ANM誌のOpen Access指定に関して

一般社団法人 日本核医学会
編集委員長 絹谷 清剛

会員の皆様におかれましては、ANMへの論文投稿をいただきありがとうございます。
ANM掲載論文は、著者の選択でOpen Accessの指定を著者負担で可能ですが、年間10数編を、編集委員会の判断により、著者無償でOpen Access指定とさせていただいています。
ご存じのごとく、Open Accessとすれば、国内・海外を問わず、読者は無償で論文を閲覧可能となりますので、論文の露出度は格段に大きなものとなり、論文成果の国際発信に大きな威力を発揮いたします。
皆様におかれましては、このことを鑑み、ANMへの一層の投稿をよろしくお願い申し上げます。

役立つ情報

 

核医学治療

 

医療機関向通知・通達

 

ガイドライン

 

診療報酬等