PET薬剤基準の通則と一般試験法を改訂

2015年1月5日
分子イメージング戦略会議およびPET核医学委員会

「日本核医学会院内製造PET 薬剤基準」の第3版(2015年1月5日)にて、「第1 通則」と「第3 一般試験法」を改訂しました。改訂の内容は以下の2点です。

1.通則の放射性物質純度試験において検出限界を規定し、総放射能の0.3%以上の不純物を検出できることとしました。
2.一般試験法のエンドトキシン試験において、日本薬局方以外の方法を用いる場合の条件を記載しました。

役立つ情報

 

核医学治療

 

医療機関向通知・通達

 

ガイドライン

 

診療報酬等