎, 辰吉光, 松井律夫, 末吉公三, 楢林勇
大阪医大・放
核医学, 31(7) : 1994, 718-718.
Summary

181. 肺切除術後の縦隔偏位が呼吸機能に及ぼす影響について – 肺血流スキャンを用いての検討 –
橋本順1), 久保敦司1), 柳内登2)
1)慶大放, 2)国療晴嵐荘外
核医学, 31(7) : 1994, 718-718.
Summary

182. 肺癌のXe-133ガス洗い出しSPECTの検討
西垣内一哉1), 菅一能1), 久米典彦1), 粟屋ひとみ1), 内迫博路1), 松本常男1), 宇津見博基2), 山田典将2), 中西敬3)
1)山口大放, 2)山口大放部, 3)下関済生会病院
核医学, 31(7) : 1994, 718-718.
Summary

183. 肺癌における肺換気血流シンチの有用性
寺川和彦1, 小田淳郎2
1大阪市立総合医療センター 呼吸器内科, 2放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 718-718.
Summary

184. 肺動脈狭窄を主徴とした大動脈炎症候群の1例 : MRIによる血流測定と肺血流シンチグラフィーとの関連
清水裕次, 町田喜久雄, 本田憲業, 間宮敏雄, 高橋卓, 釜野剛, 鹿島田明夫, 長田久人
埼玉医大総合医セ放
核医学, 31(7) : 1994, 718-718.
Summary

185. 99mTc-テクネガスと81mKrガスによる換気血流比頻度分布に関する比較検討
田渕耕次郎, 中田和伸, 小森剛, 難波隆一郎, 辰吉光, 松井律夫, 足立至, 末吉公三, 楢林勇
大阪医大・放
核医学, 31(7) : 1994, 718-718.
Summary

186. テクネガスと81mKr換気分布の比較検討
島田孝夫1), 守谷悦男2), 森豊2), 成田浩人2), 平瀬清2), 川上憲司2)
1)慈大・三内, 2)慈大・放
核医学, 31(7) : 1994, 719-719.
Summary

187. テクネガス (Tc-GAS) 肺吸入 / Tc-99mMAA (MAA) 肺血流SPECT画像におけるsubtractionの必要性について
村上悦子1), 田畑洋二1), 角田充弘1), 今井照彦2), 佐々木義明2), 大石元2), 打田日出夫2)
1)奈良医大中放, 2)奈良医大腫放・放
核医学, 31(7) : 1994, 719-719.
Summary

188. 3検出器型SPECT装置を用いたテクネガス (Tc-Gas) 肺吸入, Tc-99mMAA (MAA) 肺血流シンチの検討
今井照彦1), 佐々木義明1), 大石元1), 尾辻秀章1), 前田宗宏1), 打田日出夫1), 伊藤新作2), 長澄人2), 濱田薫2), 成田亘啓2)
1)奈良医大腫放・放, 2)二内
核医学, 31(7) : 1994, 719-719.
Summary

189. 肺気腫患者における高分解能CTと99mTc-ガスの対比検討
佐藤功, 田邊正忠, 川瀬良郎, 小林琢哉, 三谷昌弘, 高橋一枝
香川医大放
核医学, 31(7) : 1994, 719-719.
Summary

190. 肺換気・肺血流SPECTによる塵肺症重症度の評価 – 局所変動係数画像の作成 –
張幸, 杉本勝也, 高橋範雄, 楊景濤, 山本和高, 石井靖
福井医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 719-719.
Summary

191. 肺研究におけるパーテクネガスの有用性
井沢豊春, 手島建夫, 穴沢予識, 三木誠, Asif Mujtaba Mahmud, 貫和敏博
東北大加齢研内科
核医学, 31(7) : 1994, 719-719.
Summary

192. 腎尿細管機能評価における99mTc-MAG3のClearance値の評価 -123I-OIHにおけるERPFとs99mTc-DTPAにおけるCFRとの比較 –
濱田顕, 立花敬三, 末廣美津子, 浜田一男, 前田善裕, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 31(7) : 1994, 720-720.
Summary

193. Tc-99m-MAG3クリアランス推定法の比較検討
秀毛範至1), 高塩哲也1), 山田有則1), 斉藤泰博1), 吉田弘1), 早坂和正1), 竹井秀敏1), 油野民雄1), 佐藤順一2), 石川幸雄2), 高山輝彦3), 利波紀久3), 久田欣一3)
1)旭川医大 放, 2)放部, 3)金沢大 核
核医学, 31(7) : 1994, 720-720.
Summary

194. Tc-99m-MAG3を用いたガンマカメラ法による腎機能評価法の検討
加藤千恵次, 伊藤和夫, 志賀哲, 鐘ヶ江香久子, 中駄邦博, 望月孝史, 古舘正従
北大 核医学
核医学, 31(7) : 1994, 720-720.
Summary

195. 小児におけるTc-99m-MAG3の1回採血法による血液クレアランスとガンマカメラ腎摂取率の比較
伊藤和夫1), 鐘ガ江香久子1), 古舘正従1), 山下哲2), 野々村克也2)
1)北大, 核, 2)北大泌尿
核医学, 31(7) : 1994, 720-720.
Summary

196. 腎血漿流量評価におけるパトラックプロット法と1回採血法の比較
高山輝彦1), 油野民雄2), 秀毛範至2), 道岸隆敏3), 辻志郎3), 絹谷清剛3), 横山邦彦3), 利波紀久3), 久田欣一3)
1)金沢大 核, 2)旭川医大 放, 3)金沢大 核
核医学, 31(7) : 1994, 720-720.
Summary

197. 糖尿病性腎症の分腎機能評価における99mTc-MAG3の応用と評価 – 主に123I-OIHと99mTc-DTPAとの比較を中心に –
末廣美津子, 立花敬三, 濱田顕, 尾上公一, 河中正裕, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 31(7) : 1994, 720-720.
Summary

198. 腎動態イメージング剤Tc-99m-MAG3の使用経験
高橘卓, 町田喜久雄, 本田憲業, 間宮敏雄, 釜野剛, 鹿島田明夫, 長田久人, 清水裕次
埼玉医大医療センター 放
核医学, 31(7) : 1994, 721-721.
Summary

199. TC-99m MAGsによる腎形態の画像評価
足立至, 末吉公三, 田渕耕次郎, 小倉康晴, 中田和伸, 難波隆一郎, 辰吉光, 松井律夫, 楢林勇
大阪医大・放
核医学, 31(7) : 1994, 721-721.
Summary

200. 正規化レノグラムの臨床応用 – Tc-99m MAG3を用いた場合
志賀哲, 伊藤和夫, 加藤千恵次, 鐘が江香久子, 中駄邦博, 望月孝史, 古舘正従
北大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 721-721.
Summary

201. Graphical analysisを用いた99mTc-DTPA腎摂取率によるGFR測定
佐藤順一1), 石川幸雄1), 秀毛範至2), 山田有則2), 吉川大平2), 斉藤泰博2), 高塩哲也2), 油野民雄2)
1)旭川医大・病院放部, 2)放
核医学, 31(7) : 1994, 721-721.
Summary

202. Ambulatory Renal Monitor (ARM) を用いた経時的腎機能検査の基礎的検討
若林正則, 角田隆俊, 北村真, 飛田美穂, 平賀聖悟, 佐藤威, 鈴木豊*
東海大学移植I, *放射線科I
核医学, 31(7) : 1994, 721-721.
Summary

203. 因子分析Rutland法による腎機能評価の応用
角田隆俊, 平賀聖悟, 若林正則, 飛田美穂, 佐藤威, 小林真*, 鈴木豊零*
東海大移植1, *放射線1
核医学, 31(7) : 1994, 721-721.
Summary

204. 骨転移における骨代謝マーカーの測定と骨シンチグラフィ
木上祐輔, 山本逸雄, 游逸明, 大田豊承, 大中恭夫, 大西英雄, 増田一孝, 森田陸司
滋賀医大放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 722-722.
Summary

205. 肺癌患者の骨シンチグラフィ経過観察
吉岡清郎1), 福田寛1), 山田健嗣2)
1)東北大加齢研・機能画像, 2)仙台厚生・放
核医学, 31(7) : 1994, 722-722.
Summary

206. 乳癌の経過観察における骨シンチグラフィの意義
坂田博道1), 藤光律子1), 岡崎正敏1), 浜田雄蔵2)
1)福岡大 放, 2)一外
核医学, 31(7) : 1994, 722-722.
Summary

207. 胃癌の骨シンチグラム150例の検討
上野恭一, 松田博人, 島崎英樹, 中川正昭
石川県立中央病院 放, 消内, 消外
核医学, 31(7) : 1994, 722-722.
Summary

208. 骨シンチ陰性骨転移例での塩化タリウムの有用性の検討
津布久雅彦1), 木暮喬1), 金子稜威雄1), 林三進1), 嶋田守男1), 伊東邦子1), 草間香1), 小堺加智夫2)
1)東邦大, 1放, 2)RI
核医学, 31(7) : 1994, 722-722.
Summary

209. 神経芽腫67例の骨シンチ像
小田淳郎1), 村田佳津子1), 辻田祐二良1), 田中正博1), 山下彰1), 金子良美2), 河辺譲治2), 岡村光英2), 澤久2), 越智宏暢2)
1)大阪市立総合医療センター放, 2)大阪市大核
核医学, 31(7) : 1994, 722-722.
Summary

210. スポーツ外傷における無症候部位への骨シンチグラフィ用トレーサの異常集積についての検討
森豊1), 土肥美智子1), 佐久間亨1), 武内弘明1), 福田安1), 原田潤太1), 大畠襄2)
1)慈恵医大柏・放, 2)スポ外
核医学, 31(7) : 1994, 723-723.
Summary

211. 骨軟化症における骨シンチグラフィの有用性について
伊藤秀臣1), 日野恵1), 山口晴司1), 大塚博幸1), 壇芳之1), 才木康彦1), 太田圭子1), 尾藤早苗1), 増井裕利子1), 池窪勝治1), 服部尚樹2), 石原隆2), 森寺邦三郎2), 倉八博之2)
1)神戸市立中央市民病院核医学科, 2)内分泌内科
核医学, 31(7) : 1994, 723-723.
Summary

212. Reflex Sympathetic Dystrophy Syndrome (RSD) に対する3 phase studyの臨床的意義
橋本禎介, 久保敦司
慶大 放
核医学, 31(7) : 1994, 723-723.
Summary

213. 骨シンチ異常集積の少ない骨盤原発悪性骨腫瘍
小野慈1), 川本雅美2)
1)神奈川がんセ・核, 2)横浜市大医・放
核医学, 31(7) : 1994, 723-723.
Summary

214. 関節滑膜機能の定量化に関する実験的検討
吉川宏起1), 橋爪俊幸1), 平沼憲治2), 堀川直人3), 塩野孝博4), 妹尾淳史5), 南条修二6), 山崎純一6), 森下健6)
1)関東労・放, 2)富士電機病・整外, 3)内科, 4)独協大・放, 5)東邦大・中央放, 6)第一内科
核医学, 31(7) : 1994, 723-723.
Summary

215. New insight into 99m Tc-Bleomycin radiolabeling : search for low velence State technetium complex.
Thipyapong Khajadpai*, Kazuko Horiuchi Suzuki, Akira Yokoyama.
Kyoto University, Fac. Pharmaceutical Science, *Office of Atomic Energy for Peace
The Japanese Journal of nuclear medicine, 31(7) : 1994, 724-724.
Summary

216. 99mTcに対する配位子としての長鎖アルキルヒドロキサムアミドの特性の検討とその評価
中山守雄1), 森田順一郎1), 原田久美子1), 中山仁1), 古嶋昭博2), 冨口静二2), 辻明徳2), 鍋島光子2), 高橋睦正2)
1)熊本大薬, 2)熊本大放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 724-724.
Summary

217. 5-6-5キレート環構造のMonothiosemicarbazone誘導体の合成とそのTc-99m標識反応
荒野泰, Qu Tong, 上園崇, 横山陽
京大薬
核医学, 31(7) : 1994, 724-724.
Summary

218. 代謝性エステル結合を有する抗体標識試薬の設計における問題点
荒野泰1), 脇坂孝治1), 横山陽1), 阪原晴海1), 小西淳二1), 大桃善朗2), 田中千秋2)
1)京大薬, 医, 2)大阪薬大
核医学, 31(7) : 1994, 724-724.
Summary

219. In-111標識アンチセンス核酸の合成と標識に関する基礎的検討
藤林靖久1), 中川加寿夫1), 横山陽1), 阪原晴海2), 小西淳二2)
1)京大薬学, 2)京大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 724-724.
Summary

220. 炎症イメージング剤として開発された人免疫グロブリンG-ジエチレントリアミン五酢酸インジウム (111In-DTPA-IgG) の第1相臨床試験
橋本禎介, 中村佳代子, 橋本順, 三宮敏和, 清水正三, 久保敦司
慶大 放
核医学, 31(7) : 1994, 724-724.
Summary

221. 123I-L-histidineの脳におけるアミノ酸膜輸送機能診断薬としての有用性 (2)
川井恵一, 小林和徳, 中川司, 久保寺昭子
東京理大・薬
核医学, 31(7) : 1994, 725-725.
Summary

222. 脳内ニコチンレセプター機能マッピング剤としての放射性ヨウ素標識ニコチンの評価とその病態モデル動物における動態
佐治英郎, 渡邊章, 間賀田泰寛, 藤林靖久, 飯田靖彦, 横山陽
京大薬・医
核医学, 31(7) : 1994, 725-725.
Summary

223. 脳内mACh-R活性診断放射性医薬品の開発
大桃善朗1), 堀博行1), 平田雅彦1), 田中千秋1), 間賀田泰寛2), 横山陽2)
1)大阪薬大, 2)京大薬・医
核医学, 31(7) : 1994, 725-725.
Summary

224. 新規SPECT用MAO-A活性診断薬の開発
平田雅彦1), 鳥取恵子1), 大桃善朗1), 田中千秋1), 間賀田泰寛2), 佐治英郎2), 横山陽2)
1)大阪薬大, 2)京大薬, 医
核医学, 31(7) : 1994, 725-725.
Summary

225. 新規SPECT用脳内シグマレセプターイメージング剤の開発 ~4-[125I] IBPの脳内分布の検討~
大桃善朗1), 福本博之1), 平田雅彦1), 田中千秋1), 間賀田泰寛2), 横山陽2)
1)大阪薬大,, 2)京大薬・医
核医学, 31(7) : 1994, 725-725.
Summary

226. 6位放射性ヨウ素標識DOPAの脳機能診断薬としての評価
川井恵一, 太田英樹, 久保寺昭子
東京理大・薬
核医学, 31(7) : 1994, 725-725.
Summary

227. 生体内ラジカルを標的とする放射性薬品の開発に関する基礎的検討
藤林康久1), 田嶋尚之1), 和田耕一1), 横山陽1), 阪原晴海2), 小西淳二2)
1)京大・薬, 2)京大・核
核医学, 31(7) : 1994, 726-726.
Summary

228. 臨床利用に適した [1-11C] 酢酸と [1-11C] ヘキサン酸の連続自動合成システムの開発及び検討
石井信一*1*2, 石渡喜一*1, 千田道雄*1
*1都老人研PET, *2住重加速器サービス
核医学, 31(7) : 1994, 726-726.
Summary

229. 11C標識カルボキシル化自動合成装置による [1-11C] 脂肪酸類の連続合成
矢嶋一賀, 山崎裕義1), 川島秀文, 橋本直人, 三宅可浩
生体機能研究所, 1)現田辺製薬
核医学, 31(7) : 1994, 726-726.
Summary

230. ヨウ化メチル標識システムの改良と利用評価
村上松太郎, 高橋和弘, 佐々木広, 飯田秀博, 三浦修一, 菅野巖
秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 726-726.
Summary

231. 11C標識糖質自動合成装置を用いた [1-11C] aldose類の合成
小川恭弘, 西村伸太郎1), 矢嶋一賀, 原田典弘2), 三宅可浩
生体機能研究所, 1)現藤沢薬品工業, 2)現吉富製薬
核医学, 31(7) : 1994, 726-726.
Summary

232. One-pot Reactionによる1*D-DOPAの合成
佐々木基仁*, 田中明*, 加藤宏夫*, 石井信一**, 石渡喜一***, 千田道雄***
*住友重機械, **住重加速器サービス, ***都老人研 PET
核医学, 31(7) : 1994, 726-726.
Summary

233. [1-11C] ヘキサン酸 : PETによる心筋および脳の代謝診断薬としての可能性
石渡喜一, 石井賢二, 小川幸次, 佐々木徹, 石井信一, 外山比南子, 織田圭一, 野崎正, 千田道雄
都老人研PET, 北里大衛生
核医学, 31(7) : 1994, 727-727.
Summary

234. [11C] 標識ヨウ化プロピルの合成とキサンチン類似体の標識化
古田理子, 石渡喜一, 石井信一, 遠藤和豊, 千田道雄
都老人研PET, 昭和薬大
核医学, 31(7) : 1994, 727-727.
Summary

235. セロトニンHT3受容体リガンド11C-Y25130および11C-YM060の合成
石渡喜一, 石井賢二, 石井信一, 千田道雄
都老人研PET
核医学, 31(7) : 1994, 727-727.
Summary

236. 脳内コリンエステラーゼ活性測定用トレーサーのデザインと評価 : N-[14C] methyl-3-piperidyl acetate (MP3A) の光学異性体の合成と酵素化学的評価
入江俊章1), 伊古田暢夫1), 福士清1), 伊豫雅臣1), 難波宏樹2)
1)放医研, 2)千葉がんセンター
核医学, 31(7) : 1994, 727-727.
Summary

237. 18F標識Fluoroethylclorgylineの合成
平田雅彦1), 大桃善朗1), 田中千秋1), 間賀田泰寛2), 山村典男2), 佐治英郎2), 小西淳二2), 横山陽2)
1)大阪薬大, 2)京大薬, 医
核医学, 31(7) : 1994, 727-727.
Summary

238. PET診断薬剤62Cu-PTSMの細胞内反応機構
藤林靖久1), 谷内英之1), 横山陽1), 小西淳二2)
1)京大・薬, 2)京大・医
核医学, 31(7) : 1994, 727-727.
Summary

239. 神経情報伝達系イメージング剤 : 11C-DAG – 臨床利用に向けた品質管理および可溶化剤の影響 –
藤井亮, 今堀良夫1, 井戸達雄2, 脇田員男, 大森義男1, 古谷充, 山岸弘志, 堀井均, 柳生武彦, 東伸郎, 馬渕非砂夫, 上田聖1, 金綱隆弘
西陣病院, 1京都府医大 脳外科, 2東北大サイクロトロンRIセンター
核医学, 31(7) : 1994, 728-728.
Summary

240. 標識フォルスコリンとそのネガテイブコントロールとしての1-アセチル-7-脱アセチルフォルスコリンの有用性
佐々木徹1), 古堅公介1), 千田道雄1), 池上四郎2)
1)都老人研, 2)帝京大薬
核医学, 31(7) : 1994, 728-728.
Summary

241. 抗酸化能の評価 : [TC-99m] meso-HM-PAOを用いた脳グルタチオン分布の測定
佐々木徹1), 外山比南子1), 織田圭一1), 千田道雄1), 梅田泉2), 西郡秀夫2)
1)都老人研, 2)帝京大薬
核医学, 31(7) : 1994, 728-728.
Summary

242. 正常人における11C-Benztropineの脳内分布
藤原竹彦1, メヒヤマルコ1, 伊藤正敏1, 谷内一彦2, 目黒謙一3, 山口智3, 中川琢磨3, 佐々木英忠3, 小野修一4, 後藤了以4, 伊藤浩4, 木之村重男4, 福田寛4, 岩田錬1, 高橋俊博1, 井戸達雄1
1東北大・サイクロ, 2医学部・薬理1, 3医学部・老人, 4加齢研
核医学, 31(7) : 1994, 728-728.
Summary

243. Cu-62 HSA-DTSによる脳血液量イメージと脳内局所ヘマトクリットについて
岡沢秀彦1), 藤林靖久1), 西澤貞彦1), 間賀田泰寛1), 石津浩一1), 田中富美子1), 玉木長良1), 小西淳二1), 米倉義晴2)
1)京大核, 2)脳病態生理
核医学, 31(7) : 1994, 728-728.
Summary

244. ESWL後の腎機能評価における99mTc-MAG3腎動態シンチグラフィーの有用性の検討
本田幹彦1), 高崎悦司1), 小泉満2), 杉岡芳明3), 新井和浩3), 後藤政文3), 藤岡睦久3)
1)獨医大 泌, 2)癌研 放, 3)獨医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 729-729.
Summary

245. 123I-OIHによるカプトプリルレノグラムとACE多型性
山井厚子1), 吉川博子1), 長崎直美1), 種ヶ島正照1), 宮城盛厚1), 伏見達夫1), 水入苑生1), 長谷川昭1), 高野政明2), 三浦慶和2), 小堺加智夫2), 逸見仁道3), 井上玲3)
1)東邦大腎臓学, 2)中放RI, 3)分子生物
核医学, 31(7) : 1994, 729-729.
Summary

246. Kock回腸膀胱施行者における123I-OIHによる上部尿路機能の評価
奥野利幸1), 有馬公伸1), 松浦浩1), 川村寿一1), 日置琢一2)
1)三重大泌尿器, 2)島田市民泌尿器
核医学, 31(7) : 1994, 729-729.
Summary

247. 膀胱尿管逆流症に対する腎臓核医学検査による検討
石井勝巳1), 西巻博1), 吉田暢之1), 北野雅史1), 中沢圭治1), 依田一重1), 神宮寺公二1), 松林隆1), 石田治雄2), 野本一雄2), 原裕子2), 川村猛2)
1)北里大 放, 2)都立清瀬小児病院
核医学, 31(7) : 1994, 729-729.
Summary

248. 核医学検査とMRIによる精索静脈瘤の検出
守谷悦男1), 成田浩人1), 川上憲司1), 大石幸彦2), 浅原朗3), 根津正次4), 土井修4)
1)慈大・放, 2)泌, 3)JR東京病院・放, 4)聖路加・放
核医学, 31(7) : 1994, 729-729.
Summary

249. 精索静脈瘤の診断における陰嚢シンチグラムの有用性に関する検討 – 陰嚢部サーモグラフィー, MRIとの比較 –
永井敦1), 大枝忠史1), 秋山博伸1), 市川孝治1), 小澤秀夫1), 大森弘之1), 戸上泉2)
1)岡山大泌, 2)岡山大放
核医学, 31(7) : 1994, 729-729.
Summary

250. 核医学的手法による腎の深さの測定 – 腎腫瘍の摘出術前後の検討 –
新居健, 武部義行, 水田正芳, 岡本邦雄, 牛嶋陽, 杉原洋樹, 前田知穂
京都府立医科大学附属病院 放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 730-730.
Summary

251. HEADTOME-Vのデータ収集システム
田中和己1), 佐藤友彦1), 小林晋1), 天野昌治1), 山本誠一1), 松山恒和1), 三浦修一2), 飯田秀博2), 菅野巌2)
1)島津製作所 医用技術部, 2)秋田県立脳血管研究センター
核医学, 31(7) : 1994, 731-731.
Summary

252. Headtome-Vの物理的性能評価
三浦修一, 飯田秀博, 成田雄一郎, 庄司安明, 村上松太郎, 菅野巖, 上村和夫
秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 731-731.
Summary

253. Headtome-Vの計数率特性の評価
庄司安明1), 飯田秀博1), 蜂谷武憲1), 相沢康夫1), 三浦修一1), 菅野巖1), 上村和夫1), 山本誠一2)
1)秋田脳研, 放, 2)島津製作所
核医学, 31(7) : 1994, 731-731.
Summary

254. PET用検出器における演算誤差の影響と対策
山本誠一1), 天野昌治1), 松山恒和1), 飯田秀博2), 三浦修一2), 菅野巌2)
1)島津製作所医用技術部, 2)秋田脳血管研究センター放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 731-731.
Summary

255. 放医研におけるECAT EXACT47の性能評価のための物理測定 (1)
村山秀雄1), 野原功全1), 松本徹2), 山田実3), 和田康弘3), 海老原弘一3)
1)放医研 物理, 2)放医研 臨床, 3)シーメンス旭
核医学, 31(7) : 1994, 731-731.
Summary

256. 放医研におけるECAT EXACT47の性能評価のための物理測定 (2)
村山秀雄1), 野原功全1), 松本徹2), 山田実3), 和田康弘3), 海老原弘一3)
1)放医研 物理, 2)放医研 臨床, 3)シーメンス旭
核医学, 31(7) : 1994, 731-731.
Summary

257. 放医研におけるECAT EXACT47の性能評価のための物理測定 (3)
山田実1), 和田康弘1), 海老原弘一1), 村山秀雄2), 野原功全2), 松本徹3)
1)シーメンス旭, 2)放医研 物理, 3)放医研 臨床
核医学, 31(7) : 1994, 732-732.
Summary

258. 異種医用画像の対話型リアルタイム合成法
渡辺俊明, 奥真也, 百瀬敏光, 井上優介, 熊倉嘉貴, 頼哲司, 大嶽達, 西川潤一, 佐々木康人
東大・放
核医学, 31(7) : 1994, 732-732.
Summary

259. Helical CTを応用した3次元画像表示によるSPECT画像の解剖学的部位認識の向上性の検討
棚田修二, 安原美文, 菅原敬文, 奥村明, 三木均, 武智知子, 村瀬研也, 木村良子, 濱本研
愛媛大放
核医学, 31(7) : 1994, 732-732.
Summary

260. 3次元画像表示プログラムの開発
稲岡祐一, 横井孝司, 佐藤友彦, 高橋宗尊, 貴志治夫, 岡均, 天野昌治
島津製作所医用技術部
核医学, 31(7) : 1994, 732-732.
Summary

261. フラクタル次元を用いた脳MRI画像の脳表部の輪郭抽出
上村幸司1), 内山明彦1), 外山比南子2), 千田道雄2), 木村裕一3)
1)早大理工, 2)都老人研PET, 3)日大生産工
核医学, 31(7) : 1994, 732-732.
Summary

262. MacintoshコンピュータによるEXACT47PETスキャナの性能評価の試み
松浦元1), 三宅可浩1), 林田孝平2), 石田良雄2)
1)生体機能研, 2)国循センタ・放
核医学, 31(7) : 1994, 732-732.
Summary

263. コンパートメントモデル解析における非線形最小自乗法の反復改良アルゴリズムの性能比較
田口篤1), 内山明彦1), 千田道雄2), 外山比南子2), 木村裕一3)
1)早大理工学部, 2)都老人研PET, 3)日大生産工学部
核医学, 31(7) : 1994, 733-733.
Summary

264. ポジトロンECT装置Headtome-Vの定量解析プログラムの開発
横井孝司, 飯田秀博*, 三浦修一*, 北村圭司*, 天野昌治*, 菅野巌*
島津製作所 医用技術部, *秋田脳研放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 733-733.
Summary

265. 大視野臨床PET HEADTOME-Vの開発
天野昌治1), 佐藤友彦1), 田中和己1), 山本誠一1), 横井孝司1), 小林晋1), 稲岡祐一1), 北村圭司1), 島田義明1), 橘一成1), 松山恒和1), 三浦修一2), 菅野巌2), 飯田秀博2)
1)島津製作所 医用技術部, 2)秋田県立脳血管研究センター
核医学, 31(7) : 1994, 733-733.
Summary

266. GE ADVANCE Clinical PET scannerのハードウエア構成
関口康晴, 庄司健一, 新井教郎, 戸部隆明, 岡本泰範, 杉浦淳夫
GE横河メディカル
核医学, 31(7) : 1994, 733-733.
Summary

267. GE ADVANCE Clinical PET Scannerのソフトウェァ構成
庄司健一, 関口康晴, 新井教郎, 戸部隆明, 岡本泰範, 杉浦淳夫
GE横河メディカル
核医学, 31(7) : 1994, 733-733.
Summary

268. PET診断用 [15O] 水注入装置の開発
田中明1), 広石健1), 鈴木啓文1), 大宮康明2), 三宅義徳3), 林田孝平3), 石田良雄3), 西村恒彦4)
1)住友重機械, 2)住重加速器サービス, 3)国循放診部, 4)阪大医トレーサー
核医学, 31(7) : 1994, 733-733.
Summary

269. Tetra-n-butylammonium bicarbonate (TBAHCO3) を用いるNCA [18F]-FDG合成装置の開発
湯浅光秋1), 菅原迪1), 川内谷宏治1), 石田稔幸2)
1)日本製鋼所・加速器, 2)技術研究所
核医学, 31(7) : 1994, 734-734.
Summary

270. ガンマカメラPRISM XPシリーズの開発
貴志治夫, 高橋宗尊, 岡均, 熊沢良彦, 松山恒和
島津製作所 医用技術部
核医学, 31(7) : 1994, 734-734.
Summary

271. PRISMのトランスミッション・スキャンSTEP : Simultaneous Transmission Emission Protocol
高橋宗尊, 貴志治夫, 岡均, 熊沢良彦, 松山恒和
島津製作所医用技術部
核医学, 31(7) : 1994, 734-734.
Summary

272. PRISMのカーディオ・ファンビーム・コリメータ
岡均, 貴志治夫, 高橋宗尊, 熊沢良彦, 松山恒和
島津製作所医用技術部
核医学, 31(7) : 1994, 734-734.
Summary

273. シーメンスの心臓専用および511KeV対応コリメーターについて
中辻博
シーメンス旭メディテック株式会社
核医学, 31(7) : 1994, 734-734.
Summary

274. デュアルヘッドガンマカメラ sophycamera DST
三浦千春, 飯野公則, 若汐豊
アロカ株式会社
核医学, 31(7) : 1994, 734-734.
Summary

275. 2検出器形 ガンマカメラGCA-7200Aの寝台の開発
蔵掛忠一, 高梨哲行, 片岡孝司, 岩崎俊朗
東芝那須
核医学, 31(7) : 1994, 735-735.
Summary

276. EXACT 47スキャナを用いた臨床PET検査条件の基礎的検討
松浦元1), 三宅可浩1), 林田孝平2), 石田良雄2)
1)生体機能研, 2)国循センタ・放
核医学, 31(7) : 1994, 735-735.
Summary

277. 47スライス機PETスキャン (EXACT) の臨床有用性の検討
林田孝平1), 三宅義徳1), 石田良雄1), 松浦元2), 三宅可浩2), 西村恒彦3)
1)国循セン・放, 2)生体機能研究所, 3)阪大・トレーサー
核医学, 31(7) : 1994, 735-735.
Summary

278. 大視野臨床PET HEADTOME-Vの全身スキャン
佐藤友彦1), 田中和己1), 天野昌治1), 山本誠一1), 横井孝司1), 小林晋1), 稲岡祐一1), 北村圭司1), 島田義明1), 橘一成1), 松山恒和1), 畑澤順2), 三浦修一2), 菅野巌2), 飯田秀博2)
1)島津製作所 医用技術部, 2)秋田県立脳血管研究センター
核医学, 31(7) : 1994, 735-735.
Summary

279. Headtome-V-DualのDual-PET装置としての使用
飯田秀博1), 畑澤順1), 三浦修一1), 庄司安明1), 菅野巌1), 上村和夫1), 島田義明2)
1)秋田脳研・放, 2)島津製作所
核医学, 31(7) : 1994, 735-735.
Summary

280. Headtome-V-Dualの初期臨床利用経験
畑澤順, 飯田秀博, 菅野巖, 三浦修一, 村上松太郎, 奥寺利男, 犬上篤, 小川敏英, 藤田英明, 下瀬川恵久, 野口京, 相沢康夫, 蜂谷武憲, 庄司安明, 羽上栄一, 高橋和弘, 佐々木広, 上村和夫
秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 735-735.
Summary

282. PRISM3000の使用経験
間宮敏雄, 町田喜久雄, 本田憲業, 高橋卓, 釜野剛, 鹿島田明夫, 長田久人
堵玉医大医療センター放
核医学, 31(7) : 1994, 736-736.
Summary

283. OPTIMA4000iの使用経験 (Starcam400AC / Tとの比較検討)
斉藤節, 橋口邦紘, 池上匡
横浜南共済病院・放
核医学, 31(7) : 1994, 736-736.
Summary

284. 三検出器SPECT装置によるTCT画像の作成と臨床応用
木下富士美, 柳沢正道, 戸川貴史, 油井信春, 秋山芳久
千葉県がんセンター核医学診療部
核医学, 31(7) : 1994, 736-736.
Summary

285. HEADTOME SET 080におけるクロスキャリブレーション値の経時的変化の検討
相沢康夫, 蜂谷武憲, 庄司安明, 飯田秀博, 菅野巖
秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 736-736.
Summary

286. リングSPECT装置 – HEADTOMESET080物理的性能 (続報)
庄司安明, 相沢康夫, 下瀬川恵久, 蜂谷武憲, 菅野巌, 上村和夫
秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 736-736.
Summary

287. 連続回転収集における体動の影響の基礎的検討
荒井博史1), 表英彦1), 高橋典子1), 勝浦秀則1), 鈴木幸太郎1), 久保直樹2), 伊藤和夫3), 古舘正從3)
1)北大・放部, 2)北大医短・放, 3)北大・核医学
核医学, 31(7) : 1994, 737-737.
Summary

288. 虚血心筋の壁運動回復におけるT1および123I-BMIPP心筋シンチグラフィーの経時的変化
立川弘孝, 寺田幸治, 森本聡, 井上啓司, 加藤周司, 杉原洋樹*
村上記念病院 内, *京府医放
核医学, 31(7) : 1994, 738-738.
Summary

289. 急性心筋梗塞におけるT1/BMIPP集積解離パターンの部位別解析
橋本暁佳, 中田智明, 勝賀瀬貴, 平沢邦彦, 尾形仁子, 藤原嗣允, 松村尚哉, 山下裕久, 小林毅, 藤森研司, 油野民雄, 古舘正従
北海道心筋代謝画像検討会
核医学, 31(7) : 1994, 738-738.
Summary

290. 陳旧性心筋梗塞 (OMI) における心筋viabilityの評価 – 123I – BMIPPを用いて –
関口信哉1), 近藤朗彦1), 水野幸一1), 須永達哉1), 辻野大二郎1), 斎藤宣彦1), 板垣勝義2)
1)聖マ医大三内, 2)核放
核医学, 31(7) : 1994, 738-738.
Summary

291. 梗塞心筋におけるBMIPP集積の経時的変化
堀内孝一1), 斎藤頴1), 小沢友紀雄1), 上松瀬勝男1), 今井嘉門2)
1)日本大学医学部第2内科, 2)埼玉県小原循環器病センター
核医学, 31(7) : 1994, 738-738.
Summary

292. 慢性完全閉塞例の灌流障害および脂肪酸代謝障害の検討 – 安静時123I-BMIPP / 運動負荷・再静注201T1心筋シンチグラムを用いて –
伊藤一貴1, 杉原洋樹2, 寺田幸治1, 谷口洋子1, 大槻克一1, 馬本郁男1, 松本雄賀1, 中川達哉1, 前田知穂2, 中川雅夫1
1京府医大2内, 2放
核医学, 31(7) : 1994, 738-738.
Summary

293. 123I-BMIPP心筋シンチグラフィの慢性虚血性心疾患例における臨床的意義
武安法之1), 小出直1), 杉本恒明1), 渡辺重行2), 鰺坂隆一2), 杉下靖郎2), 武田徹3), 石川演美3), 板井悠二3)
1)関東中央 循内, 2)筑波大 内, 3)放
核医学, 31(7) : 1994, 738-738.
Summary

294. 抗癌剤動注の正常脳への影響 : 123IMP-SPECTによる定量評価
戸村則昭1), 小林満1), 加藤弘毅1), 佐藤公彦1), 渡会二郎1), 佐々木一文2)
1)秋田大 放, 2)中放
核医学, 31(7) : 1994, 739-739.
Summary

295. Vn値を用いた正常圧水頭症に対するL-Pシャント術前後の脳血流の評価
川本雅美1), 池上匡2), 斎藤節2), 雑賀一美3)
1)横浜市大・放, 2)横浜南共済病院・放, 3)小田原市立病院・放
核医学, 31(7) : 1994, 739-739.
Summary

296. 99mTc-HMPAO SPECTの局所脳血流低下域の描出能 — 133XeおよびX-CT所見との対比による検討 —
駒谷昭夫, 安久津徹, 高橋和栄, 間中友季子, 長畑守雄, 山口昂一
山形大 放
核医学, 31(7) : 1994, 739-739.
Summary

297. 99mTc-ECDの血中代謝の検討 (第2報)
井上優介, 百瀬敏光, 西川潤一, 佐々木康人
東大 放
核医学, 31(7) : 1994, 739-739.
Summary

298. Dynamic SPECTによる99mTc-ECDの脳内動態の検討
石津浩一, 西澤貞彦, 米倉義晴*, 岡沢秀彦, 田中富美子, 藤田透, 間賀田泰寛, 北野治廣, 玉木長良, 小西淳二
京大核医学, *脳病態生理
核医学, 31(7) : 1994, 739-739.
Summary

299. Tc-99m ECDによる非侵襲的脳血流測定
松田博史1), 辻志郎2), 久田欣一2)
1)国立精神・神経センター武蔵病院放射線科, 2)金沢大学・核医学
核医学, 31(7) : 1994, 739-739.
Summary

300. 123I-Iomazenilを用いた脳内ベンゾジアゼピン受容体の定量的測定における検査方法の簡略化
大西良浩1), 米倉義晴2), 向井孝夫3), 西澤貞彦4), 田中富美子4), 藤田透4), 石津浩一4), 岡沢秀彦4), 玉木長良4), 小西淳二4)
1)日本メジフィジックス, 2)京大 脳病態, 3)京医技短大, 4)京大 核
核医学, 31(7) : 1994, 740-740.
Summary

301. 心筋梗塞でのT1/BMIPP集積解離について
高野英行, 小林毅, 中田智明, 甲谷哲郎, 美田晃章, 続雅博, 長尾和彦, 浜辺晃, 山下裕久, 藤森研司, 油野民雄, 古舘正従

北海道心筋代謝画像検討会
核医学, 31(7) : 1994, 741-741.
Summary

302. BMIPP心筋シンチグラムの亜急性期および慢性期像と左室壁運動の検討
飯野均1), 阿部正宏1), 師田基1), 鷲見禎仁1), 白石裕盛1), 栗原正人1), 落合恒明1), 阿部敏弘1), 永井義一2), 伊吹山千晴2)
1)東医大霞ヶ浦循内, 2)東医大2内
核医学, 31(7) : 1994, 741-741.
Summary

303. BMIPPとTLの解離領域のエネルギー代謝 : PETとの対比検討
玉木長良1), 多田村栄二1), 菊地隆徳1), 鳥塚達郎1), 工藤崇1), 服部直也1), 間賀田泰寛1), 藤林康久1), 米倉義晴1), 小西淳二1), 羽田龍彦2), 野原隆司2), 篠山重威2)
1)京大核, 2)3内
核医学, 31(7) : 1994, 741-741.
Summary

304. 虚血領域における脂肪酸代謝 : 安静時I-123-BMIPP像とT1-201運動負荷心筋再静注法での比較検討
滝淳一1), 中嶋憲一1), 村守朗1), 谷口充1), 松成一朗1), 利波紀久1), 久田欣一1), 分校久志2), 高田重男3)
1)金大核, 2)医療情報, 3)一内
核医学, 31(7) : 1994, 741-741.
Summary

305. 狭心症におけるBMIPP集積異常の意義 – 病型別検討 –
山下裕久, 井門明, 田中秀一, 中田智明, 橋本雅幸, 加藤淳一, 福澤純, 近藤明文, 福山周三郎, 小林毅, 藤森研司, 油野民雄, 古舘正従
北海道心筋代謝画像検討会
核医学, 31(7) : 1994, 741-741.
Summary

306. 123-I BMIPP心筋シンチの有用性の検討
鈴木保孝*, 影山貴一**, 斉藤隆司***, 鈴木明美***
*聖隷浜松病院循環器科, **放射線科, ***画像診断部
核医学, 31(7) : 1994, 741-741.
Summary

307. 肥大型心筋症におけるI-123 BMIPP心筋シンチグラフィーの臨床的意義
大竹義章1), 諏訪道博1), 弘田雄三1), 河村慧四郎1), 足立至2), 杉岡靖2), 楢林勇2)
1)大阪医大三内, 2)放
核医学, 31(7) : 1994, 742-742.
Summary

308. 肥大型心筋症における123I-BMIPP心筋シンチグラム所見の経時的変化
桑野浩彦1), 木村元政1), 高橋直也1), 酒井邦夫1), 和泉徹2)
1)新潟大 放射線科, 2)第一内科
核医学, 31(7) : 1994, 742-742.
Summary

309. 123I-BMIPPによる肥大型心筋症の予后判定 – 全国6施設による共同研究 –
西村恒彦1), 植原敏勇1), 両角隆一1), 永田正毅2), 石田良雄2), 中田智明3), 飯村攻3), 倉田千弘4), 若林康4), 杉原洋樹5), 大槻克一5), 和田豊郁6), 古賀義則6)
1)阪大医トレーサ / 一内, 2)国循センター内 / 放, 3)札医大二内, 4)浜松医大三内, 5)京府医大放 / 二内, 6)久留米大三内
核医学, 31(7) : 1994, 742-742.
Summary

310. 肥大型心筋症の超音波組織性状と心筋脂肪酸代謝および心筋灌流異常
島孝友, 杉原洋樹*, 平崎智士, 伊藤一貴, 寺田幸治, 谷口洋子, 大槻克一, 中川雅夫
京府医大二内, *放
核医学, 31(7) : 1994, 742-742.
Summary

311. 肥大型心筋症における脂肪酸代謝障害, 病型による差異と左心予備能におよぼす影響
成田充啓1), 栗原正1), 宇佐美暢久1), 本田稔2), 金尾啓介2)
1)住友病院 内, 2)住友病院 RI
核医学, 31(7) : 1994, 742-742.
Summary

312. 糖代謝・脂肪酸代謝・血流イメージングによる肥大型心筋症の分類とその意義
石田良雄1), 三宅義徳1), 佐合正義1), 岡尚嗣1), 広瀬義晃1), 高橋延和1), 林田孝平1), 植原敏勇2), 西村恒彦2)
1)国循セン・放, 2)阪大
核医学, 31(7) : 1994, 742-742.
Summary

313. 心筋症症例における123I-BMIPPと123I-MIBG心筋シンチグラフィの比較検討
森豊1), 橋本廣信1), 梅沢千章1), 佐久間亨1), 武内弘明1), 福田安1), 原田潤太1), 金江清2), 鈴木照彦2), 大山典明2)
1)慈恵医大柏・放, 2)内科
核医学, 31(7) : 1994, 743-743.
Summary

314. Low UPTAKE AND HIGH WASHOUT RATE OF I-123 BMIPP IN APEX REGION IN PATIENTS WITH HYPERTROPHIC CARDIOMYOPATHY (HCM)
陳紹亮, 植原敏勇, 両角隆一, 山上英利, 楠岡英雄, 西村恒彦
阪大・医・トレーサ情報解析
The Japanese Journal of nuclear medicine, 31(7) : 1994, 743-743.
Summary

315. BMIPP心筋SPECTによる拡張型心筋症の評価
山科昌平, 山崎純一, 細井宏益, 武藤浩, 蒲野俊雄, 山科久代, 南條修二, 松川星四廊, 森下健
東邦大1内
核医学, 31(7) : 1994, 743-743.
Summary

316. 大動脈弁閉鎖不全症における123I-BMIPP心筋SPECT像の特徴
松室明義1), 宮尾賢爾1), 田中哲也1), 栗林敏郎1), 辻光1), 北村誠1), 村田稔2), 山下正人2)
1)京二日赤 内, 2)放
核医学, 31(7) : 1994, 743-743.
Summary

317. 非虚血性完全左脚ブロック症例の心筋脂肪酸代謝及び交感神経イメージングの検討
井上一也1), 開発直明1), 北崎和久1), 宇治茂2), 前田和美3)
1)国立明石循, 2)放, 3)神大医技
核医学, 31(7) : 1994, 743-743.
Summary

318. 完全左脚ブロック症例の心筋脂肪酸代謝異常の検討
杉原洋樹, 大槻克一*, 伊藤一貴*, 松本雄賀*, 谷口洋子*, 寺田幸治*, 中川達哉*, 中川雅夫*, 前田知穂
京府医大放, *二内
核医学, 31(7) : 1994, 743-743.
Summary

319. 心尖部肥大型心筋症と肥大型心筋症の心蔵交感神経機能異常と心筋虚血における差異
谷口洋子1, 杉原洋樹2, 松本雄賀3, 寺田幸治3, 伊藤一貴3, 志賀浩治3, 大槻克一3, 中川達哉3, 小杉義和1, 望月茂1, 中川雅夫3
1国立八日市循内, 2京都府立医大放, 32内
核医学, 31(7) : 1994, 744-744.
Summary

320. 肥大型心筋症と高血圧性心臓病の123I-MIBG心筋シンチグラムにおける差異についての検討
寺田幸治1, 杉原洋樹3, 伊藤一貴2, 計良夏哉1, 里田雅彦1, 森本聡1, 井上啓司1, 立川弘孝1, 加藤周司1, 中川雅夫2
1朝日大学村上記念病院 内, 2京府医大 2内, 3放
核医学, 31(7) : 1994, 744-744.
Summary

321. 心筋症における心臓交感神経活性元進に対するACE活性の関与
若杉茂俊, 野口敦司, 橋詰輝己, 井深啓次郎, 長谷川義尚, 中野俊一
大阪成人病センター
核医学, 31(7) : 1994, 744-744.
Summary

322. 高血圧心におけるMIBGI-123SPECTの意義 : 重症度を評価することが可能か ?
三谷勇雄1), 義井譲1), 成瀬雅彦1), 岩沢祐二1), 菅野晃靖1), 泉和弥2), 朝倉晃一2)
1)済生会横浜市南部病院循内, 2)放
核医学, 31(7) : 1994, 744-744.
Summary

323. 高血圧性心疾患における123I-MIBG心i筋シンチグラフィーの検討
森本聴, 寺田幸治, 計良夏哉, 里田雅彦, 井上啓司, 立川弘孝, 加藤周司
朝日大学村上記念病院 内
核医学, 31(7) : 1994, 744-744.
Summary

324. 筋緊張性ディストロフィーに伴う心筋障害の123I MIBG心筋SPECTによる早期診断
本田憲業, 町田喜久雄, 間宮敏夫, 高橋卓, 釜野剛, 鹿島田明夫, 長田久人, 清水裕次, 瀧島輝男, 木下正信*, 井上優介**
埼玉医大総合医セ放, *4内, **東大放
核医学, 31(7) : 1994, 744-744.
Summary

325. 蘇生後脳および脳死における局所脳血流の測定
小野志磨人, 森田浩一, 曽根照喜, 永井清久, 大塚信昭, 柳元真一, 友光達志, 三村浩朗, 福田充宏*, 青木光広*, 福永仁夫
川崎医大 核医学, *救急医学
核医学, 31(7) : 1994, 745-745.
Summary

326. 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の123I-IMP SPECT所見
清野哲孝1), 武中泰樹1), 篠塚明1), 簫為紅1), 峰尾徹1), 菱田豊彦1), 市川博雄2), 杉田幸二郎2)
1)昭和大・放, 2)昭和大・神内
核医学, 31(7) : 1994, 745-745.
Summary

327. ウィルス性脳炎のSPECT所見について
桂木誠1), 鳥越隆一郎2)
1)聖マリア病院 画像診断部, 2)脳神経センター
核医学, 31(7) : 1994, 745-745.
Summary

328. Neuro-Bechet病の脳血流
渡辺直人, 瀬戸光, 清水正司, 蔭山昌成, 柿下正雄
富山医薬大 放
核医学, 31(7) : 1994, 745-745.
Summary

329. 精神症状を伴うSLEの画像診断 (第2報) : 18F-FDG-PETによる検討
小松尚也1), 児玉和宏1), 山内直人1), 内田佳孝2), 吉川京燦2), 今井康則2), 宇野公一2)
1)千葉大, 精, 2)千葉大, 放
核医学, 31(7) : 1994, 745-745.
Summary

330. 99mTc-HMPAO SPECTによる老年期難治性うつ病の検討 – 解剖学的基準化を用いた解析 –
伊藤浩1), 川島隆太1), 小野修一1), 後藤了以1), 赤井沢隆1), 佐藤和則1), 吉岡清郎1), 福田寛1), 粟田主一2), 菅原幸恵2), 佐藤光源2)
1)東北大加齢研・機能画像, 2)東北大・精神科
核医学, 31(7) : 1994, 745-745.
Summary

331. 中枢性睡眠時無呼吸を伴う肥満患者における123I-IMPによる局所脳血流量低下についての検討
山根光量1), 木原進士1), 篠原悦子1), 新井武志1), 毛受正和1), 中村正1), 山下静也1), 竹村芳1), 松沢佑次1), 善積透2), 青山毅2), 山崎紘一2)
1)阪大二内, 2)箕面市立放科
核医学, 31(7) : 1994, 746-746.
Summary

332. 狭心症例における123I-MIBGシンチグラムでの欠損の有無と病歴上の特長
松本延介1), 小林秀樹1), 百瀬満1), 牧正子1), 日下部きよ子1), 仁木清美2), 住吉徹哉2), 堀江俊伸2), 細田差一2)
1)東京女子医科大学 放射線科, 2)循内
核医学, 31(7) : 1994, 747-747.
Summary

333. 虚血性心臓病における123I-MIBG心筋シンチグラフィーの検討
田中聡1), 和田豊郁1), 古賀義則1), 石橋正敏2), 森田誠一郎2), 早淵尚文2)
1)久留米大 三内, 2)放
核医学, 31(7) : 1994, 747-747.
Summary

334. I-123MIBG 心筋SPECTの局所washout mapによる虚血診断 ; 冠攣縮性狭心症例での検討
前野正和1), 石田良雄1), 広瀬義晃1), 高橋延和1), 林田孝平1), 浜田星紀1), 野々木宏1), 西村恒彦2)
1)国循セン, 2)阪大トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 747-747.
Summary

335. I-123MIBG心筋シンチによる早期再灌流療法後の虚血部位評価の意義 (慢性期も含めて)
窪田靖志1), 松原欣也1), 杉原洋樹2), 中川雅夫3)
1)京都市立病院 循内, 2)京都府立医大 放, 3)二内
核医学, 31(7) : 1994, 747-747.
Summary

336. 123I-MIBG心筋シンチを用いた急性心筋梗塞再灌流療法後の心交感神経機能の経時的観察
矢坂義則, 梶谷定志, 銕寛之, 吉田浩, 芦原龍彦*
姫路循環器病セ 循環器科, *放科
核医学, 31(7) : 1994, 747-747.
Summary

337. 急性心筋梗塞再疎通療法施行例での心筋交感神経除神経の遷延化
高橋延和1), 石田良雄1), 前野正和1), 広瀬義晃1), 林田孝平1), 野々木宏1), 西村恒彦2)
1)国循セン, 2)阪大トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 747-747.
Summary

338. 123I-MIBG, 123I-BMIPP心筋イメージングによる拡張型心筋症の評価
栗原正1), 成田充啓1), 宇佐美暢久1), 本田稔2), 金尾啓右2)
1)住友病院内科, 2)RI
核医学, 31(7) : 1994, 748-748.
Summary

339. 不全心・心筋症における123I-MIBG SPECTの定量解析
藤森研司1), 柴田雅仁1), 森田和夫1), 中田智明2), 湯田聡2), 田中繁道2), 飯村攻2)
1)札医大放射線科, 2)第2内科
核医学, 31(7) : 1994, 748-748.
Summary

340. 123I-MIBG心筋シンチグラムによる慢性心不全症の検討 – 拡張型心筋症と僧帽弁狭窄症の比較 –
岩橋正典, 山辺裕, 矢野隆, 金秀植, 藤田英樹, 前田和美, 横山光宏
神戸大学第一内科
核医学, 31(7) : 1994, 748-748.
Summary

341. 拡張型心筋症 (DCM) におけるLate Potential (LP9 の有無と, TL-201及びI-123-MIBG心筋シンチグラムから見た心筋障害の重症度との関連について
宮之原浩, 小寺顕一, 古田利久, 堀ノ内治, 真田純一, 有馬暉勝
鹿児島大2内
核医学, 31(7) : 1994, 748-748.
Summary

342. 閉塞性肥大型心筋症, 非閉塞性肥大型心筋症, 拡張相肥大型心筋症における, 123I-MIBG心筋シンチグラフィー (MIBG) の特徴
仁木清美1), 小林秀樹1), 百瀬満1), 松本延介1), 堀江俊伸1), 細田瑳一1), 日下部きよ子2)
1)東京女子医大心研, 2)放科
核医学, 31(7) : 1994, 748-748.
Summary

343. 肥厚性心筋症 (HCM) における安静時と運動負荷時123I-MIBG心筋シンチグラフィの検討
長根忠人1), 井門明1), 柏木雄介1), 早川拓治1), 中村泰浩1), 山下裕久1), 菊池健次郎1), 佐藤順一2), 石川幸雄2), 高塩哲也3), 斉藤泰博3), 秀毛範至3), 油野民雄3)
1)旭川医大・一内, 2)病院放部, 3)放
核医学, 31(7) : 1994, 748-748.
Summary

344. 123I-MIBG心筋シンチグラフィーによる心不全の病態の検討 : 基礎疾患との関連
今村義浩, 安藤洋志, 江頭省吾, 真崎浩行, 満岡渉, 竹本真生, 大塚知明, 芦原俊昭, 福山尚哉
松山日赤循
核医学, 31(7) : 1994, 749-749.
Summary

345. 健常者と拡張型心筋症 (DCM) 患者の123I-MIBG心筋早期洗いだし率及び心筋摂取率の比較
舘野円1), 鈴木英樹1), 織内昇1), 井上登美夫1), 遠藤啓吾1), 今井俊幸2), 大竹英則2), 鈴木康3), 外山卓二3), 岩崎勉3), 今井進3), 鈴木忠3)
1)群大核, 2)中放, 3)二内
核医学, 31(7) : 1994, 749-749.
Summary

346. 心筋症における自律神経機能評価 — 123I-MIBGとRR間隔周波数分析との比較 —
吉岡公一郎1), 田辺晃久1), 臼井和胤1), 岩元智超1), 田川隆介1), 椎名豊1), 井出満1), 友田春夫1), 半田俊之介1), 鈴木豊2)
1)東海大1内, 2)放射線
核医学, 31(7) : 1994, 749-749.
Summary

347. MIBG心筋シンチグラフィーによる心不全の病態の検討 ; 拡張型心筋症におけるMIBG動態の経時的変化
今村義浩, 安藤洋志, 江頭省吾, 真崎浩行, 満岡渉, 竹本真生, 大塚知明, 芦原俊昭, 福山尚哉
松山日赤循
核医学, 31(7) : 1994, 749-749.
Summary

348. 拡張型心筋症における123I-MIBGシンチグラフィーの有用性
長田久人, 町田喜久雄, 本田憲業, 間宮敏雄, 高橋卓, 釜野剛, 鹿島田明夫, 清水裕次
埼玉医科大学総合医療センター
核医学, 31(7) : 1994, 749-749.
Summary

349. 拡張型心筋症における心筋局所I-123MIBG washout rate計測の意義
前野正和1), 石田良雄1), 高橋延和1), 広瀬義晃1), 林田孝平1), 宮武邦夫1), 西村恒彦2)
1)国循セン, 2)阪大トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 749-749.
Summary

350. O-15水を用いた心筋PTFの測定 – OMIにおけるFDG画像との比較
飯田秀博1), Juhani Knuuti, Ulla Ruotsalainen, Liisa-Maria Voipio-Pulkki, Uno Wegelius2)
1)秋田脳研, 2)Turku PET Project
核医学, 31(7) : 1994, 750-750.
Summary

351. 局所血流 / 糖代謝の極座標表示上での比較解析による心筋viabilityの評価 – 梗塞心筋における検討 –
植原敏勇1), 石田良雄, 岡尚嗣, 佐合正義, 三宅義徳, 野々木宏2), 高岡寛, 天野昌治3), 西村恒彦4)
1)阪大, 2)国循セン, 3)島津, 4)阪大
核医学, 31(7) : 1994, 750-750.
Summary

352. Acipimox投与下FDG心筋PETの有用性
工藤崇, 玉木長良, 多田村栄二, 河本雅秀, 服部直也, 鳥塚達郎, 間賀田泰寛, 米倉義晴, 小西淳二1), 野原隆司, 篠山重威2)
1)京大核医学, 2)第三内科
核医学, 31(7) : 1994, 750-750.
Summary

353. FDG・ポジトロンCTにおける動脈入力関数に関する一考察
庭山博行, 島田和浩, 橘川志延, 相生真吾, 山内雅人, 志鎌伸昭, 中川敬一, 氷見寿治, 増田善昭1), 吉田勝哉2)
1)千葉大三内, 2)放医研
核医学, 31(7) : 1994, 750-750.
Summary

354. 急性心筋梗塞の画像診断 : タリウムシンチ, ピロリン酸シンチとGd-DTPA造影MRIの比較
杉原弘美, 杉村和朗, 湯浅貢司, 磯原正美1), 島田俊夫2)
1)島根医大・放, 2)4内
核医学, 31(7) : 1994, 750-750.
Summary

355. 31P-MRSによる心筋viability評価の試み – 201Tl心筋シンチとの比較 –
田原敬典, 大鈴文孝, 林克己, 高山英一, 山岸正, 山内靖隆, 勝然秀一, 中村治雄1), 新井眞二, 小須田茂, 草野正一2)
1)防衛医大第1内科, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 750-750.
Summary

356. 18F標識DOPAプロドラッグの線条体集積への代謝阻害剤の効果と代謝物分析 : 18FDOPAとの比較検討
石渡喜一, 篠田正樹, 石井信一, 野崎正, 千田道雄
都老人研PET, 北里大衛生
核医学, 31(7) : 1994, 751-751.
Summary

357. 各種病態における速度定数が意味するもの
水川典彦, 関本達之1), 今堀芳夫, 大森義雄, 上田聖2)
1)社保神戸中央 脳外, 2)京府医大 脳外
核医学, 31(7) : 1994, 751-751.
Summary

358. 11C標識オクタン酸のラット体内動態 – 脳脂質代謝機能診断薬開発のための基礎的検討 –
久下裕司, 矢嶋一賀, 川島秀文, 山崎裕義1), 橋本直人, 三宅可浩
生体機能研究所, 1)現,田辺製薬
核医学, 31(7) : 1994, 751-751.
Summary

359. α-メチル脂肪酸による脳代謝イメージング
小川幸次, 野崎正1), 石渡喜一, 佐々木徹, 千田道雄2)
1)北里大衛生, 2)都老人研PET
核医学, 31(7) : 1994, 751-751.
Summary

360. [1-11C] ヘキサン酸 : PETによる脳代謝診断薬としての基礎的検討 : 絶食と低酸素の効果
石渡喜一, 石井賢二, 小川幸次, 外山比南子, 野崎正, 千田道雄
都老人研PET, 北里大衛生
核医学, 31(7) : 1994, 751-751.
Summary

361. 老化促進モデルマウス (SAMP8, R1) 脳内糖代謝の変化に関する分子生物学的検討
藤林康久, 脇厚生, 横山陽1), 米倉義晴, 小西淳二2)
1)京大・薬, 2)京大・核
核医学, 31(7) : 1994, 751-751.
Summary

362. 梗塞部残存心筋検出における運動負荷Tl-201心筋SPECTとドブタミン負荷心エコー図の比較
秋元奈保子, 川本洋子, 小野邦春, 石川連三, 井上健彦, 塚原玲子, 上嶋権兵衛1), 山崎純一, 森下健2)
1)東邦大学二内, 2)一内
核医学, 31(7) : 1994, 752-752.
Summary

363. 心筋viability評価におけるドブタミン負荷心プールシンチグラフィと心エコー図との比較 – Tl-201運動負荷心筋SPECT (再静注法) を用いて –
外山卓二, 久保田幸夫, 磯部直樹, 鈴木康, 長岡秀樹, 塚越譲一, 神田享勉, 飯塚利夫, 今井進, 村田和彦1), 館野円, 遠藤啓吾2), 鈴木忠3), 星崎洋, 大島茂, 谷口興一4)
1)群馬大学第2内科, 2)群馬大学核医学, 3)群馬大学医療短期大学部, 4)群馬県立循環器病センター
核医学, 31(7) : 1994, 752-752.
Summary

364. グルコース負荷心筋シンチグラフィによる新しい心筋viability評価法
千葉博, 篠原昇一, 松本久, 山下雅司, 松田圭市, 玉城博行, 田端志郎, 水野俊和, 大野穣一1), 西村恒彦2)
1)耳原総合病院, 2)大阪大学トレーサー
核医学, 31(7) : 1994, 752-752.
Summary

365. 虚血性心疾患におけるニソルジピンの心筋灌流に及ぼす影響 – 運動負荷Tl心筋SPECTによる検討 –
宗像健彦, 山崎純一, 五十嵐正樹, 細井宏益, 南條修二, 山科昌平, 松川星四郎, 森下健
東邦大1内
核医学, 31(7) : 1994, 752-752.
Summary

366. Tl-201早期再静注法におけるearly fill-inとdelayed fill-inの臨床的意義
吉田裕, 坂田和之, 望月守, 神山司, 吉村正己, 星野恒雄, 鏑木恒男
静岡県立総合病院 循環器科 核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 752-752.
Summary

367. 心拍補正washoutを用いた運動負荷201Tl (TL) 心筋シンチ単独による心筋viability評価の改善
渡辺直彦, 木島幹博, 池田精宏1), 丸山幸夫2)
1)星病院循環器科, 2)福島医大第一内科
核医学, 31(7) : 1994, 752-752.
Summary

368. 心電図ゲートTc-99m MIBI心筋イメージングによる局所血流分布・収縮能のブルズアイ表示とその意義
川野成夫, 石田良雄, 広瀬義晃, 前野正和, 高橋延和1), 野々木宏2), 長谷川兵治3)
1)国循セン・放, 2)心内, 3)東芝技研
核医学, 31(7) : 1994, 753-753.
Summary

369. 99mTc-MIBIを用いた心筋gated SPECT (G) 法のuptakeの検討 – non-gated SPECT (NG) 法との対比 –
小野口昌久, 丸野広大, 村田啓, 藤永剛1), 小宮山伸之2)
1)虎の門病院・放, 2)循セ
核医学, 31(7) : 1994, 753-753.
Summary

370. 心電図同期Tc-99m MIBI SPECTによる壁肥厚の定量的評価 (1) 健常例での検討
白川誠士, 服部直也, 玉木長良, 藤田透, 矢野慎輔, 工藤崇, 米倉義晴, 小西淳二1), 高橋宗尊2)
1)京大核, 2)島津製作所
核医学, 31(7) : 1994, 753-753.
Summary

371. 心電図同期Tc-99m MIBI SPECTによる壁肥厚の定量的評価 (2) 心筋梗塞症例の検討
服部直也, 白川誠士, 玉木長良, 藤田透, 工藤崇, 米倉義晴, 小西淳二1), 野原隆司, 篠山重威2), 高橋宗尊3)
1)京大核, 2)3内, 3)島津製作所
核医学, 31(7) : 1994, 753-753.
Summary

372. Tc-99m-MIBI心電図同期心筋spectによるregional wall thickeningの評価
若杉茂俊, 橋詰輝己, 野口敦司, 井深啓次郎, 長谷川義尚, 中野俊一
大阪成人病センター
核医学, 31(7) : 1994, 753-753.
Summary

373. 99mTc-MIBIを用いた心拍同期心筋SPECTによるwall thickningの評価
福地一樹, 伊藤康志, 植原敏勇, 山上英利*, 両角隆一**, 久保田雅博***, 長谷川兵治***, 西村恒彦
阪大トレーサ, *放科, **1内, ***東芝
核医学, 31(7) : 1994, 753-753.
Summary

374. 心電図同期心筋SPECTにおける部分容積効果の影響について
中村幸夫, 藤埜浩一, 大森英史, 久住佳三, 植原敏勇1), 西村恒彦2), 両角隆一3), 長谷川兵治4)
1)阪大放部, 2)トレーサ, 3)一内, 4)東芝那須工場
核医学, 31(7) : 1994, 754-754.
Summary

375. 99mTc-MIBI心筋Gate SPECTによる左室容積の算出.
片渕哲朗, 石田良雄, 広瀬義晃, 高橋延和, 浜田星紀, 林真1), 長谷川兵治2)
1)国立循セン 放診部, 2)東芝医療機器技術研究所
核医学, 31(7) : 1994, 754-754.
Summary

376. 99mTc-MIBI ECG-gated SPECTにおける拡張期像の作成
西村哲浩1, 近藤武2, 江尻和隆2, 立木秀一2, 外山宏3, 徳田衛4, 渡辺佳彦4
1藤田保健衛生大学 病院放, 2衛放技, 3医放, 4医内
核医学, 31(7) : 1994, 754-754.
Summary

377. 心拍同期Tc-99m-MIBI SPECTによる虚血性心疾患の診断 – Tl-201との比較を含めて
山下武廣, 佐藤篤司, 松村尚哉, 鈴木久美子1), 伊藤和夫2)
1)函館中央, 循内, 2)北大, 核
核医学, 31(7) : 1994, 754-754.
Summary

378. 運動負荷99mTc-MIBI SPECT一日法と心電図同期SPECT法併用の試み
野澤真人, 杉原秀樹, 稲本康彦1), 谷口義光, 青木悦雄2), 玉木長良3), 三ツ浪健一, 木之下正彦4)
1)高島病院内科, 2)放, 3)京大核, 4)滋医大, 一内
核医学, 31(7) : 1994, 754-754.
Summary

379. 低用量ドブタミン負荷併用99mTc-MIBI心拍同期心筋シンチグラフィによる局所心機能評価
汲田伸一郎, 水村直, 木島鉄仁, 弦間和仁, 隈崎達夫1), 哲翁弥生, 酒井俊太, 宗像一雄2)
1)日医大放, 2)一内
核医学, 31(7) : 1994, 754-754.
Summary

380. 18FDGによるPET全身スキャン画像の腫瘍診断における有用性の検討
吉川京燦, 古賀雅久, 須原哲也, 吉田勝哉, 井上修, 鈴木和年, 松本徹1), 宍戸文男2)
1)放医研, 2)福島医大放
核医学, 31(7) : 1994, 755-755.
Summary

381. 実験肝腫瘍の放射線照射によるFDG集積の変化
大屋夏生, 永田靖, 玉木長良*, 間賀田泰寛*, 村田るみ, 高木雄久, 阿部光幸, 小西淳二*
京大放, *核
核医学, 31(7) : 1994, 755-755.
Summary

382. 膵腫瘍の良悪性の鑑別におけるFDG-PETの有用性の検討 – CT, US, EUSとの対比 –
東達也, 猪熊哲朗, 鳥塚達郎, 玉木長良, 間賀田泰寛, 米倉義晴, 小西淳二
京大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 755-755.
Summary

383. 乳腺腫瘍の転移, 再発巣の治療効果判定におけるF-18-FDG PETの有用性の検討
宇野公一, 吉川京燦, 今関恵子, 吉田弘, 今井康則, 波多野治, 松野典代, 内田佳孝
千葉大放射線
核医学, 31(7) : 1994, 755-755.
Summary

384. 18FDG PETによる肺癌の評価 : 201Tl SPECTとの比較
東光太郎, 大口学, 西川高広, 玉村裕保, 谷口充, 興村哲郎, 山本達1), 関宏恭2)
1)金沢医大 放, 2)金沢循環器病院 放
核医学, 31(7) : 1994, 755-755.
Summary

385. 炎症組織での18F-FDG集積と分布
山田進, 窪田和雄, 窪田朗子1), 井戸達雄2)
1)東北大・加齢研・放, 2)東北大・サイクロ
核医学, 31(7) : 1994, 755-755.
Summary

386. 18Fフェニルアラニン (FPhe) による全身腫瘍診断の可能性 : 11Cメチオニン (Met) を越えるか?
窪田和雄1, 石渡喜一3, 窪田朗子1, 山田進1, 阿部由直1, 高橋寿太郎1, 福田寛1, 井戸達雄2
1東北大加齢研, 2東北大サイクロ, 3都老人研ポジトロン
核医学, 31(7) : 1994, 756-756.
Summary

387. 舌・上顎洞腫瘤性病変のFDG-PET
河辺譲治, 岡村光英*, 阪本浩一**, 金子良美, 羽室雅夫, 城村尚登***, 越智宏暢*, 下西祥裕, 西川武司*
大市大・放, *核, **耳鼻, ***3内
核医学, 31(7) : 1994, 756-756.
Summary

388. 肺癌における11C-メチオニンPETの放射線治療前後の評価方法の検討
古賀雅久, 吉川京燦, 須原哲也, 吉田勝哉, 井上修, 鈴木和年1), 宍戸文男2)
1)放医研, 2)福島医大・放
核医学, 31(7) : 1994, 756-756.
Summary

389. FDG PETによる肝細胞癌の分化度の評価
鳥塚達郎, 玉木長良, 猪熊哲朗, 東達也, 笹山哲, 間賀田泰寛, 米倉義晴, 小西淳二
京大 核
核医学, 31(7) : 1994, 756-756.
Summary

390. 18F-フルオロデオキシガラクトースの肝細胞癌および肺癌へのとりこみ – PETによる臨床研究
福田寛, 高橋寿太郎, 後藤了以, 多田雅夫1), 山口慶一郎2), 藤原竹彦, 伊藤正敏, 岩田錬, 井戸達雄3)
1)東北大加齢研, 2)琉大放, 3)東北大サイクロ
核医学, 31(7) : 1994, 756-756.
Summary

391. 安定同位体C-13, P-31核計測によるヒト腫瘍のOxygenationの解析
伊藤正光, 鈴木紀夫, 大嶽達, 西川潤一, 佐々木康人
東大・放基・放
核医学, 31(7) : 1994, 756-756.
Summary

392. メチオニンとFDGの腫瘍内分布の比較 : ミクロオートラジオグラフィ (ARG) による研究
窪田朗子, 窪田和雄, 山田進, 多田雅夫, 岩田錬, 玉橋信彰
東北大・加齢研, サイクロRI, 日本病理研
核医学, 31(7) : 1994, 757-757.
Summary

393. 起立性低血圧における脳血流異常の検出
林田孝平, 西大條靖子*, 廣瀬義晃, 石田良雄1), 西村恒彦2)
1)国循セン・放, *内, 2)阪大・トレーサー
核医学, 31(7) : 1994, 758-758.
Summary

394. 慢性期一側内頚動脈閉塞例におけるDiamoxに対する脳血管反応の時間依存性
桑原康雄, 一矢有一, 佐々木雅之, 吉田毅, 福村利光, 増田康治
九州大 放
核医学, 31(7) : 1994, 758-758.
Summary

395. PET O-15水を用いた連続脳血流測定法による脳血流の変化としてのDiamox薬理作用の観察
林田孝平, 三宅義徳, 田中裕*, 廣瀬義晃, 石田良雄, 峰松一夫1),*, 神長達郎, 西村恒彦2)
1)国循セン・放, *内, 2)阪大・トレーサー
核医学, 31(7) : 1994, 758-758.
Summary

396. Diamox負荷による脳循環予備能評価における脳血流tracerの比較 – 133Xe, 99mTc-HMPAOと99mTc-ECD –
棚田修二, 菅原敬文, 安原美文, 村瀬研也, 濱本研1), 井上武2), 大田信介3)
1)愛媛大放, 2)松山市民放, 3)愛媛大脳外
核医学, 31(7) : 1994, 758-758.
Summary

397. Acetazolamide (ACZ) 負荷99m-Tc-HMPAO SPECTによる脳循環予備能マップの作成 ~変化率を利用して~
山本尚幸1), 後出一郎, 植田敏浩2), 中田茂, 菅原敬文, 棚田修二, 浜本研3)
1)喜多医師会, 放, 2)脳外, 3)愛媛大, 放
核医学, 31(7) : 1994, 758-758.
Summary

398. Personal computer画像処理によるDiamox負荷HM-PAO SPECT診断能向上の試み
鈴木孝成, 杉木修治, 垣内秀雄, 柿崎大, 阿部公彦, 網野三郎1), 中野正剛, 阿部晋衛, 新井久之, 羽生春夫2)
1)東京医大 放, 2)東京医大 老
核医学, 31(7) : 1994, 758-758.
Summary

399. 早期痴呆患者の123I-IMP脳血流SPECTによる経時的変化の検討
間島寧興, 野上修二, 荻原眞理, 丹野宗彦, 千葉一夫1), 吉越富久夫, 大石幸彦2), 成瀬昭二3)
1)都老医セ 核放, 2)慈医大 泌, 3)京府医大 脳外
核医学, 31(7) : 1994, 759-759.
Summary

400. アルツハイマー型痴呆における脳血流分布の経時的変化
中野正剛, 羽生春夫, 阿部晋衛, 新井久之, 高崎優1), 鈴木孝成, 阿部公彦, 網野三郎2)
1)東京医大老年科, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 759-759.
Summary

401. アルツハイマー型痴呆における側頭葉内側部萎縮と大脳皮質血流量との関連
新井久之, 羽生春夫, 中野正剛, 阿部晋衛, 高崎優1), 鈴木孝成, 阿部公彦, 網野三郎2)
1)東京医大老年科, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 759-759.
Summary

402. 痴呆老人におけるSPECT所見, MRI所見と各種痴呆スケールの比較
山口慶一郎1, 堀川歩1, 山崎英樹2, 目黒謙一3, 勝山直文1, 中野政雄1
1琉大放, 2東北大精神, 3東北大老人
核医学, 31(7) : 1994, 759-759.
Summary

403. SPECTとMRIを用いたアルツハイマー病の画像診断
羽生春夫, 中野正剛, 阿部晋衛, 新井久之, 高崎優1), 鈴木孝成, 阿部公彦, 網野三郎2)
1)東京医大老年科, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 759-759.
Summary

404. 痴呆疾患の海馬血流の評価
大西隆, 星博昭, 陣之内正史, 長町茂樹, 二見繁美, Leo Flores II, 渡辺克司
宮崎医大放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 759-759.
Summary

405. 脳主幹動脈閉塞性疾患の病態に関する検討 – 脳血流SPECTを用いて –
森脇博, 橋川一雄, 奥直彦, 植原敏勇1), 石田麻里子, 清家裕次郎, 半田伸夫, 松本昌泰, 鎌田武信2), 藤田昌宏, 西村恒彦3)
1)阪大放射線部, 2)一内, 3)トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 760-760.
Summary

406. 133Xe SPECTによる脳循環予備能測定でのCO2負荷及び, Acetazolamide負荷での反応性の差異について
田中徳彦, 三森研自, 桜木貢, 本宮峯生, 中川端午1), 黒田敏, 宝金清博, 阿部弘2)
1)北海道脳外記念病院, 2)北大脳外
核医学, 31(7) : 1994, 760-760.
Summary

407. 小児もやもや病患者における脳循環動態 ; EC-IC bypass術前術後の比較
石田麻里子, 清家裕次郎, 松本昌泰, 鎌田武信1), 奥直彦, 森脇博, 橋川一雄, 植原敏勇2), 板垣裕輔, 小高隆平, 永井利三朗3), 藤田昌宏, 西村恒彦4)
1)阪大一内, 2)放射線部, 3)小児科, 4)トレーサー
核医学, 31(7) : 1994, 760-760.
Summary

408. ATP負荷脳血流SPECTの予備的検討
小川昌澄, 鈴木健之, 真下正美, 西村克之, 宮前達也1), 松田博史2), 木下信一郎, 鈴木成雄3), 鈴木慶, 鈴木千尋4)
1)埼玉医大放, 2)国立精神・神経セ武蔵病院放, 3)埼玉医大二内, 4)武蔵野総合病院脳外
核医学, 31(7) : 1994, 760-760.
Summary

409. 急判期脳塞栓症に対する血栓溶解療法と133Xe-SPECT及びI.A.DSAによるTherapeutic windowの評価
中川原譲二, 末松克美, 中村順一1), 高橋正昭, 関戸雄一, 坂上欣彦, 佐藤勝保2)
1)中村記念脳外, 2)放射線部
核医学, 31(7) : 1994, 760-760.
Summary

410. ラクナ梗塞例における99mTc-HMPAOによるSPECTの検討
小須田茂, 新井眞二, 横山久朗, 和田陽市, 片山通章, 草野正一1), 中島伸二2)
1)防衛医大放, 2)1内
核医学, 31(7) : 1994, 760-760.
Summary

411. 99mTc-HM-PAO Super Dynamic SPECTによる静注後超早期脳血流の画像
外山宏, 前田寿登, 竹下元, 柴田香織, 野村昌代, 竹内昭, 古賀佑彦
藤田保健衛生大・放
核医学, 31(7) : 1994, 761-761.
Summary

412. 骨塩定量における全身, 腰椎側面測定の有用性とBodyMassIndex (BMI) による全身骨量補正
八木大, 高橋志津江, 菅原敬文, 安原美文, 木村良子, 棚田修二, 浜本研
愛媛大放
核医学, 31(7) : 1994, 762-762.
Summary

413. 原発性胆汁性肝硬変患者における腰椎骨塩量の経年的変化と治療による効果
正木恭子, 塩見進, 宮澤祐子, 城村尚登, 植田正, 池岡直子, 黒木哲夫, 小林絢三1), 小橋肇子, 岡村光英, 越智宏暢2)
1)大阪市大, 3内, 2)核医学
核医学, 31(7) : 1994, 762-762.
Summary

414. 気管支喘息患者における吸入および経口ステロイド治療の骨塩量に及ぼす影響
日野恵, 伊藤秀臣, 山口晴司, 大塚博幸, 壇芳之, 才木康彦, 太田圭子, 尾藤早苗, 増井裕利子, 池窪勝治1), 松本久子, 石原享介2)
1)神戸市立中央市民病院核医学科, 2)呼吸器内科
核医学, 31(7) : 1994, 762-762.
Summary

415. 人工知能による骨腫瘍自動診断の試み
河辺譲治, 岡村光英*, 金子良美, 澤久, 小田淳郎, 越智宏暢*, 池田穂積, 堀野誠人**, 細羽実**, 和迩秀信**
大市大・放, *大市大・核, **島津製作所
核医学, 31(7) : 1994, 762-762.
Summary

416. 骨シンチグラムの3次元画像
大田豊承, 大西英雄, 山本逸雄, 木上裕輔, 游逸明, 永田保, 大中恭夫, 鈴木輝康, 増田一孝, 森田陸司
滋賀医科大学放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 762-762.
Summary

417. 転移性骨病変のCTガイド下針生検の経験 – 核医学所見との比較 –
安井光太郎, 金澤右, 戸上泉, 加藤勝也, 姫井健吾, 平木祥夫
岡山大 放
核医学, 31(7) : 1994, 762-762.
Summary

418. 骨シンチグラムの画像解析による前立腺癌骨転移巣の定量化 – 予後予測の可能性について –
長谷川倫男, 古田希, 吉越富久夫, 近藤直弥, 田代和也, 木戸晃, 大石幸彦
慈大 泌
核医学, 31(7) : 1994, 763-763.
Summary

419. 前立腺癌骨転移におけるMRIと骨シンチの比較
加藤勝也, 戸上泉, 三谷政彦, 笹井信也, 安井光太郎, 金澤右, 平木祥夫1), 那須保友, 大森弘之2)
1)岡大 放射線科, 2)泌尿器科
核医学, 31(7) : 1994, 763-763.
Summary

420. 前立腺癌における骨シンチグラム上骨転移改善例の検討
相澤卓, 栃本真人, 辻野進, 並木一典, 鉾石文彦, 三木誠
東京医大 泌尿器科
核医学, 31(7) : 1994, 763-763.
Summary

421. 前立腺癌骨転移患者における鎮痛目的の塩化ストロンチウム89 (89SrCl) 投与経験
木村良子, 天羽賢樹, 中村誠治, 武智知子, 藤井崇, 河村正, 棚田修二, 濱本研
愛媛大放
核医学, 31(7) : 1994, 763-763.
Summary

422. トランスミッションスキャンの測定条件およびフィルタ処理がPET画像に及ぼす影響
織田圭一, 外山比南子, 千田道雄, 石井賢二
都老人研PET
核医学, 31(7) : 1994, 764-764.
Summary

423. セグメント法を利用したFDG投与後のPETトランスミッションスキャン法
織田圭一, 千田道雄, 外山比南子, 石井賢二1), 天野昌治2)
1)都老人研PET, 2)島津製作所
核医学, 31(7) : 1994, 764-764.
Summary

424. 正常者のROI値データに基づく脳PET画像のカラースケール表示
谷崎直昭, 岡村哲也1), 千田道雄, 外山比南子, 石井賢二2)
1)住友重機械 総合技術研究所, 2)都老人研究所PET
核医学, 31(7) : 1994, 764-764.
Summary

425. 同一被検者の二組の脳PET画像を三次元移動で重ね合わせる方法の改良
千田道雄, 外山比南子, 織田圭一, 石井賢二
都老人研
核医学, 31(7) : 1994, 764-764.
Summary

426. Improved Estimation of Radiotracer Concentration in PET Using Prior Anatomical Information Obtained from MR Imaging
Babak A.Ardekani, Iwao Kanno
Research Institute of Brain and Blood Vessels
The Japanese Journal of nuclear medicine, 31(7) : 1994, 764-764.
Summary

427. 局所脳ブドウ糖代謝定量の簡略化 – 特に血漿RI濃度補正の最適化とその回避の可能性について –
小野修一, 川島隆太, 伊藤浩, 後藤了以, 吉岡清郎, 赤井沢隆, 四月朔日聖一*, 瀬尾信也*, 伊藤正敏*, 福田寛
東北大加齢研機能画像, *東北大サイクロ
核医学, 31(7) : 1994, 764-764.
Summary

428. 神経膠腫における201Tl-SPECTの有用性の検討 – methionine-PET, FDG-PETとの比較 –
佐々木雅之, 一矢有一, 桑原康雄, 赤司祐子, 吉田毅, 福村利光, 増田康治
九大放
核医学, 31(7) : 1994, 765-765.
Summary

429. 髄膜腫の201Tl SPECT診断について
滝鈴佳, 角田清志, 鹿熊一人1), 大橋雅広, 伊東正太郎2)
1)市立砺波総合病院放射線科, 2)脳外科
核医学, 31(7) : 1994, 765-765.
Summary

430. Tl-201 SPECTと1H-MRSによる脳腫瘍の治療効果の評価
田内美紀, 原田雅史, 西谷弘1), 三好弘一2), 坂東一彦, 関貫聖二3)
1)徳島大放, 2)医療短大, 3)脳外
核医学, 31(7) : 1994, 765-765.
Summary

431. Tc-99m MIBIによる脳腫瘍SPECTの有用性と問題点 – Tl-201 SPECTとの比較検討 –
佐藤始広, 石川演美, 武田徹, 呉勁, 板井悠二1), 吉井与志彦, 能勢忠男2)
1)筑波大放, 2)脳外
核医学, 31(7) : 1994, 765-765.
Summary

432. 脳腫瘍におけるTc-99m HM-PAO集積の検討
高橋直也, 小田野行男, 酒井邦夫
新潟大放
核医学, 31(7) : 1994, 765-765.
Summary

433. Tc-99m HMPAOの高集積を認めた脳腫瘍の検討
広瀬義晃, 林田孝平, 石田良雄1), 田中裕2), 西村恒彦3)
1)国循セン放診部, 2)脳内科, 3)阪大トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 765-765.
Summary

434. PET定量値に対する影響因子の解析 : 神経伝達アミンと脳内ガングリオシドとの相互作用
井戸達雄, 佐々木進, 安達倫子, 岩田錬
東北大・サイクロトロン
核医学, 31(7) : 1994, 766-766.
Summary

435. 生体内における抗精神病薬の受容体結合特性
森厚文, 柴和弘1), 住吉太幹2), 辻志郎, 久田欣一3)
1)金大・RIセンター, 2)精神科, 3)核医学
核医学, 31(7) : 1994, 766-766.
Summary

436. PETとHPLCを用いたC-11 NMSP脳内動態の定量的解析法の開発とその臨床応用
百瀬敏光, 小島良紀, 関千恵, 西川潤一, 佐々木康人1), 小滝一, 澤田康文2)
1)東大 放, 2)東大 薬剤
核医学, 31(7) : 1994, 766-766.
Summary

437. 11C-NMPBによる痴呆患者の脳アセチルコリン受容体測定
吉田毅, 一矢有一, 桑原康雄, 佐々木雅之, 赤司祐子, 福村利光, 増田康治1), 一宮厚2)
1)九大放, 2)精
核医学, 31(7) : 1994, 766-766.
Summary

438. Tc-99m-MAAとKr-81mガスの2核種同時収集SPECTによる肺換気血流不均等分布の評価
山洞善恒, 生方幹夫, 茂木充, 飯塚利夫, 桜井敏雄, 黒澤伸司1), 井上登美夫, 遠藤啓吾2)
1)多野総合病院, 2)群馬大学核医学
核医学, 31(7) : 1994, 767-767.
Summary

439. 2ピーク収集によるTl-201肺SPECTにおける吸収補正効果の検討
鈴木幸太郎, 荒井博史, 表英彦1), 伊藤和夫, 古舘正從2)
1)北大・放部, 2)北大・核医学
核医学, 31(7) : 1994, 767-767.
Summary

440. 3検出器型SPECT装置を用いた肺のXe-133ガス洗い出し像の試み
菅一能, 西垣内一哉, 久米典彦, 内迫博路, 松本常男1), 宇津見博基, 山田典将2)
1)山口大放, 2)山口大放部
核医学, 31(7) : 1994, 767-767.
Summary

441. 肺SPECTデータにおける極座標表示の検討
細谷一美, 寺岡悟見, 吉岡克則, 河窪雅宏, 松澤繁1), 桜井敏男, 川端秀幸, 山洞善恒, 飯塚利夫2), 井上登美夫, 遠藤啓吾3)
1)GE横河, 2)多野総合病院, 3)群馬大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 767-767.
Summary

442. 肺塞栓症の経過観察における三検出器カメラの有用性について
渡邊和樹, 平瀬清, 成田浩人, 守谷悦男, 森豊, 川上憲司1), 島田孝夫2)
1)慈大・放, 2)慈大・三内
核医学, 31(7) : 1994, 767-767.
Summary

443. 位相解析によるASD・VSD術前・術後の肺末梢血流動態の評価
中沢圭治, 石井勝巳, 西巻博, 西山正吾, 池田俊昭, 片桐科子, 吉田暢元, 北野雅史, 菊池敬, 依田一重, 松林隆
北里大 放
核医学, 31(7) : 1994, 767-767.
Summary

444. 肺血流SPECTの極座標表示法の臨床応用
山洞善恒, 生方幹夫, 飯塚利夫, 桜井敏雄, 黒澤伸司, 川端秀幸1), 井上登美夫, 遠藤啓吾2), 細谷一美, 寺岡悟見, 吉岡克則, 河窪雅宏, 松沢繁3)
1)多野総合病院, 2)群馬大学核医学, 3)GE横河
核医学, 31(7) : 1994, 768-768.
Summary

445. 喘息の定量的吸入療法におけるSpacerの有用性についての核医学的検討
成田浩人, 平瀬清, 渡邊和樹, 守谷悦男, 森豊, 川上憲司1), 島田孝夫2)
1)慈大・放, 2)慈大・三内
核医学, 31(7) : 1994, 768-768.
Summary

446. 各種肺疾患における123I-IMP肺クリアランスの検討
大津格, 井上雅樹, 福田潔, 本間敏明, 長谷川鎮雄1), 武田徹, 石川演美2)
1)筑波大呼吸器内科, 2)筑波大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 768-768.
Summary

447. 肺癌患者の放射線治療時における123I-IMPと99mTc-DTPA検査所見について – 予報
森泰胤, 川崎幸子, 西山佳宏, 松野慎介, 細川敦之, 佐藤功, 高島均, 田邉正忠
香川医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 768-768.
Summary

448. 肺非定型抗酸菌症 (AM症) における粘液線毛輸送機構 (MCT) の検討
佐々木義明, 今井照彦, 大石元, 打田日出夫1), 友田恒一, 吉川雅則, 米田尚弘, 成田亘啓2)
1)奈良医大 腫放・放, 2)二内
核医学, 31(7) : 1994, 768-768.
Summary

449. 気道粘液線毛輸送と運搬物質の大きさの関係
手島建夫, 井沢豊春, 三木誠, Asif Mujtaba Mahmud, 貫和敏博
東北大加齢医学研究所内科
核医学, 31(7) : 1994, 768-768.
Summary

450. バセドウ病の131I治療後のTSHレセプター抗体 (TRAb) の変動
日下部きよ子, 佐藤優美, 中野敬子, 牧正子, 金谷和子, 金谷信一, 松本延介, 小林秀樹
東女医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 769-769.
Summary

451. エタノール注入療法 (PEIT) による甲状腺機能亢進症の治療の試み
中駄邦博, 加藤千恵次, 鐘ヶ江香久子, 伊藤和夫, 古舘正從
北大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 769-769.
Summary

452. Tl-201 SPECTによるバセドウ病患者の胸腺腫大の評価
河田実1), 梶田芳弘, 中嶋良行, 儀間充, 藤田洋一2), 秋本和美3)
1)公立南丹病院RI, 2)内科, 3)放射線
核医学, 31(7) : 1994, 769-769.
Summary

453. I-123甲状腺シンチグラフィー及びCTによるびまん性甲状腺疾患の診断の試み
今西好正, 江原範重*, 下川光博*, 水谷和正, 川添修身, 作山攜子*, 藤川光弘, 弘瀬知江子**, 辻野大二郎**
聖マ医大東横病院 (放), *横浜市西部病院 (放), **(内科)
核医学, 31(7) : 1994, 769-769.
Summary

454. Tl-201甲状腺における連続反復回転SPECTの試み – 基礎的検討 –
小野寺敦, 有馬昭, 奥山武雄
船橋医療センター 放
核医学, 31(7) : 1994, 769-769.
Summary

455. 甲状腺・副甲状腺腫瘤の造影MRI
中原浩, 野口志郎, 村上信夫, 原尾基継1), 大西隆, 星博昭, 長町茂樹, 陣之内正史, 二見繁美, 渡辺克司2)
1)野口病院, 2)宮医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 769-769.
Summary

456. 二次性副甲状腺機能亢進症の術後再発例のTl-201, Tc-99mシンチグラフィによる責任病巣局在診断
高柳義弘, 田澤聡1), 坂本澄彦2)
1)仙台社会保険病院 放, 2)東北大 放
核医学, 31(7) : 1994, 770-770.
Summary

457. 99mTc-sestamibi (MIBI) による副甲状腺シンチ
田沢聡, 高柳義弘
仙台社会保険病院・放
核医学, 31(7) : 1994, 770-770.
Summary

458. 99mTc-MIBIによる副甲状腺腫瘍の検出
奥田逸子1, 丸野広大1, 国又肇1, 村田啓1, 滝沢義和1, 斉藤京子2, 小谷野肇3, 紫柴良昌3, 中澤英樹4
1:虎の門病院 放射線科, 2:放射線部, 3:内分泌代謝科, 4:内分泌外科
核医学, 31(7) : 1994, 770-770.
Summary

459. 99mTc-MIBIを用いた上皮小体シンチグラフィの検討
片桐誠, 大多和孝博, 原田種一1), 大塚信昭, 曽根照喜, 三村浩朗, 柳元真一, 福永仁夫2)
1)川崎医大 内分泌外科, 2)核医学
核医学, 31(7) : 1994, 770-770.
Summary

460. EXPERIENCE OF Tc-99m MIBI / Tc-99m PERTECHNETATE SUTRACTION SCINTIGRAPHY
E.Tsukamoto, C.F.J.Russell, W.R.Ferguson, J.D.Laird
Royal Victoria Hospital
The Japanese Journal of nuclear medicine, 31(7) : 1994, 770-770.
Summary

461. Ga-67シンチグラフィにおける腹部瀰漫性集積の検討
宮崎知保子, 久保公三, 中西昌美
市立札幌中放
核医学, 31(7) : 1994, 771-771.
Summary

462. ガリウムシンチグラフィで陽性集積像を呈したびまん性間質性肺疾患のCT所見の経時的変化
山崎哲郎, 丸岡伸, 坂本澄彦
東北大放
核医学, 31(7) : 1994, 771-771.
Summary

463. びまん性肺疾患における67Ga SPECTの有用性
横山久朗, 和田陽市, 小須田茂, 片山通章, 新井眞二, 草野正一1), 小林英夫, 永田直一2)
1)防衛医大放, 2)第3内科
核医学, 31(7) : 1994, 771-771.
Summary

464. Interferon治療前後におけるGaシンチグラフィによる肺病変の検討
塩見進, 宮澤祐子, 正木恭子, 城村尚登, 植田正, 池岡直子, 黒木哲夫, 小林絢三1), 波多信2), 岸本健治, 小堺和久, 岡村光英, 越智宏暢3)
1)大阪市大, 3内, 2)東住吉森本病院, 3)大阪市大, 核医学
核医学, 31(7) : 1994, 771-771.
Summary

465. Crohn病におけるガリウムSPECT像の有用性に関する検討
斉藤泰博, 山田有則, 吉川大平, 高塩哲也, 秀毛範至, 吉田弘, 竹井秀敏, 早坂和正, 油野民雄1), 綾部時芳, 蘆田知史2), 佐藤順一, 石川幸雄3)
1)旭医大 放科, 2)三内, 3)放部
核医学, 31(7) : 1994, 771-771.
Summary

466. 腹部Gaシンチ検査の前処置の有用性
福永義純, 北野保, 宮川トシ
大阪府立羽曳野病院 アイソトープ科
核医学, 31(7) : 1994, 771-771.
Summary

467. 67Ga-Citrate投与患者周囲の放射線量率測定と被曝レベル評価
江尻和隆, 折戸武郎, 近藤武, 立木秀一1), 大瀬英是, 西村哲浩, 横山貴美江2), 古賀佑彦3)
1)藤田保衛大衛診放技, 2)病放部, 3)医放
核医学, 31(7) : 1994, 772-772.
Summary

468. 肝細胞癌における99mTc-GSA肝シンチグラフィの有用性に関する検討
大野和子, 鈴木賢一郎, 堀浩, 村田勝人, 綾川良雄, 宮田伸樹1), 東直樹2), 大輪芳裕, 鈴木寛路, 黒田博文3)
1)愛知医大放, 2)中放, 3)一外
核医学, 31(7) : 1994, 773-773.
Summary

469. 99mTc-GSAによる術後残肝機能予測
小泉潔, 平池佐知子, アリ・S・アルバブ, 遠山敬司, 内山暁, 新井誉夫1), 植竹正紀2), 宮袋正幸, 保坂勝3)
1)山梨医大 放, 2)社保山梨病院 外, 3)放
核医学, 31(7) : 1994, 773-773.
Summary

470. アシアロシンチによる肝腫瘍切除術前後の肝機能評価
野口敦司1, 長谷川義尚1, 橋詰輝巳1, 井深啓次郎1, 中野俊一1, 佐々木洋2
大阪府立成人病センター, 1核医学診療科, 2外科
核医学, 31(7) : 1994, 773-773.
Summary

471. 肝切除後再生過程での99mTc-GSAシンチ
河相吉, 菅豊, 山野玲子, 甲田勝康, 田中敬正
関西医大放
核医学, 31(7) : 1994, 773-773.
Summary

472. Tc-99m GSAによる肝切除術前後の肝機能評価
鳥塚達郎, 玉木長良, 藤田透, 米倉義晴, 小西淳二1), 田中明, 山岡義生2)
1)京大 核, 2)第2外科
核医学, 31(7) : 1994, 773-773.
Summary

473. 肝腫瘍患者における99mTc-GSA動注の試み
片山通章, 小須田茂, 新井眞二, 横山久朗, 和田陽市, 草野正一
防衛医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 773-773.
Summary

474. 肝癌塞栓療法における, 99mTc-GSAを用いた肝機能評価
加藤弘毅, 小林満, 佐藤公彦, 戸村則昭, 渡会二郎1), 佐々木一文, 田村清彦2)
1)秋田大 放, 2)中放
核医学, 31(7) : 1994, 774-774.
Summary

475. 99mTc-GSAによる肝癌患者のTAE前後の肝機能評価
末吉公三, 土肥美和子, 辰吉光, 中田和伸, 難波隆一郎, 芦名謙介, 足立至, 松井律夫, 清水雅史, 楢林勇
大阪医大・放
核医学, 31(7) : 1994, 774-774.
Summary

476. アシアロシンチによるTAE時の肝機能評価
岡田淳一, 大西洋, 玉田一, 木崎田一郎
成田赤十字病院放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 774-774.
Summary

477. TAE施行症例における99mTc-GSA SPECTの臨床的検討
西巻博, 磯部義憲, 石井勝己, 松永敬二, 片桐科子, 遠藤高, 松林隆1), 原信康2), 渋谷明隆, 国分茂博3)
1)北里大・放, 2)北里大東病院・放, 3)内科
核医学, 31(7) : 1994, 774-774.
Summary

478. 小児肝疾患の肝機能評価における99mTc-GSAと99mTc-PMTについて
水上省一, 原裕子, 五条昌行, 野本一雄, 山田修1), 石田治雄, 林奐, 鎌形正一郎2), 石井勝己, 堀池重治3)
1)都立清瀬小児 放, 2)外, 3)北里大 放
核医学, 31(7) : 1994, 774-774.
Summary

479. 小児生体肝移植患児の肝細胞機能評価における99mTc-GSAについて
石田治雄, 林奐, 鎌形正一郎, 広部誠一, 渕本康史, 水野大, 矢野常広1), 原裕子, 五条昌行, 野本一雄, 山田修, 水上省一2), 石井勝己, 堀池重治3)
1)都立清瀬小児 外, 2)放, 3)北里大 放
核医学, 31(7) : 1994, 774-774.
Summary

480. 劇症肝炎における99mTc-GSAを用いた肝シンチグラフィの有用性
植田正, 塩見進, 池岡直子, 宮澤祐子, 正木恭子, 城村尚登, 黒木哲夫, 小林絢三1), 下西祥裕, 白石順二, 岡村光英, 越智宏暢2)
1)大阪市大, 3内, 2)核医学
核医学, 31(7) : 1994, 775-775.
Summary

481. 99mTc-GSAによるC型慢性肝炎IFN療法効果判定の有用性の検討
村瀬剛, 岩崎和幸, 大谷正光, 梶並稔正, 梶並溢弘1), 石塚義之2), 山本逸雄3)
1)西京都病院, 2)琵琶湖大橋病院, 3)滋賀医大放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 775-775.
Summary

482. C型慢性肝炎のインターフェロン治療効果判定の指標としての99mTc-GSA肝シンチの評価
門坂庄三, 梶田芳弘, 米田誠一1), 河田実2), 牧和夫3)
1)公立南丹病院 内科, 2)RI, 3)病理
核医学, 31(7) : 1994, 775-775.
Summary

483. ラット脂肪肝モデルおよびその虚血モデルに対する99mTc-GSAよる検討
木本光則, 赤木史郎, 河野良寛, 栄勝美, 清水光春, 竹田芳弘, 平木祥夫
岡山大・放
核医学, 31(7) : 1994, 775-775.
Summary

484. ニューラルネットワークを用いた肝シンチグラフィの慢性肝疾患における診断能についての検討
塩見進, 宮澤祐子, 正木恭子, 城村尚登, 植田正, 池岡直子, 黒木哲夫, 小林絢三1), 池田穂積, 岡村光英, 越智宏暢2)
1)大阪市大, 3内, 2)核医学
核医学, 31(7) : 1994, 775-775.
Summary

485. 肝におけるIodoamphetamine取り込み細胞に関する検討
肘岡泰三1), 柏木徹2), 福井弘幸3), 飯尾禎元, 林紀夫, 川野淳, 房本英之, 鎌田武信1)
1)阪大一内, 2)大阪厚生年金病院内科, 3)八尾市立病院内科
核医学, 31(7) : 1994, 775-775.
Summary

486. リザーバーからの持続動注時のカテーテル潅流域の体位による変化についての201Tl-clorideを用いた検討
興津茂行1), 中村敏行2), 牛嶋陽, 杉原洋樹, 前田知穂3)
1)社保神戸・放, 2)京都第一日赤・放, 3)京府医大・放
核医学, 31(7) : 1994, 776-776.
Summary

487. 肝細胞癌リザーバー動注例における血流シンチの有用性 – 遠隔転移, 副作用と肺集積の関係 –
岩宮孝司, 谷川昇, 仙田哲朗, 奥田良和, 遠藤健一, 西尾剛, 太田吉雄
鳥取大 放
核医学, 31(7) : 1994, 776-776.
Summary

488. 肝動注用リザーバー血流シンチグラフィ所見と治療効果との相関性について
大槻紀子, 滝沢謙治, 長谷部伸, 松岡伸, 東澄典, 大渕真男, 篠原広行, 國安芳夫
昭和大・藤が丘 放
核医学, 31(7) : 1994, 776-776.
Summary

489. Indium-111 (In) 標識蛋白質の肝臓への放射能集積に及ぼす放射性代謝物の影響
荒野泰, 秋澤宏行, 向高弘, 横山陽
京大・薬
核医学, 31(7) : 1994, 776-776.
Summary

490. PET-アミノ酸トレーサーによる肝機能評価の可能性
石渡喜一, 佐々木徹, 榎本和夫, 岡住慎一, 磯野可一, 千田道雄
都老人研PET, 千葉大2外
核医学, 31(7) : 1994, 776-776.
Summary

491. 閉塞性黄疸肝におけるL- [methyl-3H] methionine, L-[l-14C] leucineの代謝の検討
松井芳文, 榎本和夫, 岡住慎一, 井奥昇司, 浅野武秀, 磯野可一1), 石渡喜一, 千田道雄2)
1)千葉大学第二外科, 2)東京都老人総合研究所
核医学, 31(7) : 1994, 776-776.
Summary

492. Dynamic Radionuclide Spectroscopyの臨床応用に関する基礎的検討
青木茂, 平野忠則1), 竹田寛, 松村要, 北野外紀雄, 中川毅2), 前田寿登3), 市原隆, 本村信篤4)
1)松阪中央病院 放, 2)三重大 放, 3)藤田保健衛生大, 4)東芝那須
核医学, 31(7) : 1994, 777-777.
Summary

493. エネルギーウインドウ幅によるTEW法の検証
本村信篤, 長谷川兵治, 市原隆1), 尾川浩一2), 久保敦司3)
1)東芝那須, 2)法政大 工, 3)慶応大 放
核医学, 31(7) : 1994, 777-777.
Summary

494. 2核種同時データ収集の混信補正 : 多ウィンドウ収集による補正の効果
本田憲業, 町田喜久雄, 間宮敏夫, 高橋卓, 釜野剛, 鹿島田明夫, 長田久人, 清水裕次, 伴隆一*
埼玉医大総合医セ放, *島津製作所医用技術
核医学, 31(7) : 1994, 777-777.
Summary

495. Triple EnergyによるSPECTの画像再構成の試み
畠山六郎, 武田徹, 呉勁, 佐藤始広, 石川演美
筑波大
核医学, 31(7) : 1994, 777-777.
Summary

496. FU法における肥満度補正の検討
善積透, 青山毅, 土肥美和子, 山崎紘一1), 前田哲生, 高島重和, 豊島博行2), 山根光量, 新井武志, 松沢佑次3), 二沢佳史4)

1)箕面市立放科, 2)内科, 3)阪大二内科, 4)東芝メディカル関西サービス
核医学, 31(7) : 1994, 777-777.
Summary

497. 解析的な手法による不均一減衰体での減衰補正法の検討
長谷川兵治, 本村信篤, 市原隆1), 田仲史子, 小笠原洋一, 橋本雄幸, 井上多聞2)
1)東芝那須, 2)筑波大
核医学, 31(7) : 1994, 777-777.
Summary

498. 腫瘍診断における99mTc-MIBIシンチグラフィーの意義
丸野広大, 村田啓, 奥田逸子, 国又肇, 滝沢義和, 泉英世, 斉藤京子, 小野口昌久, 森一晃
虎の門病院 放
核医学, 31(7) : 1994, 778-778.
Summary

499. 頭頚部腫瘍における99mTc-MIBIシンチグラフィの使用経験
竹田芳弘, 清水光春, 中川富夫, 栄勝美, 赤木史郎, 新屋晴孝, 平木祥夫1), 永谷伊佐夫2)
1)岡山大 放, 2)中放
核医学, 31(7) : 1994, 778-778.
Summary

500. 201Tl-SPECTによる頭頸部悪性腫瘍の評価
長町茂樹, 星博昭, 大西隆, 陣之内正史, 二見繁美, Flores Leo IIG, 渡邊克司
宮崎医大・放
核医学, 31(7) : 1994, 778-778.
Summary

501. 頭頸部領域の99mTC MIBIによる腫瘍SPECT
油井信春, 戸川貴史, 木下富士美, 柳沢正道1), 秋山芳久2), 嶋田文之3)
1)千葉がん核医, 2)物理, 3)頭頸科
核医学, 31(7) : 1994, 778-778.
Summary

502. 201Tlによる食道癌の描出能
高橋一枝, 松野慎介, 川崎幸子, 西山佳宏, 中野覚, 三谷昌弘, 木内孝明, 藤原尚美, 細川敦之, 高島均, 大川元臣, 田邉正忠
香川医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 778-778.
Summary

503. 高解像Tl-201 SPECTによる乳房腫瘍の局在診断
蔭山昌成, 瀬戸光, 清水正司, 神前裕一, 永吉俊朗, 呉翼偉, 野村邦紀, 渡辺直人, 柿下正雄
富山医薬大 放
核医学, 31(7) : 1994, 778-778.
Summary

504. 99mTc-MIBIとMRIによる乳腺腫瘍の検出
守谷悦男, 高橋珠, 渡邊和樹, 成田浩人, 森豊, 川上憲司1), 根津正次, 土井修2)
1)慈大・放, 2)聖路加・放
核医学, 31(7) : 1994, 779-779.
Summary

505. 肺癌の治療効果判定における, 201TlCl-SPECTの意義
佐藤公彦, 小林満, 加藤弘毅, 戸村則昭, 渡会二郎1), 佐々木一文, 田村清彦2)
1)秋田大 放, 2)中放
核医学, 31(7) : 1994, 779-779.
Summary

506. 肺癌の治療効果判定における201Tl-SPECTの有用性について
難波隆一郎, 小森剛, 田渕耕次郎, 中田和伸, 足立至, 松井律夫, 末吉公三, 楢林勇
大阪医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 779-779.
Summary

507. Tl-201 SPECTを用いた肺癌の治療効果の評価
星博昭, 長町茂樹, 大西隆, Leo G.Flores II, 石川玲子, 二見繁美, 陣之内正史, 渡辺克司
宮崎医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 779-779.
Summary

508. Tl-201SPECTによる肺癌の治療効果判定
山路滋, 山崎克人, 松井美詠子, 加納恭子, 井上善夫, 河野通雄
神戸大・放
核医学, 31(7) : 1994, 779-779.
Summary

509. Tl-201 SPECTによる肺癌診断の再評価
野口正人, 梅崎実, 小嶋志之, 左合直, 長谷光雄, 山中晃
福井赤十字, 放射線, 呼吸器, 呼吸器外科
核医学, 31(7) : 1994, 779-779.
Summary

510. 原発性肺癌のTl-201, Ga-67 SPECTにおける各種パラメータの比較
戸川貴史, 油井信春, 木下富士美, 柳沢正道1), 秋山芳久2)
1)千葉がん核医学, 2)物理
核医学, 31(7) : 1994, 780-780.
Summary

511. 担癌マウスにおけるヒトIgMの体内動態
金谷和子, 日下部きよ子, 金谷信一, 中野敬子, 小林秀樹, 牧正子1), 秋庭弘道2), 佐藤進, 橋爪秀一3)
1)東女医大放, 2)千葉大放, 3)森永生科研
核医学, 31(7) : 1994, 780-780.
Summary

512. Radioimmunoimaging of Colon Cancer Xenografts Using Anti-Tn Monoclonal Antibody
姚正生, 阪原晴海, 張美麗, 小林久隆, 小西淳二1), 中田博, 山科郁男2)
1)京大 核医学, 2)京都産業大
The Japanese Journal of nuclear medicine, 31(7) : 1994, 780-780.
Summary

513. 担LNCaP腫瘍ヌードマウスにおける125I標識抗Prostatic Acid Phosphataseモノクローナル抗体の体内動態について
藤野淡人, 及能久隆, 竹川勝治, 石橋晃1), 依田一重, 中沢圭治, 石井勝巳2)
1)北里大, 泌, 2)核
核医学, 31(7) : 1994, 780-780.
Summary

514. 担LNCaP腫瘍ヌードマウスにおける131I標識抗γ-seminoproteinモノクローナル抗体および67Ga-citrateを用いた腫瘍イメージング
藤野淡人, 竹川勝治, 及能久隆, 石橋晃1), 依田一重, 中沢圭治, 石井勝巳2)
1)北里大, 泌, 2)核
核医学, 31(7) : 1994, 780-780.
Summary

515. Radioimmunotherapyにおける骨髄抑制軽減の試み – 3 –
中村誠治, 木村良子, 藤井崇, 八木大, 菅原敬文, 棚田修二, 濱本研
愛媛大 放
核医学, 31(7) : 1994, 780-780.
Summary

516. 7本鎖炭化水素スペーサによるモノクローナル抗体のIn-111標識方法の検討
横山邦彦, 孫保福, 絹谷清剛, 秀毛範至, 宮内勉, 利波紀久, 久田欣一
金大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 781-781.
Summary

517. In-111標識モノクローナル抗体の生体内分布に及ぼす抗体投与量の影響
佐藤導直, 中村佳代子, 橋本禎介, 片山通章, 久保敦司
慶大・医・放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 781-781.
Summary

518. スペーサ含有キレートで標識したIn-111モノクローナル抗体の体内動態に関する検討
絹谷清剛, 横山邦彦, 秀毛範至, 孫保福, 宮内勉, 利波紀久, 久田欣一1), 油野民雄2)
1)金沢大核, 2)旭川医大放
核医学, 31(7) : 1994, 781-781.
Summary

519. 放射性同位元素 (RI) 標識抗Intercellular Adhesion Molecule-1 (ICAM-1) 抗体による肺移植急性拒絶反応の非観血的診断法の検討 – ラット肺移植モデルを用いて –
太田淑子, 廣江道昭
横浜労災病院放, 東京医歯大2内
核医学, 31(7) : 1994, 781-781.
Summary

520. 樹立培養細胞への201Tlおよび99mTc-MIBIの集積に関する検討
松井律夫, 小森剛, 難波隆一郎, 中田和伸, 田渕耕次郎, 辰吉光, 足立至, 清水雅史, 末吉公三, 楢林勇
大阪医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 781-781.
Summary

521. グルコース負荷による99mTc (V) -DMS腫瘍イメージングの高感度化 : 腫瘍組織低pH効果
ホリウチスズキカズコ, 森靖子, 横山陽
京大薬学
核医学, 31(7) : 1994, 781-781.
Summary

522. 放射性核種封入リポソームによる短時間腫瘍イメージング
梅田泉, 村上勲, 西郡秀夫
帝京大 薬
核医学, 31(7) : 1994, 782-782.
Summary

523. 放射免疫療法における三次元吸収線量分布並びに吸収線量絶対値評価の精度
内田勲, 山田康彦, 小泉満, 小山田日吉丸, 野村悦司1), 尾川浩一2), 秋山芳久3)
1)癌研RI, 2)法政工, 3)千葉がんセ
核医学, 31(7) : 1994, 782-782.
Summary

524. 術後炎症性病変における白血球シンチグラフィの有用性
小川洋二, 木下博史, 林邦昭
長崎大 放
核医学, 31(7) : 1994, 782-782.
Summary

525. ISDN-dobutamin (ND) 負荷心プールシンチによる冬眠心筋定量評価 – PTCA, CABG後壁運動改善度の予測 –
西田佳雄, 渡辺佐知郎, 松尾仁司, 谷畠進太郎, 加納素夫, 松原徹夫, 松野由紀彦, 小田寛, 琴尾泰典, 大橋宏重1), 宇野嘉弘2), 石黒源之, 平野高弘3)
1)県立岐阜 循・腎, 2)岐大 2内, 3)平野総合 内
核医学, 31(7) : 1994, 783-783.
Summary

526. 123I-BMIPP心筋SPECTによる進行性筋ジストロフィ症の心筋障害の評価
宮城順子, 成瀬均, 森田雅人, 有井融, 福武尚重, 岩井務, 高橋敬子, 小亀孝夫, 大柳光正, 岩崎忠昭1), 福地稔2), 高橋桂一, 陣内研二, 松本敏昭3)
1)兵庫医大一内, 2)兵庫医大核医学, 3)国療兵庫中央病院
核医学, 31(7) : 1994, 783-783.
Summary

527. Duchenne型進行性筋ジストロフィーにおける123I-BMIPP心筋イメージングの検討
佐々木明, 小野彰史, 重山俊喜, 田谷真, 下山克也, 西村徹, 水野春芳, 田原順雄, 石川恭三1), 石原傳幸2)
1)杏林大学 2内, 2)国立療養所東埼玉病院 内科
核医学, 31(7) : 1994, 783-783.
Summary

528. 123I-BMIPPを用いた長期透析患者における心筋代謝障害の検討
新井武志, 山根光量, 中村正, 桑島正道, 松沢佑次1), 善積透, 山崎紘一, 高島重和, 豊島博行2), 田畑隆3)
1)阪大二内, 2)箕面市立病院, 3)井上病院
核医学, 31(7) : 1994, 783-783.
Summary

529. 123I-BMIPPによるanthracycline系抗腫瘍剤投与の心筋障害の検討
近藤朗彦, 関口信哉, 名越温古, 水野幸一, 須永達哉, 辻野大二郎, 斎藤宣彦1), 板垣勝義2)
1)聖マ医大三内, 2)核放
核医学, 31(7) : 1994, 783-783.
Summary

530. 123I-BMIPPを用いたアントラサイクリン系抗癌剤による心筋障害の評価
前田哲生, 高島重和, 豊島博行1), 善積透, 青山毅, 山崎紘一2), 新井武志, 山根光量, 松沢佑次3)
1)箕面市立病院内科, 2)放科, 3)阪大二内
核医学, 31(7) : 1994, 783-783.
Summary

531. 123I-BMIPPの心筋内代謝経路の解明
山道芳弘, 森下健一, 岡野京子, 瀬川眞, 白神宜史1), 楠岡英雄, 西村恒彦2)
1)日本メジ中研, 2)阪大トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 784-784.
Summary

532. 123I-betamethyl-iodophenyl-pentadecanoic acid (BMIPP) の心筋集積に影響する代謝因子についての臨床的検討
倉田千弘, 岡山憲一, 若林康, 小林明1), 俵原敬2), 安藤晃禎3), 藤澤茂樹4)
1)浜医大三内, 2)浜松赤十字内科, 3)名大一内, 4)大塚製薬赤穂研究所
核医学, 31(7) : 1994, 784-784.
Summary

533. 健常者における123I-BMIPPの定量解析 – 心筋摂取率, 洗い出し率と年齢との関係 –
大槻克一, 石津徹幸, 足立晴彦, 落合正和1), 松本雄賀, 伊藤一貴, 寺田幸治, 谷口洋子, 中川雅夫2), 杉原洋樹, 前田知穂3)
1)洛東病院, 2)京府医大 2内, 3)放
核医学, 31(7) : 1994, 784-784.
Summary

534. I-123BMIPP心筋SPECTにおける正常bull’s eye mapを用いた病変部検出の有用性
高橋延和, 石田良雄, 前野正和, 広瀬義晃, 林田孝平, 片渕哲朗1), 西村恒彦2)
1)国循セン, 2)阪大トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 784-784.
Summary

535. 201Tl負荷心筋SPECT及び123I-BMIPP心筋SPECTによる心筋摂取率の測定方法
岩瀬幹生1), 鈴木健, 池田浩志郎2), 飯田昭彦3)
1)豊川市民病院 放, 2)内, 3)名古屋市リハセン 放
核医学, 31(7) : 1994, 784-784.
Summary

536. 123I-BMIPP心筋摂取率の臨床的意義
百瀬満, 小林秀樹, 松本延介, 牧正子, 日下部きよ子
東京女子医大放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 784-784.
Summary

537. 123I-MIBG心筋シンチグラムの極座標表示における欠損領域角度と各指標との関連性
寺田幸治1, 杉原洋樹3, 伊藤一貴2, 計良夏哉1, 里田雅彦1, 森本聡1, 井上啓司1, 立川弘孝1, 加藤周司1, 中川雅夫2
1:朝日大学村上記念病院 内, 2:京府医大 2内, 3:放
核医学, 31(7) : 1994, 785-785.
Summary

538. 123I-MIBG心筋シンチグラムにおける集積低下部位の共通性と意義
寺田幸治1, 杉原洋樹3, 伊藤一貴2, 計良夏哉1, 里田雅彦1, 森本聡1, 井上啓司1, 立川弘孝1, 加藤周司1, 中川雅夫2
1:朝日大学村上記念病院 内, 2:京府医大 2内, 3:放
核医学, 31(7) : 1994, 785-785.
Summary

539. 高集積が原因となって出現する123I-MIBG心筋SPECT再構成像の下壁欠損の特徴とその対策方法 – vanishing liver positionを用いた撮影法 –
小林秀樹*, 寺田慎一郎*, 百瀬満*, 松本延介*, 金谷信一*, 細田瑳一**, 日下部きよ子*
*東京女子医大放, **循内
核医学, 31(7) : 1994, 785-785.
Summary

540. 123I-MIBG心筋シンチにおける下壁欠損の成因 – 運動負荷タリウム心筋シンチによる検討 –
鈴木光昭, 福本義裕, 中島利器, 遅野井健, 斎藤三代子, 黒田裕久
水戸協同病院
核医学, 31(7) : 1994, 785-785.
Summary

541. I-123 MIBG心筋SPECTにおける左室下後壁領域の取り込み低下所見の意義 : 正常ボランティアでの検討
両角隆一, 堀正二, 鎌田武信1), 山上英利2), 福地一樹, 松田伸一, 橋本克次, 植原敏勇, 楠岡英雄, 西村恒彦3)
1)大阪大学一内, 2)放射線科, 3)トレーサ情報解析
核医学, 31(7) : 1994, 785-785.
Summary

542. 123I-MIBG心筋SPECTによる右室の定量的評価
松本延介*, 小林秀樹*, 百瀬満*, 牧正子*, 日下部きよ子*, 仁木清美**, 堀江俊伸**, 細田瑳一**
*東京女子医大・放科, **循内
核医学, 31(7) : 1994, 785-785.
Summary

543. タリウム運動負荷心筋シンチにおける右室逆再分布像の意義
坂田和之, 吉田裕, 星野恒雄, 鏑木恒男, 望月守, 神山司, 吉村正巳
静岡県立総合病院循環器科, 核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 786-786.
Summary

544. 急性心筋梗塞後の安静201Tlシンチの逆再分布の有無による残存狭窄の検討
林克己, 大鈴文孝, 高山英一, 山岸正, 田原敬典, 山内靖隆, 永井知雄, 中村治雄1), 新井眞二, 小須田茂, 草野正一2)
1)防衛医大第1内科, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 786-786.
Summary

545. 血管造影上異常所見のない運動負荷無症候性ST下降を示す症例の抵抗血管機能と運動負荷タリウム心筋シンチ所見
大谷弘, 斎藤富善, 矢尾板裕幸, 渡邊達也, 斎藤修一, 石幡貴子, 廣坂朗, 前原和平, 丸山幸夫
福島医大一内
核医学, 31(7) : 1994, 786-786.
Summary

546. ジピリダモール負荷201Tl心筋シンチグラムの虚血検出精度の再評価
上嶋健治, 荻生直徳, 盛合直樹, 宮川朋久, 中居賢司, 平盛勝彦
岩手医大二内
核医学, 31(7) : 1994, 786-786.
Summary

547. V6誘導のinitial q消失は心筋障害を意味するか? 心電図と運動負荷201Tl SPECTの比較
落合久夫, 宮崎直道, 三武明夫, 宮田朋子, 三谷勇雄, 石井當男
横浜市大2内
核医学, 31(7) : 1994, 786-786.
Summary

548. 下壁梗塞慢性期の運動負荷にみられる前胸部誘導ST低下所見 : 鏡面像か前壁虚血か?
高尾祐治, 松田宏史, 早崎和也
済生会熊本病院 循
核医学, 31(7) : 1994, 786-786.
Summary

549. 急性心筋梗塞血栓溶解療法後の運動負荷Tl-201心筋SPECT
名村宏之, 加納康至, 山城荒平, 北川泰生, 渡辺直也, 栗本泰行, 山田重信
淀川キリスト教病院 循環器科
核医学, 31(7) : 1994, 787-787.
Summary

550. 急性心筋梗塞再灌流療法後の局所壁運動改善率と安静時201Tl心筋シンチの検討
山内靖隆, 大鈴文孝, 林克己, 高山英一, 永井知雄, 山岸正, 田原敬典, 中村治雄1), 新井眞二, 小須田茂, 草野正一2)
1)防衛医大第1内科, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 787-787.
Summary

551. 201TlCl・99mTc-PYP dual SPECTにて右室梗塞と診断された症例の臨床的検討
石黒淳司, 岡部正明, 石田均1), 桑野浩彦, 木村元政, 酒井邦夫2)
1)立川病院循内, 2)新大放科
核医学, 31(7) : 1994, 787-787.
Summary

552. 急性心筋梗塞症に対するLate-Reperfusionの効果 ; 201-Tl心筋シンチグラムを用いた検討.
江頭省吾, 芦原俊昭, 安藤洋志, 満岡渉, 今村義浩, 真崎浩行, 竹本真生, 大塚知明, 福山尚哉
松山日赤循
核医学, 31(7) : 1994, 787-787.
Summary

553. LITA-LADバイパス術後のTl負荷心筋SPECT
星崎洋, 岡本栄一, 神山宏, 外山卓二, 内藤滋人, 野上昭彦, 大島茂, 湯浅和男, 谷口興一1), 大林民幸, 金子達夫2)
1)群馬県立循環器病センター循環器内科, 2)心臓血管外科
核医学, 31(7) : 1994, 787-787.
Summary

554. バイパス術後のTl-201運動負荷心筋シンチグラフィーの再分布の意義 : 開存グラフトを対象として
市川聡裕, 滝淳一, 中嶋憲一, 利波紀久, 久田欣一1), 分校久志2), 川筋道雄3)
1)金大 核, 2)医療情報, 3)一外
核医学, 31(7) : 1994, 787-787.
Summary

555. 前壁心筋梗塞の回復期運動療法と左室リモデリング – 運動負荷Tl心筋SPECTによる検討 –
永島淳一, 千葉一夫1), 橋本通, 中山雅文, 東祐圭2), 長谷部伸, 新尾泰男, 国安芳夫3)
1)都多摩老人医療センター 核放, 2)昭大藤が丘リハ循内, 3)昭大藤が丘 放
核医学, 31(7) : 1994, 788-788.
Summary

556. 回旋枝病変における運動負荷201Tl心筋SPECTの横断長軸像とBull’s-eye像との比較
山岸正, 大鈴文孝, 林克己, 高山英一, 田原敬典, 山内靖隆, 永井知雄, 中村治雄1), 新井眞二, 小須田茂, 草野正一2)
1)防衛医大第1内科, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 788-788.
Summary

557. タリューム運動負荷心筋スキャンにて再分布を認めた症例での安静時の脂肪酸心筋スキャンの検討
多田明
国立金沢病院, 放
核医学, 31(7) : 1994, 788-788.
Summary

558. I-123BMIPPを使用した軽労作負荷心筋シンチグラフィの検討
植原敏勇, 両角隆一+, 山上英利*, 福地一樹, 楠岡英雄, 西村恒彦
阪大医放射線部 / トレーサ, +1内科, *放科
核医学, 31(7) : 1994, 788-788.
Summary

559. 虚血性心疾患おける負荷BMIPP SPECTの有用性
細井宏益, 山崎純一, 山科久代, 石黒聡, 方眞美, 五十嵐正樹, 飯田美保子, 森下健
東邦大一内
核医学, 31(7) : 1994, 788-788.
Summary

560. Dipyridamole負荷心筋BMIPP所見の検討
分校久志, 森清男, 利波紀久, 久田欣一
金沢大 医療情報, 核医学, 辰口芳珠記念 内科
核医学, 31(7) : 1994, 788-788.
Summary

561. ニトログリセリン舌下併用Tc-99m MIBI運動負荷心筋SPECT One day protocolの検討
宮川正男, 熊野正士, 関谷達人, 渡辺浩毅, 塩出昌弘, 西村一孝1), 宮川直子, 棚田修二, 浜本研2)
1)国療愛媛, 放, 内, 2)愛媛大, 放
核医学, 31(7) : 1994, 789-789.
Summary

562. MIBI / TLによる2核種同時負荷心筋シンチ1日法プロトコールの検討
中川晋, 樅山幸彦, 木村満1), 大場泰幸2)
1)東京都済生会中央循内, 2)RI
核医学, 31(7) : 1994, 789-789.
Summary

563. 心筋血流評価法としての99mTc-MIBI同日2回投与法の有用性
佐藤匡也, 門脇謙, 阿部芳久, 熊谷正之
秋田県成人病医療センター 循環器科
核医学, 31(7) : 1994, 789-789.
Summary

564. SESTA-MIBIによる安静時スキャンを省略した負荷心筋シンチの冠動脈病変検出精度の検討
松田宏史, 早崎和也, 高尾祐治, 庄野弘幸, 本田喬, 本田俊弘, 堀内賢二, 加勢田直人
済生会熊本循環器
核医学, 31(7) : 1994, 789-789.
Summary

565. 99mTc MIBI心筋シンチグラフィ – 負荷検査のみで正常とすることは可能か –
勝山直文, 大兼剛, 又吉隆, 堀川歩, 諸見里秀和, 山口慶一郎, 大田豊, 輿儀正, 中野政雄
琉大放
核医学, 31(7) : 1994, 789-789.
Summary

566. 99mTc-MIBIシンチグラフィーによる弁膜疾患および短絡疾患の評価
松本雄賀, 杉原洋樹*, 谷口洋子, 寺田幸治, 伊藤一貴, 大槻克一, 中川達哉, 中川雅夫, 前田知穂*
京府医大二内, *放
核医学, 31(7) : 1994, 789-789.
Summary

567. ATP負荷99mTc-MIBIによる心筋血流と心機能の同時評価 – CABG前後での対比を含めて
藤永剛, 村田啓, 丸野広大, 小野口昌久1), 小宮山伸之2)
1)虎の門病院・放, 2)循セ
核医学, 31(7) : 1994, 790-790.
Summary

568. ATP負荷MIBI心筋シンチグラフィの虚血性心疾患診断における有用性の検討
鈴木成雄, 木下信一郎, 進藤晃, 土肥豊1), 西村克之, 宮前達也2)
1)埼玉医大二内, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 790-790.
Summary

569. 少量のTc-MIBIによる左心機能測定
今井嘉門1), 堀内孝一, 弓倉整, 荒木康史, 斎藤頴, 小沢友紀雄, 上松瀬勝男2)
1)埼玉県立小原循環器病センター, 2)日大二内
核医学, 31(7) : 1994, 790-790.
Summary

570. coronary interventionの効果判定における99mTc-Tetrofosminの有用性についての検討
辻本豪, 八幡知之, 河島哲也, 薄木成一郎, 高田輝雄, 八十新治, 福原正博, 大西一男, 足立和彦
神戸労災病院内科
核医学, 31(7) : 1994, 790-790.
Summary

571. 心筋ゲートSPECTによる左室心筋拡張機能評価
杉岡靖, 足立至, 松井律夫, 末吉公三, 楢林勇1), 田本重美2), 大竹義章3)
1)大阪医大・放, 2)1内, 3)3内
核医学, 31(7) : 1994, 790-790.
Summary

572. Tc-99m tetrofosminによる心筋viabilityの評価
新井英和, 大島秀一, 平島修1), 齋藤滋, 金國鐘, 波多野宏治2)
1)福岡徳州会病院 循, 2)湘南鎌倉病院 循
核医学, 31(7) : 1994, 790-790.
Summary

573. 虚血性心疾患における99mTc-MIBIおよび201Tlを用いた心筋SPECTの比較
阿部充伯, 城忠文, 藤原康史, 濱田範子, 原裕二, 橋田啓
愛媛県立中央病院内科
核医学, 31(7) : 1994, 791-791.
Summary

574. 狭心症における99mTc-MIBI, 201Tl-Cl運動負荷心筋シンチの診断能
岩井務, 成瀬均, 福武尚重, 森田雅人, 有井融, 高橋敬子, 宮城順子, 大柳光正, 岩崎忠昭1), 福地稔2)
1)兵庫医大一内, 2)兵庫医大核
核医学, 31(7) : 1994, 791-791.
Summary

575. 小児の右室 / 左室圧比推定におけるTc-99mMIBIとTl-201の比較
中嶋憲一, 滝淳一, 利波紀久, 久田欣一1), 谷口昌史2)
1)金沢大核医学, 2)小児科
核医学, 31(7) : 1994, 791-791.
Summary

576. 99mTc-MIBI / 201Tl冠注心筋シンチグラフィーによる左右冠動脈およびバイパスグラフト灌流領域の評価
伊藤一貴1, 杉原洋樹2, 寺田幸治1, 谷口洋子1, 大槻克一1, 馬本郁男1, 松本雄賀1, 中川達哉1, 前田知穂2, 中川雅夫1
1:京府医大2内, 2:放.
核医学, 31(7) : 1994, 791-791.
Summary

577. 99mTc-sestamibi, 99mTc-tetrofosminおよび201Tlによる心筋Planar / SPECT
伊藤康志, 植原敏勇, 西村恒彦
阪大医トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 791-791.
Summary

578. Primary PTCA施行時における99mTc-MIBI SPECTの有用性 – AMI急性期および慢性期の対比 –
石橋巌, 酒井芳昭, 宮崎義也, 角田興一
千葉県救急医療センター循環器科
核医学, 31(7) : 1994, 791-791.
Summary

579. 経動脈的エタノール注入療法によるアルドステロノーマの治療効果判定における副腎皮質シンチグラフィの有用性の検討
中條政敬, 三宅智, 三木徹生, 土持進作, 野口一成
鹿大放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 792-792.
Summary

580. 副腎腫瘤における131I-アドステロール・シンチグラフィの有用性の再評価
大西卓也, 藤井広一, 東川元紀, 熊野町子, 浜田辰巳, 石田修1), 竹田照夫, 庄村務2)
1)近畿大・放, 2)中央放射線部
核医学, 31(7) : 1994, 792-792.
Summary

581. 123I-MIBGによる正常副腎の描出の検討
大日方研, 鈴木健之, 西村克之, 宮前達也1), 鈴木成雄, 木下信一郎2)
1)埼玉医大 放, 2)二内
核医学, 31(7) : 1994, 792-792.
Summary

582. I-123-MIBGおよびI-131-MIBGによる神経堤由来腫瘍の診断
鐘ヶ江香久子, 伊藤和夫, 加藤千恵次, 中駄邦博, 古舘正従1), 野々村克也2)
1)北大 核医学, 2)北大 泌尿器科
核医学, 31(7) : 1994, 792-792.
Summary

583. 123I-MIBGによる褐色細胞腫の診断
越後純子, 石川演美, 武田徹, 呉勁, 佐藤始広, 板井悠二
筑波大学放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 792-792.
Summary

584. 131I-MIBGによる悪性褐色細胞腫の治療回数と腫瘍の吸収線量との関係
中別府良昭, 中條政敬
鹿児島大学放
核医学, 31(7) : 1994, 792-792.
Summary

585. Pre-Cushing症候群が疑われた無症候性副腎皮質腺腫の3例
古田希, 長谷川倫男, 川原元, 吉越富久夫, 田代和也, 上田正山, 大石幸彦
慈恵医大・泌
核医学, 31(7) : 1994, 793-793.
Summary

586. Neuralnetを用いた非線形画像変換プログラムのactivation studyへの応用
頼哲司, 百瀬敏光, 渡辺俊明, 西川潤一, 佐々木康人1), 小杉幸夫, 佐瀬幹哉2)
1)東大核医学, 2)東工大
核医学, 31(7) : 1994, 794-794.
Summary

587. ニコチン負荷後の脳血流変化 (PETによる評価)
Mejia, Marco A, 伊藤正敏, 藤原竹彦, 渡部浩司, 岩田錬, 井戸達雄, 福田寛1, 目黒謙一2
東北大サイクロトロン, 1加齢研機能画像, 2医学部老人科
核医学, 31(7) : 1994, 794-794.
Summary

588. A Study of Crossed Cerebellar Diaschisis with I-123 IMP SPECT
Leo G.Flores II, Shigemi Futami, Hiroaki Hoshi, Shigeki Nagamachi, Takashi Ohnishi, Katsushi Watanabe
Department of Radiology, Miyazaki Medical College
The Japanese Journal of nuclear medicine, 31(7) : 1994, 794-794.
Summary

589. 脳血流SPECTを用いた鞍上部腫瘍患者の術後の視力回復の予後判定 (第2報)
隅屋寿, 辻志郎, 久慈一英, 絹谷啓子, 市川聡裕, 利波紀久, 久田欣一1), 立花修, 山下純宏2)
1)金沢大 核, 2)脳外
核医学, 31(7) : 1994, 794-794.
Summary

590. 視野障害におけるI-123-IMPシンチグラフィの有用性
藤井広一, 熊野町子, 東川元紀, 大西卓也, 浜田辰巳, 石田修1), 竹田照夫, 庄村務2)
1)近畿大・放, 2)中放
核医学, 31(7) : 1994, 794-794.
Summary

591. 前立腺切除術後排尿障害患者の123I-IMPによる脳血流SPECT
辰吉光, 西垣洋, 足立至, 松井律夫, 末吉公三, 楢林勇
大阪医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 794-794.
Summary

592. 側頭葉てんかんにおけるTc-99mHMPAOを用いた脳血流量測定
福智寿彦, 松田博史
国立精神神経センター武蔵病院
核医学, 31(7) : 1994, 795-795.
Summary

593. てんかん患者における発作時脳血流SPECTの検討
田中富美子, 西澤貞彦, 岡沢秀彦, 石津浩一, 玉木長良, 小西淳二1), 池田昭夫, 米倉義晴2)
1)京大核医学, 2)京大脳病態生理学
核医学, 31(7) : 1994, 795-795.
Summary

594. 神経細胞遊走障害の脳血流SPECT
松田博史
国立精神・神経センター武蔵病院放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 795-795.
Summary

595. ミトコンドリア脳筋症の脳血流SPECT
松田博史
国立精神・神経センター武蔵病院放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 795-795.
Summary

596. ミトコンドリア脳筋症における局所脳血流測定
小野志磨人, 森田浩一, 曽根照喜, 永井清久, 大塚信昭, 安田雄*, 舟川格*, 寺尾章*, 福永仁夫
川崎医大 核医学科, *神経内科
核医学, 31(7) : 1994, 795-795.
Summary

597. ミトコンドリア病の脳SPECT所見
藤田之彦, 大久保修, 西村淳, 日吉一夫, 渕上達夫, 原田研介1), 佐藤幸光, 萩原和男2), 田中良明3), 作田亮一4)
1)日大小児科, 2)日大板橋病院RI室, 3)日大放射線科, 4)獨協医大越谷病院小児科
核医学, 31(7) : 1994, 795-795.
Summary

598. 小児領域におけるRI経脾門脈造影の有用性
石川幸雄, 佐藤順一1), 高塩哲也, 斉藤泰博, 秀毛範至, 油野民雄2), 宮本和俊3)
1)旭医大・放部, 2)放, 3)手術部
核医学, 31(7) : 1994, 796-796.
Summary

599. I-123IMPによる門脈シンチグラフィと肝シンチグラフィの比較検討
柏木徹, 永田俊彦, 田中好男, 伊藤彰彦, 玉置純, 石橋一伸, 東正祥, 岸田隆
大阪厚生年金病院内科
核医学, 31(7) : 1994, 796-796.
Summary

600. 99mTcO4-経直腸門脈シンチグラフィの臨床的有用性についての検討
池岡直子, 塩見進, 宮澤祐子, 正木恭子, 城村尚登, 植田正, 黒木哲夫, 小林絢三1), 大村昌弘, 岡村光英, 越智宏暢2)
1)大阪市大, 3内, 2)核医学
核医学, 31(7) : 1994, 796-796.
Summary

601. 内視鏡的食道静脈瘤硬化療法前後における脾容積の変化 : 血液プールSPECTによる検討
東正祥, 柏木徹, 田中好男, 永田俊彦, 伊藤彰彦, 玉置純, 石橋一伸, 岸田隆
大阪厚生年金内
核医学, 31(7) : 1994, 796-796.
Summary

602. 内視鏡的乳頭切開術 (EST) 前後の肝胆道機能の定量的評価
國安芳夫, 篠原広行, 新尾泰男, 長谷部伸, 永島淳一, 滝沢謙治, 東澄典, 大渕真男
昭和大・藤が丘 放
核医学, 31(7) : 1994, 796-796.
Summary

603. 99mTcO4-および67Ga-citrateシンチグラフィ併用による唾液腺腫瘍質的診断向上の可能性
山田有則, 早坂和正, 斉藤泰博, 吉川大平, 高塩哲也, 秀毛範至, 吉田弘, 竹井秀敏, 油野民雄1), 佐藤順一, 石川幸雄2)
1)旭医大・放, 2)放部
核医学, 31(7) : 1994, 796-796.
Summary

604. PETと15O標識水による脳局所間相関係数画像 : 1. サブトラクション法による記憶検査の基礎的解析
藤田英明, 三浦修一, 三浦佑子, 菅野巌
秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 797-797.
Summary

605. PETとO-15標識水による脳局所間相関係数画像 : 2. 相関係数法の基礎
菅野巌, 三浦佑子, 藤田英明, 三浦修一, 畑澤順
秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 797-797.
Summary

606. PETと15O標識水による脳局所間相関係数画像 : 3. 記憶検査への応用の試み
藤田英明, 菅野厳, 三浦佑子, 三浦修一, 畑澤順
秋田脳研・放
核医学, 31(7) : 1994, 797-797.
Summary

607. 光刺激PETによるヒト視覚皮質マッピング
遠藤伸悟, 内山明彦1), 外山比南子, 千田道雄2), 川崎勉, 清澤源弘3)
1)早大理工, 2)都老人研PET, 3)東医歯大眼科
核医学, 31(7) : 1994, 797-797.
Summary

608. ポジトロンCTによる大脳皮質連合野の活性状態の画像化 – Second-messenger測定の実用化 –
今堀良夫, 藤井亮, 大森義男, 脇田員男, 堀井均, 上田聖
京都府立医科大学 脳外科, 西陣病院
核医学, 31(7) : 1994, 797-797.
Summary

609. 臨床用MR装置を用いた脳機能画像の検討
大西隆, 星博昭, 陣之内正史, 長町茂樹, 二見繁美, LeoG.Flores II, 渡辺克司
宮崎医大放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 797-797.
Summary

610. PETを用いた運動時の感覚運動野と補足運動野の局所脳血流量の変化と加齢による効果
大山雅史, 三品雅洋, 北村伸, 赫彰郎1), 織田圭一, 佐々木徹, 石井信一, 石井賢二, 石渡喜一, 外山比南子, 千田道雄2)
1)日医大二内, 2)都老人研PET
核医学, 31(7) : 1994, 798-798.
Summary

611. 自律神経機能不全症における食事性低血圧と脳血流の変化 : 15O-H2O PETによる検討
田所匡典, 平山正昭, 池田充, 加藤隆司, 伊藤健吾, 石垣武男
刈谷総合病院放, 名大神内, 名大放
核医学, 31(7) : 1994, 798-798.
Summary

612. 脳梗塞による失語症患者におけるCrossed cerebellar hypoperfusionと言語操作時のその変化 – PETによる検討 –
大山雅史, 三品雅洋, 北村伸, 赫彰郎1), 織田圭一, 佐々木徹, 石井信一, 石井賢二, 石渡喜一, 外山比南子, 千田道雄2)
1)日医大二内, 2)都老人研PET
核医学, 31(7) : 1994, 798-798.
Summary

613. 人工内耳術後の患者に対する雑音および言語刺激によるPET脳賦活検査
岡沢秀彦, 定藤規弘, 石津浩一, 西澤貞彦, 間賀田泰寛, 北野治廣, 玉木長良, 小西淳二1), 内藤泰2), 米倉義晴3)
1)京大 核, 2)耳鼻咽喉科, 3)脳病態生理
核医学, 31(7) : 1994, 798-798.
Summary

614. 18F-FDG PET歩行負荷試験を用いた骨髄小脳変性症における歩行時の動揺に関する検討
三品雅洋, 大山雅史, 北村伸, 赫彰郎1), 石井賢二, 織田圭一, 石井信一, 石渡喜一, 外山比南子, 千田道雄2)
1)日医大第二内科, 2)都老人研PET
核医学, 31(7) : 1994, 798-798.
Summary

615. 新しい核医学用三次元的頭部固定装置の評価
後藤了以, 川島隆太, 吉岡清郎, 小野修一, 伊藤浩, 木之村重男, 佐藤和則, 赤井沢隆, 福田寛
東北大加齢研機能画像
核医学, 31(7) : 1994, 798-798.
Summary

616. 抗サイログロブリン抗体, 抗ペルオキシダーゼ抗体の高感度ラジオアッセイによる測定 – 橋本病の診断における有用性
笠木寛治, 高坂唯子, 御前隆, 宮本信一, 小西淳二
京都大学核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 799-799.
Summary

617. Receiver Operating Characteristic (ROC) 解析を用いた腫瘍マーカーの正診率に関する検討
濱政明宏, 末廣美津子, 木谷仁昭, 濱田顕, 村上稔, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 31(7) : 1994, 799-799.
Summary

618. 肺癌における腫瘍マーカーとしての血中サイトケラチン19測定法CYFRA 21-1 IRMAに関する検討
村上稔, 濱田顕, 木谷仁昭, 末廣美津子, 前田真紀子, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 31(7) : 1994, 799-799.
Summary

619. TPSA IRMAキットによるTPA測定値の検討
小堺加智夫, 高橋秀樹, 高野政明, 中込俊雄, 三浦慶和1), 津布久雅彦, 木暮喬2), 佐々木康人3)
1)東邦大森病院RI, 2)東邦大第一放科, 3)東大放科
核医学, 31(7) : 1994, 799-799.
Summary

620. IRMA法による血漿活性型レニン濃度測定法に関する検討
尾森春艶, 河中正裕, 樽岡陽子, 入倉聡子, 杉本佳則, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 31(7) : 1994, 799-799.
Summary

621. リアグノストラミニンP1の基礎的及び臨床的検討
酒谷昌宏, 石田晃, 山本英嗣
ファルコバイオシステムズ イムノ研究所
核医学, 31(7) : 1994, 799-799.
Summary

622. 両側同時注入下肢骨盤部腹部RI Venographyの有用性
白石友邦, 夏住茂夫, 松本掲典
関西医大香里 放
核医学, 31(7) : 1994, 800-800.
Summary

623. 運動負荷 / 再静注201Tl心筋シンチグラフィによる下肢血流分布変化率の算出
山下詠子*, 杉原洋樹, 寺田幸治*, 伊藤一貴*, 谷口洋子*, 松本雄賀*, 大槻克一*, 中川達哉*, 中川雅夫*, 前田知穂
京府医大 放, *二内
核医学, 31(7) : 1994, 800-800.
Summary

624. 下肢動脈疾患における血流の定量測定
凌慶成, 守谷悦男, 森豊, 川上憲司1), 島田孝夫2)
1)慈大・放, 2)3内
核医学, 31(7) : 1994, 800-800.
Summary

625. ASOにおける負荷下肢201TlClシンチグラフィの有用性 – PTA前後の血流評価を含めて –
木島鉄仁, 汲田伸一郎, 水村直, 弦間和仁, 隈崎達夫
日医大放
核医学, 31(7) : 1994, 800-800.
Summary

626. 特発性血小板減少性紫斑病における血小板シンチグラフィによる部分脾動脈塞栓術の効果予測の可能性について
内田佳孝1, 蓑島聡2, 宇野公一2, 池平博夫1, 北原宏1, 王伯銘3
1:千葉大放部, 2:放科, 3:2内科
核医学, 31(7) : 1994, 800-800.
Summary

627. 99mTc-MIBIシンチグラフィによる星状神経節ブロック効果の評価 – 皮膚温との相関について –
大日方研, 鈴木健之, 西村克之, 宮前達也1), 木下信一郎2), 菅井実, 松本勲3), 原田雅義4)
1)埼玉医大 放, 2)二内, 3)麻酔, 4)原田病院
核医学, 31(7) : 1994, 800-800.
Summary

628. SPECT投影データのパワースペクトルから設計した前処理フィルタによる部分容積効果の改善
久保直樹1), 荒井博史, 表英彦, 高橋典子, 勝浦秀則, 鈴木幸太郎2), 伊藤和夫, 古舘正從3)
1)北大医短・放, 2)北大・放部, 3)北大・核医学
核医学, 31(7) : 1994, 801-801.
Summary

629. 部分容積効果を補正した腫瘍内タリウム集積濃度の測定法
池上匡, 斎藤節
横浜南共済病院・放
核医学, 31(7) : 1994, 801-801.
Summary

630. 逐次近似型画像再構成における高速演算法の提案
尾川浩一
法政大 工
核医学, 31(7) : 1994, 801-801.
Summary

631. 円形一様吸収体PET画像の統計ノイズに関する理論的考察
村山秀雄, 野原功全1), 木村裕一2)
1)放医研 物理, 2)日大 生産工
核医学, 31(7) : 1994, 801-801.
Summary

632. 3検出器型SPECT (Multi SPECT3) 用ドクターコンソール (ICON P) の使用経験
上野恭一
石川県立中央病院 放
核医学, 31(7) : 1994, 801-801.
Summary

633. 東芝が提案する核医学ネットワーク環境
羽原淳, 松葉純三, Kevin O’Donnell, 森野克人, 市原隆
東芝那須工場
核医学, 31(7) : 1994, 801-801.
Summary

634. 臨床PETによる成人病検診システムについて
井出満*, 高木繁治*, 安田聖栄*, 大塚康世*, 太田明*, 中嶋恭彦*, 清王尊仁*, 内田雅弘*, 脊戸川卓*, 山下功*, 正津晃*, 鈴木豊**
*ハイメディック山中湖画像診断センター, **東海大学放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 802-802.
Summary

635. ファイバー型ポジトロンプローブを用いた入力関数モニターによるPET脳血流量定量測定
関千江, 岡田裕之, 森真介, 吉川悦次, 垣内岳春, 安藤一郎, 西山新吾, 塚田秀夫, 山下貴司
浜松ホトニクス
核医学, 31(7) : 1994, 802-802.
Summary

636. 散乱線補正の基礎的検討とその応用
川口常昭, 新井二三男, 丸山隆利, 佐藤浩行, 田中正敏
日立メディコ
核医学, 31(7) : 1994, 802-802.
Summary

637. 医用画像処理装置用言語の開発
丸山隆利, 中村隆, 大家康秀, 青柳雅彦, 佐藤圭一
日立メディコ
核医学, 31(7) : 1994, 802-802.
Summary

638. RI標識ビオチン化抗体とアビジン “chase” を用いた免疫シンチグラフィ 1. アビジン “chase” はRI標識ビオチン化抗体の体内分布を著明に改善する
小林久隆, 阪原晴海, 細野真, 姚正生, 小西淳二1), 遠藤啓吾2)
1)京大核医学科, 2)群馬大核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 803-803.
Summary

639. RI標識ビオチン化抗体とアビジン “chase” を用いた免疫シンチグラフィ 2. アビジン類似物質のchase能力とアビジン “chase” のメカニズム
小林久隆, 阪原晴海, 細野真, 姚正生, 小西淳二1), 遠藤啓吾2)
1)京大核医学科, 2)群馬大核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 803-803.
Summary

640. RI標識ビオチン化抗体とアビジン “chase” を用いた免疫シンチグラフィ 3. chase後のRI標識抗体分画の変化とアビジン再静注の効果
小林久隆, 阪原晴海, 細野真, 姚正生, 小西淳二1), 遠藤啓吾2)
1)京大核医学科, 2)群馬大核医学科
核医学, 31(7) : 1994, 803-803.
Summary

641. Improved Targeting of Radiolabeled Streptavidin in Tumor Pretargeted by Biotinylated MoAbs through Avidin Chasing
姚正生, 阪原晴海, 張美麗, 小林久隆, 小西淳二1), 中田博, 山科郁男2)
1)京大 核医学, 2)京都産業大
The Japanese Journal of nuclear medicine, 31(7) : 1994, 803-803.
Summary

642. アンチ – センスDNAによるイメージングの可能性
小泉満, 山下孝, 小山田日吉丸, 尾形悦郎, 野田鉄生1), 荒野泰, 横山陽2)
1)癌研, 2)京大
核医学, 31(7) : 1994, 803-803.
Summary

643. 高分子スズ錯体を用いる抗体の99mTc直接標識法の確立
中山守雄, 宜野座靖史, 原田久美子, 中山仁1), 古嶋昭博, 冨口清二, 辻明徳, 鍋島光子, 高橋睦正2)
1)熊本大薬, 2)熊本大放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 803-803.
Summary

644. レクチンの核医学的癌診断への応用に関する基礎的検討
安倍美和, 藤島博, 小島周二, 久保寺昭子
東京理科大学・生命研・薬
核医学, 31(7) : 1994, 804-804.
Summary

645. 動脈一点採血によるI-123IMPとSPECTを用いた簡便な脳血流測定法 – One-point Sampling法 –
小田野行男, 大久保真樹, 高橋直也, 樋口健史
新潟大・放
核医学, 31(7) : 1994, 805-805.
Summary

646. I-123IMPのRate Constant Square法を用いた虚血性脳血管障害における分布容積 (Vd) の測定の臨床的意義
小田野行男, 大久保真樹, 高橋直也, 樋口健史
新潟大・放
核医学, 31(7) : 1994, 805-805.
Summary

647. 超早期I-123IMP SPECTによる機能イメージング
奥直彦, 橋川一雄, 森脇博, 植原敏勇, 小塚隆弘1), 清家裕次郎, 石田麻里子, 松本昌泰, 鎌田武信2), 藤田昌宏, 渡辺嘉之, 西村恒彦3)
1)大阪大学放射線部, 2)一内, 3)トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 805-805.
Summary

648. I-123IMPを用いた持続動脈採血による局所脳血流量と後期像洗い出し率の検討
堀川歩, 勝山直文, 山口慶一郎, 大田豊, 中野政雄1), 山崎英樹2), 目黒謙一3)
1)琉球大 放, 2)東北大 精神, 3)東北大 老人
核医学, 31(7) : 1994, 805-805.
Summary

649. 123I-IMPと3検出器回転型カメラを用いた超早期像による脳腫瘍血流測定
難波宏樹1, 柳沢正道2, 木下富士美2, 戸川貴史2, 油井信春2, 岩立康男1, 末吉貫爾1
1千葉県がんセンター脳神経外科, 2核医学診療部
核医学, 31(7) : 1994, 805-805.
Summary

650. 海馬血流の加令変化 : Alzheimer症例との比較
清家裕次郎, 石田麻里子, 松本昌泰, 鎌田武信1), 橋川一雄, 森脇博, 奥直彦, 植原敏勇2), 田辺敬貴3), 藤田昌弘, 渡辺嘉之, 西村恒彦4)
1)阪大一内, 2)放射線部, 3)神経科, 4)トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 805-805.
Summary

651. 201Tl-SPECT像による脳疾患診断の医師間変動
本田憲業, 町田喜久雄, 井上優介1), 松本徹, 飯沼武2), 村田啓, 丸野広大3), 宇野公一, 今井康則, 小熊栄二4), 久保敦司, 塚谷泰司5), 石井勝巳, 西巻博6), 油井信春, 戸川貴史7), 川上憲司, 森豊8), 小山田日吉丸9)
1)埼玉医大医療セ・放, 2)放医研・臨床, 3)虎ノ門病院・放, 4)千葉大・放, 5)慶大・放, 6)北里大・放, 7)千葉県がんセ・放, 8)慈恵医大・放, 9)癌研・アイソトープ
核医学, 31(7) : 1994, 806-806.
Summary

1001. 心筋梗塞後血行再建例における123I-BMIPP, 201Tl-C1心筋シンチの変化
有井融, 成瀬均, 福武尚重, 森田雅人, 高橋敬子, 岩井務, 宮城順子, 大柳光正, 岩崎忠昭1), 福地稔2)
1)兵庫医大一内, 2)兵庫医大核
核医学, 31(7) : 1994, 807-807.
Summary

1002. Tl再静注によるFill-in部位でのBMIPP集積に関する検討
松成一朗, 西川高広, 一柳健次1), 滝淳一, 久田欣一2)
1)福井県立病院 放, 2)金沢大 核
核医学, 31(7) : 1994, 807-807.
Summary

1003. 123I-BMIPP心筋シンチグラフィーによる高血圧性心不全の心筋代謝異常の検討
橋爪俊和, 羽野卓三, 太田明廣, 大森久司, 笹島久司, 谷河浩二, 馬場章, 有田幹雄, 西尾一郎, 山元和巳*, 鳥住和民*
和歌山医大循環器内科, *放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 807-807.
Summary

1004. 狭心症における123I-BMIPP心筋シンチグラフィによる虚血検出の臨床的意義
井上征治, 小林秀樹, 岡俊明, 住吉徹哉, 笠貫宏, 細田瑳一1), 日下部きよ子2)
1)東京女子医大心研内科, 2)放射線
核医学, 31(7) : 1994, 807-807.
Summary

1005. 123I-BMIPPを用いた虚血性心疾患における心筋脂質代謝の検討
高島重和, 前田哲生, 豊島博行1), 善積透, 青山毅, 山崎紘一2), 新井武志, 山根光量, 松沢佑次3)
1)箕面市立病院内科, 2)放科, 3)阪大2内
核医学, 31(7) : 1994, 807-807.
Summary

1006. 心電図異常を指摘された検診者における心筋血流, 代謝の検討 (123I-BMIPPおよび201Tl心筋SPECTの対比)
村松俊哉, 塚原玲子, 丸山路之1), 岡田正2), 高橋正彦, 松本義勝3), 秋元奈保子, 井上健彦, 斎藤徹, 上嶋権兵衛4)
1)健康保険総合川崎中央病院循環器科, 2)内科, 3)放射線科, 4)東邦大学第二内科
核医学, 31(7) : 1994, 807-807.
Summary

1007. 心筋梗塞急性期の安静201Tl心筋シンチの逆再分布現象の意義 – 123I-BMIPPを用いた検討 –
竹花一哉, 杉浦哲朗, 安部美輝, 中村誠志, 若山由佳, 小糸仁史, 中森久人, 塩見啓二, 岩坂壽二, 稲田満夫
関西医大 心臓血管病センター内科
核医学, 31(7) : 1994, 808-808.
Summary

1008. 左前下行枝1枝病変狭心症における心筋脂肪酸代謝障害の検討 – 123I-BMIPP心筋シンチグラフィーを用いて –
伊藤一貴1, 杉原洋樹2, 寺田幸治1, 谷口洋子1, 大槻克一1, 馬本郁男1, 松本雄賀1, 中川達哉1, 前田知穂2, 中川雅夫1
1:京府医大2内, 2:放.
核医学, 31(7) : 1994, 808-808.
Summary

1009. 虚血性心疾患における123I-BMIPP心筋シンチグラム : 早期像および後期像の臨床的意義
斉藤誉宏, 本康宗治, 幸治隆一1), 青木茂, 平野忠則2), 竹田寛, 松村要, 中川毅3), 小西得司, 中野赳4)
1)松阪中央病院 内, 2)放, 3)三重大 放, 4)一内
核医学, 31(7) : 1994, 808-808.
Summary

1010. 虚血性心疾患各種病態における安静時123I-BMIPP心筋シンチの意義 (201TL心筋シンチとの比較検討)
佐藤昭彦, 中村清美, 安藤晃禎
大同病院 循, 放, 名大一内
核医学, 31(7) : 1994, 808-808.
Summary

1011. I-123-BMIPP安静時心筋シンチグラフィの虚血性心疾患における検討 – fill-in, washoutを中心に –
植原敏勇, 両角隆一+, 山上英利*, 福地一樹, 伊藤康志, 楠岡英雄, 西村恒彦
阪大医放部 / トレーサ, +1内, *放科
核医学, 31(7) : 1994, 808-808.
Summary

1012. I123BMIPPおよび負荷Tl201Cl心筋シンチグラフィによる虚血心筋の評価
桑原洋一, 藤井清孝, 市川治彦, 唐木章夫, 山崎行雄, 斉藤俊弘, 増田善昭
千葉大学第三内科
核医学, 31(7) : 1994, 808-808.
Summary

1013. 心疾患における123I-BMIPPおよび201Tl心筋SPECTの対比
塚原玲子, 村松俊哉, 丸山路之1), 岡田正2), 高橋正彦, 松本義勝3), 秋元奈保子, 井上健彦, 斎藤徹, 上嶋権兵衛4)
1)健康保険総合川崎中央病院循環器科, 2)内科, 3)放射線科, 4)東邦大学第二内科
核医学, 31(7) : 1994, 809-809.
Summary

1014. Coronary flow reserveの増加が123I-BMIPP像に与える影響の検討 (Dipyridamole負荷を用いて)
安部美輝, 岩坂壽二, 神畠宏, 中森久人, 竹花一哉, 唐川正洋, 杉浦哲朗, 稲田満夫1), 杉林慶一, 菅豊2)
1)関西医科大学 心臓血管病センター内科, 2)放科
核医学, 31(7) : 1994, 809-809.
Summary

1015. 99mTc-GSAを使用した肝動脈塞栓術前後の塞栓物質, 塞栓葉の違いによる肝機能変化の検討
影山貴一, 黒澤良知, 古谷和久1), 斎藤隆次, 鈴木明美, 背戸好廣2)
1)聖隷浜松病院・放, 2)画診センター
核医学, 31(7) : 1994, 810-810.
Summary

1016. 小児例におけるTc-99m-GSA肝シンチグラフィでの肝血流評価 : 経直腸門脈シンチグラフィとの比較
加藤千恵次, 鐘ヶ江香久子, 中駄邦博, 伊藤和夫, 古舘正従1), 大川由美2)
1)北大核医学, 2)北大第一外科
核医学, 31(7) : 1994, 810-810.
Summary

1017. 経直腸門脈シンチおよびTc-99m-GSA肝シンチによるTIPS前後の門脈血流, 肝機能評価
池田裕子, 岡村光英, 河辺譲治, 金子良美, 中村健治, 高島澄夫, 神納敏夫, 越智宏暢, 小野山靖人, 大村昌弘, 下西祥裕, 塩見進
大阪市大 放, 核医学, 3内
核医学, 31(7) : 1994, 810-810.
Summary

1018. 99mTc-GSAのリガンド投与量変化に伴う定量指標の変動の検討
長谷部伸, 篠原広行, 松岡伸, 浜名哲郎, 新尾泰男, 國安芳夫1), 金潤吉2), 永島淳一3)
1)昭和大藤が丘 放, 2)外科, 3)多摩老人医療センター 核放
核医学, 31(7) : 1994, 810-810.
Summary

1019. 肝細胞癌におけるアシアロ糖蛋白レセプターのイメージングによる肝機能の検討
大園洋邦, 石橋正敏, 森田誠一郎, 梅崎典良, 早渕尚文1), 河村誠治2)
1)久留米大 放, 2)画像セ
核医学, 31(7) : 1994, 810-810.
Summary

1020. 肝Dynamic SPECTを用いた肝機能の評価 – 99mTc-GSAと99mTc-Sn colloidとの比較 –
西山佳宏, 川崎幸子, 日野一郎, 木内孝明, 木村成秀, 大川元臣, 田邉正忠1), 前場隆志2)
1)香医大・放, 2)1外
核医学, 31(7) : 1994, 810-810.
Summary

1021. うっ血性心不全における肝血流指標 (K値) と赤血球沈降速度 (赤沈) の臨床的意義
奥山康男1, 秋月哲史2, 真家伸一2, 松岡康夫2, 入交昭一郎2, 栗林徹1, 藤井博史1, 品川丈太郎3, 川村陽一3
1市立川崎病院放射線科, 2内科, 3日本鋼管病院内科
核医学, 31(7) : 1994, 811-811.
Summary

1022. 標識長鎖脂肪酸 (BMIPP) 経腸的投与後の健常成人におけるシンチグラム
丸岡伸, 山崎哲郎, 坂本澄彦1), 高橋信雄2), 千葉敏雄3), 中村尚司4)
1)東北大・放射線科, 2)放射線部, 3)小児外科, 4)東北大・サイクロ
核医学, 31(7) : 1994, 811-811.
Summary

1023. 放射線粘膜炎の核医学的検討
玉村裕保, 大口学, 東光太郎, 利波久雄, 興村哲郎, 山本達
金沢医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 811-811.
Summary

1024. アマレックスMAB Free T3による血中Free T3濃度測定の基礎的, 臨床的検討
浦城淳二, 松村要, 中西篤, 笹岡政宏, 中川俊男, 中川毅
三重大 放
核医学, 31(7) : 1994, 811-811.
Summary

1025. アマレックスMAB Free T4による血中Free T4濃度測定の基礎的, 臨床的検討
中川俊男, 松村要, 中西篤, 笹岡政宏, 浦城淳二, 中川毅
三重大 放
核医学, 31(7) : 1994, 811-811.
Summary

1026. 標識抗体法 (Amerlex-MAB FT3) による血清FT3濃度の測定
増井裕利子, 才木康彦, 太田圭子, 尾藤早苗, 大塚博之, 壇芳之, 山口晴司, 伊藤秀臣, 日野恵, 池窪勝治1), 服部尚樹, 石原隆, 森寺邦三郎, 倉八博之2)
1)神戸市立中央市民病院核医学科, 2)内分泌内科
核医学, 31(7) : 1994, 811-811.
Summary

1027. ヒト脳脊髄液中にはPTHrPが存在する
滋野長平, 河野弘昭, 山本徹, 夏井耕之, 笠井隆一, 佐藤幹二, 中尾一和, 山室隆夫, 小西淳二
京大放核, 整外, 二内, 済生会中津病院神経内科, 東女医大内分泌
核医学, 31(7) : 1994, 812-812.
Summary

1028. 糖尿病におけるI-123MIBG心筋SPECTの検討
村嶋秀市, 竹田寛, 松村要, 秦良行, 北野外紀雄, 中川毅
三重大 放
核医学, 31(7) : 1994, 813-813.
Summary

1029. 糖尿病患者におけるI-123MIBG心筋内動態解析
鈴木輝康, 柏木厚典*, 井上亨**, 永田保, 大田豊承, 木上裕輔, 遊逸明, 青木茂, 山本逸雄, 大西英雄, 濱津尚就, 増田一孝, 森田陸司
滋賀医科大学放射線科・放射線部, *第三内科, **第一内科
核医学, 31(7) : 1994, 813-813.
Summary

1030. 糖尿病患者における123I-MIBG心筋シンチグラフィでの心臓交感神経障害部位の血流評価
河中正裕, 濱田顕, 末廣美津子, 立花敬三, 尾上公一, 福地稔
兵庫医大 核
核医学, 31(7) : 1994, 813-813.
Summary

1031. 糖尿病性自律神経障害例における123I-MIBGの心筋局所取り込みの検討
上遠野栄一, 大和田憲司, 武田寛人, 鈴木均, 鉄地川原正顕, 宗像志朗, 藤田悠治1), 丸山幸夫2)
1)太田西ノ内病院 循・核, 2)福島医大一内
核医学, 31(7) : 1994, 813-813.
Summary

1032. 糖尿病症例の除神経領域において脂肪酸代謝は障害されているか
外山卓二, 大野富雄, 星崎洋, 岡本栄一, 神山宏, 内藤滋人, 野上昭彦, 大島茂, 谷口興一
群馬県立循環器病センター
核医学, 31(7) : 1994, 813-813.
Summary

1033. 糖尿病患者の心臓交感神経障害評価における123I-MIBG心筋SPECTと心拍変動スペクトル解析との関連
鈴木康, 外山卓二, 塚越譲一, 神田享勉, 今井進, 鈴木忠, 村田和彦1), 館野円, 遠藤啓吾2), 大野富雄, 大島茂, 谷口興一3)
1)群大二内, 2)群大核医学, 3)県立循環器病センター
核医学, 31(7) : 1994, 813-813.
Summary

1034. MIBGを用いた高度冠動脈狭窄病変におけるPTCA前後の経時的観察
大和田真紀子, 池田史彦, 和井内由充子, 根岸耕二, 高橋哲夫, 安田三弥, 志田潤治, 三本重治
横浜市立市民病院
核医学, 31(7) : 1994, 814-814.
Summary

1035. MIBG心筋シンチにおける心臓 / 縦隔比 (H / M) に影響を与える因子の検討
立木秀一1, 近藤武1, 西村哲浩2, 前田壽登1, 竹内昭1, 古賀佑彦3, 徳田衛4, 黒川洋4, 渡辺佳彦4, 坂倉一義5, 渡辺佐知郎6
1藤田保衛大 衛放技, 2病放, 3医放, 4医内, 5愛知県済生会病院, 6県立岐阜病院
核医学, 31(7) : 1994, 814-814.
Summary

1036. 123I-MIBG定量評価としての心縦隔比の問題点
百瀬満, 小林秀樹, 松本延介, 牧正子, 日下部きよ子
東京女子医大放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 814-814.
Summary

1037. 各種心疾患におけるI-123MIBG心筋シンチグラム – 上縦隔・肺集積についての検討 –
村嶋秀市, 竹田寛, 松村要, 秦良行, 北野外紀雄, 中川毅
三重大 放
核医学, 31(7) : 1994, 814-814.
Summary

1038. 心不全例における肺I-123MIBG像の意義
両角隆一, 堀正二, 鎌田武信1), 山上英利2), 福地一樹, 松田伸一, 橋本克次, 植原敏勇, 楠岡英雄, 西村恒彦3)
1)大阪大学一内, 2)放射線科, 3)トレーサ情報解析
核医学, 31(7) : 1994, 814-814.
Summary

1039. 123I-MIBGシンチグラフィーにて早期より心筋への集積を認めない症例についての検討
丸野広大1, 村田啓1, 小宮山伸之2, 石綿清雄2, 小野口昌久1, 藤永剛1, 国又肇1, 奥田逸子1
1:虎の門病院 放, 2:循内
核医学, 31(7) : 1994, 814-814.
Summary

1040. 123I-MIBGを用いた起立性低血圧における心交感神経機能の評価
大森久司, 羽野卓三, 太田明廣, 橋爪俊和, 笹島久司, 谷河浩二, 馬場章, 有田幹雄, 西尾一郎, 山元和巳*, 鳥住和民*
和歌山医大循環器内科, *放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 815-815.
Summary

1041. 急性心筋梗塞I-123 MIBG心筋縦隔比に関与する因子の検討 – 心筋全体縦隔比, 梗塞部心筋縦隔比, および非梗塞部心筋縦隔比と梗塞サイズとの関連 –
谷畠進太郎, 渡辺佐知郎, 松尾仁司, 加納素夫, 西田佳雄, 松原徹夫, 松野由紀彦, 小田寛, 琴尾泰典, 大橋宏重, 後藤明, 近藤紀博, 牧田一成, 渡辺浩志1), 石黒源之2)
1)県立岐阜 循・中放, 2)平野総合病院内科
核医学, 31(7) : 1994, 815-815.
Summary

1042. 末梢性ベンゾジアゼピンレセプター機能解析を目的とする放射性ヨウ素標識薬剤 (4′-I-PK11195) の開発
佐治英郎, 飯田靖彦, 高石勇希, 間賀田泰寛, 横山陽1), 中塚巌, 片岡正樹, 吉武彬2)
1)京大・医, 薬, 2)住友化学
核医学, 31(7) : 1994, 816-816.
Summary

1043. PETを用いた非標識薬物投与後のヒト正常脳内ベンゾダイアゼピンリセプター分布量の変化の検討
石原眞木子, 趙圭一
ミシガン大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 816-816.
Summary

1044. Parkinson病に対するL-threo-DOPS投与における脳血流量の変化について – SPECTを用いた考察 –
駒場祐一, 津金沢俊和, 三品雅洋, 越泰彦, 小宮山佐, 北村伸, 赫彰郎
日本医科大学第二内科
核医学, 31(7) : 1994, 816-816.
Summary

1045. 99mTc-HM-PAO SPECTによるCBF画像と脳ブドウ糖代謝画像の所見に解離の見られた欝病の一例
小野修一, 伊藤浩, 川島隆太, 吉岡清郎, 後藤了以, 赤井沢隆, 伊藤正敏*, 福田寛
東北大加齢研機能画像, *東北大サイクロ
核医学, 31(7) : 1994, 816-816.
Summary

1046. [F-18]FDGによる脳代謝欠損に基づいた早期アルツハイマー病の診断基準
趙圭一, 石原眞木子
ミシガン大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 816-816.
Summary

1047. 精神分裂病におけるDeoxyglucose-PETとIodoamphetamine – SPECTの比較.
佐藤啓二, 成田実, 鈴木輝康, 森田陸司1), 小西淳二, 福山秀直2)
1)滋賀医大精神医学, 放射線医学, 2)京都大学核医学, 神経内科
核医学, 31(7) : 1994, 816-816.
Summary

1048. ニトロ / F-交換フッ素化標識反応のためのbutyrophenone neurolepticsの合成に関する研究
橋爪利至, 三宅可浩
生体機能研
核医学, 31(7) : 1994, 817-817.
Summary

1049. 同一3 head回転型SPECT装置の性能総合評価の検討及び脳血流定量への影響
岩本康男, 香川雅昭, 北村俊也1), 東保峯, 大西英之, 唐澤淳2), 西村恒彦3)
1)大阪脳外放射線科, 2)大阪脳外脳神経外科, 3)大阪大学バイオ研情報解析学
核医学, 31(7) : 1994, 817-817.
Summary

1050. 3検出器回転型ガンマカメラを用いた123I-IMPによる海馬描出の基礎的検討
松村要, 竹田寛, 中川毅1), 渡辺佳夫, 青木茂, 平野忠則2), 前田寿登3), 市原隆, 本村信篤4)
1)三重大 放, 2)松阪中央病院, 3)藤田保健衛生大学, 4)東芝那須
核医学, 31(7) : 1994, 817-817.
Summary

1051. 脳皮質輪解析法の定量的検討
高山豊
国立精神・神経センター武蔵病院
核医学, 31(7) : 1994, 817-817.
Summary

1052. ダイナミックECTによる局所脳血流画像の高速演算法の開発 : 8種類のアルゴリズムの比較検討
横井孝司, 飯田秀博*, 成田雄一郎*, 三浦修一*, 菅野巌*
島津製作所 医用技術部, *秋田脳研 放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 817-817.
Summary

1053. Microshere modelを用いた123I-IMPによるrCBF測定法 (早期再構成カウントの推定の考察)
高橋直也, 小田野行男, 酒井邦夫1), 大久保真樹2)
1)新潟大放, 2)新潟大医短放
核医学, 31(7) : 1994, 817-817.
Summary

1054. Tc99m-HMPAOを使用した簡便な脳血流半定量法の一案 ~BURを算出して~
宮崎吉春, 滝本政盛, 塩崎潤, 井上寿, 谷内永仁, 伊藤廣1), 橋本正明2), 絹谷清剛, 利波紀久3)
1)能登総合病院中放, 2)能登総合病院脳外, 3)金沢大学医学部核医学教室
核医学, 31(7) : 1994, 818-818.
Summary

1055. 梗塞心筋における201Tl / 123I-BMIPP心筋シンチの解離現象と糖代謝の関係
田中聡彦, 秋岡要, 高木雅彦, 谷知子, 大村崇, 西田幸生, 葭山稔, 戸田爲久, 寺柿政和, 竹内一秀, 武田忠直1), 越智宏暢2)
1)大阪市大1内, 2)核医学
核医学, 31(7) : 1994, 819-819.
Summary

1056. 123I-BMIPP心筋SPECTの至適撮影時期の検討 – 心筋カウントの経時的変化と投与後早期に減少する肝信号の影響について –
斉藤克己, 井上征治, 岡俊明, 細田瑳一1), 小林秀樹, 松本延介, 日下部きよ子2)
1)東京女子医大循内, 2)放
核医学, 31(7) : 1994, 819-819.
Summary

1057. 経皮的冠動脈形成術後早期のATP負荷Tl-201心筋断層像とI-123BMIPP心筋断層像
久保田幸夫, 井上雅浩, 滝野豊, 飯塚利夫1), 村田和彦2), 鈴木忠3), 井上登美夫, 遠藤啓吾4)
1)多野総合病院内科, 2)群大2内, 3)医短, 4)核医学
核医学, 31(7) : 1994, 819-819.
Summary

1058. 123I-MIBG心筋SPECTによる拡張型心筋症の経時的観察
山崎純一, 飯田美保子, 細井宏益, 五十嵐正樹, 石黒聡, 方眞美, 武藤浩, 蒲野俊雄, 森下健
東邦大1内
核医学, 31(7) : 1994, 819-819.
Summary

1059. 肥大型心筋症 (HCM) におけるBMIPPの中隔集積異常の意義
鎌田達也, 松本めぐみ, 原田一郎, 池部伸彦, 渡辺健, 小林泰彦, 永井義一, 伊吹山千晴1), 平山邦彦, 白岩啓志, 藤田賢二2)
1)東京医大2内, 2)東京医大放
核医学, 31(7) : 1994, 819-819.
Summary

1060. BMIPPの心筋集積を認めなかった2症例
志賀浩治, 寺嶋知史, 栗山卓弥, 岡田隆, 井上直人, 河野義雄, 遠藤直人1), 井上孝2), 杉原洋樹3)
1)京都第一赤十字病院 循環器科, 2)放射線科, 3)京都府立医科大学 放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 819-819.
Summary

1061. 虚血性心筋症, 拡張型心筋症の鑑別におけるI-123BMIPPの有用性
広瀬義晃, 石田良雄, 林田孝平, 前野正和, 高橋延和, 濱田星紀1), 野々木宏, 宮武邦夫2), 西村恒彦3)
1)国循セン放診部, 2)心内, 3)阪大トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 820-820.
Summary

1062. 神経堤由来の腫瘍診断におけるI-123-MIBGシンチグラフィの有用性について
牛嶋陽, 杉原洋樹, 笠原利之, 高田明浩, 木津修, 新居健, 水田正芳, 武部義行, 岡本邦雄, 前田知穂
京府医大・放
核医学, 31(7) : 1994, 821-821.
Summary

1063. I-123IMPが集積した眼球及び頭蓋内悪性黒色腫4例における経時的集積パターンについて
田中茂子1), 田中正博, 小田淳郎2), 河辺譲治, 金子良美3), 岡村光英, 越智宏暢4)
1)多根病院放, 2)大阪市立総合医療セ放, 3)阪市大放, 4)阪市大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 821-821.
Summary

1064. 99mTc-MIBIシンチグラフィによる甲状腺癌転移巣の描出
山口晴司, 大塚博幸, 壇芳之, 伊藤秀臣, 太田圭子, 増井裕利子, 尾藤早苗, 才木康彦, 日野恵, 池窪勝治1), 服部尚樹, 石原隆, 森寺邦三郎, 倉八博之2)
1)神戸市立中央市民病院核医学科, 2)内分泌内科
核医学, 31(7) : 1994, 821-821.
Summary

1065. 家兎VX-2癌における99mTc-HM-PAOおよび99mTc-MIBIの腫瘍集積性に関する検討
大塚信昭, 三村浩朗, 森田浩一, 小野志磨人, 永井清久, 曽根照喜, 柳元真一, 友光達志, 福永仁夫1), 亀井健, 梶原康正2)
1)川崎医大核医学, 2)放射線
核医学, 31(7) : 1994, 821-821.
Summary

1066. Tc-99m-MIBIにおける肺腫瘍への集積
鐘ヶ江香久子, 伊藤和夫, 加藤千恵次, 中駄邦博, 古舘正従1), 花田太郎2)
1)北大 核医学, 2)北大 第一内科
核医学, 31(7) : 1994, 821-821.
Summary

1067. 脂肪肉腫の診断 – Tc-99m pertechnetateシンチグラフィの有用性 –
阿部裕之, 照井頌二, 寺内隆司, 横山良平, 別府保男, 福間久俊
国立がんセンター核, 整外
核医学, 31(7) : 1994, 821-821.
Summary

1068. ガリウムシンチにて経過観察中広範な進展を呈した髄外形質細胞腫の1例
仙田宏平, 今枝功, 大島治泰, 佐久間隆廣
国立名古屋放
核医学, 31(7) : 1994, 822-822.
Summary

1069. 99mTc標識抗NCA (nonspecific cross-reacting antigen) キメラ抗体の体内動態と免疫反応
織内昇, 渡辺直行, 鈴木英樹, 舘野円, 富吉勝美, 平野恒夫, 井上登美夫, 遠藤啓吾1), 今井強一, 山中英寿2), 杉山純夫3)
1)群大・核, 2)群大・泌, 3)国立高崎病・放
核医学, 31(7) : 1994, 822-822.
Summary

1070. 99mTc標識NE15O抗体の肺小細胞癌症例への臨床応用
杉山純夫, 鈴木良彦1), 織内昇, 渡辺直行, 鈴木英樹, 舘野円, 平野恒夫, 冨吉勝美, 井上登美夫, 遠藤啓吾2), 上田龍三3)

1)国立高崎放, 2)群大核, 3)愛知がんセ化療
核医学, 31(7) : 1994, 822-822.
Summary

1071. 18F-fluorodeoxygalactoseを用いた実験肝癌の治療効果判定に関する研究
高橋寿太郎, 福田寛, 赤井沢隆, 阿部由直, 佐藤多智雄1), 藤原竹彦, 伊藤正敏, 岩田錬, 井戸達雄2)
1)東北大・加齢研・機能画像, 2)東北大・サイクロ
核医学, 31(7) : 1994, 822-822.
Summary

1072. 肺腫瘤性病変におけるFDG-PETの有用性
岡村光英, 河辺譲治, 金子良美, 西岡雅行, 越智宏暢, 小野山靖人, 下西祥裕, 井上清俊, 宮本善文, 金澤源, 沖塩協一, 工藤新三
大阪市大, 核, 放, 2外, 1内
核医学, 31(7) : 1994, 822-822.
Summary

1073. 123I-BMIPP心筋シンチグラフィーの投与直後ダイナミックSPECT像, 20分後, 4時間後SPECT像の比較
浅野竜太*, 小林秀樹**, 松本延介**, 日下部きよ子**, 岡俊明*, 井上征治*, 住吉徹哉*, 細田瑳一*
東京女子医科学大, *循環器科, **放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 823-823.
Summary

1074. I-123BMIPP心筋集積の定量的解析の試み
菊池隆徳, 玉木長良, 多田村栄二, 服部直也, 工藤崇, 米倉義晴, 小西淳二1), 羽田龍彦, 野原隆司, 篠山重威2)
1)京大 核, 2)3内
核医学, 31(7) : 1994, 823-823.
Summary

1075. I-123 BMIPP gated SPECTによる左室壁厚解析
武田徹, 外山比南子*, 武安法之, 渡辺重行, 鯵坂隆一, 飯田啓二, 呉勁, 佐藤始広, 石川演美, 板井悠二, 杉下靖郎
筑波大臨床医学系, *都老人研PET
核医学, 31(7) : 1994, 823-823.
Summary

1076. 右心負荷時における右室脂肪酸代謝の検討
井上一也, 開発直明, 北崎和久1), 宇治茂2), 前田和美3)
1)国立明石 循, 2)放, 3)神大 医技
核医学, 31(7) : 1994, 823-823.
Summary

1077. 123I-BMIPPを用いての右室負荷疾患における右室心筋の検討
金勇二, 沢田佳宏1), 藤原剛2), 千葉博3), 西村恒彦4)
1)西淀病院内科, 2)放射線科, 3)耳原総合病院内科, 4)阪大トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 823-823.
Summary

1078. 肥大型心筋症における心筋代謝 – 11C-酢酸, 18F-FDGおよび123I-BMIPPによる検討 –
丸野広大1, 石綿清雄2, 千田道雄3, 外山比南子3, 石渡喜一3, 石井賢二3, 小野口昌久1, 村田啓1
1:虎の門病院放, 2:循内, 3:東京都老人研PET
核医学, 31(7) : 1994, 823-823.
Summary

1079. ATP, DOB負荷心プールシンチグラフィーによる虚血性心疾患 (IHD) の評価 – 運動負荷法との比較 –
長岡秀樹, 磯部直樹, 久保田幸夫, 飯塚利夫, 今井進, 村田和彦1), 鈴木忠2)
1)群大2内, 2)医療技術短大
核医学, 31(7) : 1994, 824-824.
Summary

1080. 非観血的左室駆出期圧 – 容積関係 (PVR) による左心機能評価の簡便法に関する検討
中山浩二, 弘瀬哲, 友田春夫, 半田俊之介1), 鈴木豊2), 井出満3)
1)東海大学第一内科, 2)放射線科, 3)ハイメディック山中湖画像診断センター
核医学, 31(7) : 1994, 824-824.
Summary

1081. 非観血的左室駆出期圧 – 容積関係によるAnthracyclin 1系抗癌剤投与患者の左心機能評価
弘瀬哲, 中山浩二, 友田春夫, 半田俊之介1), 鈴木豊2), 井出満3)
1)東海大学第一内科, 2)放射線科, 3)ハイメディック山中湖画像診断センター
核医学, 31(7) : 1994, 824-824.
Summary

1082. 心筋梗塞慢性期の残存狭窄と左室運動耐容能
長谷川新治, 黒飛俊哉, 足立孝好, 三崎尚之, 堺昭彦, 平山篤志, 児玉和久1), 佐々木次郎, 長谷川正和2)
1)大阪警察病院心臓センター, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 824-824.
Summary

1083. 急性心筋梗塞症における左心室拡張期指標と短期予後との対比検討
高田康夫, 長坂真, 鈴木晃夫, 加藤林也, 渡辺俊也, 安井昭二1), 大島治泰, 佐久間隆廣, 仙田宏平2)
1)国立名古屋病院内科, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 824-824.
Summary

1084. 非閉塞性肥大型心筋症 (HNCM) の運動負荷時異常血圧反応 【心プールシンチグラフィ (RNVG) による検討】
磯部直樹, 外山卓二, 長岡秀樹, 久保田幸夫, 鈴木康, 神田享勉, 飯塚利夫, 今井進, 鈴木忠, 村田和彦1), 館野円, 遠藤啓吾2)
1)群大二内, 2)群大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 824-824.
Summary

1085. VESTによる眼科手術時の心血管系反応に関する検討
瀬口秀孝, 中村守男, 深川和已*, 蔵石さつき*, 見好貴公*, 青崎登
国立霞ヶ浦病院循環器科, *眼科
核医学, 31(7) : 1994, 825-825.
Summary

1086. 2点体動補正法を用いた運動負荷心プールダイナミックシンチ法の検討
望月守, 福井淳, 神山司, 武澤充, 吉村正己1), 吉田裕, 坂田和之2)
1)静岡県立総合病院 核医学科, 2)循環器科
核医学, 31(7) : 1994, 825-825.
Summary

1087. 大動脈弁閉鎖不全症におけるタリウム集積低下の意義 – 弁置換術前後での評価 –
堀ノ内治, 古田利久, 宮之原浩, 小寺顕一, 真田純一, 有馬暉勝
鹿児島大学第二内科
核医学, 31(7) : 1994, 825-825.
Summary

1088. 201Tl心筋シンチグラフィーにおける心筋摂取率測定の有用性の検討
東野博, 立花正1), 中田茂, 棚田修二, 菅原敬文, 安原美文, 濱本研2), 濱田希臣3)
1)宇和島社会保険 放, 2)愛媛大 放, 3)愛媛大 二内
核医学, 31(7) : 1994, 825-825.
Summary

1089. 抗腫瘍薬を使用した2症例の心筋シンチグララムと病理組織所見の関係
辻敦敏, 小谷訓1),*, 久保敦司2)
1)浦和市立病院, 小児科, *放射線科, 2)慶応義塾大学, 放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 825-825.
Summary

1090. Hibernationの術前予測 – 運動負荷再静注201TlSPECTおよび左室造影を用いた検討 –
三浦裕司, 吉田慎太郎, 松尾信郎, 井上亨, 木之下正彦
滋賀医大第一内科
核医学, 31(7) : 1994, 825-825.
Summary

1091. 川崎病患児の心筋梗塞例におけるQ waveとnon-Q waveの比較 : Tl-201 reinjection tomographyによる検討
石橋正敏, 森田誠一郎, 梅崎典良, 早渕尚文1), 河村誠治2)
1)久留米大 放, 2)画像セ
核医学, 31(7) : 1994, 826-826.
Summary

1092. 各種心疾患患者における運動Tl-201とI-123MIBG心筋SPECT像の定量評価
高田康信, 岡田充弘, 磯部智, 棚橋淑文
名古屋掖済会病院内科
核医学, 31(7) : 1994, 826-826.
Summary

1093. 心筋炎による心機能障害の機序推定に心臓核医学検査が有用であった一例
徳永毅, 後藤昌計, 井川昌幸, 高橋淳, 雨宮浩, 家坂義人, 藤原秀臣1), 廣江道昭, 丸茂文昭2)
1)土浦協同病院循環器内科, 2)東京医歯科大学第二内科
核医学, 31(7) : 1994, 826-826.
Summary

1094. 肥大型心筋症 (HCM) の心筋組織性状の評価 – TL心筋シンチグラフィーおよび造影MRIを用いて –
南條修二, 山崎純一, 森下健1), 久保圭一郎2), 吉川宏起3)
1)東邦大学第一内科, 2)中放RI, 3)関東労災病院放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 826-826.
Summary

1095. 心尖部肥大型心筋症に治療は必要か?
杉原洋樹, 谷口洋子*, 伊藤一貴*, 寺田幸治*, 大槻克一*, 松本雄賀*, 島孝友*, 中川達哉*, 中川雅夫*, 前田知穂

京府医大 放, *二内
核医学, 31(7) : 1994, 826-826.
Summary

1096. 肥大型心筋症 (HCM) における負荷201Tl心筋シンチグラフィーの臨床的意義
森文章**, 小林秀樹*, 松本延介*, 日下部きよ子*, 浅野竜太**, 仁木清美**, 堀江俊伸**, 細田瑳一**
*東女医大放, **循内
核医学, 31(7) : 1994, 826-826.
Summary

1097. 拡張型心筋症における201Tl心筋シンチグラフィ分布様式の定量的評価の試み
小野智英, 甲谷哲郎, 鍛冶徹, 北畠顕1), 加藤千恵次, 古舘正従2)
1)北大循内, 2)北大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 827-827.
Summary

1098. 核医学用高画質ハードコピーの開発とローカルネットワークの構築
大村昌弘, 下西祥裕, 池田穂積1), 越智宏暢2)
1)大阪市大病院中放部, 2)大阪市大核医学
核医学, 31(7) : 1994, 827-827.
Summary

1099. 静止通信衛星 (JCSAT2号) による核医学画像通信
鈴木英樹, 舘野円, 織内昇, 井上登美夫, 遠藤啓吾1), 大竹英則2), 嶋本薫, 小野里好邦3)
1)群馬大学核医学科, 2)中放, 3)工学部情報工学科
核医学, 31(7) : 1994, 827-827.
Summary

1100. オーダリングシステム及び病院PACSとオンライン接続した核医学診断部門ミニPACSの開発
大竹英則, 松原国夫, 細野紀一, 今井俊幸, 羽鳥昇1), 鈴木英樹, 井上登美夫, 遠藤啓吾2), 細羽実, 伴隆一, 西田慎一郎, 山田真由美3)
1)群大中放, 2)核, 3)株 島津
核医学, 31(7) : 1994, 827-827.
Summary

1101. 心電図同期99mTc-MIBI SPECTを用いた左脚ブロック例の検討
杉原秀樹, 野澤真人, 稲本康彦1), 谷口義光, 青木悦雄2), 玉木長良3), 三ッ浪健一, 木之下正彦4)
1)高島病院内科, 2)放, 3)京大核, 4)滋医大, 一内
核医学, 31(7) : 1994, 827-827.
Summary

1102. 低用量Dobutamine (DOB), Nitroglycerin (NTG) 負荷99mTc-MIBI (MIBI) 心筋シンチグラフィの有用性についての検討
八木秀憲, 富永伸徳, 川井三恵, 松井隆, 原正忠1), 守谷悦男, 森豊, 川上憲司2)
1)慈恵医大・4内, 2)放
核医学, 31(7) : 1994, 827-827.
Summary

1103. 心内膜側全周性に99mTc-PYPの集積を呈する症例の臨床的特徴
安藤弘, 小林秀樹, 百瀬満, 松本延介, 住吉徹哉, 堀江俊伸, 細田瑳一1), 日下部きよ子2)
1)東京女子医大心研, 2)東京女子医大放射線
核医学, 31(7) : 1994, 828-828.
Summary

1104. 心筋シンチグラムにおける201TlClと123I-MIBGの心筋集積の比較.
小林満, 佐々木一文, 田村清彦, 加藤弘毅, 佐藤公彦, 戸村則昭, 渡会二郎
秋大 放
核医学, 31(7) : 1994, 828-828.
Summary

1105. 虚血性心疾患における201Tl心筋SPECTによる心筋摂取率の検討
池田浩志郎, 鈴木健1), 岩瀬幹生2), 飯田昭彦3)
1)豊川市民病院 内, 2)豊川市民病院 放, 3)名古屋市リハセン
核医学, 31(7) : 1994, 828-828.
Summary

1106. 陳旧性心筋梗塞 (OMI) における運動負荷Tl-201心筋SPECTと心室遅延電位 (LP) の検討
川本洋子, 小野邦春, 石川連三, 井上健彦, 秋元奈保子, 塚原玲子, 上嶋権兵衛1), 山崎純一, 森下健2)
1)東邦大2内, 2)1内
核医学, 31(7) : 1994, 828-828.
Summary

1107. 甲状腺機能低下症, 脳内出血, 全身性進行性皮膚硬化症におけるI-123MIBG心筋SPECT像の検討
真家伸一, 秋月哲史, 奥山康男*, 美田誠二, 今西智之**, 竹中信夫**, 松岡康夫, 入交昭一郎
市立川崎病院内科, *放射線科, **脳神経外科
核医学, 31(7) : 1994, 828-828.
Summary

1108. 家族性アミロイドポリニューロパチーにおける123-I MIBG心筋SPECT
伊藤敦子, 曽根脩輔, 中西文子, 長谷川実, 小口和浩, 春日敏夫1), 横田憲一2)
1)信大放, 2)信大中放
核医学, 31(7) : 1994, 828-828.
Summary

1109. βブロッカー療法が奏効した拡張型心筋症 (DCM) における123I-MIBGシンチ (MIBG) の経時的検討
山本浩二, 朝田真司1), 籔之内照明2)
1)新千里病院・内科, 2)放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 829-829.
Summary

1110. I-123MIBGとノルエピネフリン動態からみた心臓交感神経機能評価
斎藤富善, 大谷弘, 矢尾板裕幸, 渡辺達也, 斎藤修一, 佐藤雅彦, 廣坂朗, 前原和平, 丸山幸夫
福島医大一内
核医学, 31(7) : 1994, 829-829.
Summary

1111. 小児における心筋シンチグラフィの核種による比較
笠井秀明, 佐藤正昭, 古田俊哉1), 原裕子, 野本一雄2), 石田治雄3), 石井勝巳4)
1)都立清瀬小児病院循環器科, 2)放射線科, 3)外科, 4)北里大学放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 829-829.
Summary

1112. 123I-MIBG心筋scintigraphyにて集積を認めなかった4例についての検討
高橋敬子, 森田雅人, 杉澤一彦, 有井融, 岩井務, 福武尚重, 成瀬均, 大柳光正, 岩崎忠昭1), 福地稔2)
1)兵庫医大一内, 2)核
核医学, 31(7) : 1994, 829-829.
Summary

1113. MIBGによる心筋症ハムスターBIO 53.58における心臓交感神経異常の検討 : Cilazapril (CLZ) とVerapamil (VER) 投与の効果
若林康, 倉田千弘, 岡山憲一, 小林明1), 俵原敬2)
1)浜医大三内, 2)浜松赤十字内
核医学, 31(7) : 1994, 829-829.
Summary

1114. 心筋症ハムスター (Bio14.6) における組織低酸素マーカー99mTc-BMSの心筋集積について
渡邉嘉之, 福地一樹, 藤原聡之, 楠岡英雄, 西村恒彦
阪大 医 トレーサー
核医学, 31(7) : 1994, 829-829.
Summary

1115. 肥大型心筋症モデルラット (WKY / NCrj rat) の心筋脂肪酸代謝障害に対するCa拮抗薬の効果 – 病理組織学的所見との対比検討 –
大槻克一, 杉原洋樹*, 馬本郁男, 中川達哉, 伊藤一貴, 松本雄賀, 谷口洋子, 寺田幸治, 前田知穂*, 中川雅夫1), 落合正和2)
1)京府医大 2内, *放, 2)洛東病院 循
核医学, 31(7) : 1994, 830-830.
Summary

1116. 摘出灌流心を用いたテクネチウム標識組織低酸素マーカー99mTc-nitroimidazoleの動態解析
福地一樹, 橋本克次, 楠岡英雄, 西村恒彦
阪大トレーサ
核医学, 31(7) : 1994, 830-830.
Summary

1117. 99mTc-nitroimidazoleを用いた虚血心筋の検出
福地一樹, 渡辺嘉之, 藤原聡之, 楠岡英雄, 西村恒彦
大阪大学トレーサ情報解析
核医学, 31(7) : 1994, 830-830.
Summary

1118. Na負荷またはNa制限飼育マウスにおけるACE阻害薬, A-II受容体拮抗薬の左室MIBG集積に及ぼす影響
鷹津久登, 宇野嘉弘, 後藤紘司, 藤原久義
岐阜大2内
核医学, 31(7) : 1994, 830-830.
Summary

1119. 心不全の治療効果と123I-MIBG心筋シンチグラフィー
和田豊郁, 田中聡, 古賀義則1), 石橋正敏, 森田誠一郎, 早渕尚文2)
1)久大 三内, 2)久大 放
核医学, 31(7) : 1994, 830-830.
Summary

1120. MIBGを用いた拡張型心筋症におけるβブロッカー投与の心交感神経機能改善の評価
宇隨弘泰, 李鍾大, 清水寛正, 杉山太枝子, 坪川明義, 上田孝典, 中村徹1), 高橋範雄, 石井靖2)
1)福井医大 一内, 2)福井医大 放
核医学, 31(7) : 1994, 830-830.
Summary

1121. 123I-MIBGシンチグラフィによる小児悪性腫瘍におけるアントラサイクリン系抗癌剤の心毒性の評価
森田浩一, 大塚信昭, 曽根照喜, 小野志磨人, 永井清久, 三村浩朗, 柳元真一, 友光達志, 福永仁夫1), 篠原修, 田中勲2)
1)川崎医大核医学, 2)小児科
核医学, 31(7) : 1994, 831-831.
Summary

1122. 123I-MIBGシンチグラムによる心筋虚血部位のReinnervation過程検出の検討
斉藤克己, 内田達郎, 住吉徹哉, 細田瑳一1), 小林秀樹, 松本延介, 日下部きよ子2)
1)東京女子医大循内, 2)放
核医学, 31(7) : 1994, 831-831.
Summary

1123. 急性心筋梗塞の心室性頻拍 (VT) 発生に関連する因子 – 梗塞量と除神経領域の存在の関与 –
松尾仁司, 渡辺佐知郎, 谷畠進太郎, 加納素夫, 西田佳雄, 松原徹夫, 松野由紀彦, 小田寛, 琴尾泰典, 大橋宏重, 後藤明, 近藤紀博, 牧田一成, 渡辺浩志
県立岐阜 循・中放
核医学, 31(7) : 1994, 831-831.
Summary

1124. 肥大型心筋症の123I-MIBG心筋SPECT – 心尖部肥大型と非対称性中隔肥大型の比較検討 –
丸野広大1, 石綿清雄2, 小野口昌久1, 小宮山伸之2, 中西成元2, 西山信一郎2, 関顕2, 国又肇1, 滝沢義和1, 村田啓1
1:虎の門病院放, 2:循内
核医学, 31(7) : 1994, 831-831.
Summary

1125. 99mTc-MIBIを用いた負荷心筋シンチ (一日法) の技術的検討及び臨床的有用性の評価
村瀬剛, 下谷俊史, 岩崎和幸, 大谷正光, 村田尚子, 淵敏一, 梶並溢弘1), 山本逸雄2)
1)西京都病院, 2)滋賀医大放射線科
核医学, 31(7) : 1994, 831-831.
Summary