PAGE TOP

刊行物

刊行物

日本核医学会機関誌 日本核医学 20巻6号

血中free triiodothyronineの間接的指標としてのfree T3 indexおよびT3 : TBG比の有用性の比較検討
田口英雄*, 萩原康司*, 今野則道*
*北海道社会保険中央病院放射線部, 内科
核医学, 20(6) : 1983, 775-783.
Abstract Summary

肝のシンチグラムおよびSPECT像上での区域読影の試みについて
小山田日吉丸*, 照井頌二*, 川合英夫*, 福喜多博義*
*国立がんセンター放射線診断部RI診断
核医学, 20(6) : 1983, 785-794.
Abstract Summary

胃癌の骨転移 – 骨シンチグラフィーによる臨床的検討 –
瀬戸幹人*, 利波紀久*, 小泉潔*, 須井修*, 久田欣一*
*金沢大学医学部核医学教室
核医学, 20(6) : 1983, 795-801.
Abstract Summary

先天性心疾患におけるマルチゲート心血液プール・データのフーリエ解析による検討 – (1) 左右短絡疾患, 特に心室中隔欠損症を中心にして –
竹田寛*, 前田寿登*, 山口信夫*, 中村和義*, 中川毅*, 田口光雄*, 桜井実*, 青木謙三*
*三重大学医学部放射線科, **小児科, ***松阪市民病院小児科
核医学, 20(6) : 1983, 803-814.
Abstract Summary

位相解析法による心興奮伝導異常例の検討
高橋恒男*, 桂川茂彦*, 阿部知博*, 柳澤融*, 中居賢司**, 松下一夫**, 川村明義**, 加藤政孝**, 佐々木峻***, 新津勝宏***
*岩手医科大学放射線科, **第二内科, ***第三外科
核医学, 20(6) : 1983, 815-822.
Abstract Summary

99mTcスズコロイド肝スキャンにて肺描画を示した症例の分析
白土博樹*, 伊藤和夫*, 斎藤知保子**, 種田雅彦***, 小柴隆蔵**, 古舘正従*, 入江五朗*
*北海道大学医学部放射線科, **市立札幌病院放射線科, ***北海道大学医学部第二病理学教室
核医学, 20(6) : 1983, 823-829.
Abstract Summary

冠動脈病変の診断における運動負荷RIアンジオグラフィおよび運動負荷心筋シンチグラフィの有用性の検討
都田裕之*, 河合直樹*, 岡田充弘*, 志貴一仁*, 都築雅人*, 近藤照夫*, 外畑巌*
*名古屋大学医学部第一内科
核医学, 20(6) : 1983, 831-840.
Abstract Summary

123I-orthoiodo hippurate (OIH) による有効腎血漿流量 (ERPF) 測定の有用性
高山輝彦*, 多田明*, 油野民雄*, 利波紀久*, 久田欣一*, 山田正人**
*金沢大学医学部核医学教室, **附属病院アイソトープ部
核医学, 20(6) : 1983, 841-847.
Abstract Summary

運動負荷201Tl心筋イメージにおけるCircumferential Profile法の検討
井上登美夫*, 井上寛一**, 安藤俊雄***, 吉村克俊*
*関東逓信病院第一放射線科, **循環器内科, ***第二放射線科
核医学, 20(6) : 1983, 849-857.
Abstract Summary

123I-orthoiodo-hippurateによるガンマカメラレノグラフィの基礎的および臨床的検討 (131I-ヒップランとの比較)
伊藤秀臣*, 杤尾人司*, 山田明子*, 濱崎利子*, 才木康彦*, 尾藤早苗*, 森本義人*, 池窪勝治*, 千田道雄*, 玉木長良***
*神戸市立中央市民病院核医学科, **内科, ***京都大学医学部核医学科
核医学, 20(6) : 1983, 859-866.
Abstract Summary

血中サイログロブリン測定の臨床的意義
内村英正*, 三橋知明*, 久保田憲*, 葛谷信明*, 佐々木憲夫*, 松崎宸*, 小坂樹徳*, 杉本充弘**, 水野正彦**
*東京大学医学部第三内科, **産婦人科
核医学, 20(6) : 1983, 867-874.
Abstract Summary

進行性化骨性筋炎の骨シンチグラフィの2例
杉村和朗*, 楢林勇*, 山崎克人*, 福川孝*, 杉村千恵*, 松尾導昌*, 西山章次*, 木村修治*
*神戸大学医学部放射線科
核医学, 20(6) : 1983, 875-879.
Abstract Summary

1. TSH RIA kitの基礎的検討 (GammaDab TSH)
柳瀬みき子, 金森勇雄, 矢橋俊丈, 松尾定雄, 吉田宏, 樋口ちづ子, 市川秀男, 木村得次*1, 中野哲, 綿引元, 武田功*2, 佐々木常雄, 石口恒男*3
*1大垣市民病院・特放セ, *2二内, *3名大・放
核医学, 20(6) : 1983, 882-882.
Summary

2. TSH RIA kitの基礎的検討 (一昼夜法)
樋口ちづ子, 金森勇雄, 矢橋俊丈, 松尾定雄, 吉田宏, 柳瀬みき子, 市川秀男, 木村得次*1, 中野哲, 綿引元, 武田功*2, 佐々木常雄, 石口恒男*3
*1大垣市民病院・特放セ, *2二内, *3名大・放
核医学, 20(6) : 1983, 882-883.
Summary

3. B型肝炎関連抗原, 抗体RIA kitによる半定量測定への試み
矢橋俊丈, 金森勇雄, 樋口ちづ子, 松尾定雄, 吉田宏, 市川秀男, 木村得次*1, 中野哲, 綿引元, 武田功, 太田博郎, 杉山恵一, 坪井英之, 児玉泰浩*2, 佐々木常雄, 石口恒男*3
*1大垣市民病院・特放セ, *2二内, *3名大・放
核医学, 20(6) : 1983, 883-883.
Summary

4. B型肝炎関連抗原・抗体RIAキットによる半定量測定法の意義
児玉泰浩, 中野哲, 綿引元, 武田功, 太田博郎, 杉山恵一, 坪井英之*1, 金森勇雄, 矢橋俊丈, 松尾定雄, 吉田宏, 樋口ちづ子, 市川秀男, 木村得次*2, 佐々木常雄, 石口恒男*3
*1大垣市民病院・二内, *2特放セ, *3名大・放
核医学, 20(6) : 1983, 883-883.
Summary

5. HBs抗原陰性の各種肝疾患におけるHBc抗体測定の意義
坪井英之, 中野哲, 綿引元, 武田功, 太田博郎, 杉山恵一, 児玉泰浩*1, 矢橋俊丈, 金森勇雄, 樋口ちづ子, 松尾定雄, 吉田宏, 市川秀男, 木村得次*2, 佐々木常雄, 石口恒男*3
*1大垣市民病院・二内, *2特放セ, *3名大・放
核医学, 20(6) : 1983, 884-884.
Summary

6. α-フェト・リアビーズ法の基礎的検討
河村信夫, 月田邦彦, 藤井洋司, 野場睦美, 田中浩美, 大西勝治, 仙田宏平
名古屋第一赤十字病院・放核
核医学, 20(6) : 1983, 884-884.
Summary

7. RI注文励起X線 (Radioactive Implant Induced X-ray Emission) 法の展開 (1) 甲状腺中の安定ヨウ素の102Tlによる定量
天野良平, 安東醇, 平木辰之助*1, 利波紀久, 久田欣一*2
*1金沢大・医短, *2核医
核医学, 20(6) : 1983, 884-884.
Summary

8. 排水中に含まれる放射性核種の測定
前川龍一, 越田吉郎, 折戸武郎, 平木辰之助*1, 西沢邦秀*2, 古賀佑彦*3
*1金大・医短, *2名大・医・アイソトープ総合セ, *3保健衛生大・放
核医学, 20(6) : 1983, 885-885.
Summary

9. RI投与をうけた患者が帰宅した場合の, 家族の被曝量の推定 – 患者と家族の接触度調査より –
越田吉郎, 折戸武郎, 前川龍一*1, 古賀佑彦, 竹内昭, 佐々木文雄, 安野康史*2, 遠藤直子, 貝林友子, 三尾弘子, 日比野保子*3, 西沢邦秀*4
*1金大・医短, *2保健衛生大・放, *3公衆衛生看護, *4名大・医・アイソトープ総合セ
核医学, 20(6) : 1983, 885-885.
Summary

10. 可搬型Whole Body Counterについて (第一報)
工藤牧夫, 近藤邦夫, 木戸長一郎*1, 高井通勝, 金子昌生*2
*1愛知県がんセ, *2浜松医大
核医学, 20(6) : 1983, 885-885.
Summary

11. 中部地方におけるin vivo検査の実施状況 – ICPMコード利用による核医学診療実態調査報告 –
中島智能*1, 佐々木康人*2, 木下文雄*3
*1(社) 日本アイソトープ協会, *2東邦大・大森病院・放, *3都立大久保病院・放
核医学, 20(6) : 1983, 886-886.
Summary

12. chylopericardiumにおけるRI検査法
濱中大三郎, 小島輝男, 石井靖
福井医大・放
核医学, 20(6) : 1983, 886-886.
Summary

13. 99mTc pertechnetateの集積を示した十二指腸平滑筋肉腫の一例
佐々木文雄, 竹内昭, 古賀佑彦, 安野泰史*1, 中野浩, 堀口祐爾*2, 近藤茂彦*3
*1保健衛生大・放, *2内, *3外
核医学, 20(6) : 1983, 886-886.
Summary

14. 結核性骨・関節疾患の骨シンチグラフィ
瀬戸光, 二谷立介, 亀井哲也, 麻生正邦, 日原敏彦, 古本尚文, 石崎良夫, 羽田陸朗
富山医薬大・放
核医学, 20(6) : 1983, 886-887.
Summary

15. 透析患者における副甲状腺スキャンについて
横山邦彦, 松田博史, 関宏恭, 滝淳一, 利波紀久, 久田欣一*1, 鈴木博*2, 能登稔*3
*1金大・核医, *2鳴和総合・放, *3内
核医学, 20(6) : 1983, 887-887.
Summary

16. 急性化膿性甲状腺炎の1例
道岸隆敏, 利波紀久, 久田欣一*1, 桑島章*2
*1金沢大・核医, *2東邦大・放
核医学, 20(6) : 1983, 887-887.
Summary

17. 流動食を用いたgastric emptying study第1報 : 正常値と再現性
多田明, 油野民雄, 利波紀久, 久田欣一*1, 荒木一郎, 上野敏男*2
*1金大・核医, *2二内
核医学, 20(6) : 1983, 887-888.
Summary

18. 全身オートラジオグラフ法による67Gaの体内分布の定量的研究
真田茂, 安東醇, 平木辰之助*1, 久田欣一*2
*1金大・医短, *2核医
核医学, 20(6) : 1983, 888-888.
Summary

19. 67Gaのabscessへの集積 : 正常組織との比較
新田一夫, 小川弘*1, 安東醇, 安東逸子, 平木辰之助*2, 久田欣一*3
*1(株) 第一RI研, *2金大・医短, *3核医
核医学, 20(6) : 1983, 888-888.
Summary

20. 67Gaのabscessおよび正常組織中での結合物質
安東醇, 安東逸子, 平木辰之助*1, 久田欣一*2, 新田一夫, 小川弘*3
*1金大・医短, *2核医, *3(株) 第一RI研
核医学, 20(6) : 1983, 888-889.
Summary

21. Early 67Ga-Scintigraphy (5時間像) の検討
東光太郎
金医大・放
核医学, 20(6) : 1983, 889-889.
Summary

22. 201Tlの癌親和性機序の研究 – 細胞内分布と結合物質について –
片山昌春, 安東醇, 安東逸子, 平木辰之助*1, 利波紀久, 久田欣一*2, 森厚文*3
*1金大・医短, *2核, *3RIセ
核医学, 20(6) : 1983, 889-890.
Summary

23. 肝細胞癌における肝シンチグラムの再検討 (細小肝細胞癌を中心に)
吉田宏, 松尾定雄, 矢橋俊丈, 安田鋭介, 岩田富貴子, 樋口ちづ子, 市川秀男, 木村得次, 金森勇雄*1, 中野哲, 綿引元, 武田功, 太田博郎, 杉山恵一, 坪井英之, 児玉泰浩*2, 佐々木常雄, 石口恒男*3
*1大垣市民病院・特放セ, *2二内, *3名大・放
核医学, 20(6) : 1983, 890-890.
Summary

24. 99mTc-N-ピリドキシル-5-メチルトリプトファン (99mTc-PMT) の検討
松尾定雄, 吉田宏, 矢橋俊丈, 安田鋭介, 岩田富貴子, 市川秀男, 木村得次, 金森勇雄*1, 中野哲, 綿引元, 武田功, 太田博郎, 杉山恵一, 坪井英之, 児玉泰浩*2, 佐々木常雄, 石口恒男*3
*1大垣市民病院・特放セ, *2二内, *3名大・放
核医学, 20(6) : 1983, 890-890.
Summary

25. Segmental biliary obstructionの肝胆道シンチグラム像
油野民雄, 石田博子, 利波紀久, 久田欣一*1, 桑島章*2
*1金大・核医, *2東邦大・放
核医学, 20(6) : 1983, 890-891.
Summary

26. 2核種レノグラムの検討
近藤邦雄, 木戸長一郎*1, 高木弘*2
*1愛知県がんセ・放, *2外
核医学, 20(6) : 1983, 891-891.
Summary

27. 99mTc DTPA腎シンチグラフィで評価できた直腸癌術後のUrinary extravasation
滝淳一, 利波紀久, 久田欣一
金大・核
核医学, 20(6) : 1983, 891-891.
Summary

28. ガンマカメラECT装置による133Xe吸入法局所脳血流断層像の検討
松村要, 前田寿登, 豊田俊, 中川毅, 田口光雄*1, 北野外紀雄, 信田憲行*2
*1三重大・放, *2中放
核医学, 20(6) : 1983, 891-892.
Summary

29. ECTによるTc-99m-PMT肝摂取率の測定 – 基礎的検討 –
中村和義, 前田寿登, 平野忠則, 中川毅, 田口光雄*1, 北野外紀雄*2
*1三重大・放, *2中放
核医学, 20(6) : 1983, 892-892.
Summary

30. SPECTによる肝有効容積の測定 その2 (臨床的検討)
仙田宏平*1, 田中孝二*2
*1名古屋第一赤十宇病院・放, *2県立多治見病院・放
核医学, 20(6) : 1983, 892-892.
Summary

31. 対向型ECT装置 (島津・Siemens製) の使用経験と基礎的検討
上野恭一, 遠藤弘子, 力丸茂穂*1, 山本重忠, 笠間純, 横山秀樹, 金戸寿子*2
*1石川県立中央病院・放, *2中放
核医学, 20(6) : 1983, 893-893.
Summary

32. 膵のECT像の試み
加藤高美, 村田勝人, 小林嘉雄, 伊藤要子, 綾川良雄, 宮田伸樹
愛知医大・放
核医学, 20(6) : 1983, 893-893.
Summary

33. 99mTc-スズコロイドによる肝血流の機能イメージ作成の試み (第1報)
瀬戸光, 二谷立介, 亀井哲也, 麻生正邦, 日原敏彦, 古本尚文, 石崎良夫, 羽田陸朗, 柿下正雄
富山医薬大・放
核医学, 20(6) : 1983, 893-894.
Summary

34. 心電図同期心プールシンチによる心室性期外収縮のfunctional image
近藤武, 金子堅三, 加藤善久, 高亀良治, 桐山卓三, 桜井充, 菱田仁, 水野康*1, 百石悟, 浅野智子, 江尻和隆, 竹内昭, 古賀佑彦*2
*1名古屋保健衛生大・内, *2放
核医学, 20(6) : 1983, 894-894.
Summary

35. 133Xe動注法による脳血流連続測定に与える残存放射能の影響
松田博史, 前田敏男, 石田博子, 関宏恭, 久田欣一
金大・核医
核医学, 20(6) : 1983, 894-894.
Summary

36. くも膜下出血後の脳血流に与えるプロスタグランヂンE1の影響
前田敏男, 松田博史, 石田博子, 関宏恭*1, 林実*2
*1金大・核医, *2脳外
核医学, 20(6) : 1983, 894-894.
Summary

37. 虚血性脳血管障害患者における局所脳血流量測定 – 133Xe吸入法による検討 –
松田博史, 前田敏男, 羅錫圭, 関宏恭, 久田欣一
金大・核医
核医学, 20(6) : 1983, 895-895.
Summary