PAGE TOP

刊行物

刊行物

日本核医学会機関誌 日本核医学 24巻8号

第27回 日本核医学会総会 学術集会 ご挨拶
長瀧重信
日本核医学会 会長
核医学, 24(8) : 1987, 3-4.
Summary

第27回 日本核医学会総会 学術集会 名誉会員講演 ご挨拶
加藤貞武
日本アイソトープ協会顧問
核医学, 24(8) : 1987, 1049-1050.
Summary

第27回 日本核医学会総会 学術集会 名誉会員講演 名誉会員としてのご挨拶
田中茂
三井記念病院
核医学, 24(8) : 1987, 1051-1051.
Summary

日本核医学会と日本アイソトープ協会との関係ならびに同協会の医療用RI廃棄物の処理対策について
佐々木秋生
日本アイソトープ協会
核医学, 24(8) : 1987, 1052-1052.
Summary

シンポジウムI. 放射線と甲状腺 1. イントロダクション
長瀧重信
長崎大学第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1053-1053.
Summary

2. 原爆被爆者の甲状腺疾患
長瀧重信
長崎大学第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1054-1054.
Summary

3. Radiation Effects in the Marshall Islands
Jacob ROBBINS, William H. ADAMS
Clinical Endocrinology Branch, National Institutes of Health, Medical Department, Brookhaven National Laboratory
The Japanese Journal of nuclear medicine, 24(8) : 1987, 1055-1055.
Summary

4. The Chernobyl Fallout and the Thyroid Gland
B.M. GOSLINGS
Department of Endocrinology, Bld. 1-C4R, University Hospital Leiden
The Japanese Journal of nuclear medicine, 24(8) : 1987, 1056-1058.
Summary

5. World-Wide 131I Fallout in Animal Thyroids, 1954-1987
Lester Van MIDDLESWORTH
Department of Physiology and Biophysics, University of Tennessee
The Japanese Journal of nuclear medicine, 24(8) : 1987, 1058-1059.
Summary

6. MEDICAL RADIATION : Comparison of 131I and Alternative treatments of Hyperthyroidism
David V. BECKER
Department of Radiology and Medicine, New York Hospital – Cornell Medical Center
The Japanese Journal of nuclear medicine, 24(8) : 1987, 1059-1060.
Summary

7. 放射線治療 – 日本の場合 –
小西淳二
京都大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1060-1060.
Summary

シンポジウムII. 脳の核医学 : PETからSPECTへの転換の可能性 1. イントロダクション
久田欣一
金沢大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1061-1061.
Summary

2. PETの現状と問題点
山崎統四郎
放射線医学総合研究所臨床第一研究部
核医学, 24(8) : 1987, 1062-1062.
Summary

3. PET脳循環代謝量のSPECT測定量による評価
菅野巖
秋田県立脳血管研究センター放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1063-1063.
Summary

4. SPECTの現状と問題点
松田博史
金沢大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1063-1064.
Summary

5. SPECTの日常臨床における有用性
曽根憲昭
富永記念病院脳神経内科
核医学, 24(8) : 1987, 1064-1065.
Summary

6. SPECT装置の進歩
野原功全
放射線医学総合研究所物理研究部
核医学, 24(8) : 1987, 1065-1066.
Summary

7. 放射性医薬品の可能性
横山陽
京都大学薬学部放射性薬品化学教室
核医学, 24(8) : 1987, 1066-1067.
Summary

シンポジウムII. 脳の核医学 : PETからSPECTへの転換の可能性 8. 討論のまとめ
上村和夫
秋田県立脳血管研究センター放射線医学研究部
核医学, 24(8) : 1987, 1067-1067.
Summary

シンポジウムIII. 分子生物学の核医学応用 1. イントロダクション
珠玖洋
長崎大学腫瘍医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1068-1069.
Summary

2. 代謝病 先天代謝異常 – DNA診断と病因解析
島田和典
熊本大学生化学第一
核医学, 24(8) : 1987, 1069-1069.
Summary

3. 血液 白血病およびMDSにおける活性化癌遺伝子
平井久丸, 石川冬木
東京大学第三内科
核医学, 24(8) : 1987, 1070-1070.
Summary

4. 癌
葛巻暹
北海道大学癌研究施設分子遺伝部門
核医学, 24(8) : 1987, 1071-1071.
Summary

5. 甲状腺 甲状腺領域における分子生物学の最近の進歩
平湯秀司, 山下俊一, 長瀧重信
長崎大学第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1072-1072.
Summary

6. 消化器 In situ hybridization法による肝細胞癌, 肝硬変組織中のAFP mRNAの検出
大津留晶, 玉置大器*, 楠本征夫, 長瀧重信
長崎大学第一内科, *カルガリー大学生化学
核医学, 24(8) : 1987, 1073-1073.
Summary

7. 染色体の遺伝子マッピング
吉田廸弘
北海道大学理学部動物染色体研究施設
核医学, 24(8) : 1987, 1074-1074.
Summary

シンポジウムIV. 抗体シンチグラフィー 1. イントロダクション
小山田日吉丸
国立がんセンター放射線診断部RI診断
核医学, 24(8) : 1987, 1075-1076.
Summary

2. Immunoscintigraphyに用いるモノクローナル抗体
中村佳代子
慶應義塾大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1076-1077.
Summary

3. イムノシンチグラフィに用いるアイソトープ
遠藤啓吾
京都大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1077-1077.
Summary

4. システムとしてのImmunoscintigraphyの諸問題 : 体内挙動の決定因子と再現性の検討
横山邦彦
金沢大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1078-1078.
Summary

5. Compared Diagnostic Value of Immunoscintigraphy Using Monoclonal Antibodies Labeled with I-131 and In-111
J.F. CHATAL
Centre Rene Gauducheau
The Japanese Journal of nuclear medicine, 24(8) : 1987, 1079-1079.
Summary

6. Immunoscintigraphy : alphafetoproteinとthyroglobulin
和泉元衛, 石井伸子, 小路敏彦, 長瀧重信
長崎大学第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1079-1080.
Summary

7. In-111標識モノクローナル抗体によるmalignant melanomaのイメージングについて
石井勝己1), 西山茂夫1),*, 小山田日吉丸2), 石原和之2),†, 遠藤啓吾3)
1)北里大学・放射線科, *皮膚科, 2)国立がんセンター・放射線科, †皮膚科, 3)京都大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1081-1081.
Summary

8. I-131標識抗CEA, 抗CA 19-9モノクローナル抗体カクテルによる免疫シンチグラフィ
井上登美夫
群馬大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1082-1082.
Summary

9. Development of an Effective Antibody System for Imaging and Treating Lymphoma
G.L. DENARDO, S.J. DENARDO, Lois O’GRADY, D.J. MACEY, S.L. MILLS
University of California, Davis Medical Center
The Japanese Journal of nuclear medicine, 24(8) : 1987, 1083-1084.
Summary

シンポジウムV. 新しい心臓核医学 1. イントロダクション
西村恒彦
国立循環器病センター放射線診療部
核医学, 24(8) : 1987, 1085-1086.
Summary

2. 心機能
小西得司, 小山孝夫, 二神康夫, 矢田隆志, 中野赳
三重大学第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1086-1087.
Summary

3. 心筋灌流について
植原敏勇
国立循環器病センター放射線診療部
核医学, 24(8) : 1987, 1087-1088.
Summary

4. 心筋壊死
西川潤一, 矢崎義雄
東京大学分院放射線科, 東京大学第三内科
核医学, 24(8) : 1987, 1088-1088.
Summary

5. 心筋代謝
玉木長良
京都大学放射線核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1088-1089.
Summary

6. 血栓
日下部きよ子
東京女子医科大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1089-1090.
Summary

7. 将来展望
米倉義晴
京都大学放射線核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1090-1091.
Summary

I. Radionuclide Diagnosis of Intrahepatic Stones
Shin-Hwa YEH
Department of Nuclear Medicine, Veterans General Hospital and National Yang-Ming Medical College
The Japanese Journal of nuclear medicine, 24(8) : 1987, 1092-1092.
Summary

II. 甲状腺癌の治療
嶋岡勝太郎
放射線影響研究所
核医学, 24(8) : 1987, 1092-1093.
Summary

III. 腫瘍マーカー研究の今昔と臨床
守田則一
福岡大学健康管理学教室
核医学, 24(8) : 1987, 1093-1094.
Summary

IV. 呼吸器画像診断のための肺の解剖
伊藤春海
京都大学放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1094-1095.
Summary

V. 骨・カルシウム代謝と核医学
森田陸司
川崎医科大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1095-1096.
Summary

VI. 消化管のRI検査 – 消化吸収試験を中心に –
細田四郎
滋賀医科大学第二内科
核医学, 24(8) : 1987, 1096-1097.
Summary

1. 梗塞部心筋Viabilityの検討
福澤茂1), 野坂秀行1), 延吉正清1), 宮本忠臣2), 楢橋晋一3)
1)小倉記念病院循環器科, 2)心臓外科, 3)放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1101-1101.
Summary

2. 心筋梗塞例におけるviabilityの新しい定量評価法
沢井通彦, 堰合恭弘, 村山晋, 丹野恒明, 三国谷淳, 小野寺庚午1), 西沢一治2), 岡本勝博3), 鎌田斉4)
1)弘大 2内, 2)弘大 放, 3)弘前市立 内, 4)放部
核医学, 24(8) : 1987, 1101-1101.
Summary

3. 冠動脈バイパス術前後における201Tl-SPECTの検討
小出治敏, 玉木長良, 山本和高, 山下敬司, 米倉義晴, 小西裕*, 伴敏彦*, 小西淳二
京大 放核, *心臓血管外科
核医学, 24(8) : 1987, 1101-1101.
Summary

4. Tl-201心筋SPECTによるPTCAの評価
高英哲, 光藤和明, 藤野俊夫, 松永和夫, 土井修, 西原祥浩, 阿波純二, 後藤剛, 長谷敏明, 金萬石, 坂本貴昭, 戸田晶子1), 山本修三, 河原泰人, 重康牧夫2)
1)倉敷中央病院 循環器内科, 2)放科
核医学, 24(8) : 1987, 1101-1101.
Summary

5. 123I-ヨード脂肪酸 (BMIPP) による心筋イメージング – 心筋血流, 代謝のuncouplingについて –
西村恒彦, 佐合正義, 木原浩一, 岡尚嗣, 下永田剛, 片淵哲朗, 与小田一郎, 小倉裕樹, 植原敏勇, 林田孝平, 林真1), 野田裕幸, 妙中義之, 木下正之, 高野久輝2)
1)国循セ 放診部, 2)研究所
核医学, 24(8) : 1987, 1102-1102.
Summary

6. I-123-IMP脳血流SPECTにおける再分布像の検討
瀧島輝雄1, 町田喜久雄1, 本田憲業1, 海津啓之, 斉藤正身1, 茂野卓2, 浅野孝雄2, 松居徹2, 永田和哉2
1埼玉医科大学総合医療センター放射線科, 2脳神経外科
核医学, 24(8) : 1987, 1102-1102.
Summary

7. I-123-IMP脳SPECTにおけるearlyとdelayed studyの有用性の検討
間島寧興1, 鴛渕雅男3, 大竹久4, 神田哲朗3, 西川嘉伸2, 川上憲司1
1慈恵医大放射線科, 2精神科, 3博慈会記念病院放射線科, 4久留米医大放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1102-1102.
Summary

8. IMP-SPECTによる虚血性脳血管障害の局所脳血流量とtissue viabilityの評価
辻志郎1, 東壮太郎2, 松田博史1, 隅屋寿3, 大場洋1, 寺田一志1, 藤井博之2, 今井啓子1, 久田欣一1
1金沢大学核医学科, 2脳神経外科, 3福井県立病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1102-1102.
Summary

9. 脳血管障害におけるI-123IMP脳血流シンチの再分布像の臨床的意義
小田野幾雄1, 土屋俊明1, 木村元政1, 杉田公1, 酒井邦夫1, 伊藤寿介2
1新潟大学放射線科, 2歯科放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1103-1103.
Summary

10. 123I-IMP delayed imageの意義 – PET, X線CT, Angiographyとの比較検討 –
戸村則昭, 犬上篤, 宍戸文男, 上村和夫, 藤田英明, 安陪等思, 日向野修一
秋田脳研, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1103-1103.
Summary

11. 脳血管障害例におけるN-isopropyl-p-123I-iodoamphetamine (IMP) の経時的imagingと臨床的意義
藤江博1, 辻本壮1, 陳鐘伯1, 金井真1, 金安明1, 佐崎章2, 井上佑一2, 福田照男2, 越智宏暢2, 曽根憲昭3, 白馬明3, 西村周郎3
1ツカザキ病院脳神経外科, 2大阪市立大学放射線科, 3脳神経外科
核医学, 24(8) : 1987, 1103-1103.
Summary

12. 単色化X線を用いた骨塩量測定装置の開発 – システムの概要 –
森瑞樹
アロカ株式会社
核医学, 24(8) : 1987, 1103-1103.
Summary

13. Photon Absorptiometryによる骨塩量の定量 : 躯幹骨と末梢骨の比較
永井清久, 福永仁夫, 大塚信昭, 小野志磨人, 森田浩一, 村中明, 古川高子, 柳元真一, 友光達志, 森田陸司
川崎医大 核
核医学, 24(8) : 1987, 1104-1104.
Summary

14. ガンマカメラを用いた骨塩定量 – Single及びDual Energy法について –
向井孝夫, 塩見一樹, 山本逸雄, 小西淳二
京大 放核
核医学, 24(8) : 1987, 1104-1104.
Summary

15. 二重線束光子骨塩定量装置と単一線束光子骨塩定量装置及びファントームCTとの比較について
萩原聡, 三木隆己, 西沢良記, 小堺和久*, 福田照男*, 岡村光英*, 小泉義子*, 越智宏暢*, 小野山靖人*, 森井浩世
大阪市立大学 第二内科, *放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1104-1104.
Summary

16. デュアルエネルギー光子吸収法による椎体の骨塩量の定量的評価 – 胴体ファントムによる体型および脂肪の影響の検討 –
瀬戸光, 征矢敏雄, 二谷立介, 亀井哲也, 瀧邦康, 井原典成, 柿下正雄
富山医薬大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1104-1104.
Summary

17. Dual photonによる骨塩量測定装置 (第3報) – 測定結果の再現性について –
勝山直文1, 諸見里秀和1, 宮川国久1, 尾崎正時1, 末山博男1, 中野政雄1, 大田豊2, 関谷透2, 森諭史3, 吉川朝昭3, 乗松尋道3
1琉球大学放射線科, 2放射線部, 3整形外科
核医学, 24(8) : 1987, 1105-1105.
Summary

18. I-131 MIBGによる悪性褐色細胞腫の骨転移の治療の1例
太田淑子1, 吉岡明子1, 近藤千里1, 牧正子1, 広江道昭1, 日下部きよ子1, 重田帝子1, 対馬俊夫2, 鎮目和夫2
1東女医大放射線科, 2第2内科
核医学, 24(8) : 1987, 1105-1105.
Summary

19. 心筋イメージング剤 I-123MIBG注射液の開発
井上実, 和久井康彦, 神原一, 押井哲夫, 中沢信彦, 小川弘
第一ラジオアイソトープ研究所
核医学, 24(8) : 1987, 1105-1105.
Summary

20. 131I-MIBGシンチグラフィの臨床的経験
米倉隆治1, 中別府良昭1, 田口正人1, 島袋国定1, 中條政敬1, 篠原慎治1, 禧久豊嗣2, 岡田淳徳2
1鹿児島大学放射線科, 2放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1105-1105.
Summary

21. 131I-MIBGシンチグラフィーの集計報告
森本勲夫1, 和泉元衛1, 山下俊一1, 平湯秀司1, 岡本純明1, 木下博史2, 本保善一郎2, 長瀧重信1
1長崎大学第一内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1106-1106.
Summary

22. 131I-Lipiodol (131I-Lp) による肝癌の治療に関する基礎的, 臨床的検討
湯本泰弘1), 徳山勝之1), 神野健二1), 稲月伸一2), 木村誠2), 村瀬研也3, 安原美文3), 浜本研3)
1)四国がんセンター 内科, 2)放射線科, 3)愛大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1106-1106.
Summary

23. 131I・Lipiodol治療患者の放射線管理
計屋慧實1), 木下博史1), 相川久幸2), 本保善一郎2), 城谷光一3)
1)長崎大学医学部付属病院放射線部, 2)放射線科, 3)第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1106-1106.
Summary

24. 131I-Lipiodol肝動脈動注法による肝細胞癌の治療
城谷光一, 大津留晶, 木下昇, 田辺比呂美, 加藤有史, 中村芳知, 島正義, 中田恵輔, 佐藤彬, 楠本征夫, 石井伸子, 小路敏彦, 相川久幸1, 長瀧重信
長崎大学第一内科, 1放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1106-1106.
Summary

25. I-131標識Lipiodolによる原発性肝癌の治療効果
島袋国定, 前田敏幸, 小林尚志, 米倉隆治, 中條政敬, 篠原慎治
鹿児島大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1107-1107.
Summary

26. 血中TPA測定としてのIRMA法に関する基礎的ならびに臨床的検討
高松祐介, 村上稔, 福田容子, 西川彰治, 立花敬三, 未廣美津子, 石村順治, 河中正裕, 福地稔
兵庫医大 核, RI
核医学, 24(8) : 1987, 1107-1107.
Summary

27. 頭頸部腫瘍と甲状腺腫瘍における血清TPA値の意義に関する検討
中駄邦博, 塚本江利子, 川村直之, 藤森研司, 伊藤和夫, 古舘正從
北大 核
核医学, 24(8) : 1987, 1107-1107.
Summary

28. ヒト肺腺癌に対するモノクロナール抗体130-22を用いた肺腺癌患者血中抗原濃度の測定
松岡洋一郎3, 遠藤啓吾1, 佐賀恒夫1, 渡辺祐司1, 国松美帆子1, 河村泰孝1, 小泉満1, 小西淳二1, 中島鉄夫2, 中川毅3, 山口信夫3
1京大・放核, 2福井医大・放, 3三重大・放
核医学, 24(8) : 1987, 1107-1107.
Summary

29. ヒト肺腺癌に対するモノクロナール抗体 (130-22, 145-9) を用いる新しい腫瘍マーカーIRMAの開発 – 第2報 –
国松美帆子1, 遠藤啓吾1, 佐賀恒夫1, 渡辺祐司1, 太田仁八1, 河村泰孝1, 小泉満1, 中島言子1, 小西淳二1, 中島鉄夫2, 鳥塚莞爾2, 松岡陽一郎3, 中川毅3, 山口信夫3
1京大・放核, 2福井医大・放, 3三重大・放
核医学, 24(8) : 1987, 1108-1108.
Summary

30. 血中Euglobulin分画における腫瘍マーカー (CA19-9, CA12-5 etc) 抗原の存在について
浜津尚就1, 鈴木輝康1, 山崎武1, 細田四郎2, 芋川実3, 越智幸男3
1滋賀医大放射線科, 22内, 3検査部
核医学, 24(8) : 1987, 1108-1108.
Summary

31. α-fetoproteinのレンズ豆レクチン結合性亜種による肝細胞癌の早期診断
中田恵輔, 木下昇, 大津留晶, 中村芳知, 田辺比呂美, 加藤有史, 城谷光一, 島正義, 佐藤彬, 楠本征夫, 石井伸子1, 小路敏彦1, 長瀧重信
長崎大学第一内科, 1保健管理センター
核医学, 24(8) : 1987, 1108-1108.
Summary

32. PETによるヒト睡眠時の脳血流および脳酸素代謝の検討
高橋健1, 内田耕1, 足高毅1, 河田兼光1, 福島保喜1, 奥平進之2, 飯尾正明3
1東邦大学第二内科, 2第一生理, 3国療中野病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1108-1108.
Summary

33. 2-[18F]-L-fluorophenylalanineのコンパートメント解析 – 動物実験およびPET臨床測定
三浦修一, 村上松太郎, 菅野巌, 飯田秀博, 高橋和弘, 佐々木広, 犬上篤, 宍戸文男, 上村和夫
秋田脳研, 放
核医学, 24(8) : 1987, 1109-1109.
Summary

34. 運動負荷Tl-201 SPECTの有用性と限界 : PETによる血流・代謝画像との対比検討
玉木長良, 小出治敏, 米倉義晴, 千田道雄, 山下敬司, 橋本哲男1, 不藤哲郎1, 林正隆1, 神原啓文1, 河合忠一1, 小西裕2, 伴敏彦2, 小西淳二
1京大 放核, 3内, 2心臓外科
核医学, 24(8) : 1987, 1109-1109.
Summary

35. H2 15O, 18FDGを用いたポジトロンCTによる心筋血流, 心筋糖代謝イメージ – 空腹時及び糖負荷時の比較検討 –
小田洋平1, 大萱真理子1, 大塚真一1, 吉良康男1, 近藤元治1, 山下正人2, 丸山圭史3, 馬淵非砂夫3, 垣内孟3, 中橋弥光3
1京都府立医大第1内科, 2放射線科, 3西陣病院
核医学, 24(8) : 1987, 1109-1109.
Summary

36. メタボリックトラッピングによる2-Deoxy-2-[18F] Fluere-D-Galactoseの腫瘍集積
石渡喜一1, 山口慶一郎2, 亀山元信3, 福田寛2, 松沢大樹2, 藺藤順3, 村石健治3, 鈴木二郎3, 川島孝一郎1, 高橋俊博1, 井戸達雄1
1東北大, サイクロ, 2抗研, 放, 3医, 脳外
核医学, 24(8) : 1987, 1109-1109.
Summary

37. 11C-Methionineを用いた膵疾患のPET診断
柴田登志也, 山本和高, 米倉義晴, 千田道雄, 西澤貞彦, 玉木長良, 向井孝夫, 佐治英郎, 藤林康久, 小西淳二
京大 放核
核医学, 24(8) : 1987, 1110-1110.
Summary

38. 携帯用RI心機能モニター (VEST) の使用経験
大嶽達1, 渡辺俊明1, 小坂昇1, 谷岡久也1, 寺原敦朗1, 飯尾正宏1, 望月孝俊2, 芹沢剛2, 川久保清2, 戸田為久2, 杉本恒明2
1東京大学放射線科, 2第2内科
核医学, 24(8) : 1987, 1110-1110.
Summary

39. CdTe検出器による安静時及び運動負荷時左心機能の検討
弓倉整1, 今井嘉門1, 安藤達夫1, 斎藤頴1, 小沢友紀雄1, 波多野道信1, 萩原和男2, 鎌田力三郎2
1日本大学 第二内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1110-1110.
Summary

40. CdTe検出器による虚血性心疾患患者における運動負荷試験時左心機能の経時的検討
弓倉整1, 今井嘉門1, 安藤達夫1, 斎藤頴1, 小沢友紀雄1, 波多野道信1, 鎌田力三朗2
1日本大学 第二内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1110-1110.
Summary

41. テルル化カドミウム (CdTe) 検出器を用いた無線式心動態モニタリングシステム
鈴木豊1), 井出満2), 木下栄治2), 小林真1)
1)東海大学放射線科I, 2)第I内科
核医学, 24(8) : 1987, 1111-1111.
Summary

42. 運動負荷による肺血液量の変化 (dual CdTe プローブシステムを用いた検討)
井出満, 弘瀬哲, 今岡千栄美, 木下栄治, 五島雄一郎, 鈴木豊※
東海大学第I内科, ※放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1111-1111.
Summary

43. 位相面 (phase plane) 表示によるRIアンギオグラフィーの新しい解析法
井出満1, 弘瀬哲1, 五島雄一郎1, 鈴木豊2
1東海大学内科1, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1111-1111.
Summary

44. 肥大型心筋症 (HCM) にみられるmyocardial squeezingの心筋灌流動態への影響
木原和生1, 緒方雅彦1, 山口龍太郎1, 古賀義則2, 戸嶋裕徳1, 森田誠一郎3
1久留米大学第三内科, 2循環器病研究所, 3放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1112-1112.
Summary

45. Acromegaly heart diseaseの核医学的検討
河村康明, 山崎純一, 奥住一雄, 武藤敏徳, 若倉学, 岡本淳, 森下健, 宮地幸雄, 入江実1), 井上和子2)
1)東邦大学第一内科, 2)医療短大
核医学, 24(8) : 1987, 1112-1112.
Summary

46. 甲状腺機能亢進症及び低下症の心血行動態変化
岡本淳, 河村康明, 山崎純一, 奥住一雄, 武藤敏徳, 若倉学, 森下健, 宮地幸雄, 入江実1), 井上和子2)
1)東邦大学第一内科, 2)医療短大
核医学, 24(8) : 1987, 1112-1112.
Summary

47. 糖尿病患者におけるTl-201負荷心筋シンチグラムによる検討 (第一報)
宮下岳夫, 永井義一, 渡辺健, 近藤宣如, 穂坂英明, 吉崎彰, 青木真, 小林泰彦, 山沢堉宏, 伊吹山千晴, 能登谷洋子*, 村山弘泰**
東京医科大学2内, *3内, **放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1112-1112.
Summary

48. アドリアマイシン (ADR) 心筋障害の核医学検査によるモニタリングの有用性
若杉茂俊1, 長谷川義尚2, 中野俊一2
1大阪府立成人病センター 第1内科, 2RI科
核医学, 24(8) : 1987, 1113-1113.
Summary

49. チアノーゼ性先天性心疾患でのTL-201心筋SPECT所見
水戸守寿洋, 馬場清
倉敷中央病院心臓病センター小児科
核医学, 24(8) : 1987, 1113-1113.
Summary

50. 先天性冠動脈疾患のTl-201心筋イメージング所見 : 特に手術前後の比較について
小野安生1, 木幡達1, 吉林宗夫1, 神谷哲郎1, 西村恒彦2, 高宮誠2, 八木原俊克3
1国立循環器病センター小児科, 2放射線科, 3心臓血管外科
核医学, 24(8) : 1987, 1113-1113.
Summary

51. 川崎病の冠動脈狭窄形態と心筋Tl-201再分布の関連
近藤千里, 太田淑子, 吉岡明子, 牧正子, 広江道昭, 日下部きよ子, 重田帝子
東女医大放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1113-1113.
Summary

52. 心筋炎におけるSPECT心機能マップによるTl-201 uptakeの検討
佐藤圭子1, 杢野浩司1, 内田睦郎1, 内海仁司1, 佐藤裕之1, 三山博司1, 中田八洲郎1, 山口洋1, 岡田了三2, 有村信一3, 荒川佳也3, 長瀬勝也3
1順天堂大学循環器内科, 2心臓血管病理研究室, 3放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1114-1114.
Summary

53. 肥大心における心筋壁厚の展開図表示法による定量評価の試み
堰合恭弘, 沢井通彦, 村山晋, 丹野恒明, 三国谷淳, 小野寺庚午1), 西沢一治2), 岡本勝博3), 鎌田斉4)
1)弘大 2内, 2)弘大 放, 3)弘前市立 内, 4)放部
核医学, 24(8) : 1987, 1114-1114.
Summary

54. 負荷心電図Additional ST低下と心筋虚血に関する検討
下永田剛, 西村恒彦, 植原敏勇, 林田孝平, 木原浩一1), 斉藤宗靖, 住吉徹哉2)
1)国循セン 放診部, 2)心内
核医学, 24(8) : 1987, 1114-1114.
Summary

55. 心筋梗塞 (下壁) 急性期の胸部誘導におけるST降下の成因 – 201Tlシンチを用いての検討 –
野口澄子1, 丸岡隆芳2, 薄元茂2, 小澤興2, 山田斉1, 後藤英道1, 嶽山陽一1, 新谷博一1, 古賀靖3
1昭和大学第三内科, 2東京船員保険病院内科, 3昭和大学藤が丘病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1114-1114.
Summary

56. 心筋梗塞患者に於ける慢性期運動負荷心電図の非梗塞部ST変化の検討
大窪利隆, 高岡茂, 田淵博己, 小寺顕一, 中村一彦, 橋本修治1), 片岡一2)
1)鹿児島大 二内, 2)大分医大 二内
核医学, 24(8) : 1987, 1115-1115.
Summary

57. 下壁梗塞症例における運動負荷心筋スキャンによる前壁虚血の検出
千葉博, 西村恒彦, 植原敏勇, 林田孝平, 木原浩一1), 住吉徹哉, 斉藤宗靖2)
1)国循セン 放診部, 2)心内
核医学, 24(8) : 1987, 1115-1115.
Summary

58. 急性右室梗塞の経過に関する核医学的検討
田原順雄1, 水野春芳1, 青木伸夫1, 豊福孝夫1, 小野彰史1, 岡田道雄1, 石川恭三1, 鮭川幸雄2, 大里昭司2, 古屋儀郎2
1杏林大学第2内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1115-1115.
Summary

59. Tl-201 wash out rateに及ぼす冠攣縮の影響
森孝夫1, 山辺裕1, 南地克美2, 紀田利2, 五十嵐佑一郎2, 宝田明2, 今井直昭2, 藤野基博2, 銕寛之2, 吉田浩2, 前田和美3, 福崎恒1
1神戸大学第一内科, 2兵庫県立姫路循環器病センター, 3神戸大医療技術短大
核医学, 24(8) : 1987, 1115-1115.
Summary

60. 201TlCl負荷心筋シンチグラフィー24時間delayed scan像の意義に関する検討 (第2報)
中駄邦博1, 塚本江利子1, 川村直之1, 伊藤和夫1, 古舘正從1, 飯田哲2, 後藤利昭2, 那須原浩一3, 藤田克裕4
1北大 核, 2砂川市立 放, 3内, 4北大 循内
核医学, 24(8) : 1987, 1116-1116.
Summary

61. 201TlCl運動負荷心筋シンチグラフィにおけるIschemic score算出の試み – washout rateとの比較による検討 –
植原敏勇, 西村恒彦, 林田孝平, 木原浩一, 下永田剛, 林真1), 斉藤宗靖, 住吉徹哉2)
1)国循セン 放診部, 2)心内
核医学, 24(8) : 1987, 1116-1116.
Summary

62. 虚血性心疾患における冠動脈側副血行路の有する意義 – 運動負荷心筋スキャンによる定量的評価を用いて –
下永田剛, 西村恒彦, 植原敏勇, 林田孝平, 木原浩一1), 斉藤宗靖, 住吉徹哉2)
1)国循セン 放診部, 2)心内
核医学, 24(8) : 1987, 1116-1116.
Summary

63. ドブタミン負荷心筋シンチグラフィ 梗塞部ST変化及び断層心エコー図との対比検討 –
尾林徹, 梅沢滋男, 全栄和, 稲田美保恵, 是永正義, 金山正明, 谷口興一*
横須賀共済病院内科, *東京医科歯科大学第2内科
核医学, 24(8) : 1987, 1116-1116.
Summary

64. イソプロテレノール負荷タリウム心筋シンチグラフィー (SPECT) の有用性の検討
相澤信行1, 金國鐘1, 原芳邦1, 三井民人2, 津田佳織2, 鈴木豊3
1茅ヶ崎徳洲会病院 内科, 2放射線科, 3東海大学 放射線科I
核医学, 24(8) : 1987, 1117-1117.
Summary

64. 陳旧性心筋梗塞における虚血の検出について – 運動負荷シンチとメトキサミン・ジピリダモール負荷シンチの比較
井上亨1, 木之下正彦1, 澤村松彦3, 橋本賢治1, 大林靖典1, 伊藤誠1, 本村正一1, 尾藤慶三1, 鈴木輝康2
1滋賀医大1内, 2放射線科, 3高島病院内科
核医学, 24(8) : 1987, 1117-1117.
Summary

66. Dipyridamole負荷心筋シンチグラフィーによる肥大型心筋症 (HCM) の検討
近森大志郎1, 土居義典1, 浜重直久1, 小田原弘明1, 米沢嘉啓1, 楠目修1, 高田淳1, 小沢利男1, 赤木直樹2, 吉田祥二2, 前田知穂2
1高知医科大学老年病科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1117-1117.
Summary

67. 運動およびジピリダモール同時負荷によるTl-201心筋シンチグラフィー
梶谷定志, 戸田忠一, 早川正徳, 安積孝悦, 稲留哲也, 後藤武, 猪尾力
三木市民病院 循環器科
核医学, 24(8) : 1987, 1117-1117.
Summary

68. 冠動脈3枝病変例におけるdipyridamole負荷心筋シンチグラム
浜重直久1, 土居義典1, 小田原弘明1, 米沢嘉啓1, 楠目修1, 近森大志郎1, 山田光俊1, 小沢利男1, 赤木直樹2, 吉田祥二2, 前田知穂2
1高知医大老年病科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1118-1118.
Summary

69. 冠攣縮性狭心症における有意冠狭窄の非侵襲的診断 – Dipyridamole負荷心筋シンチの有用性 –
楠目修1, 浜重直久1, 小田原弘明1, 土居義典1, 米沢嘉啓1, 近森大志郎1, 瀬尾宏美1, 小沢利男1, 赤木直樹2, 吉田祥二2, 前田知穂2
1高知医大老年病科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1118-1118.
Summary

70. 脳Radionuclid AngiographyのFactor Analysisによる脳血流動態の検討
中沢圭治1, 石井勝巳1, 田所克巳1, 高松俊道1, 渡辺潤二1, 依田一重1, 松林隆1, 坂井文彦2, 青木信平2, 平野幸雄3, 泉光一3
1北里大学放射線科, 2内科, 3立川共済病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1119-1119.
Summary

71. SPECTによる脳血液循環動態の評価 – rCBF, rCBV及びrCBV / rCBFによる評価の試み –
外山宏, 竹下元, 安野泰史, 竹内昭, 江尻和隆, 伊藤毅, 河村敏紀, 藤井直子, 片田和廣, 古賀佑彦1), 山岡信行2)
1)藤田学園保健衛生大学 放, 2)島津製作所
核医学, 24(8) : 1987, 1119-1119.
Summary

72. 回転型4-head gamma camera SPECTを用いた, 133Xe吸入法による3次元脳血流量測定.
橋川一雄, 木村和文, 津田能康, 井坂吉成, 上原章, 米田正太郎, 鎌田武信, 小塚隆弘, 中村幸夫, 久住佳三1), 丸山隆利, 田淵秀穂2)
1)阪大中放, 一内, 2)日立メディコ
核医学, 24(8) : 1987, 1119-1119.
Summary

73. HEADTONE Xe-133吸入法による健常者の脳血流とその変動に及ぼす因子について
駒谷昭夫, 高梨俊保, 螻眞弘, 菅井幸雄, 高橋和栄, 山口昂一
山形大・放
核医学, 24(8) : 1987, 1119-1119.
Summary

74. 音読負荷IMP-SPECTの解析法
岸川雄介, 島村修, 石津徹幸, 足立晴彦
京都府立洛東病院
核医学, 24(8) : 1987, 1120-1120.
Summary

75. 99mTc-HM-PAOの生体内動態
塚谷泰司, 中村佳代子, 国枝悦夫, 竹政和彦, 久保敦司, 橋本省三
慶應義塾大学 医学部 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1120-1120.
Summary

76. 脳血流Imaging製剤Tc-99m-d, l-hexamethyl-propyleneamine-oximeに関する基礎的検討
立花敬三, 尾上公一, 木谷仁昭, 浜田一男, 前田善裕, 成田裕亮, 河中正裕, 福地稔
兵庫医大 核, RI
核医学, 24(8) : 1987, 1120-1120.
Summary

77. 99mTc-HMPAO脳血流シンチグラフィの基礎的検討 – 標識率と至適投与量について
岡尚嗣, 西村恒彦, 林田孝平, 植原敏勇, 小倉裕樹, 林真, 片渕哲朗, 与小田一郎
国循セン 放診部
核医学, 24(8) : 1987, 1120-1120.
Summary

78. Tc-99m-HM-PAOによるクモ膜下出血症例における脳血流像
寺田一志1, 松田博史1, 東壮太郎2, 辻志郎1, 大場洋1, 今井啓子1, 関宏恭3, 隅屋寿4, 藤井博之2, 久田欣一1
1金沢大学核医学科, 2脳神経外科, 3富山医薬大放射線科, 4福井県立病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1121-1121.
Summary

79. 99mTC-HMPAO脳血流分布像とポジトロンCT脳血流量との関係
宍戸文男, 犬上篤, 戸村則昭, 日向野修一, 藤田英明, 安陪等思, 菅野巌, 三浦修一, 飯田秀博, 村上松太郎, 高橋和弘, 佐々木広, 上村和夫
秋田脳研, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1121-1121.
Summary

80. I-123 IMP, Tc-99m HMPAOの脳内分布の比較について
前田尚利, 中島鉄夫, 小鳥輝男, 石井靖
福井医科大学 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1121-1121.
Summary

81. 回転型4-head gamma camera-SPECTによるI-123 IMPとTc-99m HMPAOを用いた脳血流イメージの検討
津田能康, 木村和文, 橋川一雄, 上原章, 井坂吉成, 久住佳三, 大森英史, 米田正太郎, 鎌田武信, 小塚隆弘1), 田淵秀穂, 丸山隆利2)
1)阪大中放, 一内, 2)日立メディコ
核医学, 24(8) : 1987, 1121-1121.
Summary

82. 99mTc-HMPAO, 123I-IMPを用いた脳血流シンチグラフィーの比較検討
田所匡典1, 小幡康範1, 伊藤健吾2, 牧野直樹2, 大島統男2, 佐久間貞行2
1名古屋第一日赤放, 2名大放
核医学, 24(8) : 1987, 1122-1122.
Summary

83. Tc-99m HM-PAOによる局所脳血流シンチグラフィ – I-123IMP SPECTとの比較を中心に –
八幡訓史1, 佐崎章1, 根本裕1, 池田穂積1, 浜田国雄1, 福田照男1, 井上佑一1, 越智宏暢1, 小野山靖人1, 白馬明2, 西村周郎2, 山本美和子3, 藤江博3, 辻本壮3
1大阪市大 放, 2脳外, 3ツカザキ病院
核医学, 24(8) : 1987, 1122-1122.
Summary

84. 99mTc-HMPAOおよび123I-IMPによる局所脳血流シンチグラフィーの検討
中川三郎1, 白石友邦1, 河相吉2, 西山豊2, 長谷川武夫2, 田中敬正2
1関西医大香里放射線科, 2関西医大放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1122-1122.
Summary

85. 123I-IMPと99mTc-HM-PAO SPECTの臨床症例における比較検討
篠田正樹1, 小林真2, 鈴木豊2, 佐藤修1, 福田利雄2, 村上剛2, 新田祐司2, 清田敦子2, 長谷一広2, 松前光紀1, 山本正博3
1東海大学脳経外科, 2核医学, 3神経内科
核医学, 24(8) : 1987, 1122-1122.
Summary

86. I-123-IMP, Tc-99m-HM-PAO及び非放射性Xe-CTによるCBF studyの検討
宮本勉1, 川崎幸子1, 佐藤功1, 日野一郎1, 玉井豊理1, 田辺正忠1, 植田清隆2
1香川医科大学放射線科, 2脳神経外科
核医学, 24(8) : 1987, 1123-1123.
Summary

87. Tc-99m hexamethylpropyleneamine oxime (HMPAO) による脳血流シチグラフィ
日野恵1, 半田文子1, 山口晴二1, 才木康彦1, 伊藤秀臣1, 那須浩二1, 羽渕洋子1, 尾藤早苗1, 池窪勝治1, 田中友二2
1神戸市立中央市民病院核医学科, 2神経内科
核医学, 24(8) : 1987, 1123-1123.
Summary

88. 99m TcHMPAOによる脳血流SPECT像の検討 – PET所見との比較 –
井上登美夫1, 冨吉勝美1, 住田康豊1, 織内昇1, 佐々木康人1, 蓑和章2, 柴崎尚2, 田中真3
1群馬大学核医学, 2脳神経外科, 3神経内科
核医学, 24(8) : 1987, 1123-1123.
Summary

89. 各種脳疾患におけるTc-99mHMPAOによる脳シンチグラフィの検討
鴛渕雅男1, 西文明1, 藤松雅彦1, 神田哲朗1, 阿武保郎1, 大竹久2, 吉沢啓充3
1東京博慈会記念病院 放, 2久大 放, 3東京博慈会記念病院 中放
核医学, 24(8) : 1987, 1123-1123.
Summary

90. 99mTc-HMPAOを用いた脳血流シンチグラフィー – CT・IMPとの比較 –
篠原功1, 山川順子1, 望月輝一1, 久門良明2, 村瀬研也3, 河村正3, 浜本研3
1愛媛県立今治 放, 2脳外, 3愛媛大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1124-1124.
Summary

91. 脳血流Imaging製剤Tc-99m-HM-PAOに関する臨床的評価 – 脳血管障害患者でのX線CT所見との対比 –
河中正裕, 石村順治, 末廣美津子, 立花敬三, 福地稔
兵庫医大, 核
核医学, 24(8) : 1987, 1124-1124.
Summary

92. 橈骨遠位端測定による骨塩量とQCTによる骨塩量測定の比較検討
諸澄邦彦, 橋本正美, 川崎雄一, 増田和浩, 松田幸広, 池井勝美, 橋本宏
埼玉県立小児医療センター放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1125-1125.
Summary

93. Dual Photon Bone Densitometryによる腎性骨異栄養症の骨塩定量
岡村光英1, 小泉義子1, 福田照男1, 小堺和久1, 越智宏暢1, 小野山靖人1, 萩原聡2, 森井浩世2, 山上征二3
1大阪市大 放射線科, 2第2内科, 3泌尿器科
核医学, 24(8) : 1987, 1125-1125.
Summary

94. DPAによる腰椎側面の骨塩定量の基礎的検討
友光達志, 福永仁夫, 永井清久, 大塚信昭, 森田浩一, 小野志磨人, 柳元真一, 村中明, 森田陸司
川崎医科大学 核医学
核医学, 24(8) : 1987, 1125-1125.
Summary

95. 二重線束光子骨塩定量装置による腰椎骨塩量の日本人における正常値について
森井浩世, 萩原聡, 三木隆己, 西沢良記, 小堺和久*, 池田穂積*, 波多信*, 越智宏暢*, 小野山靖人*
大阪市立大学 第二内科, *放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1125-1125.
Summary

96. 原発性胆汁性肝硬変の骨病変について – Dual Photon Bone Densitometryと各種パラメータの検討 –
塩見進1, 倉井修3, 池岡直子3, 関守一1, 針原重義1, 黒木哲夫1, 小林絢三1, 越智宏暢2, 小野山靖人2, 萩原聴4, 森井浩世4, 門奈丈之3
1大阪市大第3内科, 2放射線科, 3公衆衛生, 4第2内科
核医学, 24(8) : 1987, 1126-1126.
Summary

97. 二重線束光子骨塩定量装置による全身脂肪含量の測定について
西沢良記, 萩原聡, 谷下人氏, 三木隆己, 小堺和久*, 池田穂積*, 波多信*, 越智宏暢*, 小野山靖人*, 森井浩世
大阪市立大学第二内科, *放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1126-1126.
Summary

98. Dynamic bone scintigraphyの2-コンパートメントモデル解析 (第2報)
江口徹, 二宮秀一, 和田真一, 前多一雄
日歯大新潟 放
核医学, 24(8) : 1987, 1126-1126.
Summary

99. 血液透析患者の骨シンチdynamic study – factor analysisによる検討 –
小泉義子, 岡村光英, 福田晴行, 佐崎章, 波多信, 下西祥裕, 大村昌弘, 池田穂積, 福田照男, 越智宏暢, 小野山靖人1), 和邇秀信2)
1)大阪市大 放, 2)島津製作所
核医学, 24(8) : 1987, 1126-1126.
Summary

100. BONE DYNAMIC STUDY – 変形性股関節症におけるFactor解析の有用性 –
中島光太郎1, 外山比南子1, 武田徹1, 佐藤始広1, 石川演美1, 秋貞雅祥1, 宮川俊平2
1筑波大学・放, 2筑波大学・整外
核医学, 24(8) : 1987, 1127-1127.
Summary

101. 瀰漫性骨疾患における全身骨シンチグラフィの異常集積の分布に対する検討
米山優実, 今西好正, 桑原雅子, 尾上正孝, 薬師寺宜子, 野坂俊介, 黒木一典, 栗原泰之, 徳田政道, 藤川光弘, 石川徹
聖マリアンナ医科大学放射科
核医学, 24(8) : 1987, 1127-1127.
Summary

102. 大理石骨病の骨疾患における核医学的検討
大塚信昭, 福永仁夫, 森田浩一, 永井清久, 小野志磨人, 村中明, 友光達志, 楠元真一, 森田睦司
川崎医科大学核医学
核医学, 24(8) : 1987, 1127-1127.
Summary

103. デュアルトレーサー法による代謝性骨疾患モデル成熱ラットの骨病変の早期鑑別診断 (第3報) – 骨X線および病理像との比較 –
瀬戸光, 井原典成, 二谷立介, 亀井哲, 征矢敏雄, 瀧邦康, 柿下正雄
富山医薬大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1127-1127.
Summary

104. 上肢骨疲労骨折のシンチグラフィ
古田敦彦1, 河内伸夫1, 僑爪俊幸1, 田中啓造1, 万納寺毅智1, 飯尾正宏3
1関東労災放, 2スポーツ整外, 3東大放
核医学, 24(8) : 1987, 1128-1128.
Summary

105. 外傷性股関節脱臼の骨シンチグラフィーによる経過観察
田村守1, 大森薫雄1, 勝又壮一1, 奥井光敏1, 別当武治1, 本島哲平1, 吉川一郎1, 服部文夫2, 林茂利2
1神奈川県立厚木病院 整形外科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1128-1128.
Summary

106. 特発性大腿骨頭壊死における, 骨シンチ (SPECTを含む), MRIの比較
牧野直樹1, 大島統男1, 田所匡典2, 伊藤健吾1, 安部哲太郎1, 浅井英彰1, 石垣武男1, 佐久間貞行1
1名大放, 2名古屋第1日赤放
核医学, 24(8) : 1987, 1128-1128.
Summary

107. スキャンニングにょる表面置換型人工股関節の術後評価
堀澤欣弘1, 浅田莞爾2, 島津晃2, 下西祥裕3, 越智宏暢3
1国立大阪病院 整形外科, 2大阪市大 整形外科, 3放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1128-1128.
Summary

108. 骨シンチグラフィーによる血管柄付骨移植の経時的検討
村井恒雄1, 室田景久1, 富田泰次1, 大久保康一1, 大森薫雄2
1東京慈恵会医科大学整形外科, 2神奈川県立厚木病院整形外科
核医学, 24(8) : 1987, 1129-1129.
Summary

109. 骨シンチグラム用99mTc-MDPキットMedoronate II (N165) アマシヤム使用経験
田ヶ谷二三夫
都立墨東放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1129-1129.
Summary

110. 肺小細胞癌治療前後の骨シンチグラフィの変化
北野保, 宮川トシ, 高田実, 中筋孝史, 福永義純, 石田智恵子, 豊田敬子
大阪府立羽野病院RI科
核医学, 24(8) : 1987, 1129-1129.
Summary

111. 癌の骨転移と骨痛
中野俊一1, 長谷川義尚1, 井深啓次郎1, 橋詰輝已1, 野口敦司1, 小山博記2, 小松原良雄3
1大阪府立成人病センター, アイソトープ診療科, 2外科, 3整形外科
核医学, 24(8) : 1987, 1129-1129.
Summary

112. 頭頸部悪性腫瘍の骨転移の検討 – 骨シンチグラフィによる分析
奥山武雄, 梅原功, 桑原雄二, 山崎悦夫, 鈴木宗治
東京医科歯科大学医学部放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1130-1130.
Summary

113. 骨の骨シンチ陽性像の転移・非転移
小野慈, 猪狩秀則, 中村豊, 酒井聰子, 山本洋一
神奈川県立がんセンター核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1130-1130.
Summary

114. 99mTc-MDPの腫瘍外集積について
松本誠一1, 川口智義1, 網野勝久1, 真鍋淳2, 金田浩一2
1癌研病院整形外科, 2癌研病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1130-1130.
Summary

115. 慢性腎不全患者の骨シンチグラムの定量化
原滋(1), 吉田文直(2), 飯田昭彦(3), 松尾導昌(3)
(1)成田記念病院放射線科, (2)内科, (3)名古屋市大放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1130-1130.
Summary

116. MRIによる頭頸部悪性リンパ腫と肩平上皮癌との鑑別の可能性について
安西好美1, 宇野公一1, 伊丹純1, 有水昇1, 岡田淳一2, 守田文範2, 植松貞夫2
1千葉大放射線科, 2千葉大中央放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1131-1131.
Summary

117. 膵腫瘍のMRI像
赤城恵美子, 安西好美, 有水昇
千葉大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1131-1131.
Summary

118. 胆石症のMRI
神田哲朗1, 鴛渕雅男1, 藤松雅彦1, 佐藤光隆1, 西文明1, 阿武保郎1, 大竹久2
1東京博慈会記念病院 放, 2久大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1131-1131.
Summary

119. 前立腺癌のStage診断におけるMRIの意義 (第1報)
藤野淡人1, 呉幹純1, 頴川晋1, 石橋晃1, 菅信一2
1北里大学泌尿器科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1131-1131.
Summary

120. 動物疾患モデルによるGd-HIDAの有用性についての検討.
山根昭子1, 池平博夫1, 福田信男1, 古川重夫1, 舘野之男1, 古田忠昭2, 松井正広2
1放医研臨床研究部, 2旭化成医科研
核医学, 24(8) : 1987, 1132-1132.
Summary

121. MRI肝胆道系造影剤としてのGadolinium-Phthalein Complexone (Gd-PC) の検討
河村泰孝, 遠藤啓吾, 渡辺祐司, 小泉満, 佐賀恒夫, 国松美帆子, 小西淳二, 堀内和子*, 横山陽*
京大 放核, *薬
核医学, 24(8) : 1987, 1132-1132.
Summary

122. 関節障害による筋萎縮の31P-NMR非侵襲的検査法の有用性
伊藤正光, 吉川宏起, 刈谷裕成2, 八木一夫1, 中村利孝2, 西川潤一, 鈴木紀夫, 飯尾正宏
東大 放, 放基, 2整外, 1東大 工
核医学, 24(8) : 1987, 1132-1132.
Summary

123. MRIによる冠動脈描出の試み
西川潤一1, 渡辺俊明2, 吉川宏起1, 大嶽達1, 飯尾正宏1, 鈴木順一3, 杉本恒明3, 滝沢修4
1東大分院放, 2東大放, 32内, 4シーメンス
核医学, 24(8) : 1987, 1132-1132.
Summary

124. SPECTによる腎機能指標の算出とその臨床的意義
石根正博, 村瀬研也, 石川元正, 伊東久雄, 河村正, 飯尾篤, 浜本研
愛媛大学医学部放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1133-1133.
Summary

125. 吸収補正に関する基礎礎的検討 – 腎摂取率算出に対する影響 –
伊藤和夫1, 荒井博2, 鈴木幸太郎3, 勝浦秀則3
1北大核医学, 2医療短大放, 3放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1133-1133.
Summary

126. 99mTc-DMSA腎シンチグラフィよりみた経皮的腎結石破砕術 (PNL) の腎機能に及ぼす影響
桜井正樹, 日置琢一, 川村寿一1), 中川毅, 山口信夫2), 北野外紀雄3)
1)三重大 泌, 2)放, 3)中放
核医学, 24(8) : 1987, 1133-1133.
Summary

127. MRIによる体外式腎結石破砕術 (ESWL) 後の腎局所機能診断について
鳥居伸一郎, 吉越富久夫, 大石幸彦, 町田豊平
東京慈恵会医科大学, 泌尿器科
核医学, 24(8) : 1987, 1133-1133.
Summary

128. 99mTc-DTPAシンチグラフィーにおける子宮部集積の意義
高木善和, 下村修, 原正史, 古嶋昭博, 廣田嘉久, 高橋睦正1), 古閑幸則2)
1)熊大放, 2)荒尾市民病院放
核医学, 24(8) : 1987, 1134-1134.
Summary

129. レノグラムの自動解析 – 椎体長自動算出の試み –
山下正人1), 宮崎忠芳2), 柳生武彦, 中橋彌光3)
1)京府医大放, 2)宇治病院, 3)西陣病院
核医学, 24(8) : 1987, 1134-1134.
Summary

130. Tc-99m-DTPAレノグラムによる糸球体濾過率 (GFR) の測定と臨床的意義
海津啓之1, 町田喜久雄1, 本田憲業1, 瀧島輝雄, 斉藤正身1, 高橋卓2, 斉藤博2
1埼玉医科大学総合医療センター放射線科, 2泌尿器科
核医学, 24(8) : 1987, 1134-1134.
Summary

131. Tc-99m DTPAおよびI-131-Hippran同時投与によるGFR, ERPFの算定 – 初期腎摂取率による方法とelimination capacityによる方法との比較 –
小沢尚1, 黒田昌宏1, 水入苑生1, 平田清文1, 高野政明2
1東邦大学腎センター, 2RI
核医学, 24(8) : 1987, 1134-1134.
Summary

132. 小児腎炎患者における運動負荷の腎機能に及ぼす影響 : 運動負荷レノグラムによる検討
竹田寛1, 乾拓郎2, 小野元嗣1, 寺田尚弘1, 前田寿登1, 北野外紀雄1, 中川毅1, 山口信夫1
1三重大学放射線科, 2小児科
核医学, 24(8) : 1987, 1135-1135.
Summary

133. 小児における糸球体濾過率 (GFR) 測定法の検討
田村郁夫1, 小島明1, 岡田更自1, 神谷克己1, 大脇生美1, 山田修1, 石川樹一1, 小林勝1, 石田治雄2, 石井勝己3
1都立清瀬小児病院放射線科, 2外科, 3北里大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1135-1135.
Summary

134. 99mTc-DTPAによるrenogram deconvolution analysisの臨床的意義
水入苑生1, 小沢尚1, 林郁子1, 黒田昌宏1, 長谷川昭1, 高野政明2, 中込俊雄2, 細羽実3, 平田清文1
1東邦大学腎臓学研究室, 2中放RI, 3島津
核医学, 24(8) : 1987, 1135-1135.
Summary

135. Deconvolution analysisの99mTc-DTPA腎シンチグラフィーへの応用
寺田尚弘, 小野元嗣, 松下智人, 前田寿登, 竹田寛, 中川毅, 山口信夫
三重大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1135-1135.
Summary

136. Deconvolution analysisのTc-99m-DTPA腎動態SPECTへの応用
大井牧, 前田寿登, 豊田俊, 竹田寛, 中川毅, 山口信夫1), 北野外紀雄2)
1)三重大 放, 2)三重大 中放
核医学, 24(8) : 1987, 1136-1136.
Summary

137. レノグラムデコンボリューション解析 – Ga-68-EDTAによる検討 –
山下正人1), 稲葉正, 堀井均, 藤井亮, 脇田員男, 青木正, 中橋彌光2)
1)京府医大放, 2)西陣病院
核医学, 24(8) : 1987, 1136-1136.
Summary

138. 99mTc-DTPA腎ダイナミックスキャンによる移植腎のPerfusion, Excretionの定量的評価
窪田和雄1, David Anaise2, Harold L. Atkins2
1東北大抗酸菌病研究所放射線, 2State Univ. of New York at Stony Brook
核医学, 24(8) : 1987, 1136-1136.
Summary

139. Tc-99m-DTPA並びにI-131-OIHを用いた腎移植後の腎機能回復に関する検討
伊藤和夫1, 荒川正憲2, 関利盛2, 富樫正樹2, 古館正従1
1北大核医学, 2泌尿器
核医学, 24(8) : 1987, 1136-1136.
Summary

140. 腎血管性高血圧治療 (PTAまたはby pass手術施行) 前後の分腎機能測定の有用性
油野民雄, 高山輝彦, 中嶋憲一, 瀬戸幹人, 道岸隆敏, 利波紀久, 久田欣一
金沢大学 核医学
核医学, 24(8) : 1987, 1137-1137.
Summary

141. 腎血管障害例での核医学的検討
呉幹純1, 頴川晋1, 藤野淡人1, 石橋晃1, 石井勝巳2, 中沢圭治2, 依田一重2
1北里大学泌尿器科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1137-1137.
Summary

142. 国際共同研究 : 肝疾患診断におけるシンチグラムの役割 – 東南アジア諸国の肝シンチグラム相互読影実験とその評価 –
福久健二郎1, 飯沼武2, 松本徹2, 山崎統四郎2, 舘野之男2, 佐々木康人3, 永井輝夫4
1放医研・技術, 2放医研・臨床, 3群馬大学核医学教室, 4群馬大学放射線医学教室
核医学, 24(8) : 1987, 1138-1138.
Summary

143. 肝シンチグラフィにおける呼吸補正の検討
鈴木孝成, 阿部公彦, 池克志, 広瀬政寛, 柿崎大, 小竹文雄, 麦島清純, 兼坂直人, 赤田壮市, 石田二郎, 若林ゆかり, 井上真吾, 吉村真奈, 松田裕道, 網野三郎, 村山弘泰
東医大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1138-1138.
Summary

144. 肝疾患のエンドトキシン血症の診断における肝シンチグラフィーの有用性
大塚昌嗣
済生会熊本病院消化器科
核医学, 24(8) : 1987, 1138-1138.
Summary

145. 肝シンチグラフィーによる残存肝機能の評価
玉井豊理, 水川帰一郎, 日野一郎, 佐藤功, 川崎幸子, 瀬尾裕之, 細川敦之, 松野慎介, 宮本勉, 田辺正忠
香川医科大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1138-1138.
Summary

146. 門脈腫瘍塞栓の増大と肝シンチ, X線CT所見の経過 (特に左葉外側区域の増大について)
曽根康博, 今枝孟義, 山脇義晴, 浅田修市, 鈴木雅雄, 広田敬一, 後藤裕夫, 関松蔵, 飯沼元, 土井偉誉
岐阜大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1139-1139.
Summary

147. 123I-IMPによる肝シンチグラムの試み
周藤裕治1), 石井靖1), 中津川重一1), 謝花正信, 勝部吉雄2), 遠藤健一2), 西尾剛2), 益井謙3)
1)福井医科大学放射線科, 2)鳥取大学放射線科, 3)松江日赤放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1139-1139.
Summary

148. 胆道閉鎖症術後長期追跡における核医学的検査の有効性
小川富雄1, 下村洋1, 宮野武1, 長瀬勝也2
1順天堂大学小児外科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1139-1139.
Summary

149. び浸性肝疾患の肝胆道シンチグラフィーによる肝機能評価の臨床的意義
伊東久雄, 下野礼子, 渡部真二, 山田雅文, 最上博, 片岡正明, 飯尾篤, 浜本研1), 大嶋完二, 赤松興一2)
1)愛媛大学放射線科, 2)第三内科
核医学, 24(8) : 1987, 1139-1139.
Summary

150. 99mTc-PMTを用いた経静脈性門脈シンチグラフィー
藤原弘道, 原田尚, 市川今朝登*, 後藤政文*, 岩崎尚彌*
獨協医科大学第2内科, *放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1140-1140.
Summary

151. びまん性肝疾患におけるTc-99m-PMT肝胆道SPECTシンチグラフィーのdeconvolution analysisによる検討
佐久間肇, 前田寿登, 中村和義, 加藤憲幸, 中川毅, 山口信夫
三重大 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1140-1140.
Summary

152. SPECT使用による, Sn colloidの臓器集積率の検討 (びまん性肝疾患を対象として)
粟井佐知夫1, 永谷伊佐雄1, 平木祥夫1, 青野要1, 佐藤四三2, 野田卓男2, 三村久2, 三谷健3, 辻孝男3
1岡山大学放射線科, 2第1外科, 3第1内科
核医学, 24(8) : 1987, 1140-1140.
Summary

153. 肝細胞癌の診断におけるTc-99mPMT後期およびGa-67イメージングの併用の意義
長谷川義尚, 野口敦司, 橋詰輝已, 井深啓次郎, 中野俊一
大阪府立成人病センター, 核医学診療科
核医学, 24(8) : 1987, 1140-1140.
Summary

154. 慢性肝疾患における201Tl注腸法の有用性について
笹沢輝昭1, 尾形正方2, 谷忠伸2, 志沢喜久3, 秋山新二郎3, 佐々木康人4, 安藤博美1, 杉木孝次1
1結研病院RI科, 2消化器外科, 3内科, 4群大・核医
核医学, 24(8) : 1987, 1141-1141.
Summary

155. Tl-201とTc-99m pertechnetate経直腸投与による門脈循環動態の観察
利波紀久, 中嶋憲一, 秀毛範至, 渡辺直人, 川端鈴佳, 四位例靖, 寺田一志, 辻志郎, 高山輝彦, 絹谷清剛, 小泉潔, 道岸隆敏, 油野民雄, 久田欣一
金沢大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1141-1141.
Summary

156. 99mTc-RBC経直腸門脈シンチグラフィにによる門脈短絡率の検討
村田広重1, 塩味正雄1, 下地克典1, 亀田千里1, 伊藤進1, 真下正美2, 鈴木健之2, 西村克之2, 宮前達也2
1埼玉医大第三内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1141-1141.
Summary

157. 経直腸門脈シンチグラフィー (RI直腸粘膜内直接注入法による) による, 肝血流動態の解析
大江毅, 原田尚1), 後藤政文, 市川今朝登, 岩崎尚彌2)
1)獨医大 2内, 2)獨医大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1141-1141.
Summary

158. I-123 iodoamphetamine経直腸門脈シンチグラフィによるPortosystemic Shunt Indexの測定
柏木徹1, 東正祥1, 井川宣1, 竹原徹郎1, 松田裕之1, 吉岡博昭1, 満谷夏樹1, 小泉岳夫1, 高士清2, 木村和文3
1大阪厚生年金病院内科, 2RI室, 3大阪大学中央放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1142-1142.
Summary

159. 99mTcO4封入消化管カプセルによる門脈循環動態測定の試み
池岡直子1, 塩見進2, 倉井修1, 針原重義2, 黒木哲夫2, 小林絢三2, 下西祥裕3, 池田穂積3, 浜田国雄3, 越智宏暢3, 小野山靖人3, 門奈丈之1
1大阪市大公衆衛生, 2第3内科, 3放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1142-1142.
Summary

160. 肝血管腫におけるRN angiographyの有用性 – 特に, 撮像までの時間について –
中山久美子1, 多田勝彦2, 有泉みつこ2, 豊田圭子1, 間島寧興1, 井田正博1, 長瀬雅則1, 守谷悦男1, 川上憲司1
1慈恵医大放射線科, 2都立青山病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1142-1142.
Summary

161. Tc-99m標識赤血球の血液プール相SPECT像による肝血管腫と肝細胞癌の鑑別
伊藤秀臣1, 半田文子1, 山口晴二1, 才木康彦1, 那須浩二1, 羽渕洋子1, 尾藤早苗1, 日野恵1, 池窪勝治1, 工藤正俊2, 福井俊彦2, 樫田博史2, 伊吹康良2, 富田周介2, 小森英司2, 織野彬雄2, 藤堂彰男2
1神戸市立中央市民病院核医学科, 2消化器内科
核医学, 24(8) : 1987, 1142-1142.
Summary

162. 肝細胞癌における99m TCMAA (大凝集人血清アルブミン) を用いた選択的肝動脈RIアンギオグラフィーの臨床的評価
谷忠伸, 尾形正方1), 笹沢輝昭2), 佐々木康人3)
1)結核研究所附属病院消化器外科, 2)RI, 3)群大・核医
核医学, 24(8) : 1987, 1143-1143.
Summary

163. 肝RIアンギオグラム上の肝動原血流比イメージ作成による肝疾患評価
井上寿, 塩崎潤, 宮崎古春, 藤岡正彦, 宮永盛郎1), 油野民雄, 谷口充2)
1)能登総合病院 RI部, 2)金沢大学 核医学
核医学, 24(8) : 1987, 1143-1143.
Summary

164. 肝dynamic flow scintigraphyを用いたhepatic perfusion indexの算出について (第2報)
戸川貴史, 油井信春, 小圷正木, 木下富士美, 秋山芳久
千葉がんセンター, 核医学診療部
核医学, 24(8) : 1987, 1143-1143.
Summary

165. Xe-133の肝組織 – 血液分配係数の決定 – ラットを用いた基礎的検討 –
安原美文1, 村瀬研也1, 美濃直子1, 石川元正1, 最上博1, 木村良子1, 飯尾篤1, 浜本研1, 宮内聡一郎2, 赤松興一2
1愛媛大学放射線科, 2第三内科
核医学, 24(8) : 1987, 1143-1143.
Summary

166. 最大エントロビー原理を用いた核医学動態画像解析法による肝血行動態の検討
小林真1, 中村正彦2, 鈴木豊1
1東海大学放, 2ME
核医学, 24(8) : 1987, 1144-1144.
Summary

167. Single Photon Emission CTによる門脈側副血行路の診断
柏木徹1, 東正祥1, 井川宣1, 竹原徹郎1, 松田裕之1, 吉岡博昭1, 満谷夏樹1, 小泉岳夫1, 高士清2, 木村和文3
1大阪厚生年金病院内科, 2RI室, 3大阪大学中央放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1144-1144.
Summary

168. TAE前後の肝血流動態の核医学的評価
藤本肇, 内山暁, 可知謙治, 苅込正人, 日原敏彦, 斉藤吉弘, 荒木力, 新井誉夫
山梨医大放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1144-1144.
Summary

169. 肝臓温熱療法時の肝内血流動態に関する基礎的検討
森豊1, 中山久美子1, 豊田圭子1, 長瀬雅則1, 守谷悦夫1, 間島寧興1, 島田孝夫2, 早川幸子1, 山下孝3, 川上憲司1, 望月幸夫1
1慈恵医大 放射線科, 23内, 3癌研 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1144-1144.
Summary

170. 201Tl-甲状腺スキャンにおけるWash Out Rate算出の基礎検討
新尾泰男1, 小玉門弘1, 国安芳夫1, 東静香1, 寛弘毅1, 酒井良介2
1帝京大学放射線科核医学, 2船橋中央病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1145-1145.
Summary

171. 経時的摂取率測定による, 甲状腺疾患の鑑別
児玉光史, 杉村和朗, 藤田安彦, 杉原正樹, 古川雅彦, 笠井俊文, 加藤博和, 田中寛, 石田哲哉
島根医科大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1145-1145.
Summary

172. バセドウ病における131I治療後の甲状腺検査値の推移
栗原重子1, 小池幸子1, 出村黎子1, 出村博1, 日下部きよ子2
1東京女子医大ラジオアッセイ科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1145-1145.
Summary

173. リチウム (Lithium Carbonate) を用いたバセドウ病放射性ヨード療法
松林直1, 玉井一1, 高市幸彦1, 森田哲也, 隈寛二2, 和泉元衛3, 長瀧重信2
1九大心療内科, 2隈病院, 3長大第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1145-1145.
Summary

174. 超音波検査による甲状腺体積測定法を用いたバセドウ病131I放射線療法の治療成績
永山雄二, 和泉元衛, 長瀧重信
長崎大学第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1146-1146.
Summary

175. 甲状腺分化癌の131I治療の補助手段としてのTRH投与の意義に関する検討
中駄邦博, 塚本江利子, 川村直之, 伊藤和夫, 古舘正從
北大 核
核医学, 24(8) : 1987, 1146-1146.
Summary

176. Tl-201による甲状腺腫瘍の診断 とくに悪性甲状腺腫の組織型による活性消失指数の差について.
鈴木健之1, 真下正美1, 西村克之1, 宮前達也1, 石井淳2, 芝田敏勝3, 高浜素秀3
1埼玉医大放射線科, 2第4内科, 3第2病理
核医学, 24(8) : 1987, 1146-1146.
Summary

177. 甲状腺腫瘍における67Gaシンチの意義と限界
東与光1, 伊藤国彦2, 尾崎修武2, 真鍋嘉明2, 鈴木章2, 石川直文2, 三村孝3
1神奈川歯大, 放射線科, 2伊藤病院, 3済生会中央病院外科
核医学, 24(8) : 1987, 1146-1146.
Summary

178. 結節性甲状腺腫に対する99mTc-201Tl subtraction scintigraphyの有用性
片桐誠1, 岡村泰彦1, 川野亮1, 原田種一1, 大塚信昭2, 福永仁夫2, 森田陸司2
1川崎医科大学内分泌外科, 2核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1147-1147.
Summary

179. Autonomously Functioning Thyroid Lesionsの診断におけるシンチグラフィの有用性
池窪勝治1, 半田文子1, 山口晴二1, 才木康彦1, 伊藤秀臣1, 那須浩二1, 羽渕洋子1, 尾藤早苗1, 日野恵1, 石原隆2, 早稲田則雄2
1神戸市立中央市民病院核医学科, 2内科
核医学, 24(8) : 1987, 1147-1147.
Summary

180. 慢性甲状腺炎の検出における201TlClシンチグラフィーの意義に関する検討
中駄邦博1, 塚本江利子1, 伊藤和夫1, 川村直之1, 藤森研司1, 古舘正從1, 丁子清2, 広村忠雄2, 篠原正裕2, 野島孝之3
1北大 核, 2北大 放, 3病理部
核医学, 24(8) : 1987, 1147-1147.
Summary

181. 99mTc-パーテクネテート甲状腺シンチグラフィー施行時のRIアンギオグラフィーで認められる一過性瀰漫的高RI描出の検討.
吉岡清郎1, 松沢大樹1, 瀬尾信也2
1東北大学抗酸菌病研究所放射線, 2古川南町クリニック
核医学, 24(8) : 1987, 1147-1147.
Summary

182. 自己免疫性甲状腺疾患における抗体依存性単核球の甲状腺細胞障害作用の検出法
飯田泰啓, 笠木寛治, 徳田康孝, 新井圭輔, 遠藤啓吾, 鳥塚莞爾1, 小西淳二
京都大学 核医学科, 1福井医大
核医学, 24(8) : 1987, 1148-1148.
Summary

183. 甲状腺機能低下症に移行したバセドウ病患者におけるTSH受容体抗体
笠木寛治1, 徳田康孝1, 新井圭輔1, 飯田泰啓1, 遠藤啓吾1, 小西淳二1, 鳥塚莞爾2, 広田善彦3, 玉井一3, 三木京子4, 高松順太4, 隈寛二5
1京大核, 2福井医大, 3九大心療内, 4大阪医大一内, 5隈病院
核医学, 24(8) : 1987, 1148-1148.
Summary

184. 培養甲状腺細胞 (FRTL-5) へのヨード摂取を指標とした甲状腺刺激抑制抗体測定法の開発
徳田康孝, 笠木寛治, 飯田泰啓, 新井圭輔, 遠藤啓吾, 小西淳二
京都大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1148-1148.
Summary

185. ヒト甲状腺培養細胞が産生する成長促進因子について
福江暘, 内村英正, 井上賢一, 久保田憲, 佐々木憲夫, 高久史麿1), 金地嘉夫2)
1)東大第三内科, 2)金地病院
核医学, 24(8) : 1987, 1148-1148.
Summary

186. 人甲状腺培養細胞の産生する細胞増殖因子の性質について
内村英正, 久保田憲, 福江暘, 佐々木憲夫, 高久史磨
東京大学第三内科
核医学, 24(8) : 1987, 1149-1149.
Summary

187. ヒト甲状腺髄様癌培養細胞系 (TT) における多種ホルモン産生について
鈴木昌文1, 山口建1, 阿部薫1, 嶋岡勝太郎2
1国立がんセンター内分泌部, 2(財) 放射線影響研究所
核医学, 24(8) : 1987, 1149-1149.
Summary

188. 甲状腺ホルモンの代謝産物としてのブタノール非抽出ヨード (BNEI) の生成
久保田憲1, 内村英正1, 高久史麿1, S.H. Ingbar2
1東京大学第三内科, 2ハーバード大学
核医学, 24(8) : 1987, 1149-1149.
Summary

189. DPC社製free T4 RIA kitの基礎的・臨床的検討
土屋登木彦, 鈴木義信, 小堀博文, 大武龍介, 鈴木仁, 下田新一
獨協医科大学 内分泌内科
核医学, 24(8) : 1987, 1150-1150.
Summary

190. アルブミンブロッカーを加えた遊離甲状腺ホルモン測定キット
川村雅英
日本DPC
核医学, 24(8) : 1987, 1150-1150.
Summary

191. 限外濾過法と理論式から得た遊離甲状腺ホルモン濃度の比較
村上茂樹1, 今野則道2, 萩原康司1, 田口英雄1, 田口静子5
1北海道社会保険中央病院放射線部, 2内科, 3検査部
核医学, 24(8) : 1987, 1150-1150.
Summary

192. 新しい高感度TSH測定キット (アマウエルTSH, デルフィアTSH, AbチューブTSHキット) の検討
坂本龍則, 芦沢潔人, 永山雄二, 原川誠二郎, 山下俊一, 平湯秀司, 井上修二, 森本勲夫, 岡本純明, 和泉元衛, 長瀧重信
長崎大学一内
核医学, 24(8) : 1987, 1150-1150.
Summary

193. 高感度TSH測定用RIAキットを用いたTRHテストにおけるTSH分泌の速度論的解析
塚本郁子, 田辺正忠, 玉井豊理, 佐藤功, 川崎幸子, 日野一郎, 瀬尾裕之, 細川敦之, 松野慎介, 宮本勉
香川医科大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1151-1151.
Summary

194. 静止型高分解能PET装置HEADTOME IVの基本性能評価
三浦修一, 菅野巌, 飯田秀博, 広瀬佳治*, 山本誠一*, 村上松太郎, 高橋和弘, 佐々木広, 犬上篤, 宍戸文男, 上村和夫
秋田脳研, 放, *島津製作所医用技
核医学, 24(8) : 1987, 1152-1152.
Summary

195. 静止型高分解能PET装置HEADTOME IVの評価 : 高分解能PETは何をもたらすか
菅野巌, 三浦修一, 飯田秀博, 村上松太郎, 高橋和弘, 佐々木広, 戸村則昭, 藤田英明, 日向野修一, 宍戸文男, 犬上篤, 上村和夫
秋田脳研, 放
核医学, 24(8) : 1987, 1152-1152.
Summary

196. 静止型高分解能PET Headtome IVにおける大容量リアルタイム演算メモリの必要性とその効果
飯田秀博, 広瀬佳治*, 天野昌治*, 山本誠一*, 菅野巌, 三浦修一, 村上松太郎, 高橋和弘, 上村和夫
秋田脳研, 放, *島津製作所医用技術部
核医学, 24(8) : 1987, 1152-1152.
Summary

196. 静止型高分解能PET Headtome IVの臨床利用経験 – 正常脳断層像を中心に –
戸村則昭, 上村和夫, 宍戸文男, 犬上篤, 日向野修一, 藤田英明, 安陪等思, 菅野巖, 三浦修一, 飯田秀博, 村上松太郎, 高橋和弘, 佐々木広, 相沢康夫
秋田脳研, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1152-1152.
Summary

198. Positron Emission Tomographyにおける散乱線補正のための基礎的検討
庄司安明, 相沢康夫, 蜂谷武憲, 羽上栄一, 菅野巌, 三浦修一, 飯田秀博, 宍戸文男, 上村和夫
秋田脳研, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1153-1153.
Summary

199. H2 15OダイナミックPETによる局所脳循環代謝量測定における部分容積効果補正のこころみ
飯田秀博, 菅野巌, 三浦修一, 村上松太郎, 高橋和弘, 上村和夫
秋田脳研, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1153-1153.
Summary

200. 15O標識ガスSteady State法のための吸入システムの評価
羽上栄一, 菅野巖, 村上松太郎, 三浦修一, 庄司安明, 相沢康夫, 蜂谷武憲, 高橋和弘, 飯田秀博, 犬上篤, 宍戸文男, 上村和夫
秋田県立脳血管研究センター, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1153-1153.
Summary

201. PETにおける動脈血液中H2 15O濃度持続モニター検出器システムの製作とその臨床利用のためのdispersion補正法及び時間軸調整法の開発
飯田秀博, 菅野巌, 犬上篤, 三浦修一, 村上松太郎, 高橋和弘, 佐々木広, 上村和夫
秋田脳研, 放
核医学, 24(8) : 1987, 1153-1153.
Summary

202. ポジトロンCTのダイナミック測定から局所血液量を算出する簡便な方法
佐々木広, 村上松太郎, 三浦修一, 飯田秀博, 高橋和弘, 菅野巌
秋田脳研, 放
核医学, 24(8) : 1987, 1154-1154.
Summary

203. 15O持続吸入ダイナミックスキャンによる脳血流量, 血液量, 酸素消費量の同時測定
伊藤正敏, 畑沢順*, 松沢大樹, 山口龍生, 宮沢英充, 窪田和雄, 佐藤多智雄, 四月朔日聖一*, 井戸達雄*
東北大学抗酸菌研放射線医学部門, *東北大学サイクロトロンRIセンター
核医学, 24(8) : 1987, 1154-1154.
Summary

204. FDGによる局所脳ブドウ糖消費量の測定 – autoradiography法とrate constant法の比較 –
久保聡一, 西澤貞彦, 米倉義晴, 向井孝夫, 柴田登志也, 千田道雄, 佐治英郎, 小西淳二
京大 放核
核医学, 24(8) : 1987, 1154-1154.
Summary

205. 糖代謝モデルのKs値演算プログラミング (マイコン使用による演算処理の試み)
堀井均1, 今堀良夫2, 沖史也3, 水川典彦2, 山下正人4, 藤井亮1, 脇田員男1, 柳生武彦1, 青木正1, 中橋彌光1, 平川公義2
1西陣病院, 2京都府立脳外科, 3物理学教室, 4放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1154-1154.
Summary

206. First-passモデルによる心筋局所血流量計測の妥当性とその限界 – シミュレーションによる検討
遠藤真広1, 飯沼武1, 福田寛1, 山崎統四郎1, 舘野之男1, 吉田勝哉2, 氷見寿治2, 加賀谷秋彦2, 増田善昭2, 稲垣義明2
1放医研臨床, 2千葉大三内
核医学, 24(8) : 1987, 1155-1155.
Summary

207. 13N-アンモニアポジトロンCTによる局所心筋血流量測定 再現性の検討
吉田勝哉1, 遠藤真広2, 氷見寿治1, 加賀谷秋彦1, 増田善昭1, 稲垣義明1, 福田寛2, 福田信男2, 飯沼武2, 山崎統四郎2, 舘野之男2
1千葉大学第3内科, 2放医研臨床研究部
核医学, 24(8) : 1987, 1155-1155.
Summary

208. 心ポジトロンCTにおける心筋と心プールの放射能の因子分析を用いた分離
遠藤真広1, 飯沼武1, 福田寛1, 山崎統四郎1, 舘野之男1, 吉田勝哉2, 氷見寿治2, 加賀谷秋彦2, 増田善昭2, 稲垣義明2
1放医研臨床, 2千葉大三内
核医学, 24(8) : 1987, 1155-1155.
Summary

209. N-13アンモニアポジトロンCTを用いてのジピリダモールおよびニトログリセリン負荷時の局所心筋血流量の評価
氷見寿治1, 加賀谷秋彦2, 吉田勝哉2, 増田善昭2, 稲垣義明2, 遠藤真広3, 福田寛3, 福田信男3, 飯沼武3, 山崎統四郎3, 舘野之男3
1帝京大学市原病院内科, 2千葉大学第三内科, 3放射線医学総合研究所臨床研究部
核医学, 24(8) : 1987, 1155-1155.
Summary

210. C15O2ガス持続吸入による心筋血流画像の評価
加賀谷秋彦1, 氷見寿治1, 吉田勝哉1, 渡辺滋1, 増田善昭1, 稲垣義明1, 遠藤真広4, 伊藤裕2, 植松貞夫2, 有水昇2
1千葉大学第3内科, 2放射線部, 3放射線科, 4放医研臨床
核医学, 24(8) : 1987, 1156-1156.
Summary

211. 非貫壁性梗塞における血流とエネルギー代謝 : ポジトロンCTによる検討
橋本哲男1, 神原啓文1, 不藤哲郎1, 林正隆1, 河合忠一1, 玉木長良2, 米倉義晴2, 徳永慎吾3, 田巻俊一3
1京大三内, 2核医学, 3武田病院
核医学, 24(8) : 1987, 1156-1156.
Summary

212. 心電図同期ポジトロンCTにおける左心室収縮末期壁肥厚の意義 : 血流及び代謝との比較
山下敬司1, 玉木長良1, 米倉義晴1, 千田道雄1, 佐治英郎1, 不藤哲郎2, 橋本哲男2, 神原啓文2, 河合忠一2, 小西裕3, 小西淳二1
1京都大学放射線核医学科, 2第三内科, 3心臓外科
核医学, 24(8) : 1987, 1156-1156.
Summary

213. H2 15OダイナミックPETによる心筋代謝量測定の定量化
飯田秀博, 高橋晶*, 菅野巌, 小野幸彦*, 三浦修一, 村上松太郎, 高橋和弘, 佐々木広, 上村和夫
秋田脳研, 放射線科, *内科
核医学, 24(8) : 1987, 1156-1156.
Summary

214. O-15標識水を用いたダイナミックポジトロンCTによる局所心筋血流量と冠動脈病変との対比
高橋晶, 小野幸彦1), 飯田秀博, 菅野巌, 三浦修一, 村上松太郎, 高橋和弘, 宍戸文男, 上村和夫2)
1)秋田脳研内科, 2)放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1157-1157.
Summary

215. PETで評価した心筋糖代謝および心筋血流量に対する冠動脈血行再建術の効果について
高橋晶, 小野幸彦1), 飯田秀博, 菅野巌, 三浦修一, 村上松太郎, 高橋和弘, 宍戸文男, 上村和夫2)
1)秋田脳研内科, 2)放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1157-1157.
Summary

216. 心拍同期・非同期心プールSPECTによる心容積算出における心臓動態ファントムを用いた基礎的検討
木村元政1, 野口栄吉2, 笠原敏文2, 小田野幾雄1, 酒井邦夫1
1新潟大学放射線科, 2放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1158-1158.
Summary

217. SPECT心電図同期心2分割法の検討
高橋範雄, 前田尚利, 松下照雄, 石井靖
福井医科大学 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1158-1158.
Summary

218. 心プール像の2次元極座標表示の研究
本田憲業1, 町田喜久雄1, 瀧島輝雄1, 海津啓之, 斉藤正身1, 吉本信雄2, 松尾博司2, 細羽実3
1埼玉医科大学総合医療センター放射線科, 23内科, 3島津製作所
核医学, 24(8) : 1987, 1158-1158.
Summary

219. 心電図同期心プールSPECTの加算イメージにおけるバックグランド処理について
高橋雅治, 桜井文雄, 佐々木豊志, 金沢紀雄, 竹内秀夫1), 飯塚利夫, 今井進, 神田洋, 鈴木忠, 村田和彦2)
1)国立高崎病院内科, 2)群馬大学第二内科
核医学, 24(8) : 1987, 1158-1158.
Summary

220. 心電図同期心プールSPECTによる右室機能の評価
高橋雅治, 桜井文雄, 佐々木豊志, 金沢紀雄, 竹内秀夫1), 飯塚利夫, 今井進, 神田洋, 鈴木忠, 村田和彦2)
1)国立高崎病院内科, 2)群馬大学第二内科
核医学, 24(8) : 1987, 1159-1159.
Summary

221. Geometric法による心室容積算出の検討 (planar imageとSPECT imageの対比)
高野政明, 中込俊男, 三浦慶和, 小堺加智夫, 丸山雄三1), 河村康明, 山崎純一, 奥住一雄, 武藤敏徳, 若倉学, 岡本淳, 森下健2)
1)東邦大学RI室, 2)第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1159-1159.
Summary

222. 心プール像の因子分析の研究
海津啓之1, 町田喜久雄1, 本田憲業1, 瀧島輝雄, 斉藤正身1, 吉本信雄2, 松尾博司2
1埼玉医科大学総合医療センター放射線科, 2第3内科
核医学, 24(8) : 1987, 1159-1159.
Summary

223. シネ左室造影の因子分析
本田憲業1, 町田喜久雄1, 瀧島輝雄1, 海津啓之, 細羽実2
1埼玉医科大学総合医療センター放射線科, 2島津製作所
核医学, 24(8) : 1987, 1159-1159.
Summary

224. 因子分析法による心電図同期心プールデータの解析 : 先天性心疾患への応用
伊藤綱朗, 前田寿登, 竹田寛, 中川毅, 山口信夫
三重大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1160-1160.
Summary

225. 因子分析による治療効果の判定及び評価
浅原朗, 森豊, 渡辺靖, 佐々木功
中央鉄道病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1160-1160.
Summary

226. 運動負荷心プールシンチにおけるFactor analysisの応用 – PTCA前後での検討 –
広田一仁, 飯田英隆, 板金広, 秋岡要, 寺柿政和, 安田光隆, 奥久雄, 竹内一秀, 武田忠直1), 大村昌弘, 下西祥裕, 越智宏暢2)
1)大阪市大 1内, 2)放
核医学, 24(8) : 1987, 1160-1160.
Summary

227. 低放射能量高放射能量二段階使用による心Rl検査の有用性
宮崎吉春, 塩崎潤, 井上寿, 藤岡正彦, 伊藤広, 宮永盛郎1), 谷口充, 油野民雄2)
1)公立能登総合病院 RI部, 2)金沢大学 核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1160-1160.
Summary

228. 簡易なInternal standard方法による左室容積絶対値の計測
今井嘉門1, 安藤達夫1, 弓倉整1, 斎藤頴1, 小沢友紀雄1, 波多野道信1, 萩原和男2, 鎌田力三郎2
1日本大学第二内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1161-1161.
Summary

229. VARIABLE ROI法による左室拡張期容積曲線の計測 – FIXED ROI法との比較
中村幸夫1, 石田良雄2, 久住佳三1, 大森英史1, 木村和文1, 小塚隆弘1, 谷明博2, 北畠顕2, 鎌田武信2, 丸山隆利3
1大阪大学中央放射線部, 2第一内科, 3日立メディコ
核医学, 24(8) : 1987, 1161-1161.
Summary

230. 平均駆出加速度image (MSAI) による虚血性心疾患の評価 – 第1報 心筋梗塞患者での検討
木下信一郎1, 村松俊裕1, 山下三朗1, 金子正晴1, 土肥豊1, 西村克之2, 真下正美2, 鈴木健之2, 宮前達也2
1埼玉医大第2内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1161-1161.
Summary

231. 81mKr中心静脈カテーテル法による心拍出量測定の臨床応用.
島田孝夫1, 伊藤秀稔1, 田中早苗1, 石田博英2, 平澤之規2, 川上憲司2
1慈恵医大第三内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1161-1161.
Summary

232. 81mKr中心静脈カテーテル法による心拍出量の定量
石田博英1, 平澤之規1, 川上憲司1, 伊藤秀稔2, 田中早苗2, 島田孝夫2
1慈恵大放射線科, 2第三内科
核医学, 24(8) : 1987, 1162-1162.
Summary

233. 心音同期心プールイメージング法による心機能評価
長谷川顕1, 河合寛1, 宮尾雅之1, 小川研一1, 中元隆明1, 市川今朝登2, 後藤正文2, 岩崎尚弥2, 岸村文雄3, 田口慎一3
1獨協医大第1内科, 2RI診断センター, 3フクダME
核医学, 24(8) : 1987, 1162-1162.
Summary

234. P波同期心プールシンチ法による左室全体および局所拡張における左房収縮寄与率の評価
中川達哉, 杉原洋樹, 窪田靖志, 稲垣末次, 勝目紘, 足立晴彦, 岡本邦雄1), 島村修, 落合正和2), 三村徹3)
1)京府医大 2内, 同RI室, 2)京府洛東 内科, 3)フクダ電子
核医学, 24(8) : 1987, 1162-1162.
Summary

235. 左室容量曲線におけるFourier Fittingの次数による一次微分値について : 従来法との比較検討
尾崎正治, 片山和裕, 山岸隆, 石根顕史, 長野裕之, 藤井薫, 松村和彦, 楠川礼造1), 松浦昭人, 田村吉則2)
1)山口大 2内科, 2)大和病院 RI室
核医学, 24(8) : 1987, 1162-1162.
Summary

236. 心プール法による等容性弛緩期指標の検討
高岡茂, 大窪利隆, 小寺顕一, 田淵博己, 中村一彦, 橋本修治
鹿児島大学第二内科
核医学, 24(8) : 1987, 1163-1163.
Summary

237. 順・逆方向性心電図同期心プールシンチグラフィーによる左室圧 / 容量曲線の作成と心機能評価
稲垣末次, 杉原洋樹, 中川達哉, 窪田靖志, 勝目紘, 足立晴彦, 岡本邦雄1), 池谷憲生, 松井進, 水川勝海2)
1)京都府立医科大学 第二内科, 同RI室, 2)東芝メディカル
核医学, 24(8) : 1987, 1163-1163.
Summary

238. 前・逆方向同期心プールシンチグラフィによる左室局所機能解析 – 冠動脈疾患, 肥大型心筋症への応用
石田良雄1, 谷明博1, 平岡俊彦1, 武田裕1, 北畠顕1, 鎌田武信1, 久住佳三2, 木村和文2, 小塚隆弘2
1大阪大学第一内科, 2中央放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1163-1163.
Summary

239. 125I標識プローブを用いたHBV-DNA検出キットの検討
松坂英一郎, 船橋洋子, 中島俊彦, 飯沼一茂, 柳川佳信, 茗荷昭男, 池田勲夫, 倉田邦夫
ダイナボット株式会社
核医学, 24(8) : 1987, 1164-1164.
Summary

240. 遺伝子組換えを用いた抗DNA抗体測定法
吉川典孝, 川村雅英
日本DPC
核医学, 24(8) : 1987, 1164-1164.
Summary

241. シストロンヒトインターロイキン-1β (125I) RIA kitの基礎的検討
小林雄一, 近藤浩子, 佐藤隆, 藤岡修二
トーレ・フジバイオニクス (株)
核医学, 24(8) : 1987, 1164-1164.
Summary

242. 3種モノクローナル抗体を用いたエルザ・CEA・キットについての基礎的検討
能瀬博文, 高橋路子, 風早康弘, 長谷川栄一
ミドリ十字RI本部
核医学, 24(8) : 1987, 1164-1164.
Summary

243. In-111標織CEAモノクローナル抗体の基礎的検討
山口知克, 飯沼一茂, 早川進, 池田勲夫, 倉田邦夫
ダイナボット株式会社
核医学, 24(8) : 1987, 1165-1165.
Summary

244. 123I-IMPの各種脳疾患における評価
大棟正, 山田英夫, 瀬田春生
日本メジフィジックス株式会社 学術部
核医学, 24(8) : 1987, 1165-1165.
Summary

245. ガリウムヒトフィブリノーゲン (67Ga) 注射液セットによる血栓シンチグラフィの臨床的有用性
吉村光信1, 大西良浩1, 山田英夫1, 瀬田春生1, 高橋啓悦2, 倉見美規2, 葉杖正昭2
1日本メジフィジックス株式会社 学術部, 2研究課
核医学, 24(8) : 1987, 1165-1165.
Summary

246. 124Xe (p, 2n) 123Cs, 124Xe (p, pn) 123Xe反応による高純度123Iの製造方法について.
山本卓男, 井上照夫, 宮永俊博, 黒崎浩巳, 新田一夫, 小川弘
(株) 第一ラジオアイソトープ研究所
核医学, 24(8) : 1987, 1165-1165.
Summary

247. 11C-ヨウ化メチル合成装置の開発
鈴木啓文, 西原善明
住友重機械工業
核医学, 24(8) : 1987, 1166-1166.
Summary

248. 尿中微量アルブミン測定による糖尿病患者の腎糸球体病変の早期診断
船越達朗, 田中昭, 中村浩子, 木村誠一
ファルマシア株式会社
核医学, 24(8) : 1987, 1166-1166.
Summary

249. A PROBABILISTIC APPROACH FOR MYOCARDIAL IMAGE (SPECT) ANALYSIS.
M. Jamzad, A. Uchiyama, H. Toyama*, H. Murata**
Dept. of Elec. & Comm. Sch. of Sci. & Eng. Waseda Univ., *Inst. of Clinical Med. Tsukuba Univ., **Div. of Nuclear Med. Toranomon Hospital.
The Japanese Journal of nuclear medicine, 24(8) : 1987, 1167-1167.
Summary

250. Thallium-201 SPECT像の潅流欠損の大きさ及び強度の梗塞量評価における意義
松村泰志1, 中真砂士3, 三嶋正芳1, 南都伸介1, 平山篤志1, 増山理1, 児玉和久1, 佐々木次郎2, 中塚輝夫2, 藤岡忠雄2
1大阪警察病院心臓センター, 2放射線科, 3国立大阪南循環器科
核医学, 24(8) : 1987, 1167-1167.
Summary

251. 201Tl心筋SPECT像による肥大型心筋症と拡張型心筋症の安静時 “redistribution” の検討
塚本達夫, 後藤紘司, 寺島寧, 山本典孝, 鷹津久登, 八木安生, 平川千里
岐阜大 二内
核医学, 24(8) : 1987, 1167-1167.
Summary

252. 拡張型心筋症における201Tl心筋SPECT所見 – 後下壁欠損の出現要因の検討 –
住田康豊1, 井上登美夫1, 織内昇1, 冨吉勝美1, 佐々木康人1, 五十嵐均2, 飯塚利夫3, 今井進3, 鈴木忠3
1群馬大学核医学, 2中央放射線部, 3第二内科
核医学, 24(8) : 1987, 1167-1167.
Summary

253. 狭心症例における負荷心筋シンチグラム欠損度規定因子の検討
飯田英隆1, 板金広1, 斎藤宗靖1, 住吉徹哉1, 土師一夫1, 深見健一1, 平盛勝彦1, 植原敏勇2, 林田孝平2, 西村恒彦2
1国立循環器病センター心臓内科, 2放診部
核医学, 24(8) : 1987, 1168-1168.
Summary

254. SPECTによる心筋梗塞巣の定量化
阿部芳久, 池田成昭, 楯秀貞, 阿部豊彦, 金沢明彦, 淡路利行, 牧一彦, 鈴木泰, 三浦傳, 金澤知博
秋田大学 第2内科
核医学, 24(8) : 1987, 1168-1168.
Summary

255. 急性心筋梗塞における, 2核種 (Tc-99mPYP, Tl-201) 同時ECT収集法での相互散乱成分の補正法
魚津健司1, 緋田克也1, 山口善雄1, 田巻俊一2, 徳永慎吾2, 小中実3, 橋本哲男4, 不藤哲郎4, 神原啓文4
1武田病院放射線科, 2循環器内科, 3国立京都病院放射線科, 4京都大学第3内科
核医学, 24(8) : 1987, 1168-1168.
Summary

256. 二核種 (99mTc, 201Tl) 同時収集ECT像におけるovertapの臨床的意義
橋本哲男1, 不藤哲郎1, 神原啓文1, 河合忠一1, 魚津健司1, 徳永慎悟2, 田巻俊一2
1京大三内, 2武田病院
核医学, 24(8) : 1987, 1168-1168.
Summary

257. dual SPECT (99mTc-PYP, 201TlCl) を用いた急性虚血性傷害心筋部の性状分析に関する検討
疋田稔1, 曽根孝仁2, 坪井英之2, 佐々寛己2, 金森勇雄1
1大垣市民病院放射線科, 2循環器科
核医学, 24(8) : 1987, 1169-1169.
Summary

258. Subtractionによる急性心筋梗塞部位の評価
伊場昭三, 二見務, 小谷庸一, 有賀明子, 平田貴, 川名正直

帝京大学市原病院, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1169-1169.
Summary

259. 急性前壁心筋梗塞におけるTc-99mPYP心筋シンチグラムと急性期責任冠動脈再開通との関連
桑原洋一1, 下浦敬長1, 角田興一1, 椎葉眞一2, 鈴木廣次3, 古川洋一郎3, 清水正比古3, 斉藤俊弘3, 稲垣義明3
1千葉県救急医療センター内科, 2放射線部, 3千葉大学医学部第三内科
核医学, 24(8) : 1987, 1169-1169.
Summary

260. 陳旧性心筋梗塞症例におけるTc-99m Pyrophosphate心筋スキャンのSPECTでの検討.
多田明, 松下重人*, 高仲強, 立野育郎
国立金沢病院 放射線科, *内科
核医学, 24(8) : 1987, 1169-1169.
Summary

261. 99mTc-PYP, SPECT法による右室梗塞の検出
青木真, 山本雄祐, 鍋山庄蔵, 芦原俊昭, 稲生哲治, 山本博道, 福山尚哉
松山赤十字病院循環器科
核医学, 24(8) : 1987, 1170-1170.
Summary

262. Tc-99mピロリン酸心筋シンチグラフィーによる右室梗塞の診断精度の検討
南地克美1, 紀田利1, 藤野基博1, 銕寛之1, 吉田浩1, 福崎恒2
1兵庫県立姫路循環器病センター, 2神戸大学第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1170-1170.
Summary

263. テクネチウムピロリン酸心筋シンチグラムによる心筋梗塞巣の定量的評価
山本博道, 福山尚哉, 青木真, 稲生哲治, 芦原俊昭, 鍋山庄蔵, 山本雄祐
松山赤十字病院循環器科
核医学, 24(8) : 1987, 1170-1170.
Summary

264. PTCA施行中一過性冠動脈閉塞時のタリウム心筋シンチグラムの試行
中川達哉, 杉原洋樹, 稲垣末次, 窪田靖志, 古川啓三, 朝山純, 勝目紘, 足立晴彦1), 岡本邦雄2)
1)京都府立医大 2内, 2)RI室
核医学, 24(8) : 1987, 1170-1170.
Summary

265. 運動負荷心筋シンチグラムとPTCAからみた冠動脈側副血行路の機能
住吉徹哉, 木村一雄, 斉藤宗靖, 大村延博, 上嶋健治, 深見健一, 土師一夫, 平盛勝彦1), 植原敏勇, 林田孝平, 西村恒彦, 高宮誠2)
1)国立循環器病センター心臓内科, 2)放診部
核医学, 24(8) : 1987, 1171-1171.
Summary

266. Tl-201心筋WASHOUT RATEの意義 : PTCA前後のTl-201心筋シンチによる検討
新井英和, 大谷勝彦, 東条修, 斉藤滋, 久堀周治郎
関西労災病院 内科
核医学, 24(8) : 1987, 1171-1171.
Summary

267. 急性心筋梗塞症におけるPTCR時のreperfusion arrhythmiaと心筋傷害の検討
川本日出雄1, 大柳光正1, 成瀬均1, 羽崎理恵子1, 安富栄生1, 藤谷和大1, 岩崎忠昭1, 福地稔2
1兵庫医科大学第1内科, 2核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1171-1171.
Summary

268. 冠動脈内タリウム直接注入による心筋シンチグラムの検討
杉原洋樹, 稲垣末次, 窪田靖志, 中川達哉, 古川啓三, 井上大介, 朝山純, 足立晴彦, 勝目紘, 山下正人*, 岡本邦雄*
京都府立医大, 2内, *RI室
核医学, 24(8) : 1987, 1171-1171.
Summary

269. 冠動脈注99mTc-MAA心筋血流シンチグラムの臨床的検討
若松裕幸1, 木住野晧1, 新健治2
1金谷病院, 2手稲渓仁会病院
核医学, 24(8) : 1987, 1172-1172.
Summary

270. Bull’s eye mapによる冠動脈疾患の重症度評価 – 冠動脈造影所見との比較 –
中西文子*, 春日敏夫*, 伊藤邦泰**, 酒井康子**, 矢野今朝人*, 曽根脩輔**, 武田昌慶***, 佐々木康之****
*信州大学中央放射線部, **放射線科, ***第3内科, ****第2内科
核医学, 24(8) : 1987, 1172-1172.
Summary

271. Tl-201心筋SPECT展開図表示における冠動脈支配領域の分布様式の検討
片淵哲朗, 西村恒彦, 林真, 植原敏勇, 林田孝平, 木原浩一, 岡尚嗣, 与小田一郎, 粟井一夫
国循セ, 放
核医学, 24(8) : 1987, 1172-1172.
Summary

272. 心筋梗塞病変に対するMRIと心筋SPECTとの比較
飯田要1, 鯵坂隆一2, 杉下靖郎2, 伊藤巌2, 武田徹3, 外山比南子3, 畠山六郎3, 石川演美3, 秋貞雅祥3, 小関廸1
1筑波記念病院内科, 2筑波大臨床医学系内科, 3放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1172-1172.
Summary

273. 血管障害におけるTc-99m-PAOとXe-CTの比較
井田正博1, 豊田圭子1, 中山久美子1, 長瀬雅則1, 守谷悦男1, 間島寧輿1, 川上憲司1, 豊原敬三2, 下條貞友2
1東京慈恵会医科大学放射線科, 2第2内科
核医学, 24(8) : 1987, 1173-1173.
Summary

274. 99mTc-hexamethylprapylene-amine oximeを用いた脳血管障害例の脳血流シンチグラフイ
陣之内正史1, 星博昭1, 大西隆1, 宇和田収1, 渡辺克司1, 中野真一2, 木下和夫2
1宮崎医科大学放射線科, 2脳外科
核医学, 24(8) : 1987, 1173-1173.
Summary

275. 99mTc-hexamethylpropyleneamine oxime (99mTc-HM-PAO) による脳血管疾患の脳血流シンチグラフィ
塚本江利子1, 伊藤和夫1, 上山博康2, 馬淵正二2, 古舘正従1
1北大核医学講座, 2脳神経外科
核医学, 24(8) : 1987, 1173-1173.
Summary

276. 99mTc-HMPAOによる脳血流シンチグラフィの臨床応用
林田孝平, 西村恒彦, 植原敏勇, 今北哲, 与小田一郎, 岡尚嗣, 小倉裕樹, 林真1), 米川泰弘, 鳴尾好人2)
1)国循セン 放診部, 2)脳外
核医学, 24(8) : 1987, 1173-1173.
Summary

277. 脳内出血症例での脳循環イメージング – 99mTC-HMPAOによる検射 –
藤田英明, 上村和夫, 犬上篤, 宍戸文男, 戸村則昭, 日向野修一, 安陪等思, 相沢康夫, 蜂谷武憲, 庄司安明
秋田脳研, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1174-1174.
Summary

278. Tc-99m-HM-PAOによる定量的脳血流測定
大場洋1, 松田博史1, 東壮太郎2, 柴和弘3, 関宏恭4, 辻志郎1, 寺田一志1, 今井啓子1, 隅屋寿5, 森厚文3, 久田欣一1, 藤井博之2
1金沢大学核医学科, 2脳神経外科, 3アイソトープ総合センター, 4富山医薬大放射線科, 5福井県立病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1174-1174.
Summary

279. N-isopropyl-p-iodoamphetamineのインビトロにおける脳内結合成分及び結合分布の特徽
森厚文1, 柴和弘1, 松田博史2, 辻志郎2, 大場洋2, 今井啓子2, 久田欣一2
1金沢大学RIセンター, 2核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1174-1174.
Summary

280. スラントホールコリメータを用いたI-123IMP SPECT前処置法の検討
瀧島輝雄, 町田喜久雄, 本田憲業, 海津啓之, 斉藤正身
埼玉医科大学総合医療センター放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1174-1174.
Summary

281. 123I-IMOPによるリング型ECTを用いた初期Dynamic image
可知謙治1, 内山暁1, 藤本肇1, 苅込正人1, 日原敏彦1, 斉藤吉弘1, 荒木力1, 新井誉夫2, 飯伏順一2, 柿沢敏之3, 貫井英明3
1山梨医大放射線科, 2放射線部, 3脳神経外科
核医学, 24(8) : 1987, 1175-1175.
Summary

282. 123I-IMP SPECTのsubtraction image
安永暁生1, 堤健二1, 福嶋政昭1, 川口務1, 岩尾政明2, 利光孝2, 高野英門3, 小島滋3
1北九州市立八幡病院脳外科, 2放射線科, 3横河メディカル (株) システムエンジニアリング課
核医学, 24(8) : 1987, 1175-1175.
Summary

283. IMP-SPECTによる非侵襲的血流定量化
松田博史1, 辻志郎1, 東壮太郎2, 隅屋寿3, 寺田一志1, 大場洋1, 今井啓子1, 藤井博之2, 久田欣一1
1金沢大学核医学科, 2脳神経外科, 3福井県立病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1175-1175.
Summary

284. 脳神経疾息のI-123-IMP-SPECT washout rateのfunctional image
山本洋一1, 吉田祥二1, 西本均1, 西岡明人1, 寺島正子1, 前田知穂1, 赤木直樹2, 久保嘉彦2, 内田泰史3, 栗坂昌宏3, 森惟明3
1高知医大放射線科, 2放射線部, 3脳外科
核医学, 24(8) : 1987, 1175-1175.
Summary

285. IMP-SPECTによる一過性脳虚血発作 (TIA) の検討
宮川弘一1, 渡辺象1, 鈴木美智代1, 上嶋権兵衛1, 野口雅裕2, 木暮喬2, 高野政明3, 丸山雄三3
1東邦大学第2内科, 2放射線科, 3中放RI
核医学, 24(8) : 1987, 1176-1176.
Summary

286. 急性硬膜外血腫症例における123I-IMP SPECTの意義
坂本哲也, 三宅康史, 田中洋, 根本繁, 有賀徹, 高倉公朋*
公立昭和病院脳神経外科, *東京大学脳神経外科
核医学, 24(8) : 1987, 1176-1176.
Summary

287. I-123-IMPによる脳外科術後患者の脳血流障害の経過観察
山崎俊江1, 鈴木輝康1, 古西博明1, 山崎道夫1, 大中恭夫1, 増田一孝3, 大西英雄3, 池本嘉範3, 松田昌之2, 丸山隆利3, 山崎武1, 半田譲二2
1滋賀医科大学放射線科, 2脳神経外科, 3放射線部, 4日立メディコ
核医学, 24(8) : 1987, 1176-1176.
Summary

288. 123I-IMP脳血流シンチグラフィによる脳血管障害患者の経過観察
長町茂樹1, 井上謙次郎2, 諸富康行2, 星博昭3, 陣之内正史3, 渡辺克司3
1国立療養所宮崎東病院放射線科, 2内科, 3宮崎医科大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1176-1176.
Summary

289. N-isopropyl-p-[123I] iodoamphetamineによる各種脳神経疾患の脳血流イメージング
橋本禎介1, 北条昌一2, 阿部肇2, 佐藤昌男2, 高田育紀2, 一条真琴3, 久保敦司4, 橋本省三4
1川崎市立川崎病院理学診療科, 2済生会宇都宮病院放射線科, 3神経内科, 4慶応義塾大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1177-1177.
Summary

290. Precontrast CT scanで描出し得なかった脳障害に対するI-123IMP brain scansの有用性の検討
今西好正, 米山優実, 桑原雅子, 石塚久美子, 尾上正孝, 石川徹, 辺見仁*, 高橋洋一*, 染谷一彦*, 池田一彦**, 今井幸充**, 長谷川和夫**
聖マリアンナ医科大学放射線科, *第三内科, **神経精神科
核医学, 24(8) : 1987, 1177-1177.
Summary

291. IMP-SPECTによる浅側頭動脈 – 中大脳動脈吻合術の適応決定
今井啓子1, 東壮太郎2, 松田博史1, 辻志郎1, 隅屋寿3, 藤井博之2, 大場洋1, 寺田一志1, 久田欣一1
1金沢大学核医学科, 2脳神経外科, 3福井県立病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1177-1177.
Summary

292. I-123 IMP SPECTが浅側頭 – 中大脳動脈吻合術の経過観察に有用であった類モヤモヤ病の1例
瀧島輝雄1, 町田喜久雄1, 本田憲業1, 海津啓之, 斉藤正身1, 永田和哉2, 松居徹2, 城下文夫2, 茂野卓2, 浅野孝雄2
1埼玉医科大学総合医療センター放射線科, 2脳神経外科
核医学, 24(8) : 1987, 1177-1177.
Summary

293. モヤモヤ病息者における脳血流シンチ (123I-IMP, 99mTc-HMPAO) の臨床的意義
宇都宮啓太, 安積正作, 芦名謙介, 西垣洋, 平石久美子, 上杉康夫, 伸昭憲, 石丸徹郎, 河合武司, 赤木弘昭
大阪医大 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1178-1178.
Summary

294. モヤモヤ病における脳循環動態. 特に脳血管反応性について – PETによる検討 –
戸村則昭, 菅野巖, 上村和夫, 宍戸文男, 犬上篤, 日向野修一, 藤田英明, 安陪等思
秋田脳研, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1178-1178.
Summary

295. 虚血性脳血管障害例の脳循環動態の検討 – SPECT及びXe enhanced CT CBFの比較 –
中原章徳1, 魚住徹1, 栗栖薫1, 加藤幸雄1, 沖修一1, 篠原伸也2, 沖井則文2
1広島大学脳神経外科, 2マツダ病院脳神経外科
核医学, 24(8) : 1987, 1178-1178.
Summary

296. MigraineのSPECT
佐藤宏之, 上田幹也, 有坂英史, 大川原修二

大川原脳神経外科病院
核医学, 24(8) : 1987, 1178-1178.
Summary

297. 18F-デオキシフルオログルコース, 18F-デオキシフルオロガラクトースによる肝腫瘍の診断
福田寛1, 山口慶一郎2, 高橋弘3, 阿部由直3, 伊藤正敏2, 窪田和雄2, 藤原竹彦2, 山口龍生2, 松澤大樹2, 井戸達雄4
1放医研臨床研究部, 2東北大抗酸菌放射線, 3臨床癌化学療法, 4東北大サイクロRIセンター
核医学, 24(8) : 1987, 1179-1179.
Summary

298. 腹部悪性腫瘍に対する18FDGによるポジトロン検査の臨床的有用性について
山本和高, 柴田登志也, 千田道雄, 久保聡一, 西澤貞彦, 山下敬司, 玉木長良, 小出治敏, 佐冶英郎, 米倉義晴, 小西淳二
京大 放核
核医学, 24(8) : 1987, 1179-1179.
Summary

299. ポジトロン断層による癌治療効果判定のための基礎研究 : 11Cメチオニンの取り込みと腫瘍血流
窪田和雄1, 藤原竹彦1, 阿部由直1, 山口龍生1, 川合宏彰1, 佐藤多智雄1, 坂本朝子1, 畑沢順2, 石渡喜一2, 井戸達雄2, 松沢大樹1,2
1東北大・抗酸菌病研究所放射線, 2サイクロトロンRIセンター
核医学, 24(8) : 1987, 1179-1179.
Summary

300. 癌の代謝別ポジトロン断層診断法の開発 : 肺癌の早期診断
窪田和雄1, 藤原竹彦1, 松沢大樹1,2, 阿部由直1, 伊藤正敏1, 山口慶一郎1, 井戸達雄2
1東北大・抗酸菌病研究所放射線, 2サイクロトロンRIセンター
核医学, 24(8) : 1987, 1179-1179.
Summary

301. ポジトロンCTによる肺癌の組織別診断の開発研究
藤原竹彦1, 松澤大樹1, 阿部由直1, 窪田和雄1, 伊藤正敏1, 山口慶一郎1, 畑澤順1, 川合宏彰1, 山口龍生1, 四月朔日聖一2, 石渡喜一2, 高橋俊博2, 岩田錬2, 井戸達雄2
1東北大・抗研・放射線, 2東北大・サイクロ
核医学, 24(8) : 1987, 1180-1180.
Summary

302. PETを用いた腎の血行および水動態解析の試み
稲葉正, 堀井均, 脇田員男, 青木正, 中橋弥光1), 山下正人2), 小林裕之, 川瀬義夫, 斉藤雅人, 渡辺泱3)
1)西陣病院, 2)京府医大放射線科, 3)京府医大泌尿器科
核医学, 24(8) : 1987, 1180-1180.
Summary

303. 前立腺癌の骨シンチグラフィの検討
松井律夫, 西山章次, 金川公夫, 浜田俊彦, 山崎克人, 河野通雄1), 杉村和朗2)
1)神戸大学放射線科, 2)島根医科大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1181-1181.
Summary

304. 前立腺癌患者の骨シンチグラフィ
塚本江利子, 伊藤和夫, 中駄邦博, 藤森研司, 川村直之, 古舘正従
北大核医学講座
核医学, 24(8) : 1987, 1181-1181.
Summary

305. 肺癌骨転移のシンチグラムによる経過観察
吉岡清郎1, 松沢大樹1, 佐藤多智雄1, 尾形優子2
1東北大学抗酸菌病研究所放射線, 2仙台厚生病院
核医学, 24(8) : 1987, 1181-1181.
Summary

306. 肺癌の骨転移に関する核医学的検討
吉居俊朗, 石橋正敏, 森田誠一郎, 梅崎典良, 毛利康茂, 檀浦龍二郎, 高橋一之, 大竹久
久大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1181-1181.
Summary

307. 肺癌のstagingと骨シンチグラフィ
油井信春, 戸川貴史, 木下富士美, 小圷正木, 秋山芳久
千葉県がんセンター核医学診療科, 物理室
核医学, 24(8) : 1987, 1182-1182.
Summary

308. 肺血流シンチグラフィーを利用した側臥位の体位変換による肺血流変動率の算出
田中正雄, 河野純, 木下修, 広瀬芳樹, 平山二郎, 本郷実, 山田博美, 大久保信一, 藤井忠重, 草間昌三, 横田憲一*, 矢野今朝人*
信州大学第1内科, *中央放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1183-1183.
Summary

309. 3次元画像処理を用いた肺シンチグラフィの動的解析による肺血流の定量的評価
山崎克人1, 松尾導昌2, 杉村和朗3, 金川公夫1, 濱田俊彦1, 松井律夫1, 西山章次1, 河野通雄1
1神戸大学放射線科, 2名古屋市立大学放射線科, 3島根医大中放
核医学, 24(8) : 1987, 1183-1183.
Summary

310. Xe-133ボーラス吸入肺シンチグラム洗Lいだし相の因子分析
本田憲業, 町田喜久雄, 間宮敏雄, 瀧島輝雄, 海津啓之, 斉藤正身
埼玉医科大学総合医療センター放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1183-1183.
Summary

311. 肺線維症における肺換気血流シンチグラフィの検討
長瀬雅則1, 豊田圭子1, 中山久美子1, 大杉文雄1, 井田正博1, 守谷悦男1, 間島寧興1, 島田孝夫2, 川上憲司1
1慈恵医大放射線科, 2第3内科
核医学, 24(8) : 1987, 1183-1183.
Summary

312. 過誤腫性肺脈管筋腫症の換気・血流動態 – 他の閉塞性肺疾患との対比検討 –
豊田圭子1, 中山久美子1, 長瀬雅則1, 間島寧興1, 井田正博1, 守谷悦男1, 川上憲司1, 富永滋2, 森豊3
1東京慈恵会医科大学放射線科, 2順天堂大学浦安病院内科, 3中央鉄道病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1184-1184.
Summary

313. 慢性肺気腫患者の労作時肺局所換気Xe-133ガス洗い出し法による評価
小松幹雄1, 池田英樹1, 高橋敬治1, 安井昭二1, 高橋和栄2, 駒谷昭夫3
1山形大学第一内科, 2附属病院放射線部, 3放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1184-1184.
Summary

314. 吸入エロソールの粒子粒について
穴沢予識, 井沢豊春, 手島建夫, 平野富男, 三木誠, 今野淳
東北大学抗研内科
核医学, 24(8) : 1987, 1184-1184.
Summary

315. 核医学画像の不均一さの定量的解析 – エロソール吸入スキャン画像への応用 –
手島建夫, 井沢豊春, 平野富男, 穴沢予識, 三木誠, 白石晃一郎, 今野淳
東北大学抗酸菌病研究所 内科
核医学, 24(8) : 1987, 1184-1184.
Summary

316. β2-刺激剤と気道粘液線毛輸送系
井沢豊春, 手島建夫, 平野富男, 穴沢予識, 三木誠, 今野淳
東北大抗研内科
核医学, 24(8) : 1987, 1185-1185.
Summary

317. エロソール吸入肺シンチグラフィーによるテオフィリンの気道粘液線毛輸送機構に対する効果の検討
北田修, 来栖昌朗, 宮内伸夫, 岡本智子, 吉田光子, 中村仁, 佐藤婦美子, 杉田實
兵庫医科大学第5内科
核医学, 24(8) : 1987, 1185-1185.
Summary

318. 健常喫煙者における肺上皮透過性亢進と換気機能及び気管支肺胞洗浄液所見との比較
黒田道郎1, 藤島清太郎1, 鈴木幸男1, 金沢実1, 横山哲朗1, 久保敦司2, 橋本省三2, 清水正三3, 杉浦正3, 杉山典昭3, 三宮敏和3
1慶應義塾大学内科, 2放射線科, 3アイソトープ室
核医学, 24(8) : 1987, 1185-1185.
Summary

319. I-123IMPの肺集積と肺シンチグラフィへの応用
伊藤健吾1, 牧野直樹1, 池田充1, 青山裕一1, 阿部哲太郎1, 大島統男1, 石垣武男1, 佐久間貞行1, 田所匡典2, 児玉行弘3
1名大放, 2名古屋第1日赤放, 3豊橋市民放
核医学, 24(8) : 1987, 1185-1185.
Summary

320. 123I-IMPによる肺シンチグラフイの検討
長町茂樹1, 井上謙次郎2, 諸富康行2, 星博昭3, 陣之内正史3, 渡辺克司3
1国立療養所宮崎東病院放射線科, 2内科, 3宮崎医科大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1186-1186.
Summary

321. N-Isopropyl-I-123-p-Iodoamphetamine (IMP) の肺疾患への応用
藤島清太郎1, 鈴木幸男1, 黒田道郎1, 金沢実1, 横山哲朗1, 塚本泰司2, 久保敦司2, 橋本省三2, 清水正三3, 杉浦正3, 杉山典昭3, 三宮敏和3
1慶應義塾大学内科, 2放射線科, 3アイソトープ室
核医学, 24(8) : 1987, 1186-1186.
Summary

322. I-123IMPの肺初期分布と放出過程の検討
熊崎智司1, 鵜沢毅1, 岡崎篤2, 安藤俊雄2, 井上登美夫3, 佐々木康人3
1関東逓信病院呼吸器科, 2放射線科, 3群馬大核医学教室
核医学, 24(8) : 1987, 1186-1186.
Summary

323. 間質性肺疾患での123Iアンフェタミン肺シンチグラフィーの有用性に関する検討
池田英樹1, 小松幹雄1, 高橋敬治1, 安井昭二1, 高橋和栄2, 駒谷昭夫3
1山形大学第一内科, 2附属病院放射線部, 3放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1186-1186.
Summary

324. 小児のRI肺機能検査による肺の放射線障害の検討
石田治雄1, 林奐1, 鎌形正一郎1, 三本松徹1, 菅藤啓1, 松藤凡1, 小林勝2, 田村郁夫2, 正木英一3, 堀池重治4, 石井勝己4
1都立清瀬小児病院外科, 2放射線科, 3国立小児病院, 4北里大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1187-1187.
Summary

326. 123I-IMPによる肺スキャンの臨床的検討
中條政敬, 内山典明, 平木嘉幸
国療南九州病院, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1187-1187.
Summary

327. 放射性ヨード標識IMPを用いた肺イメージングの基礎的検討
鈴木賢1, 長瀬勝也1, 田中政義2, 有村信一2, 斉藤隆2
1順大 放射線科, 2中央放射線室
核医学, 24(8) : 1987, 1187-1187.
Summary

328. 肺癌における123I-IMP肺シンチグラフィの検討
末松徹1, 楢林勇1, 高田佳木1, 大林加代子1, 平田勇三1, 坂本武茂1, 込山豊蔵1, 吉野朗1, 山本恵美子1, 坪田紀朋2, 八田健2
1兵庫県立成人病セ放, 2胸外
核医学, 24(8) : 1987, 1187-1187.
Summary

329. 123I-IMPの肺集積の検討
謝花正信, 堀郁子, 遠藤健一, 西尾剛, 勝部吉雄
鳥取大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1188-1188.
Summary

330. 肺癌に対する18FDG集積の動態解析
藤森研司1, 古舘正従1, 松田幹人2
1北海道大学核医学, 2日鋼記念病院内科
核医学, 24(8) : 1987, 1188-1188.
Summary

331. 臨床的応用を目的とした62Zn-62Cuジェネレータに関する基礎的検討
藤林康久, 松本和也, 小林信博, 横山陽
京大 薬, 医
核医学, 24(8) : 1987, 1189-1189.
Summary

332. 18O-濃縮水から製造される[18F] F-のオンライン分離と標識利用法の開発
田沢周作, 岩田錬, 井戸達雄, 高橋俊博, 籏野健太郎
東北大, サイクロ
核医学, 24(8) : 1987, 1189-1189.
Summary

333. 18F-を用いた脂肪酸の18F標識化
高橋俊博, 井戸達雄, 岩田錬, 石渡喜一, 川島孝一郎
東北大, サイクロ
核医学, 24(8) : 1987, 1189-1189.
Summary

334. [18F] FDGの代謝 : 血清中の18FDG-6-phosphateの存在について
石渡喜一1, 川島孝一郎1,2, 井戸達雄1
1東北大, サイクロ, 2医, 脳内
核医学, 24(8) : 1987, 1189-1189.
Summary

335. Acetyl hypofluorite法により合成された18FDG anomerの検討
藤井亮1, 今堀良夫2, 山下正人3, 水川典彦2, 柳生武彦1, 堀井均1, 脇田員男1, 中橋彌光1, 平川公義2
1西陣病院, 2京都府医大 脳外科, 3放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1190-1190.
Summary

336. F-18アニオンを原料とするF-18フルオロデオキシグルコース合成装置の製作
飯田重規, 菅原迪
日本製鋼所
核医学, 24(8) : 1987, 1190-1190.
Summary

337. F-18標識6-フルオロドーパ合成装置の開発
三宅義徳1, 吉村厚2, 一矢有一1, 桑原康雄1, 大塚誠1, 増田康治1
1九州大学放射線科, 2ラジオアイソトプープ総合センター
核医学, 24(8) : 1987, 1190-1190.
Summary

338. 2-[18F]-L-fluorophenylalanine利用に関する基礎的研究 – ラット血漿中放射能について
伊藤功, 村上松太郎, 高橋和弘, 三浦修一, 羽上栄一, 佐々木広, 飯田秀博, 菅野巌, 宍戸文男, 上村和夫
秋田脳研, 放
核医学, 24(8) : 1987, 1190-1190.
Summary

339. 2-[18F]-L-fluorophenylalanine利用に関する基礎的研究 – ラット脳内放射能について
村上松太郎, 高橋和弘, 三浦修一, 羽上栄一, 伊藤功, 佐々木広, 飯田秀博, 菅野巌, 宍戸文男, 上村和夫
秋田脳研, 放
核医学, 24(8) : 1987, 1191-1191.
Summary

340. Chloramine Tおよび, Dichloramine Tを用いた高比放射能臭素標識反応について
末広牧子1, 横井風児2, 岩本正子3, 野崎正4
1都老人研, 2精神神経センター, 3理研, 4北里大
核医学, 24(8) : 1987, 1191-1191.
Summary

341. L-[Methyl-11C] Methionine合成反応中に副生成するD-isomerについて
石渡喜一1, 井戸達雄1, Willem Vaalburg2
1東北大, サイクロ, 2Groningen大, 核医
核医学, 24(8) : 1987, 1191-1191.
Summary

342. C-11標識ヨウ化ベンジルの合成
高橋和弘, 村上松太郎, 羽上栄一, 佐々木広, 三浦修一, 飯田秀博, 菅野巌, 上村和夫
秋田脳研, 放
核医学, 24(8) : 1987, 1191-1191.
Summary

343. 脳浮腫・肺水腫診断のためのC-11標識イヌリンの合成, および臨床応用
原敏彦, 飯尾正明, 稲垣敬三
国立中野病院
核医学, 24(8) : 1987, 1192-1192.
Summary

344. 脳機能診断薬としての11C-ニコチンの合成
佐治英郎, 松島浩, 間賀田泰寛, 雑賀昭彦, 米倉義晴, 小西淳二, 横山陽
京大・薬, 放核
核医学, 24(8) : 1987, 1192-1192.
Summary

345. 腫瘍診断に用いるアミノ酸放射性医薬品の開発 (3) 膜輸送機構の相違を利用した新しい腫瘍診断用修飾アミノ酸
川井恵一, 藤林康久, 松本和也, 佐治英郎, 横山陽
京都大学 薬学部, 医学部
核医学, 24(8) : 1987, 1192-1192.
Summary

346. 中枢cholinesterase阻害剤 phenylmethylsulfonyl fluorideのインビボ・トレーサーとしての評価
入江俊章, 福士清, 伊藤雅臣, 山崎統四郎
放医研
核医学, 24(8) : 1987, 1192-1192.
Summary

347. 新しい脳機能診断剤の開発を目的としたI-125標識フェノキシ酢酸誘導体の合成
大桃善朗, 植野容子, 田中千秋1), 間賀田泰寛, 横山陽2)
1)大阪薬大, 2)京大, 薬
核医学, 24(8) : 1987, 1193-1193.
Summary

348. 2′-IodospiroperidolのN-アルキル誘導体の合成とそのドーパミンレセプタ (DAR) への集積性
佐治英郎, 雑賀昭彦, 徳井太郎, 久下裕司, 横山陽1), 中塚巌, 奥野正美, 吉武彬2), 鳥塚莞爾3)
1)京大, 薬, 医, 2)住友化学, 3)福井医大
核医学, 24(8) : 1987, 1193-1193.
Summary

349. ヨード標識側鎖脂肪酸の心筋取り込み機構
佐久間陽, 東真, 葉杖正昭

日本メジフィジックス
核医学, 24(8) : 1987, 1193-1193.
Summary

350. レクチンの放射性癌診断薬への応用に関する基礎的検討
小島周二1, Michael Jay2
1帝京大学 薬, 2University of Kentucky Medical Center
核医学, 24(8) : 1987, 1193-1193.
Summary

351. 新規腫瘍イメージング剤 : In-111標識合成ポルフィリン
山内博彦1, 上田信夫1, 中島進2, 阪田功3
1日本メジフィジックス株式会社技術部, 2旭川医科大学第1外科, 3東洋薄荷工業株式会社
核医学, 24(8) : 1987, 1194-1194.
Summary

352. 膜透過性を示す新規Tc-99m単核錯体Tc-PETSの合成とその体内挙動
荒野泰, 矢吹昌司, 八幡次成, 川井洋, 横山陽
京都大学薬学部
核医学, 24(8) : 1987, 1194-1194.
Summary

353. 局所脳血流測定用Tc-99mキレート薬剤の開発のための基礎的研究
柴和弘1, 森厚文1, 松田博史2, 辻志郎2, 大場洋2, 今井啓子2, 久田欣一2
1金沢大学RIセンター, 2核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1194-1194.
Summary

354. Tc-99m-nanocolloidsによる炎症イメージングの臨床経験 – 特にIn-111標識白血球シンチとの比較 –
宇野公一1, 吉田弘1, 今関恵子1, 板橋孝1, 有水昇1, 秋庭弘道2, 井上俊一3, 関谷雄一4, 北方勇輔4
1千葉大学放射線科, 2放技校, 3整形外科, 4君津中央病院放射線科

核医学, 24(8) : 1987, 1194-1194.
Summary

355. シンチカメラを利用したTc-99m標識放射性医薬品の品質管理
冨吉勝美1, 井上登美夫1, 住田康豊1, 佐々木康人1, 石原十三夫2, 細野紀一3, 五十嵐均3, 小林久江3
1群馬大学核医学科, 2放射線科, 3中央放射線部核医学診療部
核医学, 24(8) : 1987, 1195-1195.
Summary

356. 放射性無糖イオンの骨集積性
安東醇1, 安東逸子1, 平木辰之助1, 久田欣一2
1金沢大学医短, 2核医
核医学, 24(8) : 1987, 1195-1195.
Summary

357. CEA特異的測定法の基礎的検討とその臨床的応用について
大塚英司1, 市原真2
1大和市立病院・内科, 2RI室
核医学, 24(8) : 1987, 1196-1196.
Summary

358. モノクローナル抗体を使用したCEAキットの比較検討
三本重治1), 安田三弥1), 米沢久子2), 増岡忠道2), 安井俊行2), 徳植公一3)
1)横浜市立市民病院, 2)日本鋼管病院, 3)国立南横浜病院
核医学, 24(8) : 1987, 1196-1196.
Summary

359. モノクローナル抗体を用いたCEA測定キット (CEAIIキット) の使用経験
海津啓之, 町田喜久雄, 本田憲業, 間宮敏雄, 瀧島輝雄, 斉藤正身
埼玉医科大学総合医療センター放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1196-1196.
Summary

360. 膵癌胎児抗原 (POA) 測定キットの基礎的ならびに臨床的検討
羽渕洋子, 那須浩二, 尾藤早苗, 半田文子, 山口晴二, 才木康彦, 伊藤秀臣, 日野恵, 池窪勝治
神戸市立中央市民病院 核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1196-1196.
Summary

361. 乳癌におけるCA15-3測定の臨床的有用性 (第2報)
小森明美, 山本英嗣1), 安住修三2), 児玉宏3)
1)株ジェイ エム シー, 2)京都第一赤十字病院外科, 3)児玉乳腺クリニック
核医学, 24(8) : 1987, 1197-1197.
Summary

362. 腫瘍マーカーとしての血中CEA, CA19-9およびPOAのコンビネーションアッセイとその臨床的評価
村上稔, 高松祐介, 樽岡陽子, 尾森春艶, 西川彰治, 立花敬三, 石村順治, 河中正裕, 福地稔
兵庫医大 核, RI
核医学, 24(8) : 1987, 1197-1197.
Summary

363. モノクローナル抗体を用いたImmunoradiometric assayによる扁平上皮癌のスクリーニング – 従来法よりの改善を中心として –
美濃直子, 阿多まり子, 石川元正, 片岡正明, 木村良子, 河村正, 飯尾篤, 浜本研
愛媛大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1197-1197.
Summary

364. モノクローナル抗体を用いたSCC RIABEAD Kitの基礎的検討と臨床的評価 – 2抗体法との比較 –
那須浩二1, 羽渕洋子1, 尾藤早苗1, 半田文子1, 山口晴二1, 才木康彦1, 伊藤秀臣1, 日野恵1, 池窪勝治1, 大村文秀2
1神戸市立中央市民病院核医学科, 2耳鼻咽喉科
核医学, 24(8) : 1987, 1197-1197.
Summary

365. IRMA法に基づくTPAリアキットの検討
中込俊雄1, 小堺加智夫1, 高野政明1, 丸山雄三1, 野口雅裕2, 宮地幸隆3, 辻野大二郎4, 佐々木康人5
1東邦大学大森病院核医学検査室, 2放射線科, 3第一内科, 4聖マリアンナ医科大学第3内科, 5群馬大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1198-1198.
Summary

366. Heterologous-Bridge系125I標識化合物を用いるDeoxycorticosteroneのラジオイムノアッセイ
外山和宏, 田中東一, 八戸昌秋, 久保寺昭子
東京理大 薬
核医学, 24(8) : 1987, 1198-1198.
Summary

367. 尿中オステオカルシン測定の応用
山本英明1, 荒井孝1, 平沢忠勝1, 黒川晴幸1, 松本慎1, 橋本宏1, 望月弘2, 赤司俊二2
1埼玉県立小児医療センター放射線部, 2腎臓科
核医学, 24(8) : 1987, 1198-1198.
Summary

368. 血清微量成分の安定期間について – 市販コントロール血清の安定期間 (第2報) –
宇佐美政栄
岡山済生会総合病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1198-1198.
Summary

369. AFPに対するモノクローナル抗体によるRadioimmunodetection
中村佳代子1, 塚谷泰司1, 橋本禎介2, 長池一博3, 細川斉子3, 久保敦司1, 橋本省三1
1慶應義塾大学医学部放射線科, 2川崎市立病院放射線科, 3三菱化成総合研究所
核医学, 24(8) : 1987, 1199-1199.
Summary

370. モノクローナル抗体の体内分布に及ぼす血中抗原の影響 : ヒト大腸癌移植ヌードマウスをモデルとして
渡辺祐司, 遠藤啓吾, 小泉満, 河村泰孝, 佐賀恒夫, 国松美帆子, 小西淳二
京大 放核
核医学, 24(8) : 1987, 1199-1199.
Summary

371. ヒト膵癌にたいするモノクローナル抗体を用いたRadioimmunodetectionへの応用
津田隆俊, 小柴博文, 渋井隆一, 久保田昌宏, 高橋貞一郎, 森田和夫
札幌医大病院
核医学, 24(8) : 1987, 1199-1199.
Summary

372. I-125抗ミオシン抗体によるラット心筋梗塞巣の描出
太田淑子1, 広江道昭1, 藤田直也2, 近藤千里1, 牧正子1, 日下部きよ子1, 秋庭弘道3, 永田まこと2, 西川俊郎2, 関口守衛2, 重田帝子1
1東女医大放射線科, 2心研 循環器内科, 3千葉大
核医学, 24(8) : 1987, 1199-1199.
Summary

373. I-125標識抗エストロゲン抗体のラット乳癌集積性
小森幸道, 田中東一, 久保寺昭子
東京理大 薬
核医学, 24(8) : 1987, 1200-1200.
Summary

374. 111In-標識抗体とヨード標識抗体との体内分布の差異 – 骨肉腫に対する抗体をモデルとして
佐賀恒夫, 阪原晴海, 遠藤啓吾, 小泉満, 太田仁八, 中島鉄夫*, 国松美帆子, 渡辺祐司, 河村泰孝, 小西淳二, 烏塚莞爾*
京大 放核, *福井医大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1200-1200.
Summary

375. Bifunctional Chelating Agentを用いるモノクローナル抗体のTc-99m標識 (VI)
荒野泰, 矢吹昌司, 八幡次成, 松島浩, 小泉満, 遠藤啓吾, 横山陽
京大・薬, 医
核医学, 24(8) : 1987, 1200-1200.
Summary

376. 養子移入LAK細胞によるIMMUNOSCINTIGRAPHY – 脳腫瘍集積に関する検討 –
伊藤和夫1, 澤村豊2, 細川真澄男3, 古舘正従1, 小林博3
1北大核医学, 2脳外科, 3癌研病理
核医学, 24(8) : 1987, 1200-1200.
Summary

377. I-131抗CA125モノクローナル抗体による免疫シンチグラフィの検討
中島哲夫, 角文明, 上原晃, 三塩宏二, 腰塚愼二, 渡辺義也1), 井上登美夫, 佐々木康人2)
1)埼玉がんセンター 放, 2)群大 核
核医学, 24(8) : 1987, 1201-1201.
Summary

378. In-111標識モノクローナル抗体 (ZME-018) による悪性黒色腫のイメージング
絹谷清剛, 小泉潔, 渡辺直人, 川畑鈴佳, 秀毛範至, 油野民雄, 利波紀久, 久田欣一
金沢大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1201-1201.
Summary

379. インジウム標識抗メラノーマ モノクローナル抗体 (111In-ZME018) を用いるImmunoscintigraphy
小泉満, 遠藤啓吾, 河村泰孝, 渡辺祐司, 佐賀恒夫, 国松美帆子, 阪原晴海, 小西淳二, 宮地良樹*, 今村貞夫*
京大 放核, *皮膚
核医学, 24(8) : 1987, 1201-1201.
Summary

380. I-131抗CEA・抗CA19-9モノクローナル抗体カクテルを用いたラジオイムノシンチグラフィの検討
高橋利明1, 辻野大二郎1, 加藤義郎1, 和田祐爾1, 近藤義任1, 大原裕康1, 染谷一彦1, 板垣勝義2, 榊徳市2, 高橋孝子2, 佐々木康人3
1聖マリアンナ医大第3内科, 2放射線部核医学, 3群馬大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1201-1201.
Summary

381. 抗大腸癌モノクローナル抗体カクテルによるradioimmunodetection
川畑鈴佳, 小泉潔, 渡辺直人, 秀毛範至, 絹谷清爾, 油野民雄, 利波紀久, 久田欣一
金沢大 核医
核医学, 24(8) : 1987, 1202-1202.
Summary

382. SPECT画像のカラー表示における視覚と認識に関する検討
尾上公一, 立花敬三, 木谷仁昭, 浜田一男, 前田善裕, 成田裕亮, 河中正裕, 福地稔
兵庫医大 核, RI
核医学, 24(8) : 1987, 1203-1203.
Summary

383. 同一再構成アルゴリズムを用いた各種SPECT装置の比較検討
埼玉核医学技術研究会, 小川清1), 三塩宏二2)
1)埼玉医大総合医療センター放射線部, 2)埼玉県立がんセンター放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1203-1203.
Summary

384. 頭部SPECT用Medium Energy Slant-Hole Collimatorの有用性の検討
古嶋昭博, 高木善和, 古閑幸則, 下村修, 原正史, 高本尚男, 廣田嘉久, 高橋睦正1), 三隅凌2), 松本政典3)
1)熊大 放, 2)熊大 本荘RI, 3)熊大医短
核医学, 24(8) : 1987, 1203-1203.
Summary

385. 各種コリメータによるSPECT画像の比較
三枝健二, 福士政広, 加藤洋, 斉藤秀敏, 安部真治, 入船寅二, 後藤有人
都立医療技術短大
核医学, 24(8) : 1987, 1203-1203.
Summary

386. 頭部専用4-head回転型SPECT装置の基礎的検討
中村幸夫, 久住佳三, 大森英史, 橋川一雄, 木村和文, 小塚隆弘1), 津田能康2), 丸山隆利, 田淵秀穂3)
1)大阪大学中央放射線部, 2)第1内科, 3)日立メディコ
核医学, 24(8) : 1987, 1204-1204.
Summary

387. HEADTOME (SET-031) による高速ダイナミックスキャンの基礎的性能評価
山岸仁, 高橋正昭, 佐藤勝保1), 山岡信行2)
1)中村記念病院放射線部, 2)島津製作所
核医学, 24(8) : 1987, 1204-1204.
Summary

388. 収集計数値に対応した画像再構成用フィルタの最適化
池田穂積, 浜田国雄, 小堺和久, 大村昌弘, 下西祥裕, 八幡訓史, 越智宏暢, 小野山靖人
大阪市大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1204-1204.
Summary

389. 位置および角度サンプリングデータ補間によるSPECT画像の画質改善に関する検討
浜田一男, 立花敬三, 尾上公一, 木谷仁昭, 前田善裕, 成田裕亮, 河中正裕, 福地稔
兵庫医大 核, RI
核医学, 24(8) : 1987, 1204-1204.
Summary

390. 判別規準に基づく自動閾値選定法を用いたSPECT容積算出法の検討
村瀬研也1, 美濃直子1, 安原美文1, 最上博1, 伊東久雄1, 河村正1, 浜本研1, 望月輝一2
1愛媛大 放, 2愛媛県立今治 放
核医学, 24(8) : 1987, 1205-1205.
Summary

391. SPECTにおける各種吸収補正アルゴリズム, 各種データ収集法の比較のためのシミュレーション用プログラムの開発
村瀬研也, 東野博, 山田雅文, 安原美文, 片岡正明, 河村正, 飯尾篤, 浜本研
愛媛大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1205-1205.
Summary

392. Dual energyによるSPECTの画像再構成
篠原広行1, 永島淳一1, 片山通夫1, 細羽実2
1昭和大学藤が丘病院 放射線科, 2島津製作所医用技術部
核医学, 24(8) : 1987, 1205-1205.
Summary

393. 脳血管障害例におけるI-123IMP SPECTの検討 – 主に外科手術例 –
鴛渕雅男1, 神田哲朗1, 佐藤光隆1, 阿武保郎1, 宮城潤2, 西尾暢晃2, 村本真人3, 金一宇3, 大竹久4
1東京博慈会記念病院 放, 2脳外, 3西新井病院 脳外, 4久大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1205-1205.
Summary

394. 脳血管障害患者における脳IMPイメージのサーカムフェレンシアル解析による定量的評価
手島泰明1, 市川今朝登1, 田口英二1, 岩崎尚弥1, 成田純一1, 落合玄之2
1独協医大RI科, 2脳外科
核医学, 24(8) : 1987, 1206-1206.
Summary

395. IMP-SPECとRI-Angiography in vertex view
島村修, 石津徹幸, 岸川雄介, 足立晴彦, 落合正和
京都府立洛東病院
核医学, 24(8) : 1987, 1206-1206.
Summary

396. “CROSSED CEREBELLAR DIASCHISIS” に対する “Delayed scan” 及び “Dual energy scan” の採用によるI-123IMP及びTc-99mHMPAO BRAIN SPECT間の比較検討
伊藤圭一, 坂本真次, 金子昌生
浜松医科大学
核医学, 24(8) : 1987, 1206-1206.
Summary

397. I-123標識IMPの脳内における経時的変化およびPETによる脳血流との比較
西澤貞彦1, 米倉義晴1, 藤田透1, 千田道雄1, 柴田登志也1, 福山秀直2, 石川正恒3, 小西淳二1
1京都大学核医学科, 2神経内科, 3脳外科
核医学, 24(8) : 1987, 1206-1206.
Summary

398. 123I-IMP Brain SPECTとC15O2持続吸入法によるPET局所脳血流イメージングの比較
吉川京燦1, 宇野公一1, 間宮敏雄1, 湯山琢夫1, 板橋孝1, 今関恵子1, 尾形均1, 古賀雅久1, 蓑島聡1, 清水わか子1, 三枝健二1, 有水昇1, 岡田淳一2, 伊藤裕2, 佐藤和一2, 植松貞夫2, 山浦晶3
1千葉大学医学部放射線科, 2放射線部, 3脳外科
核医学, 24(8) : 1987, 1207-1207.
Summary

399. 脳出血急性期における遠位効果 – ポジトロンCTによる検討 –
藤田英明, 上村和夫, 犬上篤, 宍戸文男, 戸村則昭, 日向野修一, 安陪等思, 菅野巌
秋田脳研, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1208-1208.
Summary

400. ポジトロンCTによる中大脳動脈閉塞症の側副血行路の評価
宍戸文男, 日向野修一, 犬上篤, 戸村則昭, 藤田英明, 安陪等思, 菅野巌, 村上松太郎, 上村和夫
秋田脳研, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1208-1208.
Summary

401. 脳腫瘍の血管反応性について – PETによる検討 –
戸村則昭1, 菅野巖1, 上村和夫1, 宍戸文男1, 犬上篤1, 日向野修一1, 藤田英明1, 安陪等思1, 須田良孝3, 峯浦一喜2, 加藤敏郎3
1秋田脳研放射線科, 2秋田大学脳外科, 3秋田大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1208-1208.
Summary

402. PETによる脳腫瘍症例の半球皮質血流・酸素代謝状態の検討
池田裕介1, 大岩泰之1, 三輪哲郎1, 飯尾正明2
1東京医科大学脳神経外科, 2国立療養所中野病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1208-1208.
Summary

403. 標識アミノ酸の脳内集積の臨床的検討 – 11C-メチオニンと18F-フェニルアラニンとの比較 –
宍戸文男, 上村和夫, 村上松太郎, 三浦修一, 高橋和弘, 犬上篤, 戸村則昭, 日向野修一, 藤田英明, 安陪等思, 佐々木広, 飯田秀博, 菅野巌
秋田脳研, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1209-1209.
Summary

404. C-11-Ro15-1788ベンゾジアゼピン受容体マッピング・トレイサーの血中フリー濃度動態の推定と, PETによる受容体活性の定量解析
伊藤高司1,2, 田所裕之2, 伊予雅臣3, 橋本謙二4, 篠遠仁5, 福田寛6, 鈴木和年6, 井上修6, 山崎統四郎6
1日本医科大学数学教室, 2第二外科, 3国立精神神経センター精神研, 4福山大学薬学部, 5千葉大学医学部, 6放射線医学総合研究所
核医学, 24(8) : 1987, 1209-1209.
Summary

405. 11C-Ro15-1788の血漿中フリーリガンド濃度の測定
伊藤雅臣1,2, 伊藤高司3, 入江俊章1, 橋本譲二4, 篠遠仁5, 福田寛1, 鈴木和年1, 山崎統四郎1, 舘野之男1
1放射線医学総合研究所, 2国立精神・神経センター精神保健研究所, 3日本医科大学数学教室, 4福山大学薬学部, 5千葉大神経内科
核医学, 24(8) : 1987, 1209-1209.
Summary

406. 左室圧容積曲線よりみた心臓の動態の評価 – RI心プール平衡時法による –
宮川朋久1, 松下一夫1, 肥田敏比古1, 加藤政孝1, 中居賢司2, 高橋恒3, 柳沢融3, 中村隆4
1岩手医大第二内科, 2臨床検査科, 3放射線科, 4日立メディコ
核医学, 24(8) : 1987, 1210-1210.
Summary

407. 運動負荷時の心拍数と心電図同期心プールシンチグラフィより得られる各種心機能指標の関係
黒川洋1, 古田敏也1, 桜井充1, 澤野隆志1, 下方辰幸1, 桐山卓三1, 加藤善久1, 金子堅三1, 出原健1, 渡辺佳彦1, 水野康1, 近藤武2, 江尻和隆2, 浅野智子2, 竹内昭2
1藤田学園保健衛生大学内科, 2衛生学部 診療放射線技術学科
核医学, 24(8) : 1987, 1210-1210.
Summary

408. 心筋梗塞症におけるBPS / ESV, LVEFの経時的観察の意義
木村穣1, 岩坂寿二1, 斧山英毅1, 杉浦哲朗1, 下条途夫1, 稲田満夫1, 夏住茂夫2, 松本掲典2, 白石友邦2
1関西医大第2内科, 2香里放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1210-1210.
Summary

409. 心プールシンチグラフィによる等尺運動時の左室機能評価
鈴木晃夫1, 松島英夫1, 佐藤昭彦1, 加納浩一1, 横田充弘1, 山内一信1, 林博史1, 茜部寛2, 大島統男2, 佐久間貞行2, 外畑巌3
1名古屋大学第1内科, 2放射線科, 3保健衛生大学 内科
核医学, 24(8) : 1987, 1210-1210.
Summary

410. 心電図同期心プールシンチグラフィによる左室圧 – 容積微分ループの検討 – 方法論を中心として
古田敏也1, 近藤武3, 渡辺佳彦1, 澤野隆志1, 下方辰幸1, 黒川洋1, 桜井充1, 桐山卓三1, 加藤善久1, 金子堅三1, 水野康1, 江尻和隆3, 安野泰史2, 竹内昭3
1保衛大 内, 2放, 3衛生学部診療放射線技術学科
核医学, 24(8) : 1987, 1211-1211.
Summary

411. 各種RI動態解析へのHilbert (ヒルベルト) 変換の応用 (第二報) 左心室におけるAsynchronous emptyino, fillingの解析
村瀬研也1, 善家正昭1, 最上博1, 伊東久雄1, 木村良子1, 河村正1, 飯尾篤1, 浜本研1, 望月輝一2
1愛媛大 放, 2愛媛県立今治 放
核医学, 24(8) : 1987, 1211-1211.
Summary

412. 左房収縮機能の心臓核医学的計測
森下健, 河村康明, 山崎純一, 奥住一雄, 武藤敏徳, 若倉学, 岡本淳
東邦大学第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1211-1211.
Summary

413. 一枝病変患者の左室局所充満における左房収縮の関与について
山岸隆, 尾崎正治, 松村和彦, 石根顕史, 藤井薫, 長野裕之, 山本浩造, 楠川禮造, 有馬暁光*
山口大学第二内科, *大和病院
核医学, 24(8) : 1987, 1211-1211.
Summary

414. 心房細動の拡張期容量曲線の検討 – 先行RR別心プールシンチグラフィーによる –
稲垣末次, 杉原洋樹, 窪田靖志, 中川達哉, 勝目紘, 足立晴彦, 岡本邦雄1, 小西佳之, 望月茂2
1京都府立医科大学 第二内科, RI室, 2国立八日市病院
核医学, 24(8) : 1987, 1212-1212.
Summary

415. 圧・容積曲線による心機能評価 – 心房ペーシング負荷における誘発虚血についての検討
藤原秀臣1, 徳永毅1, 高橋淳1, 新田順一1, 城山暢博1, 家坂義人1, 平井正幸2, 関延孝2, 広江道昭
1土浦協同病院循環器内科, 1放射線科, 東京女子医科大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1212-1212.
Summary

416. 人工ペースメーカ挿入患者におけるペーシング条件および運動の左室容量曲線におよぼす影響 – 順および逆方向同期心プール法による検討 –
近藤一正1, 岡田充弘1, 棚橋淑文1, 高柳光雄2, 肥後隆之2, 加納浩一3, 河合直樹3, 鈴木晃夫3, 松島英夫3, 林博史3
1名古屋掖済会病院内科, 2放射線部RI, 3名古屋大学第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1212-1212.
Summary

417. 完全右脚ブロックにおける右室収縮遅延状態の解析
武田徹1, 外山比南子1, 飯田要2, 石川演美1, 増岡健志1, 鯵坂隆一1, 杉下靖郎1, 秋貞雅祥1, 小関迪2
1筑波大学臨床医学系, 2筑波記念病院内科
核医学, 24(8) : 1987, 1212-1212.
Summary

418. 異型狭心症における非胸痛時左室局所心機能異常について – 心プールシンチを用いての検討
石根顕史, 尾崎正治, 山岸隆, 松村和彦, 藤井薫, 長野裕之, 山本浩造, 楠川禮造1, 有馬暁光, 松浦昭人, 田村吉則2
1山口大 第二内科, 2町立大和病院
核医学, 24(8) : 1987, 1213-1213.
Summary

419. PTCAの運動負荷時心機能および左室壁動態に及ぼす効果の検討
吉野孝司, 松村龍一, 小林亨, 筆本由幸
大阪府立成人病センター循環動態診療科
核医学, 24(8) : 1987, 1213-1213.
Summary

420. 動的運動負荷時の左右心室拡張末期容積係数の検討 – IHDとCOPDについて –
出口富美子, 後藤紘司, 八木安生, 大島貞男, 大角幸男, 鷹津久登, 塚本達夫, 山本典孝, 飯田真美, 寺島寧, 平川千里
岐阜大第2内科
核医学, 24(8) : 1987, 1213-1213.
Summary

421. 運動負荷時の心電図変化と心筋虚血による左心機能変化との関連
安藤達夫1, 今井嘉門1, 弓倉整1, 斎藤頴1, 小沢友紀雄1, 波多野道信1, 萩原和男2, 鎌田力三郎2
1日本大学 第二内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1213-1213.
Summary

422. 冠動脈疾患患者における運動負荷時左室駆出率の反応性と心筋灌流との関連性
政金生人1, 殿岡一郎1, 金谷透1, 佐藤聡1, 目黒光彦1, 竹石恭知1, 千葉純哉1, 山口佳子1, 星光1, 立木楷1, 安井昭二1, 駒谷昭夫2, 高橋和栄2
1山形大学第一内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1214-1214.
Summary

423. 急性心筋梗塞における左室駆出率および位相解析の経時的推移と罹患冠動脈病変の関係について
木下栄治, 弘瀬哲, 今岡千栄美, 五島雄一郎1, 鈴木豊2
1東海大学第1内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1214-1214.
Summary

424. 初回急性心筋梗塞のうち糖尿病合併例の回復期心機能について
北角博道1, 清水完悦1, 望月俊直1, 川口竹男1, 河野道世1, 尾形長雄1, 義沢雄介1, 倉持公博1, 川野龍彦1, 布川慎一郎1, 露崎輝夫1, 野呂忠慈1, 木川田隆一1, 中沢圭司2, 石井勝己2
1北里大学内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1214-1214.
Summary

425. 陳旧性心筋梗塞における運動負荷99mTc – RBC心プールシンチグラフィーの有用性
久保田修平1, 太田直樹1, 新井昌史1, 滝野豊1, 飯塚利夫1, 今井進1, 鈴木忠1, 村田和彦1, 井上登美夫2, 佐々木康人2
1群馬大学第2内科, 2核医学
核医学, 24(8) : 1987, 1214-1214.
Summary

426. 虚血性心疾患の運動負荷回復期の左室機能
飯塚利夫1, 岩瀬孝1, 岩崎勉1, 岡本正司1, 今井進1, 神田洋1, 鈴木忠1, 村田和彦1, 井上登美夫2, 佐々木康人2
1群馬大学第2内科, 2核医学
核医学, 24(8) : 1987, 1215-1215.
Summary

427. 陳旧性前壁梗塞 (OAMI) における陰性U波 (NU) の核医学検討
兼本成斌1, 今岡千栄美1, 木下栄治1, 井出満1, 鈴木豊2, 五島雄一郎1
1東海大学第1内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1215-1215.
Summary

428. 心内膜下梗塞におけるTL-201心筋シンチグラフィの定量的表示法とTc-99m心プールイメージングの拡張期指標の診断的有用性
村松俊裕1, 木下信一郎1, 西村克之2, 山下三朗1, 香中伸一郎1, 宮前達也2, 土肥豊1
1埼玉医大第2内科, 2放射線
核医学, 24(8) : 1987, 1215-1215.
Summary

429. MRイメージング装置の開発現況
小泉英明1, 河野秀樹2, 山本悦治2, 横山哲夫3
1日立・那珂, 2中研, 3シ研
核医学, 24(8) : 1987, 1216-1216.
Summary

430. 2T超電導MR “ASAHI MR Super-200”
中澤昇, 武田順一1, 入口紀男, 豊島日出夫, 牧壮2
1旭メディカル, 2旭化成工業
核医学, 24(8) : 1987, 1216-1216.
Summary

431. シーメンス MR装置「MAGNETOM」
藤井清文
シーメンス・メディカル・システムズ (株)
核医学, 24(8) : 1987, 1216-1216.
Summary

432. フィリップスGYROSCANによるMRIおよびMRS
尾澤芳和, 井沢博視
日本フィリップス株式会社, 医療機器事業部
核医学, 24(8) : 1987, 1216-1216.
Summary

433. 医用画像処理装置GMS-550Uのデータ収集機能の特長
木原朝彦, 羽原淳, 松井進, 藤木裕
東芝那須
核医学, 24(8) : 1987, 1217-1217.
Summary

434. 高品位画像, 高速処理を可能にする核医学データ処理装置の開発
市原隆, 藤木裕, 松井進, 長谷川兵治
東芝那須
核医学, 24(8) : 1987, 1217-1217.
Summary

435. 整脈・不整脈分離型心電図同期収集
木原朝彦, 羽原淳
東芝那須
核医学, 24(8) : 1987, 1217-1217.
Summary

436. ウエル・カウンターの高計数率特性の改良
川村幸一, 木村茂郎, 田部井俊明, 鈴木肪弘, 田村和行, 森瑞樹
アロカ株式会社
核医学, 24(8) : 1987, 1217-1217.
Summary

437. デジタルガンマカメラGCA-901Aの機構部操作性
山河勉, 岩崎俊朗, 堤正昭, 小林弘明, 類家俊充
東芝那須
核医学, 24(8) : 1987, 1218-1218.
Summary

438. 新型デジタルガンマカメラGCA-901A, GCA-602Aのソフトウェア
小林仁士1, 松井進2, 羽原淳2, 長谷川兵治2
1東芝メディカルエンジニアリング, 2東芝郷須
核医学, 24(8) : 1987, 1218-1218.
Summary

439. 高品位デジタル画像のフィルム撮影を可能にするマルチフォーマットカメラの開発
市原隆, 蔵掛忠一
東芝那須
核医学, 24(8) : 1987, 1218-1218.
Summary

440. 角形大視野ガンマカメラ SNC-510Rの開発
貴志治夫, 中村正夫, 松山恒和, 高橋重和
島津製作所, 医用技術部
核医学, 24(8) : 1987, 1218-1218.
Summary

441. 新角型カメラ “GEMINI”
山崎光芳, 中山俊夫, 石橋喜治, 龍池敏雄
横河メディカル
核医学, 24(8) : 1987, 1219-1219.
Summary

442. 新型ホールポディイメージング専用ガンマカメラの開発
山河勉, 片岡孝司, 蔵掛忠一, 小林弘明
東芝那須
核医学, 24(8) : 1987, 1219-1219.
Summary

443. 全身用ポジトロンCT装置
熊本三矢戒, 大串明, 井上慎一
日立メディコ
核医学, 24(8) : 1987, 1219-1219.
Summary

444. 核医学イメージングシステムネットワーク “Starlink”
中山俊夫, 高野英明, 龍池敏雄
横河メディカルシステム
核医学, 24(8) : 1987, 1219-1219.
Summary

445. 核医学データ処理装置 “HARP-II”の開発
近藤正司, 松本隆二, 谷口正, 中村隆, 加畑峻
日立メディコ
核医学, 24(8) : 1987, 1220-1220.
Summary

446. 脳専用SPECT装置の開発
田渕秀穂, 大池正仁, 田中正敏, 田口正俊1, 木村和文, 橋川一雄, 久住佳三, 中村幸夫, 大森英史, 小塚隆弘2, 津田能康3, 恵谷秀紀4
1日立メディコ, 2阪大 中放, 3阪大一内, 4国立大阪南
核医学, 24(8) : 1987, 1220-1220.
Summary

447. 脳専用SPECT装置による局所脳血流の測定
丸山隆利1, 大家康秀1, 新井二三男1, 中村隆1, 木村和文2, 橋川一雄2, 久住佳三2, 中村幸夫2, 大森英史2, 小塚隆弘2, 津田能康3, 恵谷秀紀4
1日立メディコ, 2阪大中放, 3阪大一内, 4国立大阪南
核医学, 24(8) : 1987, 1220-1220.
Summary

448. 虚血性心疾患の診断と運動負荷時心筋タリウムwashout rate-SPECTによる検討
成田充啓1, 栗原正1, 村野謙一1, 宇佐美暢久1, 本田稔2, 友延正弘2, 金尾啓右2
1住友病院内科, 2アイソトープ室
核医学, 24(8) : 1987, 1221-1221.
Summary

449. 虚血病変評価におけるTl-201SPECTによるWashout ratioの意義についての検討
奥住一雄1, 山崎純一1, 河村康明1, 岡本淳1, 中野元1, 武藤敏徳1, 森下健1, 雨宮浩2, 宮入誠2, 大沢秀文2, 矢部喜正2
東邦大学第一内科, 2循環器診断センター
核医学, 24(8) : 1987, 1221-1221.
Summary

450. 運動負荷心筋シンチグラフィーにおける逆再分布現象 – washout rateおよび冠動脈造影よりの検討 –
桜井文雄1, 小山幸男1, 星崎洋1, 大島茂1, 飯塚利夫1, 今井進1, 神田洋1, 鈴木忠1, 村田和彦1, 井上登美夫2, 佐々木康人2
1群馬大学第2内科, 2核医学
核医学, 24(8) : 1987, 1221-1221.
Summary

451. 運動負荷および安静時心筋SPECTによるTlの再分布過程の評価 – 冠動脈狭窄度, 側副血行の関与
岩永史郎1, 半田俊之介1, 阿部純久1, 後藤信哉1, 国枝悦夫2, 西口郁2, 竹政和彦2, 久保敦司2
1慶応義塾大学医学部内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1221-1221.
Summary

452. 心筋虚血時に無症状な, いわゆる無症候性狭心症患者の検討
今井嘉門1, 弓倉整1, 安藤達夫1, 斎藤穎1, 小沢友紀雄1, 波多野道信1, 鎌田力三郎2
1日本大学第二内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1222-1222.
Summary

453. 典型的な無症候性心筋虚血の一症例
安藤達夫1, 今井嘉門1, 弓倉整1, 斎藤穎1, 小沢友紀雄1, 波多野道信1, 萩原和男2, 鎌田力三郎2
1日本大学第二内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1222-1222.
Summary

454. 運動負荷心筋シンチグラフィーにおいて胸痛を自覚しなかった心筋虚血症例に関する検討
木原浩一, 西村恒彦, 植原敏勇, 林田孝平, 下水田剛1, 斉藤宗靖, 住吉徹哉2
1国循セン 放診部, 2心内
核医学, 24(8) : 1987, 1222-1222.
Summary

455. 虚血性心電図変化に対する左室肥大の影響 – 運動負荷心電図と負荷心筋シンチの対比 –
瀬尾宏美1, 浜重直久1, 土居義典1, 小田原弘明1, 米沢嘉啓1, 近森大志郎1, 楠目修1, 小沢利男1, 赤木直樹2, 吉田祥二2, 前田知穂2
1高知医大老年病科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1222-1222.
Summary

456. Tl-201心筋 SPECT像の展開図表示
瀧島輝雄1, 町田喜久雄1, 本田憲業1, 海津啓之1, 斉藤正身1, 細羽実2
1埼玉医科大学総合医療センター 放射線科, 2島津製作所
核医学, 24(8) : 1987, 1223-1223.
Summary

457. Tl-201心筋シンチグラフィーにおける心尖欠損症例の心筋血流マップによる評価
足立至1, 赤松久司1, 平石久美子1, 緒方貴弘1, 虎谷一仁1, 竹内正保1, 河合武司1, 赤木弘昭1, 蓮来卓磨2, 楠川順也3
1大阪医大 放射線科, 2第一内科, 3第三内科
核医学, 24(8) : 1987, 1223-1223.
Summary

458. Tl-201負荷心筋SPECTにより求めた展開図表示による虚血の検出 – とくに虚血スコアの有用性について –
林真, 西村恒彦, 植原敏勇, 木原浩一, 林田孝平, 片淵哲朗, 岡尚嗣, 与小田一郎, 粟井一夫
国循セン 放診部
核医学, 24(8) : 1987, 1223-1223.
Summary

459. Tl-201心筋SPECTを用いた心筋展開図による心筋梗塞の定量的評価
久保田昌宏, 津田隆俊, 森田和夫, 東海林哲郎, 鵜野起久也, 和田篤志, 曳田信一, 堀田大介, 中田智明
札幌医大放射線科, 救急集中治療部, 第2内科
核医学, 24(8) : 1987, 1223-1223.
Summary

460. 201-Tl心筋SPECTにおけるFalse Positiveの検討
山本修三, 河原泰人, 重康牧夫1, 光藤和明, 藤野俊夫, 松永和夫, 土井修, 西原祥浩, 阿波純二, 後藤剛, 長谷敏明, 金万石, 坂本貴明, 戸田晶子2
1倉中 放, 2倉中 循内
核医学, 24(8) : 1987, 1224-1224.
Summary

461. 運動負荷Tl-201心筋SPECTの同心円表示法による心筋虚血の臨床的評価
須田研一郎, 山辺裕, 北瀬裕敏, 伊藤和史, 森孝夫, 高田輝雄, 福崎恒1, 前田和美2
1神戸大一内, 2神戸大医療技術短大
核医学, 24(8) : 1987, 1224-1224.
Summary

462. 運動負荷心筋SPECTによる冠動脈重症度 (pressure gradient) の検討
森下健1, 山崎純一1, 河村康明1, 奥住一雄1, 武藤敏徳1, 中野元1, 若倉学1, 五十嵐正樹1, 岡本淳1, 大沢秀文2, 矢部喜正2
1東邦大学第1内科, 2循環器診断センター
核医学, 24(8) : 1987, 1224-1224.
Summary

463. 冠血行再建術の効果の推定における運動負荷Tl-201心筋SPECTの有用性
栗原正1, 成田充啓1, 村野謙一1, 宇佐美暢久1, 本田稔2, 友延正弘2, 金尾啓右2
1住友病院内科, 2アイソトープ検査部
核医学, 24(8) : 1987, 1224-1224.
Summary

464. 冠動脈血行再建術の適応決定における運動負荷Tl-201心筋SPECT検査の有用性
渡辺直彦1, 管家道人1, 藤野彰久1, 小野和男1, 大和田憲司1, 刈米重夫1, 鈴木重文2, 鉄地川原正顕2, 津田福視2
1福島医大第一内科, 2太田綜合病院循環器科
核医学, 24(8) : 1987, 1225-1225.
Summary

465. タリウム心筋SPECT定量解析立体表示法によるPTCA・ACバイパス術前後の評価
松田宏史, 村田啓1, 外山比南子2, 西村重敬, 加藤健一3
1虎の門・放, 2筑波大・臨医, 3虎の門・循セ
核医学, 24(8) : 1987, 1225-1225.
Summary

466. 虚血性心疾患における抗狭心症薬投与前後の心筋灌流変化
目黒光彦1, 殿岡一郎1, 金谷透1, 星光1, 佐藤聡1, 山口佳子1, 政金生人1, 立木楷1, 安井昭二1, 駒谷昭夫2, 高橋和栄2
1山形大学第一内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1225-1225.
Summary

467. 慢性肺疾患患者の運動時肺循環動態と安静時Tl-201心筋シンチによる右室抽出度の検討
宿輪昌宏1, 今村俊之1, 松崎忠樹1, 村谷智子1, 古賀秀隆1, 原耕平1, 木下博史2, 本保善一郎2
1長崎大学第2内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1225-1225.
Summary

468. 心室瘤の201Tl心筋SPECT所見
新井昌史1, 塚越譲一1, 久保田修平1, 岩崎勉1, 飯塚利夫1, 今井進1, 鈴木忠1, 村田和彦1, 井上登美夫2, 佐々木康人2
1群馬大学第2内科, 2核医学
核医学, 24(8) : 1987, 1226-1226.
Summary

469. Tc-99m-PYPシンチグラフィーによる心アミロイドーシスの早期診断
河野純, 本郷実, 大久保信一, 山田博美, 三澤卓夫, 岩波さおり, 木下修, 平山二郎, 藤井忠重, 草間昌三
信州大学第1内科
核医学, 24(8) : 1987, 1226-1226.
Summary

470. 脳腫瘍症例に対する201Tlと99mTc-DTPAのSPECTによる検討
瓢子敏夫1, 鎌田一1, 荒清次1, 堀田隆史1, 中村順一1, 高橋正昭2, 山岸仁2, 佐藤勝保2, 末松克美3
1中村記念病院 脳神経外科, 2放射線部, 3財団法人 北海道脳神経疾患研究所
核医学, 24(8) : 1987, 1227-1227.
Summary

471. 99mTc-hexamethylpropylene-amine oximeを用いた脳腫瘍例の脳血流シンチグラフイ
星博昭1, 陣之内正史1, 大西隆1, 宇和田収1, 渡辺克司1, 中野真一2, 木下和夫2
1宮崎医科大学放射線科, 2脳外科
核医学, 24(8) : 1987, 1227-1227.
Summary

472. 99mTc-hexamethylpropylene-amine oximeを用いた脳腫瘍例の脳血流ダイナミツクSPECT
大西隆1, 陣之内正史1, 星博昭1, 宇和田収1, 渡辺克司1, 中野真一2, 木下和夫2
1宮崎医科大学放射線科, 2脳外科
核医学, 24(8) : 1987, 1227-1227.
Summary

473. 精神分裂病の局所脳血流量とその分布パターンの検討 – HEADTOME. Xe・133吸入法 –
佐川勝男1, 川勝忍1, 篠原正夫1, 森信繁1, 生地新1, 矢崎光保1, 十束支朗1, 駒谷昭夫2, 菅井幸雄2, 山口昂一2
1山形大学精神科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1227-1227.
Summary

474. 精神障害患者に対する123I-IMP使用経験
石井勝巳1, 中沢圭治1, 田所克己1, 池田俊昭1, 高松俊道1, 渡辺潤二1, 依田一重1, 松林隆1, 坂井文彦2, 高見堂正彦3, 小口徹3, 内田晃4
1北里大学放射線科, 2内科, 3精神科, 4立川共済病院精神科
核医学, 24(8) : 1987, 1228-1228.
Summary

475. IMP-SPECTによる幻聴についての所見
松田博史1, 刑部侃2, 久田欣一1, 伊井雅康2
1金沢大学核医学科, 2厚生連滑川病院精神科
核医学, 24(8) : 1987, 1228-1228.
Summary

476. 神経変性性疾患におけるI-123IMP SPECTの有用性
山崎正子1, 新井公人1, 中野義澄1, 渡辺章一2, 尾形健三郎2
1国療千葉東病院神経内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1228-1228.
Summary

477. 脊髄小脳変性症患者におけるI-123-IMP SPECT
小野志磨人1, 福永仁夫1, 王鋭1, 森田浩一1, 永井清久1, 大塚信昭1, 友光達志1, 柳元真一1, 安田雄2, 寺尾章2, 森田陸司1
1川崎医科大学核医学, 2神経内科
核医学, 24(8) : 1987, 1228-1228.
Summary

478. 99mTc-HMPAO脳血流SPECTによる脊髄小脳変性症の脳血流異常の評価
田中真1, 平井俊策1, 井上登美夫2, 冨吉勝美2, 佐々木康人2
1群馬大学神経内科, 2核医学
核医学, 24(8) : 1987, 1229-1229.
Summary

479. 脊髄小脳変性症患者におけるTc-99m-HMPAO SPECT
森田浩一1, 小野志磨人1, 福永仁夫1, 王鋭1, 永井清久1, 大塚信昭1, 友光達志1, 柳元真一1, 安田雄2, 寺尾章2, 森由陸司1
1川崎医科大学核医学, 2神経内科
核医学, 24(8) : 1987, 1229-1229.
Summary

480. 脊髄小脳変性症におけるベンゾジアゼピンレセプター【第二報】
篠遠仁1, 伊豫雅臣2, 伊藤高司3, 福田寛3, 山崎統四郎3, 鈴木和年3, 池平博夫3, 舘野之男3, 平山恵造1
1千葉大学神経内科, 2国立精神神経センタ一, 3放医研臨床
核医学, 24(8) : 1987, 1229-1229.
Summary

481. グリオーマにおける糖輸送系PS productsの臨床的意義
今堀良夫1, 天神博志1, 日野明彦1, 水川典彦1, 平川公義1, 沖史也2, 堀井均3, 脇田員夫3, 藤井亮3, 中橋彌光3
1京都府立医科大学脳神経外科, 2物理学教室, 3西陣病院
核医学, 24(8) : 1987, 1229-1229.
Summary

482. 18FDG速度定数測定における血管内放射能の影響
桑原康雄1, 一矢有一1, 大塚誠1, 三宅義徳1, 増田康治1, 吉村厚2, 上原周三3
1九州大学 放射線科, 2アイソトープ実験センター, 3医療短大
核医学, 24(8) : 1987, 1230-1230.
Summary

483. 陽電子断層装置 (PET) による脳の酸素消費量 / ブドウ糖消費量の測定 – 正常値について –
畑沢順1, 伊藤正敏2, 松沢大樹1.2, 井戸達雄1, 四月朔日聖一1
東北大, 1サイクロトロンRIセンター, 2抗酸菌病研究所放射線
核医学, 24(8) : 1987, 1230-1230.
Summary

484. 正常脳の非対称性について – ポジトロンCTによる検討 –
藤田英明, 上村和夫, 犬上篤, 宍戸文男, 戸村則昭, 日向野修一, 安陪等思, 菅野巌, 飯田秀博
秋田脳研, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1230-1230.
Summary

485. C15Oと11Cアルブミンによる局所脳ヘマトクリット値の測定
菅野巌, 村上松太郎, 高橋和弘, 三浦修一, 飯田秀博, 佐々木広, 宍戸文男, 犬上篤, 戸村則昭, 日向野修一, 藤田英明, 上村和夫
秋田脳研, 放
核医学, 24(8) : 1987, 1230-1230.
Summary

486. PETと15O標識ガスsteady State法による脳循環代謝諸量相互の微小循環的解釈の試み
菅野巌, 上村和夫, 村上松太郎, 宍戸文男, 犬上篤, 戸村則昭, 日向野修一, 藤田英明, 三浦修一, 飯田秀博, 高橋和弘, 佐々木広, 安陪等思
秋田脳研, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1231-1231.
Summary

487. 老年痴呆患者におけるN-isopropyl-(I-123) p-iodoamphetanineを用いたSPECTによる局所脳血流の評価
伸昭憲, 西垣洋, 芦名謙介, 平石久美子, 安積正作, 宇都宮啓太, 赤松久司, 石丸徹郎, 末吉公三, 前田裕子, 河合武司, 赤木弘昭
大阪医大・放
核医学, 24(8) : 1987, 1231-1231.
Summary

488. アルツハイマー病とアルツハイマー型老年痴呆のI-123IMP-SPECTについて
高橋貞一郎1, 久保田昌宏1, 津田隆俊1, 森田和夫1, 藤井充2, 深津亮2, 高畑直彦2
2札幌医大放射線科, 2神経精神科
核医学, 24(8) : 1987, 1231-1231.
Summary

489. アルツハイマー型老年痴呆患者の脳循環代謝- O-15ポジトロンCTを用いて –
坂本静樹1, 北村伸1, 氏家隆1, 黒木副武1, 添田敏幸1, 赫彰郎1, 飯尾正明2
1日本医科大学第2内科, 2国立療養所中野病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1231-1231.
Summary

490. ポジトロンCTによる皮質性痴呆の局所脳障害の検討 : 特にFrontal non-Alzheimer dementiaについて
一宮厚1, 山田尚吾1, 末次基洋1, 一矢有一2, 桑原康雄2, 大塚誠2, 三宅義徳2, 増田康治2
1九州大学精神神経科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1232-1232.
Summary

491. 皮質下痴呆におけるポジトロンCT
大塚誠1, 一矢有一1, 桑原康雄1, 三宅義徳1, 増田康治1, 細川晋一2, 加藤元博2, 一宮厚3, 末次基洋3
1九州大学 放射線科, 2神経生理, 3精神科
核医学, 24(8) : 1987, 1232-1232.
Summary

492. Ga-67標識フィブリノーゲンの血栓検出能に関する臨床的検討. 特にIn-111標識血小板との比較.
勝浦豊, 油井徳雄, 管家道人, 大和田憲司, 松田信, 内田立身, 刈米重夫
福島県立医科大学第1内科
核医学, 24(8) : 1987, 1233-1233.
Summary

493. ガリウムヒトフィブリノーゲン (67Ga) を用いた血栓イメージングの検討
中島鉄夫, 小鳥輝男, 前田尚利, 松下照雄, 外山貴士, 周藤裕治, 石井靖
福井医科大学 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1233-1233.
Summary

494. Ga-67DAS-DFO-フィブリノーゲンの検出能
増田一孝1, 大西英雄1, 浜津尚就1, 池本嘉範1, 鈴木輝康2, 古西博明2, 山崎俊江2, 曽我部秀一3
1滋賀医大放部, 2放科, 3大阪工大
核医学, 24(8) : 1987, 1233-1233.
Summary

495. 67Ga-DFO-DAS-Fibrinogenを用いた心, 大動脈血栓検出に関する検討
窪田靖志1, 杉原洋樹1, 中川博昭1, 稲垣末次1, 中川達哉1, 足立晴彦1, 勝目紘1, 山下正人2, 岡本邦雄2, 中川雅夫1, 白方秀二3
1京都府立医科大学 二内, 2RI室, 3二外
核医学, 24(8) : 1987, 1233-1233.
Summary

496. 67Ga-DFO-DSA-Fibrinoenの心・大血管内血栓例および人工血管再建術後例への臨床的応用
高橋恒男, 児島陽一, 杉江尚, 広瀬敦男, 中里龍彦, 吉岡邦浩, 柳澤融
岩手医大・放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1234-1234.
Summary

497. Ga-67-DFO-DAS-Fibrinogenによる心筋梗塞に伴う左心室内血栓の検出
鈴木輝康1, 山崎俊江1, 古西博明1, 大中恭夫1, 増田一孝3, 大西英雄3, 浜津尚就3, 迫田悟2, 尾藤慶三2, 山崎武1, 木之下正彦2
1滋賀医科大学放射線科, 3滋賀医科大学放射線部, 2第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1234-1234.
Summary

498. I-131標識 Fibronectinの血栓検出能に関する検討
上原章, 井坂吉成, 橋川一雄, 木村和文, 小塚隆弘, 米田正太郎, 鎌田武信, 恵谷秀紀
大阪大中放, 一内, 国立大阪南病院
核医学, 24(8) : 1987, 1235-1235.
Summary

499. モノクローナル抗血小板抗体による肺動脈血栓描出の試み … In-111-DTPAおよびI-125標識による抗体不活性化の血栓描出におよぼす影響
菅家道人1, 刈米重夫1, B. A. Khaw2, B. S. Coller3, T. Yasuda2, H. W. Strauss2
1福島医大第1内科, 2MGH, USA, 3SUNY, USA
核医学, 24(8) : 1987, 1235-1235.
Summary

500. 虚血性脳血管障害におけるin vitro血小板機能検査とindium-111血小板シンチグラフイーの関連性について
井坂吉成, 木村和文, 上原章, 橋川一雄, 小塚隆弘, 米田正太郎, 鎌田武信, 恵谷秀紀
大阪大学中放, 一内, 国立大阪南病院
核医学, 24(8) : 1987, 1235-1235.
Summary

501. 血小板寿命測定における血小板法と全血法の比較
斎藤京子1, 塚田理康2, 松田宏史3, 村田啓3
1虎の門・放射線部, 2血液学科, 3放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1235-1235.
Summary

502. 抗血小板薬の血小板凝集能, in vivo 血小板動態に及ぼす影響 : 虚血性脳血管障害における検討
井坂吉成, 木村和文, 上原章, 橋川一雄, 小塚隆弘, 米田正太郎, 鎌田武信, 恵谷秀紀
大阪大学中放, 一内, 国立大阪南病院
核医学, 24(8) : 1987, 1236-1236.
Summary

503. 好酸球増多症における心病変の核医学的評価
松原昇1, 石田良雄2, 谷明博2, 平岡俊彦2, 北畠顕2, 鎌田武信2, 木村和文3, 小塚隆弘3
1八尾市立病院, 2大阪大学第一内科, 3中央放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1236-1236.
Summary

504. 動脈瘤におけるR1イメージングの有用性
奥山厚, 斎藤了一, 隈崎達夫, 山岸嘉彦, 恵畑欣一
日本医科大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1236-1236.
Summary

505. 末梢循環血圧の非観血的測定法の臨床応用
伊藤秀稔1, 田中早苗1, 島田孝夫1, 栗栖康寿2, 森豊2, 川上憲司2
1慈恵医大第3内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1236-1236.
Summary

506. Lymphoscintigraphyにおける99mTc-MDPと99mTc-HSA同時皮内投与の有用性 – 第二報
渡部純郎, 玉城厚, 廣田彰男, 中村良一, 武安宣明, 長谷弘記, 多比良清, 新井功, 境敏秀, 矢吹壮, 町井潔1, 酒井健, 星野光雄2
1東邦大三内, 2核医学
核医学, 24(8) : 1987, 1237-1237.
Summary

507. 脳血管障害 (片麻痺) 例における下肢RI Venographyの有用性について
上野恭一1, 木村明2, 石黒修三2, 内山伸治3, 吉長知史3
1石川県立中央病院 放射線科, 2脳神経外科, 3神経内科
核医学, 24(8) : 1987, 1237-1237.
Summary

508. RNVにおける下肢静脈血栓症の抗凝固療法による症状改善と再開通の有無について
真下正美, 伊勢谷修, 鈴木健之, 西村克之, 宮前達也
埼玉医科大学, 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1237-1237.
Summary

509. 各種放射性金属イオンのライソゾーム集積性
安東醇1, 安東逸子1, 平木辰之助1, 山田典央2, 久田欣一2
1金沢大学医短, 2核医
核医学, 24(8) : 1987, 1238-1238.
Summary

510. 腫瘍細胞におけるGa-67の取り込み機序について
村橋秀夫1, 若尾博美1, 生田裕之1, 古川貴子1, 加藤秀夫2, 東与光1
1神奈川歯大 放射線科, 2横浜警友病院
核医学, 24(8) : 1987, 1238-1238.
Summary

511. 腫瘍細胞へのGa-67, Fe-59の取り込みに及ぼす金属の影響について
若尾博美1, 生田裕之1, 本橋秀敏1, 須賀是明1, 加藤秀夫2, 東与光1
1神奈川歯科大学放射線学教室, 2横浜警友病院
核医学, 24(8) : 1987, 1238-1238.
Summary

512. Ga-67の体内分布に及ぼす鉄代謝の影響
東光太郎, 大口学, 興村哲郎, 宮村利雄, 山本達
金沢医大・放
核医学, 24(8) : 1987, 1238-1238.
Summary

513. 67Ga scanにおける肝不描出現象に関する実験的研究 (その2)
野上真, 玉城聡, 長谷川真, 武中泰樹, 本田実, 篠塚明, 菱田豊彦
昭和大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1239-1239.
Summary

514. 耳下腺Oncocy tomaに対するI-131治療経験
小須田繁1, 石川昌澄1, 田村宏平1, 久保敦司2, 橋本省三2
1国立大蔵 放, 2慶大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1239-1239.
Summary

515. 腫瘍親和性放射性医薬品99mTcジメルカプトコハク酸 (DNS) の腫瘍集積像とMR画像 (MRI) との対比
小鳥輝男, 中島鉄夫, 松下照雄, 奥村亮介, 木村一秀, 周藤裕治, 外山貴士, 中津川重一, 前田尚利, 石井靖
福井医科大学 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1239-1239.
Summary

516. 腫瘍性病変における腫瘍スキヤンとMRIの比較検討
藤井広一1, 梶田明義2, 馬渕順久1, 岩本誠二1, 中川賢一1, 熊野町子1, 浜田辰巳1, 柴芳浩3, 坂下太郎3, 石田修1
1近畿大学放射線科, 2中放, 3大阪成人病センター放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1239-1239.
Summary

517. 肺・縦隔腫瘤性病変における67Ga-SPECTとX線CTの合成画像診断の有用性
吉岡邦浩, 中里龍彦, 児島陽一, 高橋恒男, 柳澤融
岩手医大 放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1240-1240.
Summary

518. 原発性肺癌の67Ga-SPECT像 – 特にPlanar像との比較 –
星宏治1, 政井章1, 景山和廣1, 星野俊明1, 加藤和夫2, 小林克子2, 鈴木晃2, 木村和衛1
1福島医大放射線科, 2核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1240-1240.
Summary

519. 悪性黒色腫における123I-IMPシンチグラフィの有用性
蓑島聡1, 村上康二1, 宇野公一1, 有水昇1, 小林まさ子2, 藤田優2, 岡本昭二2
1千葉大学医学部放射線科, 2皮膚科
核医学, 24(8) : 1987, 1240-1240.
Summary

520. Gaシンチにおける四肢異常集積の検討
猪狩秀則1, 小野慈1, 中村豊1, 酒井聡子1, 山本洋一1, 野沢武夫2, 松井謙吾2
1神奈川県立がんセンター核医学科, 2横浜市大放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1240-1240.
Summary

521. 頭頸部疾患へのGa-67集積の定量的評価法
二宮秀一, 江口徹, 羽山和秀, 前多一雄
日本歯科大新潟 放
核医学, 24(8) : 1987, 1241-1241.
Summary

522. 乳腺葉状腫瘍におけるTl-201 chlorideシンチグラフィ
千賀脩1, 宮川信1, 寺井直樹2, 藤森実2, 増田裕行2, 春日好雄2
1飯田市立病院外科, 2信州大学第2外科
核医学, 24(8) : 1987, 1241-1241.
Summary

523. Tc-99 pertechnetate, Tl-201による軟部悪性腫瘍の診断
照井頒二1, 小山田日吉丸1, 中馬広一2, 別府保男2, 福間久俊2
1国立ガンセンターRI, 2整形外科
核医学, 24(8) : 1987, 1241-1241.
Summary

524. 全身オートラジオグラフィ (WBARG) による67Gaおよび1148Inのラット体内分布の比較 – 炎症, 骨, 腎臓, 胃について –
真田茂1, 片山昌春1, 安東醇1, 平木辰之助1, 久田欣一2
1金大 医短, 2核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1241-1241.
Summary

525. Tc-99m-nanocolloidsによる炎症イメージングの基礎的検討
吉田弘1, 宇野公一1, 今関恵子1, 有水昇1, 秋庭弘道2
1千葉大学放射線科, 2放技校
核医学, 24(8) : 1987, 1242-1242.
Summary

526. 急性及び慢性炎症性疾患におけるIn-111標識白血球シンチグラフィーとGa-67シンチグラフィーの臨床的比較検討
斎藤知保子1, 伊藤和夫2, 小柴隆藏1
1市立札幌放射線科, 2北大核医学
核医学, 24(8) : 1987, 1242-1242.
Summary

527. In-111標識多形核好中球による炎症および腫瘍イメージの試み
吉越富久夫1, 町田豊平1, 大石幸彦1, 上田正山1, 木戸晃1, 鳥居伸一郎1, 清田浩1, 間島寧興2, 川上憲司2, 守谷悦男2, 豊田圭子2, 中山久美子2
1慈恵医大泌尿器科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1242-1242.
Summary

528. 簡便法による111In-オキシン標識白血球の臨床経験
寺田一志, 四位例靖, 小泉潔, 油野民雄, 利波紀久, 久田欣一
金沢大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1242-1242.
Summary

529. Tc-99m-HMPAO標識白血球による炎症イメージングの試み
宇野公一1, 今関恵子1, 吉川京燦1, 有水昇1, 井上駿一2, 植松貞夫3, 北方勇輔4
1千葉大学放射線科, 2整形外科, 3放射線部, 4君津中央病院外科
核医学, 24(8) : 1987, 1243-1243.
Summary

530. Deconvolution analysisの肝胆道シンチ解析への応用
武中泰樹, 長谷川真, 野上真, 玉城聡, 本田実, 篠塚明, 菱田豊彦
昭和大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1244-1244.
Summary

531. 急性上腹部痛における胆道系RI検査法の有用性
油野民雄, 谷口充, 利波紀久, 久田欣一1, 宮崎吉春, 井上寿, 塩崎潤, 藤岡正彦, 木原鴻洋, 宮永盛郎2
1金沢大学核医学, 2能登総合病院
核医学, 24(8) : 1987, 1244-1244.
Summary

532. 急性胆嚢炎, 急性膵炎における肝胆道スキャンの腸管運動付加所見に関する検討
内山勝弘1, 高田忠敬1, 安田秀喜1, 長谷川浩1, 土屋繁之1, 三須雄二1, 斉藤康子1, 四方淳一1, 国安芳夫2, 新尾泰男2, 東静香2
1帝京大学第1外科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1244-1244.
Summary

533. Warthi, 腫瘍における画像診断
山崎正1, 中西文子2, 春日敏夫2
1小諸厚生病院口腔外科, 2信州大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1244-1244.
Summary

534. Sjogren’s syndromeにおける唾液腺-SPECTとfactor analysisの臨床的評価
鴛海良彦1, 中村卓2, 酒井好古3, 村中光4, 南条環1, 米津康一2
1国立福岡中央放射線科, 2内科, 3九州大学歯学部放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1245-1245.
Summary

535. 固形物・流動物併用食道動態スキャンの試み.
高橋裕1,3, 上野文昭1, 鈴木豊2
1東海大学大磯病院 内科, 2東海大学放射線科, 3陸上自衛隊富士地区病院
核医学, 24(8) : 1987, 1245-1245.
Summary

536. 赤外線分光計を用いた13c – 呼気テストの検討
中川禎介, 鈴木敏夫, 大原裕康, 高橋悟, 辻野大二郎, 染谷一彦1, 佐々木康人2
1聖医大 三内, 2群大 核
核医学, 24(8) : 1987, 1245-1245.
Summary

537. 血中PSTIの消化器疾患に対する評価
地引政晃1, 下山孝俊1, 草野裕幸1, 福田豊1, 清水輝久1, 中越享1, 平野達雄1, 富田正雄1, 三浦敏夫2, 計屋慧實3, 岩崎宏司3
1長崎大学第1外科, 2医療短大, 3放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1245-1245.
Summary

538. 膵遊離腺房におけるムスカリン様受容体のCCKによる調節
安達秀樹, 青木悦雄, 野口正人, 本田豊彦, 大西秀一, 勝島慎二, 小西淳二
京大 放核
核医学, 24(8) : 1987, 1246-1246.
Summary

539. ラット遊離腺房CCK受容体の調節
本田豊彦, 安達秀樹, 野口正人, 青木悦雄, 佐藤俊介, 大西秀一, 勝島慎二, 小西淳二
京都大学医学部 核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1246-1246.
Summary

540. 細胞内cyclic GHP (cGHP) による125I-cholecystokinin受容体結合の調節
野口正人, 安達秀樹, 本田豊彦, 佐藤俊介, 大西秀一, 青木悦雄, 勝島慎二, 小西淳二
京大 放核
核医学, 24(8) : 1987, 1246-1246.
Summary

541. one and half ventilation rate同期法による呼吸同期装置の開発について
市川今朝登1, 河合寛2, 手嶋泰明1, 後藤政文1, 岩崎尚弥1, 岸村文雄, 田口慎一3, 佐伯真一, 古谷義雄4
1獨協医大RI, 2第1内科, 3フクダME, 4東芝メディ
核医学, 24(8) : 1987, 1247-1247.
Summary

542. 体動補正装置の開発
松山恒和, 高橋重和, 藤井圭一, 横井孝司
島津製作所, 医用技術部
核医学, 24(8) : 1987, 1247-1247.
Summary

543. 回転平行多スリット型coded Apertureに関する基礎的及び臨床的検討
村上康二1, 桂井浩1, 宇野公一1, 有水昇1, 藤本肇2, 瀬戸一彦3
1千葉大学医学部放射線科, 2山梨医科大学放射線科, 3榛原総合病院放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1247-1247.
Summary

544. デジタルカメラ装置の不均一性の特性について
中村豊, 山本洋一
神奈川県立がんセンター 核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1247-1247.
Summary

545. ガンマカメラの精度管理 – NEMA規格による性能評価 –
五十嵐均1, 細野紀一1, 今井俊幸1, 冨吉勝美2, 住田康豊2, 羽烏昇1, 井上登美夫2, 石原十三夫3, 佐々木康人2
1群馬大学中央放射線部, 2核医学, 3放射線医学
核医学, 24(8) : 1987, 1248-1248.
Summary

546. 複合WOBBLING方式PET装置の性能
向井孝夫, 千田道雄, 玉木長良, 米倉義晴, 山本和高, 藤田透, 西沢貞彦, 柴田登志也, 佐治英夫, 佐藤仁一, 山下敬二, 久保聡一, 小西淳二, 大串明*, 熊本三矢戒*, 井上慎一*
京大放核科, *日立メディコ
核医学, 24(8) : 1987, 1248-1248.
Summary

547. Positron CT Imageの定量化への試み 第三報 Positron CT装置の数え落とし補正について
石原十三夫1, 松原国夫2, 今井俊幸2, 大串明4, 熊本三矢戒4, 井上登美夫3, 佐々木康人3, 永井輝夫1
1群馬大学放射線医学, 2中央放射線部, 3核医学, 4日立メディコ
核医学, 24(8) : 1987, 1248-1248.
Summary

548. ECT画像再構成法におけるEM法とISRA法の特性
村山秀雄, 田中栄一, 野原功全
放医研 物理研究部
核医学, 24(8) : 1987, 1248-1248.
Summary

549. 静止型ポジトロンCTのための高速逐次近似型再構成アルゴリズムの開発
田中栄一, 村山秀雄
放医研 物理研究部
核医学, 24(8) : 1987, 1249-1249.
Summary

550. 患者情報管理・レポート作成支援システムの開発
高田直幸1, 細羽実1, 和迩秀信1, 井上登美夫2, 住田康豊2, 織内昇2, 佐々木康人2, 細野紀一3, 五十嵐均3, 今井俊幸3
1(株) 島津製作所, 2群馬大学核医学, 3中央放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1249-1249.
Summary

551. RI in vivo検査情報登録用コンピュータ・システムの検討
高橋一之, 石橋正敏, 森田誠一郎, 梅崎典良, 吉居俊朗, 檀浦龍二郎, 大竹久
久大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1249-1249.
Summary

552. 核医学診断支援システム (COSNUMD) の開発
西村克之1, 宮前達也1, 鈴木健之1, 真下正美1, 飯沼武2
1埼玉医大放射線科, 2放医研
核医学, 24(8) : 1987, 1249-1249.
Summary

553. 京大病院におけるPACS (KIDS) の現状と総合画像診断用ワークステーションの開発
湊小太郎, 中野善久, 小森優, 向井孝夫, 米倉義晴, 西台武弘, 桜井恒太郎, 伊藤春海, 小西淳二, 阿部光幸, 平川顕名1, 佐藤一弘2
1京大病院, 2日立メディコ
核医学, 24(8) : 1987, 1250-1250.
Summary

554. SPECT180°収集に於けるCOUNT補正の簡便法
延沢秀二, 生座本義広, 藤井忠一
浜松医療センター放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1250-1250.
Summary

555. 脳血流SPECT画像とMR画像との合成画像作成の試み
渡辺俊明, 大嶽達, 小坂昇, 谷岡久也, 寺原敦朗, 飯尾正宏
東京大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1250-1250.
Summary

556. single photon ECTによる腎容積算出に関する基礎的検討
小野口昌久1, 大石幸彦2, 外山比南子1, 鳥居伸一郎2, 町田豊平2, 松田宏史1, 村田啓1
1虎の門病院放射線科, 2慈恵医大泌尿器科, 3筑波大臨床医学系
核医学, 24(8) : 1987, 1250-1250.
Summary

557. SPECT像における画像周波数解析
大西英雄1, 浜津尚就1, 増田一孝1, 山崎俊江2, 鈴木輝康2, 曽我部秀一3
1滋賀医大放射線部, 2滋賀医大放射線科, 3大阪工業大学
核医学, 24(8) : 1987, 1251-1251.
Summary

558. 最大エントロピー原理を用いた核医学動態画像解析法 : 数学的モデルによる検討
中村正彦*, 鈴木豊**, 小林真**
*東海大・医・ME, **放射線
核医学, 24(8) : 1987, 1251-1251.
Summary

559. サルコイドーシスにおける201Tlおよび肺血流シンチグラフィーの臨床的意義
広瀬芳樹, 田中正雄, 神林隆幸, 平山二郎, 藤井忠重, 草間昌三
信州大学第1内科
核医学, 24(8) : 1987, 1252-1252.
Summary

560. 肺水腫における漏出機序とスキャン剤の選択
国安芳夫1, 東静香1, 奥畑好孝1, 東谷秀樹1, 新尾泰男1, 小玉門弘1, 長尾孝一2
1帝京大学放射線科核医学, 2市原病院病理
核医学, 24(8) : 1987, 1252-1252.
Summary

561. 持続胸郭外陰圧の肺気量ならびに肺血液量に及ぼす影響
鈴木幸男1, 藤島清太郎1, 黒田道郎1, 金沢実1, 横山哲朗1, 久保敦司2, 橋本省三3, 清水正三3, 杉浦正3, 杉山典昭3, 三宮敏和3
1慶應義塾大学内科, 2放射線科, 3アイソトープ室
核医学, 24(8) : 1987, 1252-1252.
Summary

562. 13N2ガス洗い出し法の解析 – 133Xeとの対比 –
藤森研司1, 古舘正従1, 松田幹人2
1北海道大学核医学, 2日鋼記念病院内科
核医学, 24(8) : 1987, 1252-1252.
Summary

563. 11COと11CO2を用いた局所肺機能解析
藤森研司1, 古舘正従1, 松田幹人2
1北海道大学核医学, 2日鋼記念病院内科
核医学, 24(8) : 1987, 1253-1253.
Summary

564. テルル化カドミウム (Cd Te) 検出器による寒冷刺激時の肺血管撃縮現象の評価
桑平一郎1, 井出満2, 鈴木豊3
1東海大学第二内科, 2第一内科, 3放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1253-1253.
Summary

565. 大血管転位の肺動脈絞扼術及びBlalock-Taussig短絡術後のタリウムイメージング所見
吉林宗夫1, 小野安夫1, 木幡達1, 神谷哲郎1, 西村恒彦2, 高宮誠2, 八木原俊克3
1国立循環器病センター小児科, 2放射線科, 3心臓血管外科
核医学, 24(8) : 1987, 1254-1254.
Summary

566. 総肺静脈還流異常術後例でのTl-201の肺野への集積 : 術後の推移と解剖学的型による差の検討
木幡違1, 小野安生1, 吉林宗夫1, 神谷哲郎1, 西村恒彦2, 高宮誠2, 八木原俊克3
1国立循環器病センター小児科, 2放射線科, 3心臓血管外科
核医学, 24(8) : 1987, 1254-1254.
Summary

567. 僧帽弁狭窄症評価におけるTc99m-MAAデジタル肺血流像 (DPI) の有用性
田中健1, 加藤和三1, 広沢弘七郎2, 木全心一2, 日下部きよ子3, 牧正子3
1心臓血管研究所, 2東京女子医科大学心臓血圧研究所, 3放射線科核医学部
核医学, 24(8) : 1987, 1254-1254.
Summary

568. 心不全評価におけるTl-201肺内取り込み像の有用性
田中健1, 中野元1, 上野孝志1, 加藤和三1, 木全心一2, 広沢弘七郎2, 日下部きよ子3, 牧正子3, 田村光司4, 中村嘉孝4, 伊藤正光5, 阿部光樹6, 小船井良夫6, 上田英雄6
1心臓血管研究所, 2東京女子医科大学心臓血圧研究所, 3放射線科核医学部, 4都立豊島病院, 5東京大学放射線科, 6榊原記念病院
核医学, 24(8) : 1987, 1254-1254.
Summary

569. 実験的アドリアマイシン心筋症におけるI-125BMIPP uptakeと心筋ミトコンドリア呼吸機能
緒方雅彦1, 梶山公則1, 周布晴美1, 木原和生1, 山口龍太郎1, 戸嶋裕徳1, 古賀義則2, 梅崎典良3, 森田誠一郎3
1久留米大学第3内科, 2循環器病研究所, 3放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1255-1255.
Summary

570. 123I-BMIPPの心筋機能診断薬としての有用性に関する基礎検討 – 脂肪酸代謝阻害剤による影響 –
藤林康久, 米倉義晴, 山本和高, 川井恵一, 松本和也, 横山陽, 小西淳二
京都大学医学部放核科, 薬学部放射性薬品化学科
核医学, 24(8) : 1987, 1255-1255.
Summary

571. 自然発症高血圧ラット (SHR) におけるヨード脂肪酸と心筋血流の対比
佐合正義, 西村恒彦, 岡尚嗣, 林真1, 木山博資, 遠山正弥2
1国循セン 放診部, 2阪大 第二解剖
核医学, 24(8) : 1987, 1255-1255.
Summary

572. Tl-201とヨード脂肪酸の心筋内分布の不一致 : 心筋症ハムスターにおけるDual tracer auto-radiographyによる検討
倉田千弘, 小林明, 山崎昇
浜松医大第三内科
核医学, 24(8) : 1987, 1255-1255.
Summary

573. ラットにおける代謝基質負荷時のI-125 BMIPPおよびTl-201の体内分布の検討
谷口充, 分校久志, 村守朗, 中嶋憲一, 南部一郎, 四位例靖, 久田欣一
金沢大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1256-1256.
Summary

574. 心筋症モデルにおける新しい脂肪酸アナログDMIPP及びFDG, 201Tlの比較研究 : 早期診断と治療効果判定
窪田和雄1, Prantika Som2, Fern F. Knapp3, Harold L. Atkins4
1東北大抗酸菌病研究所放射線, 2Brookhaven Nat l. Labo., 3Oak Ridge Nat l. Labo., 4SUNY at Stony Brook
核医学, 24(8) : 1987, 1256-1256.
Summary

575. 2核種オートラジオグラフィによるラット心筋血流 / 代謝の評価
分校久志, 谷口充, 村守朗, 中嶋憲一, 南部一郎, 四位例靖, 久田欣一
金沢大学核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1256-1256.
Summary

576. 側鎖脂肪酸β-メチル-15-ヨードフェニル-ペンタデカン酸 (BMIPP) の心筋イメージングへの応用
河村康明, 山崎純一, 奥住一雄, 武藤敏徳, 若倉学, 岡本淳, 森下健
東邦大学第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1256-1256.
Summary

577. REST AND EXERCISE MYOCARDIAL PERFUSION IMAGING WITH TC-99M RP-30 VS TL-201
S. Takahashi, D. Berman, G. Beller, B. Delaloye, C. Boucher, J. Maddahi, D. Watson, A. Delaloye, H. W. Strauss, K. McKusick
Du Pont, Yale Univ. Cedars Sinai, Univ. of Virginia, Univ. of Vaudois, MGH.
The Japanese Journal of nuclear medicine, 24(8) : 1987, 1257-1257.
Summary

578. 心プールECTによる先天性心疾患のシャント率及び弁膜症の逆流量評価
成瀬均1, 羽崎理恵子1, 大柳光正1, 川本日出雄1, 岩崎忠昭1, 福地稔1
2兵庫医科大学第一内科, 2核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1258-1258.
Summary

579. 心プールECTによる左室及び右室局所壁運動の評価
成瀬均1, 川本日出雄1, 大柳光正1, 羽崎理恵子1, 岩崎忠昭1, 福地稔2
1兵庫医科大学第一内科, 2核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1258-1258.
Summary

580. 心電図同期心プールSPECTによる左室容量の測定
清水光春, 平木祥夫, 森本節夫, 柏谷尚子, 井上信浩, 青野要1, 柳英清, 妹尾嘉昌, 寺本滋2, 永谷伊佐雄3
1岡山大 放, 2二外, 3RI
核医学, 24(8) : 1987, 1258-1258.
Summary

581. 陳旧性心筋梗塞の201Tl-SPECT像と左室機能 — 全体および局所機能との対比 —
片平敏雄1, 中村隆志1, 岡室周英1, 辻康裕1, 高橋徹1, 国重宏1, 堀英美2, 八木勝己2, 田中庸千2, 友田文子3, 高木研二2, 杉原洋樹3, 勝目紘3
1松下記念病院第3内科, 2RI室, 3京都府立医科大学第2内科
核医学, 24(8) : 1987, 1258-1258.
Summary

582. 核医学検査を用いたNicorandilの虚血性心疾患に対する治療効果の検討
山崎純一1, 河村康明1, 奥住一雄1, 武藤敏徳1, 中野元1, 若倉学1, 岡本淳1, 森下健1, 高野政明2, 中込俊雄2, 三浦慶和2, 丸山雄三2
1東邦大学第1内科, 2RI
核医学, 24(8) : 1987, 1259-1259.
Summary

583. 負荷心筋シンチグラムにおける心拍数補正washout ratio (C-WR) 評価法の有用性
阿部正宏, 渡辺健, 宮下岳夫, 池部伸彦, 犬塚博, 近藤宣如, 永井義一, 山沢堉宏, 伊吹山千晴, 村山弘泰*
東京医科大学2内, *放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1259-1259.
Summary

584. washout ratioに及ぼすRPP. 心拍数. 年齢及び運動耐応能の影腎 (正常者における検討)
平山陽示, 渡辺健, 阿部正宏, 田中啓, 中島均, 浅原孝之, 亘章, 清見定道, 永井義一, 山沢堉宏, 伊吹山千晴, 村山弘泰*
東京医科大学2内, *放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1259-1259.
Summary

585. 冠動脈疾患における運動負荷Thallium-201 SPECTの右室washout rateについて
岡野光志1, 大鈴文孝1, 真家伸一1, 柳田茂樹1, 妹尾正夫1, 永吉広和1, 青崎登1, 中村治雄1, 星名利文2, 宍戸敏彦2, 工藤安幸2, 竹中栄一2
1防衛医大第1内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1259-1259.
Summary

586. エルゴメーター負荷と心房ペーシング負荷における虚血誘発の差異について -Tl心筋シンチおよび心電図での検討
徳永毅1, 藤原秀臣1, 高橋淳1, 新田順一1, 城山暢博1, 家坂義人1, 関延孝2, 平井正幸2, 広江道昭3
1土浦協同病院循環器内科, 2放射線科, 3東京女子医科大学放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1260-1260.
Summary

587. 201-Tl心筋シンチにて取り込みの見られた心臓malignant lymphomaの2例
山川順子1, 篠原功1, 望月輝一1, 藤原康史2, 片岡正明3, 浜本研3
1愛媛県立今治 放, 2内, 3愛媛大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1260-1260.
Summary

588. 虚血性心疾患におけるPLANAR法とSPECTによる罹患冠動脈の検出能の比較
小寺顕一, 大窪利隆, 高岡茂, 田淵博巳, 中村一彦, 橋本修治1, 田口正人, 島袋国定2
1鹿児島大 二内, 2鹿児島大 放
核医学, 24(8) : 1987, 1260-1260.
Summary

589. 責任冠動脈による心筋梗塞サイズと一過性虚血領域の違いについて – SPECT展開図による検討
神畠宏1, 栗本透1, 島田智好1, 唐川正洋1, 松浦隆1, 小椋英司1, 羽田哲也1, 浜口保武1, 稲田満夫1, 西山豊2
1関西医大第二内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1260-1260.
Summary

590. Tl-201心筋SPECT展開図法による梗塞面積定量の有用性について – 心電図QRSスコアとの対比検討 –
島田智好1, 栗本透1, 神畠宏1, 唐川正洋1, 松浦隆1, 小椋英司1, 羽田哲也1, 浜口保武1, 稲田満夫1, 西山豊2
1関西医大第二内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1261-1261.
Summary

591. 虚血性心疾患のTl-201運動負荷心筋シンチによる評価 (SPECTとBull’s eye imageとの比較)
羽崎理恵子1, 大柳光正1, 成瀬均1, 川本日出雄1, 安富栄生1, 藤谷和大1, 岩崎忠昭1, 福地稔2
1兵庫医科大学第1内科, 2核医学科
核医学, 24(8) : 1987, 1261-1261.
Summary

592. 狭心症のThallium-201 SPECT各種評価法と負荷心電図ST低下の差について
岡野光志1, 大鈴文孝1, 真家伸一1, 柳田茂樹1, 青崎登1, 中村治雄1, 星名利文2, 宍戸敏彦2, 末岡貞登2, 高梨秀子2, 竹中栄一2, 小島滋3, 高野英明3
1防衛医大第1内科, 2放射線科, 3横河メディカルシステム
核医学, 24(8) : 1987, 1261-1261.
Summary

593. 心筋SPECTによる欠損の定量的評価の妥当性 – 心臓ファントムによる検討 –
佐々木次郎1, 中塚輝夫1, 藤岡忠雄1, 鹿島憲治1, 松村泰志2, 中真砂士3
1大阪警察放射線科, 2心臓センター, 3国立大阪南循環器科
核医学, 24(8) : 1987, 1261-1261.
Summary

594. 心筋SPECTにおける不均一吸収補正法 (IRPC法) の検討
外山比南子1, 細羽実2, 村山秀雄3, 村田啓4, 田中栄一3, 和迩秀信2, 秋貞雅祥1
1筑波大学・臨床医学系, 2島津製作所・医用技術部, 3放医研・物理, 4虎の門病院・放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1262-1262.
Summary

595. 心筋SPECTによる局所RI濃度における定量性の評価 (試作ファントムによる99mTCと201Tlとの比較)
上野孝志1, 田中健2, 梅田秀二1, 長谷川光男1
1心臓血管研究所付属病院 放射線部, 2循環器内科
核医学, 24(8) : 1987, 1262-1262.
Summary

596. 急性心筋硬塞における2核種 (99mTc, 201Tl) 同時収集SPECTの試み
児玉秋生*, 比佐新一*, 国分啓二*, 笹井祐之*, 川合敦子*, 荻生徳寛*, 笹川文俊§, 加藤玲子§, 小野和男★, 大和田憲司★, 刈米重夫★
米沢市立病院内科*, RI室§, 福島医大 一内★
核医学, 24(8) : 1987, 1262-1262.
Summary

597. 心電図同期心筋SPECTの有用性について – 100例における臨床的検討 –
望月輝一1, 山川順子1, 篠原功1, 藤原康史2, 村瀬研也3, 宮川正男3, 浜本研3
1愛媛県立今治放, 2内, 3愛媛大・放
核医学, 24(8) : 1987, 1262-1262.
Summary

598. 左心不全患者における, 急性期および慢性期の心機能評価 (心電図同期心プール法による検討)
児玉秋生*, 比佐新一*, 国分啓二*, 笹井祐之*, 川合敦子*, 荻生徳寛*, 笹川文俊§, 加藤玲子§, 小野和男★, 大和田憲司★, 刈米重夫★
米沢市立病院内科*, RI室§, 福島医大 一内★
核医学, 24(8) : 1987, 1263-1263.
Summary

599. 収縮期血圧 – 収縮末期容積関係を用いたDCMの治療効果判定の検討
山本朋彦1, 津田隆志1, 古寺邦夫1, 和泉徹1, 柴田昭1, 木村元政2, 小田野幾雄2, 酒井邦夫2
1新潟大学第一内科, 2放射線
核医学, 24(8) : 1987, 1263-1263.
Summary

600. 拡張型心筋症における201Tl心筋シンチグラフイーと心プールシンチグラフイーの検討
堀江正知, 川村陽一1, 桑名宣明, 増岡忠道2
1日本鋼管病院 内科, 2RI科
核医学, 24(8) : 1987, 1263-1263.
Summary

601. 虚血性心疾患 (IHD) における心筋viabilityの評価 – 硝酸イソソルビド (ISDN) 兼ドブタミン (DOB) 負荷心プールシンチグラフィ (RNA) による –
下方辰幸1, 近藤武2, 澤野隆志1, 古田敏也1, 黒川洋1, 桜井充1, 加藤善久1, 金子堅三1, 渡辺佳彦1, 水野康1, 江尻和隆3, 安野泰史3, 竹内昭3, 古賀佑彦3
1藤田学園保健衛生大学医学部内科, 2衛生学部診療放射線技術学科, 3医学部放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1263-1263.
Summary

602. 冠動脈疾患 (CAD) に対するISDNの作用機序
今岡千栄美1, 兼本成斌1, 井出満1, 五島雄一郎1, 鈴木豊2

1東海大学第1内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1264-1264.
Summary

603. 陳旧性心筋梗塞症における等容収縮期局所壁動態異常について Isosorbide Dinitra (ISLN) 負荷によるRI法での検討
長野裕之, 尾崎正治, 山岸隆, 石根顕史, 松村和彦, 藤井薫, 山本浩造, 有馬暁光*, 楠川礼造
山口大学第2内科, *町立大和病院
核医学, 24(8) : 1987, 1264-1264.
Summary

604. 肥大型心筋症の安静時左室拡張能と運動負荷時左室収縮能の関連について
古寺邦夫, 山本朋彦, 津田隆志, 和泉徹, 柴田昭1, 木村元政, 小田野幾雄, 酒井邦夫2
1新潟大学第一内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1264-1264.
Summary

605. 特発性肥大型心筋症 (HCH) における右室拡張磯能の検討
鵜野起久也, 和田篤志, 曳田信一, 堀田大介, 中田智明, 津田隆俊*, 久保田昌宏*, 田中繁道, 飯村攻
札幌医科大学第2内科, *放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1264-1264.
Summary

606. 肥大型心筋症の運動負荷時における右室駆出率の反応
谷明博1, 石田良雄1, 松原昇1, 平岡俊彦1, 武田裕1, 北畠顕1, 鎌田武信1, 木村和文2, 小塚隆弘2
1大阪大学第一内科, 2中央放射線部
核医学, 24(8) : 1987, 1265-1265.
Summary

607. 肥大型心筋症における運動負荷時肺野Tc-99m-RBC活性について
富谷久雄, 依光一之, 石川隆尉, 山崎行雄, 佐野孝彰, 古川洋一郎, 福田利男, 蒔田国伸, 竹田賢, 中山章, 斉藤俊弘, 稲垣義明
千葉大学第三内科
核医学, 24(8) : 1987, 1265-1265.
Summary

608. 本態性高血圧症における運動負荷心電図ST偏位と左室駆出分画の推移
唐木章夫, 市川治彦, 甲斐教之, 山本和利, 山田憲司郎, 清水正比古, 出口不二夫, 鳩貝文彦, 坂口明, 外岡正英, 斉藤俊弘, 稲垣義明
千葉大学第三内科
核医学, 24(8) : 1987, 1265-1265.
Summary

609. 本態性高血圧症における心肥大と運動負荷時の心ポンプ機能との関係
清水完悦1, 北角博道1, 川口竹男1, 義沢雄介1, 望月俊直1, 河野道世1, 尾形長雄1, 倉持公博1, 川野龍彦1, 布川慎一郎1, 露崎輝夫1, 野呂忠慈1, 木川田隆一1, 石井勝己2, 中沢圭司2
1北里大学内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1265-1265.
Summary

610. 右室機能の評価 : RI心プールイメージング法と経静脈DSA法との比較
松村憲太郎1, 長谷川章2, 灰山徹2, 斉藤孝行2
1京都南病院内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1266-1266.
Summary

611. 肺高血圧症における位相解析の試み
増岡健志1, 外山比南子2, 鰺坂隆一1, 武田徹2, 渡辺重行1, 藤田亭宣1, 松本竜馬1, 飯田要1, 小川剛1, 杉下靖郎1, 伊藤巌1, 秋貞雅祥2
1筑波大学 臨床医学系内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1266-1266.
Summary

612. 運動負荷時, 心房中隔欠損症の左右短絡率は減少し得るか. – 駆出カウント比による短絡率変化の評価の試み –
中川博昭1, 足立晴彦3, 杉原洋樹3, 稲垣末次3, 窪田靖志3, 中川達哉3, 勝目紘3, 幸田正明1, 上床博久1, 塩津宏晃1, 矢木健治2
1京都市立病院内科, 2放射線科, 3京都府立医科大学第2内科
核医学, 24(8) : 1987, 1266-1266.
Summary

613. 慢性肺疾患患者の運動負荷における右室駆出率と血中ノルアドレナリンの関係について
村谷智子1, 今村俊之1, 宿輪昌宏1, 松崎忠樹1, 古賀秀隆1, 原耕平1, 木下博史2, 本保善一郎2
1長崎大学第2内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1266-1266.
Summary

614. 運動時右室機能の研究 – 心プールシンチ及び観血的血行動態からの検討
北瀬裕敏, 山辺裕, 須田研一郎, 森孝夫, 伊藤和史, 高田輝雄, 前田和美, 福崎恒
神戸大学第一内科
核医学, 24(8) : 1987, 1267-1267.
Summary

615. 運動負荷心臓核医学検査時の呼気ガス分析の有用性について
岡野光志1, 大鈴文孝1, 永吉広和1, 密岡幹夫1, 真家伸一1, 悦喜豊1, 妹尾正夫1, 柳田茂樹1, 勝然秀一1, 瀬口秀孝1, 深堀正美1, 青崎登1, 中村治雄1, 宍戸敏彦2, 工藤安幸2, 末岡貞登2, 高梨秀子2, 竹中栄一2
1防衛医大第1内科, 2放射線科
核医学, 24(8) : 1987, 1267-1267.
Summary